Home > 「明日に向けて」
2017.10.10

明日に向けて(1430)絵本の世界のような柔らかく温かい心でこの選挙にのぞみたい!(市居みかさんの五山賞受賞のお祝い会に参加して)

守田です(20171010 23:30)

本日10日、いよいよ衆議院選挙戦がスタートしました。
この選挙は、森友・加計疑獄への追及を逃れるため、国会を開けなくなっていた安倍首相が、朝鮮民主主義人民共和国のミサイル発射を利用して強行した「解散」によって成り立ったものです。
一方、電撃的に「希望の党」を立ち上げた小池さんと、民進党の解党、合流を進めた前原さんは、なんともえぐい形で民進党の人々を騙し、「踏み絵」まで行って、保守第二党への純化を目指しました。あまりにひどい政権とりのゲーム化です。
人々のことなどそっちのけで、こんなひどい政治劇を繰り広げる国会議員たち、政治家たちにこれ以上この国を任せていてはいけない。下からの改革が必要です。その点で今回の選挙では僕は下からの改革と唯一結びついている第三極、社民、立憲民主、共産、新社会、緑、そして市民連合を応援します。

ただ僕自身はこの選挙戦に突入する前に、いったん自分の心を浄化させる必要も感じました。安倍さん、小池さん、前原さんに、腹が立って、腹が立って、心がとげとげしてもしまったからです。
それであえて選挙戦初日の今日、絵本のお話、市居みかさんのお話をしたいと思います。

市居さんは信楽在住の絵本作家さんで、紙芝居も描いていて、内村麟太郎さんのお話に絵を付けられたのですが、これがなんとこのたび、見事に「五山賞」に輝いたのです。「教育紙芝居の生みの親」と呼ばれる高橋五山さんにちなんだ紙芝居界の芥川賞とも言われる賞なのだそうです。
この快挙を祝って、昨日、滋賀県近江八幡市のティースペース茶楽に市居さんの友人・知人が集まってお祝いの席が設けられました。僕も嬉しくて駆けつけました。
以下に昨日のイベントを案内したこの紙芝居の出版元の童心社のホームページをご紹介します。受賞作の表紙も見るができます。
https://www.doshinsha.co.jp/news/detail.php?id=1173

今回のイベントを取り仕切っていたのは、近江兄弟社小学校の先生でもある「とりいしんぺい」さんでした。
この日の会合、とりいさんの「前座」の歌で始まり、いつも市居さんと一緒に音楽活動もしているお連れ合いの宮本さん、友人の畑佐さんとのバンド、ビスタリの演奏もありと楽しく進んでいきました。
続いて市居さんが登場、絵本『臍の穴』の音楽を交えた読み聞かせが披露され、さらに受賞作の紙芝居、『おひるねですよ』の朗読が行われました。
楽しかった。むちゃくちゃに楽しいひと時でした。僕は花束を持っていたので良いタイミングで渡そうと一番前に座っていたのですが、紙芝居の時はその前に並んだちびっこたちの視線と合体してしまい、なんだか子どものように見入ってしまいました。 (さらに…)