2017.01.19

明日に向けて(1343)トランプはなぜ勝ったのか?アメリカで何が起こっているのか?

守田です。(20170119 23:30)

昨年のアメリカ大統領選で、ドナルド・トランプがヒラリー・クリントンに「まさか」の勝利をおさめました。

とうとう20日(日本時間では21日未明)に就任式を迎えようとしていますが、今のところ50人以上の議員がボイコットを表明しています。
中心になっているのは、マーチン・ルーサー・キング・ジュニア牧師とともに、公民権運動を闘ってきたジョン・ルイス下院議員(民主党)。
あからさまな差別を口にし、排外主義をあおるトランプへの怒りが就任前から表明されていると言えます。

就任式に際してワシントンに集まるのはオバマ大統領の就任式のときの半分ぐらい。しかもそのうちの相当数が就任反対デモを行うと言われています。
僕も当然ですが、差別と排外主義の塊であるトランプ氏に何ら共感するものはありません。
それどころか、障がい者の真似をして笑いをとったり、メキシコ人やイスラム教徒を犯罪者扱いする彼の価値観に全面的に反対です。

しかし解き明かすべきことがあります。どうしてあれほど暴言を吐いているトランプが勝ち、マスコミのほとんどを味方につけ、優勢が伝えられていたヒラリー・クリントンが負けてしまったのかです。
このことを解き明かすためには、そもそもいまアメリカ社会はどうなっているのかを分析していく必要があります。

アメリカの現状分析についてはジャーナリストの堤未果さんが系統的に書き続けていて僕も共感してきました。
この小論でお伝えする僕のアメリカの現状分析も、多くを堤さんの本に依拠していることを初めにお伝えしておきます。
実はその堤さんの本を読んでいた方の多くは「トランプが勝つ事もあるかもしれない」と思っていたようです。
あるいは先日、僕が昨年対談したアーサー・ビナードさんもそんなことを言っていたし、アメリカでは映画監督のマイケル・ムーアなどもトランプの勝利を予想していたようです。

実は僕も選挙中から「トランプがひどいといっても、ヒラリー・クリントンが良いともまったく思えない」と強く感じていました。
というよりヒラリーはイラク戦争を支持してきた戦争屋であり、ウォール街をバックにして、貧富の格差を広げてきた張本人の一人でもあるがゆえに極めて批判的でした。
さらにオバマ政権のもとでなされたのも貧富の格差の拡大であり、イラク戦争の継続であり、結果としてシリアを滅茶苦茶な状況においやる政策で、何も評価できるものはないと思っていました。
そのため「トランプが下卑たことを言い続けて、ヒラリーがリベラルな顔をして次期大統領になるのは嫌だな」とも思っていました。

アメリカは1970年代後半より新自由主義の道をひた走り続けています。
いま世界はその流れにどんどん引き込まれつつあります。もちろん日本もです。
そのアメリカはいま、いわば「新自由主義のはて」に近づきつつあり、帝国としての大崩壊に向かっているのではないでしょうか。
今回の大統領選の中には、実はこのことへの民衆の側からの気づきという側面もあったのではないかとも僕には思えます。

トランプが圧勝で排外主義が全面化しているのであったら、20日のワシントンには差別主義者、排外主義者の万歳のみが響きわたることになるでしょう。
しかし就任式を前にしたワシントンからは、オバマ就任式のときのような熱気が伝わってきません。トランプへの期待はけして大きくはないのです。
いや、「ヒラリーだけには勝たせたくない」とおそらくは「究極の選択」でトランプに投票した「隠れトランプ派」が、今度はトランプ批判デモに立ちあがりつつあるのではないか。そんな風にも思えます。
今回はそんな点を掘り下げていくために、アメリカ社会でいま起こっていることを分析していきたいと思います。 (さらに…)

2016.02.15

明日に向けて(1213)ファシズムに抗するために・・・改憲阻止が必要だが改憲されたら終わりなのではない!

守田です。(20160215 22:00)

安倍政権の暴走が続いています。
戦争法強行可決、原発再稼働強行に続いて、いよいよ憲法改悪が焦点に上がってきています。
これに対して、この流れを食い止めようとする多くの方たちが野党共闘の実現などで、阻止陣形を広げようと訴えています。僕も全面的に賛成です。
しかしあえて今回、強調しておきたいのは、かりに選挙でうまく勝つことができず、憲法改悪の流れが深まったとしても、それで終わりなのではけしてないということです。

もちろん僕は何が何でも改憲を食い止めたいと思っているし、そのために尽力する決意もしています。しかしそれでも「改憲になったら終わりだ」と考えると私たちの運動や発想から余裕が失われてしまうように思え、それを回避したいと思うのです。
また「こうなったら終わりだ」と考えると、必要以上に国家権力を巨大に描いてしまうことにもつながり、私たちの民衆の力を過小評価してしまうことにもなります。悲壮感に陥ったらそれだけで人は豊かさを失ってしまいがちです。
今の世の流れには確かに戦前に向かうようなモメントがありますが、しかし大きな違いがたくさんある。戦前は「お国のために戦う」ことが当然とされる世の中だったのです。男の子の多くが小さい時から軍人になることを夢見ていたのです。
軍国主義は国民・住民全体の好戦的なモメントによっても支えられていたわけですが、しかし今は違う。戦後70年間、自国軍隊に戦争をさせなかった「平和力」が私たちにはある。このことを何度も確認しておくことが必要です。

この点を踏まえて押さえておきたいのは、安倍首相が憲法改悪で狙っているのが9条解体であることは間違いありませんが、多くの識者が、そこだけに惑わされず、憲法の人権条項全体が骨抜きにされようとしている点に注意をと語っていることです。
とくに危険性が指摘されているのが「非常事態条項」です。戦争や大災害の勃発時に政府に非常大権を与えんとするもので、まさに民主主義の否定そのものです。
実際にはそんなものはなくても現行法でもかなりの大権があるのですが、安倍首相は己への批判を極度に嫌い、激しく逆切れしてしまう御仁なので、「非常時」に政府を批判する一切の権利を認めたくないのでしょう。
その意味で私たちは、憲法9条を守ることだけに意識を奪われず、この非常事態条項の恐ろしさと危険性、またその非民主主義性、人権思想にツバするとても認めがたいファッショ性をおさえておく必要があります。 (さらに…)

2016.02.13

明日に向けて(1212)「北朝鮮の脅威」を利用した安倍政権の軍拡とこそ対決しよう!

守田です。(20160213 23:30)

北朝鮮によるロケット発射や核実験をいかに捉えるのかの最後に、こうした北朝鮮の行動を「脅威」だと過大に評価し、危機意識を煽ることで軍拡を進めてきた自民党歴代政権や、安倍政権とこそ対決すべきことを訴えたいと思います。
日本政府は北朝鮮のノドンなどのミサイルを含めたロケット開発や核実験をリアルな脅威だと思ってきたでしょうか。全く否です!
これには誰にも分かる重大な証拠があります。他ならぬ福井の原発銀座の存在です。日本政府は実は心底北朝鮮を信頼してきたからこそ、北朝鮮の鼻づらとも言えるような地域に原発を建て、ぶんぶん稼動させてきたのです。
そればかりかもっとも危険であり、技術的な困難にまみれている高速増殖炉もんじゅまで最も北朝鮮に近いところに作ってしまったのでした。

前回の記事で示したように北朝鮮が初めての核実験を行ったのは2006年です。そのときどれか一つでも原発を止めたでしょうか。あるいは原発に対する防衛態勢をとったでしょうか。全く否。理由は北朝鮮が原発を攻めてこないと確信していたからです。
私たちはこの日本の国の人々に、もう本当にこの点で、政府のペテンに騙されるのは止めようと大声で訴えなくてはなりません。今だってわざわざ北朝鮮の目の前の高浜原発を再稼働させているのですから。
実は日本政府は、北朝鮮が核カードを切る理由が、アメリカを米朝平和条約締結交渉に引き出そうとすることにあることを知っているのです。だから自国の滅亡を意味する軍事攻撃など実際にはしてくるはずがないとタカをくくっているのです。
そうでないならばPAC3ミサイルなんか配備する前に、大急ぎで使用済み核燃料を福井原発銀座から運び出しているはずです。いや事故があったら通常の原発の何十倍もの危機が発生するもんじゅをいち早く解体しているはずです。

北朝鮮の脅威など大嘘なのです。むしろ恐ろしいのは米軍です。実際にイラクに侵攻したのですから、同じように北朝鮮に侵攻することがあるかもしれない。そのとき東アジアが戦乱にまみれるかもしれない。いや実際にその危機は1990年代にもありました。
だからこそ日本を守るためにも、米朝平和条約の締結を可能にしていくことこそが最も重要なのです。そうすれば火種が無くなっていく。偶発的にせよ、戦争にいたりうる要因を除去することがこの国を守る本当の道です。
しかしそれでは軍隊と武器メーカーは困るのです。常に「適度な」軍事的緊張関係があった方がいい。時には戦争があって武器・弾薬の在庫が一掃された方がいい。平和の樹立だけは絶対に避けなくてはいけない。それが死の商人=武器メーカーの本音です。
だからこそ「北朝鮮の脅威」は格好な材料にされ続けているのです。 (さらに…)

2016.01.24

明日に向けて(1207)追悼!陳桃アマ!

守田です。(20160124 23:30)

悲しいご報告です。1月11日に台湾の旧日本軍性奴隷問題犠牲者の陳桃(小桃)さんがお亡くなりになられました。享年94歳でした。
僕は第一報を亡くなられた2時間ぐらいあとに台湾の友人から教えていただいたのですが、ちょうど台湾総統選の最中であり、政治利用を避けたいとの判断もあって、暫く公表を控えて欲しいともお願いされました。
その後、アマのサポートを続けてきた台北市婦女援助会から追悼文が出され、台湾のマスコミ報道にも載りました。それでも僕は原発ケーブル問題の分析をしなければならなかったこともあり、ご報告が遅くなってしまいました。申し訳ないです。

ともあれ今宵は、アマのご冥福を心の底からお祈りしたいと思います。
またアマの遺志をしっかりと受け継いで、今後も走り続ける決意をみなさまの前に明らかにしたいです。
アマに心の底から感謝しつつ、ただ合掌あるのみです。

アマの逝去について記された婦援会発行の「阿媽之友 電子報」日本語翻訳版を転載します。
ちなみに「小桃」アマというのは陳桃さんのニックネームです。他にも桃という字を使うアマがおられたため、小柄な陳桃さんが「小桃」アマと呼ばれ続けたのでした。 (さらに…)

2015.12.10

明日に向けて(1188)台湾のおばあさんたちを訪ねて3-性暴力問題に男性はいかに向かいあうべきか

守田です。(20151210 14:30)

前回の続きです。
ところで9年前に僕は男性としてこの性に潜む暴力性に向かいあい続けなければならないけれども、どこかで自信を持って言い切れない自分がいると書きました。
今はどうかと言うと、さすがに9年を重ねてきて、もう一つか二つ、前に進めたものを感じています。だからもちろん今は自信を持って言い切れるし、むしろ今はそこに男性自身の解放もあるとも確信しています。

この間、折に触れて語ってきましたが、軍隊「慰安婦」問題の背後にあるのは、旧日本軍の並外れた構造的虐待体質でした。
兵士たち、とくに二等兵、一等兵などの末端の兵士たちは、毎日、毎日、殴られるのが普通でした。訓練も過酷で命を落とすものがでることもしばしば。それも体罰などが続いた末のことでした。
「きさまたちは軍馬よりも安い。一銭五厘(召集令状=赤紙の代金)で補充が効く」などと言われ続けました。

その上、多くの戦線で酷い人殺しを強制されました。度胸試しだといって捕虜となった人々を刺殺させられたり、さまざまな虐殺を命令されました。
このため、日本軍兵士たちは一度野に放つと、とんでもない狂暴性を発揮するようになりました。とくに民家を見つけると略奪に走り、男性を殺し、女性を強姦しました。強姦してから殺すこともしばしばでした。こうした体質が特に南京で猛爆発しました。
兵士たちの暴走に手を焼いた軍部は、南京虐殺の捉え返しから「慰安所」という性奴隷施設を創設しました。軍部が特に問題にしたのはレイプそのものよりも兵士が性病にかかることでした。かくして軍は処女の女性・・・幼い少女たちを狩り集めたのでした。

繰り返しますがこのように旧日本軍性奴隷問題の背後には、日本軍の構造的虐待体質が横たわっていました。だから日本軍下級兵士たちの中には、本来、上官や軍上層部、政府中枢に向けるべき憤怒のエネルギーが堆積していたのでした。
しかし兵士たちは軍部によってそれを女性たちに向けさせられ、性暴力を振るってしまいました。あるいはアジアの多くの人々を虐殺する形で晴らさせられてしまいました。だからそれはますます自らへの虐待を強める力へと転化していったのでした。
かくして兵士たちは、太平洋戦争の中でまったく勝つ展望のない過酷で不条理な戦を強いられました。弾薬も足りず、それどころか食糧すら満足に供給されませんでした。太平洋戦線で死亡した兵士の実に半数以上が餓死してしまったのでした。 (さらに…)

Next »