明日に向けて(1549)高知・愛媛・岐阜に大雨特別警報発令中!これから名古屋に向かい午後に災害対策についてお話します!

守田です(20180708 09:00)

豪雨がなお続いています。
昨夜、「大雨特別警報」が岐阜県の一部を残して次々と解除されましたが、今朝6時前に今度は高知県と愛媛県に大雨特別警報が発せられました。
高知県では西部の宿毛市、土佐清水市、四万十市、大月町、三原村、四万十町。愛媛県では宇和島市と愛南町に出されています。
岐阜県も岐阜市、山県市、本巣市、中津川市、関市、美濃市、郡上市、富加町、川辺町、七宗町、白川町、東白川村、高山市、飛騨市、白川村、下呂市と発令範囲が拡大しています。

まだまだ西日本の広い範囲で激しい雨が降り続いています。
それぞれの場での警戒を続けてください。

NHKの8日午前7時半現在の集計では、全国で51人死亡、意識不明の重体7人、安否不明44人となっているそうです。
土砂災害に巻き込まれた方がまだまだおられます。一刻も早く救命がなされることを祈るばかりですが、なお被害が拡大する可能性が高いです。

この状況の中でですが、今日はこれから名古屋に向かい、午後に「原発からの命の守り方を学ぶ講演会」にてお話します。
午後1時から名古屋プライムセントラルタワー13階第6会議室にてです。「あいのう消費者の会」の主催です。

開催にあたってここ数日、主催者の方たちとやりとりを繰り返しました。
最終的に名古屋市で避難に関する情報や警報などが出ていないこと。新幹線も動いていて僕が問題なく会場にいけることなどから開催が決定されました。
ただはっきりしない面もあったのでご案内が当日の朝になってしまいました。申し訳ありません・・・。

実は昨日7日は松本市での講演の予定でした。「日本チェルノブイリ連帯基金」の主催でしたが、こちらは長野県各地に避難指示が出ていたことや、名古屋から松本に向かうJR中央本線も止まったことなどで延期の判断となりました。
松本に行けなくなったことは残念ですが、再度、9月以降に設定してくださるとのことで、後日、スケジュールをお知らせします。

今日は冒頭でこの間の豪雨と災害について現段階で捉え返せることをお話します。
少し早めに名古屋に行ってそこでまた最新の情報をパワポに入れ込むつもりです。

この豪雨災害の最中に、みなさんと一緒に、原発そして災害全般からの命の守り方について考察したいと思います。
急な告知となりましたが、お近くの方、ぜひお越しください。

以下、講演会情報を貼り付けます。

*****

原発からの命の守り方を学ぶ講演会

講演会講師:守田敏也

内部被曝とは何か。原発はどこがどう危険なのか。災害対策をどのように考えればいいのか。また内部被曝してしまったらどうすればいいのか。
普段なにげなく生活している中で、私たちは身近な所に原子力発電所がある事を忘れがちです。
もし東海地方で大きな地震が起こった場合、地震の被害と共に、原発倒壊に伴う被ばくの危険もあるのです。
私たちが原発から命を守るためには何をすればいいのか、何ができるのか、未来を生きていく子供達に何を残せるのか。一緒に考えみませんか?

7月8日 時間13:00~15:30 定員40名
会費:あいのう消費者と同伴者 無料 一般500円
場所:名古屋プライムセントラルタワー13階第6会議室
愛知県名古屋市西区名駅2-27-8

主催:あいのう消費者の会
問合:愛農流通センター 担当:江端 052-801-5643