Home > 「明日に向けて」
2017.01.22

明日に向けて(1345)アメリカはあくどい投機の場に転落していた!(トランプ大統領就任に際して3)

守田です。(20170122 22:00)

3、ジェントルマンが投機屋に変わり社会がめちゃめちゃに!

トランプ大統領就任式が予定通り行われましたが、この日、全米でたくさんの人々が立ち上がり、トランプ新大統領の差別主義、排外主義と真っ向から闘う姿勢を示しました。
翌日の今日には反トランプデモが世界中に拡大!世界のあちこちで差別主義と排外主義への批判が響き渡りました。素晴らしいことです。
差別主義、排外主義にノーの声をあげているすべての人々への連帯を表明します。

その上で、ここではなぜオバマ政治の継続を訴え、ほとんどのマスコミも味方につけていたはずのヒラリー・クリントンが敗れ、トランプの「勝利」が実現してしまったのかの解き明かしを続けたいと思います。
そのために前回、宇沢先生のことをご紹介しましたが、今回は宇沢先生が新自由主義=市場原理主義の始祖、ミルトン・フリードマンについて繰り返し語った逸話をご紹介したいと思います。新自由主義の核心がよく分かるからです。
宇沢先生の『ヴィブレン』という本から直接引用します。

「1965年6月頃のことだったと記憶しているが、ある日、ミルトン・フリードマン教授がおくれて昼の食事の席にやってきた(その頃、経済学部の教授はファカルティ・クラブの決まったテーブルで一緒に食事をする慣わしだった)。
フリードマン教授は興奮して真赤になって、席に着くなり、話しはじめた。
その日の朝、フリードマン教授はシカゴのコンチネンタル・イリノイ銀行に行って、国際担当のデスクに会って、英ポンドを1万ポンド空売りしたいと申し込んだというのである。

当時IMFが機能していて、固定為替相場がとられていた。1ドル360円、1英ポンド2ドル80セントの時代である。それは、英ポンドの平価切り下げが間もなくおこなわれようとしているときだった。
IMF理事会の決議事項は必ず一週間か二週間前にはリークされてしまうのが慣例で、そのときも英ポンドの平価切り下げはすでに時間の問題となっていた。
ただ、その切り下げ率のみが不確定であって、経済学部の同僚たちは切り下げ率について、賭をしていたほどであった。実際にこのエピソードの一週間後に英ポンドが2ドル80セントから2ドル40セントに切り下げられることになった。

それはさておき、「英ポンドを一万ポンド空売りしたい」というフリードマン教授の申し出を受けて、コンチネンタル・イリノイ銀行のデスクはこういったというのである。
No, we don’t do that, because we are gentlemen.
「外貨の空売りというような投機的行動は紳士のすることではない」、と。

そこで、フリードマン教授は激怒していった。
「資本主義の世界では、もうけを得る機会のあるときにもうけるのが紳士だ。もうける機会があるのにもうけようとしないのは紳士とはいえない」
(『ヴェブレン』岩波書店 p180、181) (さらに…)

2017.01.19

明日に向けて(1343)トランプはなぜ勝ったのか?アメリカで何が起こっているのか?

守田です。(20170119 23:30)

昨年のアメリカ大統領選で、ドナルド・トランプがヒラリー・クリントンに「まさか」の勝利をおさめました。

とうとう20日(日本時間では21日未明)に就任式を迎えようとしていますが、今のところ50人以上の議員がボイコットを表明しています。
中心になっているのは、マーチン・ルーサー・キング・ジュニア牧師とともに、公民権運動を闘ってきたジョン・ルイス下院議員(民主党)。
あからさまな差別を口にし、排外主義をあおるトランプへの怒りが就任前から表明されていると言えます。

就任式に際してワシントンに集まるのはオバマ大統領の就任式のときの半分ぐらい。しかもそのうちの相当数が就任反対デモを行うと言われています。
僕も当然ですが、差別と排外主義の塊であるトランプ氏に何ら共感するものはありません。
それどころか、障がい者の真似をして笑いをとったり、メキシコ人やイスラム教徒を犯罪者扱いする彼の価値観に全面的に反対です。

しかし解き明かすべきことがあります。どうしてあれほど暴言を吐いているトランプが勝ち、マスコミのほとんどを味方につけ、優勢が伝えられていたヒラリー・クリントンが負けてしまったのかです。
このことを解き明かすためには、そもそもいまアメリカ社会はどうなっているのかを分析していく必要があります。

アメリカの現状分析についてはジャーナリストの堤未果さんが系統的に書き続けていて僕も共感してきました。
この小論でお伝えする僕のアメリカの現状分析も、多くを堤さんの本に依拠していることを初めにお伝えしておきます。
実はその堤さんの本を読んでいた方の多くは「トランプが勝つ事もあるかもしれない」と思っていたようです。
あるいは先日、僕が昨年対談したアーサー・ビナードさんもそんなことを言っていたし、アメリカでは映画監督のマイケル・ムーアなどもトランプの勝利を予想していたようです。

実は僕も選挙中から「トランプがひどいといっても、ヒラリー・クリントンが良いともまったく思えない」と強く感じていました。
というよりヒラリーはイラク戦争を支持してきた戦争屋であり、ウォール街をバックにして、貧富の格差を広げてきた張本人の一人でもあるがゆえに極めて批判的でした。
さらにオバマ政権のもとでなされたのも貧富の格差の拡大であり、イラク戦争の継続であり、結果としてシリアを滅茶苦茶な状況においやる政策で、何も評価できるものはないと思っていました。
そのため「トランプが下卑たことを言い続けて、ヒラリーがリベラルな顔をして次期大統領になるのは嫌だな」とも思っていました。

アメリカは1970年代後半より新自由主義の道をひた走り続けています。
いま世界はその流れにどんどん引き込まれつつあります。もちろん日本もです。
そのアメリカはいま、いわば「新自由主義のはて」に近づきつつあり、帝国としての大崩壊に向かっているのではないでしょうか。
今回の大統領選の中には、実はこのことへの民衆の側からの気づきという側面もあったのではないかとも僕には思えます。

トランプが圧勝で排外主義が全面化しているのであったら、20日のワシントンには差別主義者、排外主義者の万歳のみが響きわたることになるでしょう。
しかし就任式を前にしたワシントンからは、オバマ就任式のときのような熱気が伝わってきません。トランプへの期待はけして大きくはないのです。
いや、「ヒラリーだけには勝たせたくない」とおそらくは「究極の選択」でトランプに投票した「隠れトランプ派」が、今度はトランプ批判デモに立ちあがりつつあるのではないか。そんな風にも思えます。
今回はそんな点を掘り下げていくために、アメリカ社会でいま起こっていることを分析していきたいと思います。 (さらに…)

2017.01.11

明日に向けて(1339)本年を脱「原発・被曝・戦争」の道を切り拓く年に!

守田です(20170111 21:00)

みなさま
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

年末に昨年を振り返ってみて、講演回数が約110回だったことが分かりました。
各地からお声掛けいただきましたが、中でもコープ自然派さんからは16回も呼んでいただけました。
どうもありがとうございました。

今年もあちこちを駆けます。
さっそく1月7,8日に、コープ自然派のみなさんと伊方原発の視察ツアーに行ってきました。
コープ自然派脱原発ネットワーク主催のツアーで、地元で長い間反対運動を貫いてきた方たちともガッチリと結合した企画でした。
またコープ自然派が提携している生産者さんのところも訪れることができて、とても盛りだくさんでした。

今回、現地までいってみてあらためて伊方原発の危険性を痛感しました。
これまでも加圧水型原発としての同原発の構造的危険性をしっかりとおさえてきたつもりでしたが、現地に立って、リアス式の細い岬の根元に立地しているこの原発が、あまりに事故時に避難の余裕がないものであることが実感されました。
とくに多くの家々が、海に続く崖状の地形にはりつくようにして建てられているのが印象的でした。

同時にこの地域はこの崖にまで段々畑を作り、みかんをはじめたくさんの柑橘類を栽培しているとても豊かなところです。
日本の今後にとって、すでに電力は十分すぎるほど余っているし、むしろ使い過ぎなのですから、この農の営みこそ優先的に手当をしていくべきだとも強く感じました。
そのためにも危険で、使用済み核燃料の処理に何万年もかかる原発など完全に止めてしまって、その予算をふんだんに農の営みにあてるべきだとも思いました。

伊方原発については、また稿をあらためて特集していきますが、ともあれ日本の原発は、その一つ一つが安全性を無視し、地域の特性を潰し、理不尽きわまりないかたちで建設されています。
今年もその一つ一つに迫り、矛盾をリアルに明らかにし続けることから、原発の再稼働を止め、廃炉に追いやっていくムーブメントに貢献したいと思います。 (さらに…)

2016.11.02

明日に向けて(1315)原発と地球人・地球環境の生存権(日本環境会議沖縄大会報告から)

守田です。(20161102 23:30)

沖縄訪問報告の続編です。今回は日本環境会議沖縄大会2日目に行われた第五分科会、「放射能公害と生存権」の中での自分の報告をご紹介したいと思います。
この分科会は、この大会にぜひとも放射能公害の問題、被曝防護の徹底化の必要性をしっかりと入れ込みたいと考えた矢ヶ崎克馬さんによって立ち上げられました。主旨に賛同したたくさんの方が集まり、盛会を実現することができました。

沖縄は高江と辺野古の基地問題で揺れ続けています。とくに7月参院選では県民の「基地はいらない」という意志が再びはっきりと示されました。
ところがこれに対して安倍政権は、本土からの機動隊を大量投入し、運動のリーダーの一人の山城さんを逮捕するなど、弾圧に継ぐ弾圧をかけてきています。これとの対決が沖縄にとって、沖縄を支援する私たちにとって喫緊の課題です。

しかし一方で、沖縄にはたくさんの方が本土から放射能被曝を避けて避難移住しています。福島原発事故によってもたらされた未曽有の放射能公害と立ち向かうことは沖縄を含むすべての私たちに問われていることです。
この点を踏まえて、矢ヶ崎さんはぜひすべての人々の生存権を脅かしている放射能公害の問題を環境会議の重要課題に上げようと考えられました。

このもとで成り立った第五分科会は、8つの報告と3つのコメントで構成されましたが、司会の上岡みやえさん、報告5番目、6番目の伊藤路子さん、久保田美奈穂さん、そしてコメントのはじめの山口泉さんは、みな福島や関東からの避難者です。
いや「避難者」という言い方は正確ではないかもしれない。政府によって無視され棄てられた「難民」という言い方が正確でしょう。
しかし難民となってただ黙っているのではありません。多くの人々に放射能公害からの脱出を促す「率先避難者」であり、政府の悪政を正そうとしている改革者として活動してこられています。

以下、第五分科会の内容を記しておきます。

コーディネーター:新城知子、矢ヶ崎克馬、吉井美知子(50音順)
司会:上岡みやえ、新城知子
(1)歴史上最悪の放射能公害と健康被害
報告1:「福島事故による放射能公害/原発・被曝に関する国際的枠組」矢ヶ崎克馬(琉球大学名誉教授)(20分)
報告2:「原発事故がもたらす健康被害)」高松勇(小児科医・医療問題研究会)(20分)
報告3:「原発と地球人・地球環境の生存権」守田敏也(フリーライター)(20分)

(2)放射能公害下の避難者・市民
報告4:「避難者の実状と生存権」黒潮武敬(20分)
報告5:「避難者体験談:福島県内から」伊藤路子(13分)
報告6:「避難者体験談:福島県以外:茨城県から」久保田美奈穂(13分)

(3)海外への原発輸出と先住民族の人権
報告7:「ベトナムの原発計画と先住民族チャム人」吉井美知子(沖縄大学教授)(20分)
報告8:「台湾離島の核廃棄物貯蔵場とタオ族の民族運動」中生勝美(桜美林大学教授)(20分)

コメント1:「放射能公害と人権意識」山口泉(作家(小説、評論))
コメント2:除本理史(日本環境会議事務局次長・大阪市立大学教授)
コメント3:吉村良一(日本環境会議代表理事:立命館大学教授)
さて、僕は矢ケ崎さんと高松医師による放射能公害によってもたらされている深刻な健康被害の報告を受ける形で「原発と地球人・地球環境の生存権」というタイトルでお話しました。
このタイトルは矢ケ崎さんから頂いたものですが、ちょうど、今、起こっている様々な問題を整理して解き明かすのにうってつけでありがたいものでした。
今日は、大会に向けてあらかじめ提出して、当日配られた冊子の中にも掲載していただいた報告要旨を掲載しておきます。
実際の当日の報告については、次回以降に文字起こしして掲載します。 (さらに…)

2016.10.16

明日に向けて(1309)新潟知事選で柏崎刈羽原発再稼働を認めない米山さんが当選!

守田です。(20161016 23:30)

このところ島根原発の取材を踏まえて沸騰水型原発の特有の危険性をレポートしてきましたが、その沸騰水型原発の柏崎刈羽原発を抱える新潟県の知事選で、同原発の再稼働を認めない前泉田知事の路線継承を掲げた米山さんが当選しました。素晴らしい!
7月に行われた鹿児島知事選での三反園さんの当選に継ぐ快挙です。これは全国で原発再稼働反対の声をあげて活動しているみなさんの努力が生み出したものに違いありません。
そのうちの一つである京都駅前にある関西電力京都支社前で毎週金曜日に行わている抗議行動に先週の14日に参加してきましたが、この日で225回を数えるとのことでした。
同じように全国で電力会社前などの抗議行動が200回を超えています。不屈の行動です。この行動が鹿児島県での三反園さんの勝利に継ぐ、今回の選挙結果をもたらしたのです。

私たちはこの民衆の力をさらに成長させていきましょう。そのために三反園さん、米山さんに全国からエールを送り、支え続けましょう。
すでに川内原発1号機は10月6日午前6時過ぎに定期点検のために停止しています。再稼働は12月8日にも予定されているそうですが、原発に厳しい態度をとり続けている三反園さんが合意しなければ困難です。
米山さんの勝利は、保守王国と言われる鹿児島県の中で猛烈に吹いているであろう再稼働に向けた逆風の中で奮闘している三反園さんを大きく勇気づけたことでしょう。
だからこそいま、私たちはより大きな声をあげて、当選したばかりの、再稼働に立ち向かおうとしている知事たちの背中を押していく必要があります。ぜひみなさん、電話、FAX、メール、その他あらゆる手段で三反園さん、米山さんへの激励を続けましょう。

僕にとっては、今回の米山さんの当選は、島根原発を取材して、沸騰水型原発の特有の危険性とあらためて向い合っている時だけになおさら嬉しいものがありました。
ここで米山さんをさらに応援するためにもみなさんと柏崎刈羽原発の構造をしっかりとおさえておきたいと思いますが、まずみなさんに知っていただきたいのは、この原発は合計で7つの原子炉を有し、総合出力で世界最大を誇る原発だと言うことです。
もっとも現状ではすべての炉が停まっているわけで、世界最大であるがゆえに反対に世界の原子力村に与える影響も甚大なのです。何せ、世界で一番ウランを買って使ってくれる原発が動いてないからです。
このためウラン燃料製造の世界4大会社の一つだったユーゼックが2014年3月5日に倒産しました。それほどにこの原発が停まっていること、より正確には私たち民衆が停めている影響は大きいのです。

さて原子炉の構造からみると柏崎刈羽原発の特徴はどのようなものでしょうか。この原発は1号機がマークⅠ型、2号機から5号機までがマークⅡ型改の格納容器を使っています。
さらに6、7号機が前回の記事で、その危険性を指摘した改良沸騰水型原子炉(ABWR)が採用されています。
2007年7月にこの原発を中越沖地震が襲いましたが、そのときに動いていたのは2、3、4、7号機。緊急停止には成功しましたが、その後、2~4号機はそのまままったく動いていません。9年3カ月にもなりますからもはや機械としてダメでしょう。
これに対して1号機と5~7号機は地震から数年経って営業運転を開始しましたが、これらも福島第一原発事故を経て停止中です。

さて柏崎刈羽原発の固有の危険性はなんでしょうか。まずは1~5号機までがマークⅡおよびその改良型を使用していることです。再びアトミカの図で構造を確認しておきましょう。
沸騰水型原子炉の変遷
http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/02/02010101/10.gif

実はこのマークⅡはその前のマークⅠよりも恐ろしい危険性を持っています。図から明らかなように圧力容器の真下にプールがあるからです。
おそらくは原子炉内でメルトダウンからメルトスルーに発展することなどあり得ないと思われた時にこのような設計がなされたのでしょうが、ここでもし核燃料が溶けだして、圧力容器下部を突き破るメルトスルーが起きたら破局的なことが起こります。
2000度前後の燃料デブリが直接、プールの中に落下するからです。そうすると一挙にプールの水が蒸気化し、急激に体積が大きくなって爆発を起こしてしまいます。水蒸気爆発です。
そうしたら格納容器は内側から崩壊し、内部の核燃料の多くが環境中に飛び出してしまいます。福島原発事故をはるかに上回る破局がもたらせられます。
僕にはなぜマークⅠ型からⅡ型にステップアップしたときに、Ⅰ型よりも圧倒的に危ない構造にこの原子炉が「進歩」したのか合理的な理由、ないしメーカーが合理的だと思っていた理由が分からないのですが、ともあれ極端に危ないことはよく分かります。

それでは6、7号機ではどうでしょうか。東京電力が再稼働を目指しているのはこの二つのABWRの原子炉ですが、前回、つぶさにみてきたようにこの原子炉はそれ以前のものより格納容器内の空間の体積もプールの容量も相対的に少なくなっています。
出力を大きくするという経済性のみが優先されて、安全マージンが削られてしまった結果であって、出力が大きくなっている分だけ、より危険性も増しています。
そう考えると帰ってマークⅠ型の方が、他の炉よりも安全マージンが高いようにすら見えてくるのですが、そのマークⅠ型を1号機から5号機まで使っていたのが福島第一原発であり、そこであれほどの放射能大量漏洩事故が起こったのです。
これらを考えるならば柏崎刈羽原発1~7号機が極めて危険性の高い原発であることがよく見えてくると思います。

さらに重要なのはこの原発を中越沖地震の際に、設計上の想定を大きく上回る地震が襲ったことです。
それ以降、停まったままの3号機をみるならば、建屋1階で2058ガル(想定834ガル)、地下3階で581ガル(想定239ガル)、3号機原子炉建屋基礎で384ガル(想定193ガル)が観測されています。
どれも設計基準を大幅に上回る揺れでした。その大揺れが原発に与えたダメージが全面的に補修されたとはとても言えないでしょうし、なおかつ同原発が再びこうした揺れに襲われることがありうることもこの数値は示しています。
2007年の地震の時には、幸運にも制御棒が炉心に入って運転が停まりましたが、次のときに同じように停まる保障などまったくない。なんといっても地震の揺れが設計基準を倍以上も上回っていたからです。

ちなみに前知事の泉田さんはこのような沸騰水型原発の危険性を実によく把握して、再稼働反対を唱えられていました。とくに泉田さんが強調されていたのは格納容器の崩壊を防ぐと称したベントは認められないと言うことで、次のように語られていました。
「フィルターベントは放射能を放出する装置ですから、健康に影響ある被曝をするような装置はOKできません。
したがってこれから避難計画との整合性や機器の性能もチェックする。つまり住民の健康が守れないということが明らかになれば、今回の(東電の再稼働に向けた・・・守田注)申請の承認は無効です。
県の了解を取れない限り、ベントの運用ができないということは、稼働できないということなんです」。・・・実に鮮明です!

今回の選挙はそもそもこの前泉田知事が、新潟日報などの執拗な県政糾弾攻撃を受け続け、再選に向けた出馬を断念するという事態を受けて行われたものでした。
自民党、公明党が稼働容認の候補を擁立したわけですが、先にも述べた如く、この背景に世界の原子力村の熱いまなざしがあったことは間違いありません。
これに対して米山さんは、共産党と自由党(旧生活の党)、社民党の推薦を受け、自由投票にした民進党の事実上の支援も受けながら、与党勢力、あるいは世界の原子力村の思惑を打ち破って当選したのです。痛快です。

この流れをさらに強めるために、みなさんと一緒に原発の危険性の構造的把握を続けていきたいと思います。

*****

連載1300回越えに際して、カンパを訴えています。
三反園さんや米山さんを支えるためにももっと行動力を増して、各地を訪ね歩きたい思っています。今回はそのための資金提供を訴えます。
よろしくお願いします。

振り込み先を記しておきます。
振込先 郵貯ぎんこう なまえ モリタトシヤ 記号14490 番号22666151
他の金融機関からのお振り込みの場合は
店名 四四八(ヨンヨンハチ) 店番448 預金種目 普通預金 口座番号 2266615

Next »