投稿

タグ : ICRP

明日に向けて(2057)被爆、被曝、被ばく、ヒバクについて考える(森川聖詩と守田敏也の「もりもり対談」を始めます!)

守田です(20210702 23:30) ● 森川聖詩と守田敏也のもりもり対談ーその1 ぜひご覧下さい! このところ、さまざまに活動をご一緒している被爆二世の森川聖詩さんと、僕、守田敏也で「もりもり対談」を始めます。 す …

明日に向けて(2035)危険な伊方原発を止めるために!ー5月30日(日)松山市でお話します

守田です(20210524 22:30) ● 伊方原発をとめる会総会でお話させていただきます 5月30日に松山市で開かれる「伊方原発をとめる会」第11回定期総会で記念講演させていただくことになりました。 大変、光栄です。 …

明日に向けて(2032)国はこれまで遺伝的影響をことごとく否定してきたー森川聖詩さんの投稿より ICRPの考察7

守田です(20210519 15:00) 前回、ICRPと密接な関係にある放射線影響研究所が、被爆二世のゲノム解析をしたいと言い出したこと、その真意がどこにあるのかを分析しました。 この点について、この間、さまざまに考察 …

明日に向けて(2031)被爆二世ゲノム解析調査の狙うもの-ICRPの考察6

守田です(20210518 23:30) ●「明日に向けて」の投稿を再開します みなさま。しばし更新を怠ってしまい申し訳ありません。5月の連休終盤に疲れがたまったことからしばし休みを取り、その後10日から13日まで福島県 …

明日に向けて(1958)被曝影響の研究はアメリカ軍が主導、主眼は遺伝的影響だった-ICRPの考察5

守田です。(20201227 14:00) 連載「国際放射線防護委員会(ICRP)の考察」の5回目をお送りします。なおこの記事は中川保雄著『放射線被曝の歴史』に多くを依っています。 ● 加害者であるアメリカ軍が被害者であ …

明日に向けて(1950)許容線量の名で人々に被曝を受け入れさせることがはじまった-ICRPの考察4

守田です(20201211 22:00) 連載「国際放射線防護委員会(ICRP)の考察」の4回目をお送りします。 ● 最初に被曝の危険性を訴えたのは遺伝学者たちだった 前回、放射線防護が核兵器の製造・使用・大量虐殺の過程 …

アーカイブ

カテゴリー

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 明日に向けて 守田敏也web All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.