明日に向けて(1676)統一地方選2019【共産党に期待】再稼働許さない議席増やそう(『京都民報』より)

守田です(20190406 21:00)

統一地方選の前半戦が大詰めを迎えています。 僕はこの統一地方選で関西無所属ネットワークと京都の日本共産党のみなさんを応援してこの間、個人演説会や街頭での演説を繰り返してきました。候補者のインタビューも行い、ブログなどで配信してきました。
このうち僕がなぜ京都で日本共産党を応援しているのか。ある個人演説会での発言要旨を『京都民報』さんが掲載してくださったのでここに転載させていただきます。 京都の素晴らしいものを守るために、災害対策を進めるために、そして原発再稼働を許さないために、みなさんの応援をお願いします!

***
統一地方選2019【共産党に期待】再稼働許さない議席増やそう/ジャーナリスト守田敏也さん https://www.kyoto-minpo.net/archives/2019/04/05/post-23051.php?fbclid=IwAR2xC1wiBIQJmV-dsNovEBWtnuEfiI9Ybkp3e5yun4fUgAIxC_mEBjy6KlY


写真は京都市北区で行われた井坂博文京都市議候補・浜田よしゆき京都府議候補の個人演説会にて
京都民報の記事は左京区での応援演説の要旨です・・・。

京都の街壊しが大変なことになっています。ここ左京区だけでも下鴨神社へのマンションが建設され、無鄰菴の景観を壊すホテル建設計画などが進められています。
京都市も大手資本に京都の街を売り渡してしまっている。とがしさんはじめ共産党の市議・候補者のみなさんは、住民の方と力を合わせ、街壊しをやめさせようと様々な場所で頑張っておられます。

災害の問題も重要です。昨年の台風21号や7月豪雨の影響で、倒木被害が甚大です。倒木は早く撤去しなければ、民家を襲い、橋に詰まり河川が決壊してしまうおそれがあります。でも行政は「お金がない」となかなか撤去しない。
一方で府や京都市は北陸新幹線延伸に莫大(ばくだい)な予算を使おうとしている。お金はあるんです。
共産党の議員さんは、すぐに現場に調査に行き、予算を付けよと迫ってきました。市の姿勢を変えさせるためにも共産党の議員さんを増やさなければなりません。

私が取り組んでいる原発の問題についてです。福井地裁判決(2014年)で大飯原発3、4号機の再稼働の差し止めを命じた裁判長の樋口英明さんの話を聞きました。
判決を出した理由について、「地震対策で、今の住宅メーカーは4000ガル(揺れの強さを示す単位)に耐えられる家を建てている。一方で大飯原発の想定は、856ガルにすぎず、想定している地震に耐えられない。原発が危険なことは、小学生でも分かる」と言われました。

やはり原発再稼働は許されません。再稼働に一番反対している、共産党の議席を増やさなければなりません。命と暮らしを守るため、みなさんといっしょに頑張りましょう。(3月30日に開かれた個人演説より)