明日に向けて(1723)広島・長崎の日に思う-巨大な暴力の連鎖にいかに抗するのか

守田です(20190809 23:30)

● 原爆被害から74年の日を迎えて-アメリカに謝罪を求めます!

みなさま。今日は74年前に長崎に原爆が投下された日です。
広島と長崎でアメリカによって殺害されたみなさま、その後も苦しみ続けたみなさまに心より哀悼の意を表します。ご家族や近親者のみなさまにもお見舞い申し上げます。
同時にアメリカ政府に対し、原爆投下というあまりに大きな戦争犯罪に心からの謝罪を行うことを求めます。

アメリカの罪はたくさん数え上げられます。1つに軍隊と民間人を区別せず無差別大量虐殺を行ったことです。
2つに広島においては市の中心部に人が最も多く集まり、人々が建物の外にいる時間を狙って投下したことに明らかなように、最も効率よく熱線、放射線、爆風を人々に浴びせることで原爆の威力を試そうとしたこと、明らかなる人体実験を行ったことです。
3つに大量の放射線を人々に浴びせかけることにより、戦争が終わって以降も人々を殺し続けたこと、また放射線の害が次世代及ぶことが確かめられていたにも関わらず、次世代への攻撃も行ったことです。

さらに4つに広島、長崎攻撃に遡る7月16日にアメリカ・ニューメキシコ州トリニティサイトで極秘に核実験を行い、周辺住民をもたくさん被曝させ、やはり次世代への被害ももたらしたこと。
5つに核兵器製造、実験、投下の過程でアメリカ先住民族をはじめウラン鉱山の見つかった世界各地の人々に劣悪な環境での採掘を行わせ、多大な被曝、および重金属曝露被害をもたらしたことです。
アメリカ合衆国政府はこれらすべてのヒバクシャとその周りの人々に謝罪し補償を行うべきです。そしてすべての核兵器を直ちに廃棄すべきです。

ニューメキシコの核ミュージアムに展示された広島・長崎に投下された原爆のレプリカ

● アメリカは焼夷弾攻撃も謝罪すべきだ!

僕はこうした歴史を確かめつつ、先住民族をはじめアメリカのヒバクシャと連帯するためにこの7月にニューメキシコを訪問してきました。
そこで沢山のことを学びましたが、「ああ、気がついてなかった。迂闊だった」と思ったことがありました。焼夷弾のことについてです。
焼夷弾は火薬の代わりに油脂(ナパーム)を詰め、爆発ではなく延焼によって攻撃目標を破壊する兵器です。

焼夷弾はとくに1945年3月10日未明に行われた東京大空襲以降の日本本土攻撃で多用されました。
日本家屋の構造を調べ、それこそタンスやちゃぶ台までも作成して燃焼実験を行った上での投下でした。ちゃぶ台が実験で使われたことに顕著なように、はじめから民間人の大量虐殺が狙われていました。
焼夷弾の開発を行ったのはスタンダードオイルでした。石油王ジョン・ロックフェラーが立ち上げたこの会社は一時期、全米の精油事業のほとんどを支配していました。その後に独占禁止法によって分社化され、エッソやモービルなどが誕生しました。

それらのオイルカンパニーが石油を掘り出したのも主にアメリカ南部の油田地帯。これまた先住民族を追い払ってなされた資源の略奪、あるいは掘ってはならないとされてきたものの乱掘、乱用でした。
そのオイルで日本中の都市が燃やされた。空襲は200以上の都市におよび、本土の建物の約2割が燃やされました。
どうしてそこまで燃やす必要があったのか。その一つに燃やせば燃やすだけオイルカンパニーが儲かる構造があったことは想像に難くありません。


日本空襲で焼夷弾をばらまき、広島・長崎に原爆も投下したB29戦略爆撃機

● 朝鮮戦争とベトナム戦争への悲しい加担を捉え返そう

アメリカは第二次世界大戦が終わると常に新たに燃やす場を求めました。その第一は朝鮮戦争による空襲でした。このとき日本に落とされた約4倍の爆弾と約2倍の焼夷弾が使われました。日本以上に朝鮮半島は燃やし尽くされたのです。
これを大幅にアップグレードしたのがベトナム戦争でした。B29をB52に代えたこの戦争でアメリカは第二次世界大戦で世界が使った爆弾の総量を越える量をベトナム・ラオス・カンボジアに落としました。焼夷弾にいたっては対日戦の20倍も使いました。
アメリカの軍事産業やオイルカンパニーはこれでさらなるぼろ儲けをしたわけですが、なんとも無念で悲しく恥ずかしいことに、この儲けに一枚かんだのが日本の産業界でした。

日本は朝鮮戦争への経済的関与で「戦後復興」を遂げ、ベトナム戦争で「高度経済成長」を実現したのでした。日本を焼き尽くし、日本人、および日本列島に住んでいた人を大量虐殺したアメリカを一言も批判せずにでした。
いやそれと同じ虐殺行為が朝鮮とベトナムで繰り返されたのにも関わらずでした。あまりに悲しい。そして恥ずかしい。
私たちが捉え返さなければならないのは、こうした恥ずべきアメリカの戦争政策への加担です。アメリカによって作られている巨大な暴力の連鎖に抗するために私たちはまず内側から変わっていく必要があります。

とくに日本政府を批判する活動に対して何かと言えばすぐに「反日」という人々に問いたい。なぜあなたたちは歴史上、もっとも日本人を戦争犯罪によって殺害し、一言の謝罪もしていないアメリカにそのように追従し続けるのかと。
アメリカが対日戦と同じように、世界中で無差別攻撃によって無辜の人々を殺し続けていることに沈黙しているあなたたちこそ、アメリカの戦争犯罪で殺されたこの国の多くの犠牲者に背を向けているのではないかと。
こうも言いたい。そんな奴隷根性そのもののアメリカへの屈従をもういい加減にやめませんかと。そしてともにアメリカの戦争犯罪を告発し謝罪を求めませんかと。それでなければアメリカに虐殺された人々はいつまでも浮かばれないのです。

広島・長崎に原爆が落とされて74年目の今日、このことを日本中の人々とともに訴えたいです。


インドシナに第二次世界大戦の総量を上回る爆弾、対日戦の20倍の焼夷弾を落としたB52

#広島原爆 #長崎原爆 #ヒバクシャ #焼夷弾 #ナパーム弾 #空襲