明日に向けて(1554)核の火を止めるため世界の人々との交流を深めてきます!南仏ナルボンヌ反核サマーキャンプにご協力を!

守田です(20180716 23:30)

豪雨被害の爪痕がまだまだ残る中ですが、8月に南仏ナルボンヌに行って、反核サマーキャンプに参加してきます!
2017年7月のドイツ・デーベルンにおける反核サマーキャンプへの参加、11月のフランス・パリにおける反核世界社会フォーラムへの参加を受け継いだもので、今回は主催者の一員としての参加です。

英文になりますが以下にキャンプのご紹介を記しておきます。
http://www.nuclear-heritage.net/index.php/International_Anti-nuclear_Summer_Camp_2018

昨年のデーベルン・パリと続いた企画を共にする中で、私たちはウェブサイト、Nuclear heritage networkを中心に国際チームを作り、一月に2回ペースでスカイプ国際会議を繰り返して、今回のサマーキャンプを準備してきました。
参加者はドイツ、フランス、アメリカ、日本が中心。ときにトルコやロシアの仲間も参加してくれていました。

ヨーロッパ時間に合わせるために毎回、日本時間で朝の4時からの会議。
英語力が高くない僕にとって毎回がサーカスをしているようなものでしたが、とにかく参加者の中で唯一欠席することなく会議に参加してきました。

それで最終的に決まった期日は8月6日から12日まで。僕が広島と長崎の日を入れようと提案したところ、全員がすぐに快諾してくれました!
そしてその1日目の8月6日に、僕自身のプレゼンを設定しています。もちろん広島・長崎原爆についてお話しますが、世界のみなさんに原爆の被害、とくに被曝被害が大変過小評価されてきていることを語ってきます。

しかもそれが現在の放射線防護学へとつながっている。どういうことかというと、アメリカが行った被爆者調査のもとに作られた「放射線の人体への影響」のデータが世界の放射線防護学の基礎にされてきたからです。
こんな調査は絶対におかしい。なぜって加害者が被害者を調査したのだからです。しかも戦後の占領期にGHQの厳重管理のもと排他的に行なわれた調査でした。

被害を小さく見せるテクニックは、放射線被曝の被害を原爆が破裂したと同時に原爆の中心から照射された放射線による外部被曝によるもののみに限定し、内部被曝の被害を除外することでした。
このため被曝被害は爆心地からの距離によって測られ、アメリカは当初は「半径2キロ以遠は放射線被曝の影響はない」と言い放ち、2キロ以内と2キロ以外の人を比較検討したりしました。

事実はどうだったのかと言えば、原爆投下後に発生したキノコ雲は放射能の塊そのものであり、その下にあった広範な地域に放射性微粒子が降りました。
そこに川があれば当然その下流も汚染されますから、被害は雲の広がりよりもさらに大きかったに違いありません。しかしアメリカは半径2キロ以遠の被曝影響を認めなかったのです。

このことで2キロ以遠の膨大な被害が切り捨てられました。また内部被曝のメカニズムもなんら公表されず、原爆被害の中に繰り込まれませんでした。
大事なことは、この低線量内部被曝の影響を除外したデータが「放射線の人体への影響」のデータとされ、世界中の人々が騙されてきたことです。

平常状態でも、常に微量の放射能を漏らし続けている原発の運転も、その前提になるウラン鉱の採掘も、このデータももとに「安全だ」として続けられ、多くの人々が被曝し続けてきたのです。
今回、僕はこのことを世界の人々に強く発信してきます!

また昨日、「ヒバクシャ国際署名」を進めている事務局の林田君とお会いすることができたので、今回のキャンプでぜひこの署名への国際的な協力も訴えてくるつもりです。以下の署名です。

ヒバクシャ国際署名
http://hibakusha-appeal.net/index.html

この署名は英語、仏語、独語、中文簡体字、ハングルへの翻訳版がホームページに載っていますが、ぜひそれ以外の国・地域の言語にも翻訳してもらえるようにキャンプの現場で頼んでくるつもりです。

さらに今回はこのキャンプに日本からの参加チームを形成してのぞむことになりました。今のところ全部で9人の参加の予定です。
他の方からもプレゼンや映画の情勢、また広島・長崎の日のパフォーマンスなどをしてもらいます。この点の詳細は後日またご案内します。

さて夏の南仏への渡航はたいへん資金がかかります。航空費だけで15万円以上、滞在費や現地交通費もかかります。
ぜひここにみなさんの力をお借りしたいと思います。被災地への救済もしなければならず、何かと出費が重なるときですが、ぜひよろしくお願いします!

以下の口座にお振込をお願いします。この口座は今回の南仏派遣にむけて開設した専用口座です。

振込先 郵貯ぎんこう なまえ モリタトシヤ 記号14440 番号50074231

他の金融機関からのお振り込みの場合は
店名四四八(ヨンヨンハチ) 店番448 預金種目 普通預金 口座番号 5007423