明日に向けて(1459)「ヨウ素剤を配ってよ@京都」へのご参加を!

守田です。(20180112 23:30)

原子力災害対策を進める一助として、京都で「ヨウ素剤を配ってよ@京都」というグループを立ち上げました。
僕が参加する市民グループ「ウチら困ってんねん@京都」を事務局としています。担当は僕、守田敏也です。
ぜひご参加の意志をお寄せ下さい。参加にあたっては、個人一口500円、団体一口1000円の納付をお願いしています。(口座を作成中です)
「@京都」とあるように京都府、および京都府下の各市等への請願署名などを始めます。

Facebookページも立ち上げました。
「ヨウ素剤を配ってよ@京都」で検索されてください。

ただこの動きを他の都道府県にも広めたいし、それぞれに行政体への働きかけを全国から行いたいと思うので、参加は京都府外の方でも大歓迎です。
また「ヨウ素剤を配ってよ@〇〇」と他の都市、地域でも広げていただけたらと思います。
それぞれで自由に立ち上げてくださってかまいませんし、立ち上げに向けて相談していただければ幾らでも応じさせていただきます。
ともあれ、どんどん下から運動を作っていきましょう。

以下、「ヨウ素剤を配ってよ@京都」へのご参加の要請を貼り付けます。
どうかよろしくお願いします!

*****

「ヨウ素剤を配ってよ@京都」にご参加下さい!

原発の再稼働に憂いているみなさま
高浜原発から京都市役所まで約60キロ。
もしも事故があったら放射能がやってきます。
琵琶湖も深刻に汚染され、京都市では水が飲めなくなってしまいます。
だから稼働を止めさせることが一番ですがなかなか止められません。
大飯原発さえ動かされてしまうかもしれません。
どうしたらいいのか。

私たちは原子力災害に備えることが大切だと思います。
この備えは決して稼働を認めることではありません。
稼働している事実に向き合うことです。
事故は明日起こっても不思議ではない。
だとしたら身を守る準備をしなくてはなりません。
万が一のときに子どもたちを守りきる備えをしなくては。

そのためには一部の人が備えているだけでは足りません。
自分のこととして事故へのリアリティを想定し、とっとと逃げる準備をしましょう。
ヨウ素剤はそのときに飲むもので、事前配布をしておくことが大切です。
ヨウ素剤は緊急時に甲状腺を守るためのものです。
また事前配布をすることで、事故発生のリアリティを考えるようになり、
原発の危険性と向かい合えるようになります。

だからこそ、私たちはヨウ素剤を配るための運動を起こしましょう。
多くの人にヨウ素剤を手にしてもらいましょう。
そもそもヨウ素剤は5キロ圏内では政府が配れといっているものです。
原発賛成の人とも原発の危険性について話ができる。
ヨウ素剤配布にはそんな効果もあります。

誰もがみんな いざというときに放射能から身を守って欲しい。
ましてや 子どもたちを守りぬきたい。
災害をリアルに想定して備える発想はあらゆる災害対策にも有効です。
だからヨウ素剤事前配布には大きな効果と可能性があります。

それで私たちは12月10日に「ヨウ素剤を配ってよ@京都」を立ち上げました。
みなさん、ぜひここに一緒に集ってくださいませんか?
個人での参加も団体での参加も大歓迎です。
なお事務局を「ウチら困ってんねん@京都」におかせていただきます。

具体的に行って欲しいことは
(1)参加表明をお願いします。個人名、団体名をお知らせください。
個人の場合は肩書等を自由にお書きください。書かなくてもけっこうです。
なお個人参加と団体参加が重なるのも歓迎です。京都府外の方も大歓迎です。

(2)参加にあたって個人一口500円、団体一口1000円をお納めください。活動の原資とします。

(3)周りの方々、団体をお誘いください。
参加の可能性のある方、団体について事務局にお知らせください。

(4)事前配布を求める署名運動にご協力ください。
京都府および京都府下の各市への署名運動を行いたいと思います。
3月末を第一次集約とし4月初めに提出します。

(5)Facebookページとメーリングリストを立ち上げますのでご参加下さい。
a、HPやブログ、SNSのページを持たれている方はリンクをお貼りください。
b、自由に投稿してください。ただし編集権限を事務局におかせていただきます。
c、このページやMLに多くの方をお誘いください。

(6)資金集めにご協力ください。
参加費の他、カンパを集めて、活動資金とします。専用口座を開設します。

(7)各種イベントにご協力ください。
当面は2月17日広瀬隆さん、守田敏也さんのジョイント講演会に会として参加したいと思っています。その他、随時、関連企画をお知らせします。
以上、よろしくお願いします。

2017年12月10日
ヨウ素剤を配ってよ@京都
連絡先 事務局(担当守田 morita_sccrc@yahoo.co.jp)