2013.06.22

明日に向けて(693)「私は死んでも訴え続けます」・・・追悼、イアン・アパイ アマア

守田です。(20130622 23:00)

みなさま。昨日(6月21日)午前3時に、台湾の旧日本軍性奴隷問題の被害女性の一人で、タロコ族のイアン・アパイ アマアが亡くなられました。ガンとの闘病の末でした。とても悲しく、淋しいです。
アマアが安らかに眠られるようにお祈りするばかりです。

僕は昨年秋に、病院にアパイさんを訪ねました。そのとき書いた記事を紹介しておきます。アマアをはじめ、タロコ族のおばあさんたちの被害についても書きました。台湾の被害女性について書いた一連の記事の中の一つです。

明日に向けて(551)タロコ族のアマアたちのこと・・・
http://toshikyoto.com/press/304

イアン・アパイさんと初めてお会いしたのは2006年11月のこと。私たちの呼びかけに答えてくださって京都までこられ、辛い体験を証言してくださいました。今日は多く方に彼女の訴えを知っていただくために、その証言録をここに掲載したいと思います。ぜひお読みください。なお今回の記事のタイトルにつけた「私は死んでも訴えます」は、証言の中でアマアが語られた言葉です。
(『阿媽的聲 Voices of Ah-Ma 台湾・旧日本軍性奴隷被害女性の声』旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画・京都実行委2007年11月発行に掲載)

*****

台湾・旧日本軍性奴隷被害女性の声
2006年11月19日 京都
イアン・アパイ/林沈中(リン・シンチュウ)阿媽

台湾の花蓮から参りました。林沈中という中国名ですが、原住民族の名前はイアン・アパイです。今日、何故京都にきたのかというと、私が若いとき日本軍に何をされたのかをみなさんにわかってもらいたいからです。

私は四人兄妹です。上の三人は男、私は末っ子で、ただ一人の女の子です。一番目のお兄さんはニューギニアで戦死しました。二番目、三番目のお兄さんも、台湾で徴兵されました。

ある日、派出所の警官が二人家に来て「お宅のお嬢さんを軍の雑用係として働かせてはどうか」と言いました。最初の仕事はボタンつけや掃除でした。

最初の三ヶ月は帰宅を許されましたが、三ヶ月を過ぎた頃、ある軍人が「帰宅の道が遠すぎるので、今日から住み込みにしてくれ」と言いました。
ある夜が、すべての悲惨な出来事の始まりでした。軍隊の高官が私を暗い洞窟に連れて行き、強姦しました。当時、私は十七歳。十七歳の私は日本の軍人に真っ暗で何もない洞窟に連れて行かれました。暗くて怖かったです。軍人に強姦されたときは全身裸にされて、泣いても抵抗しても誰も助けてくれません。本当に怖くて、悔しかったです。そのときの気持ちはというと、本当に苦しくて、悔しくて、でも誰にも言えませんでした。

ある日、私は身体の調子が悪くなり一度家に帰りました。一人でずっと泣いていると、お母さんが心配して「大丈夫?」と声をかけてくれましたが、こんなに屈辱的なことは誰にも言えませんでした。その後も「慰安婦」にされ続けました。

あるとき軍医が言いました。「生理がこなくなったら必ず報告するように。流産させる薬を渡すから」。私は天に向かって問いかけました。「何故、私は十七歳でこんなに酷い目にあわなければならないのでしょうか」と。

私は運が悪かったのだと思います。小さいときは、貧乏でした。また日本軍にそのような酷いことをされました。(解放後)四回結婚しましたが、三人の夫に離婚されました。私たち原住民族は貞操を重視します。三人の夫は私の過去を知ると「お前は汚い女だ」と言って去っていきました。私と三人の夫の間に何人か子どもがいましたが、その子どもたちを女で一つで育てなければなりませんでした。サツマイモやトウモロコシを栽培し、子どもを育てました。本当に辛い生活でした。

自分の心にしまっていた私の体験を外に出すのは、大変勇気のいることです。何故私が京都に来たのか、そのことをみなさんにわかってもらいたいのです。私は訴訟のために七、八回ほど日本に来ました。どうしても納得がいかないのは、毎回こうして証言をするのに、いつも苦しみをそのまま台湾に持って帰らなければならないことです。日本政府は今もまだ謝りもしないし、補償もしません。私がどうしても欲しいものは、日本政府が事実を認めること、そして人間としての尊厳を回復してくれることです。

私は神様に聞きました。一体、何をしたら日本政府は謝ってくれるのか。私はもう年をとりました。いつ死ぬかわかりません。何回も日本に来て、東京・京都・大阪、いろんな所で証言の機会を与えてもらいました。私は死んでも訴え続けます。絶対に日本政府に謝って欲しい。そして私の尊厳を回復して欲しい。会場の皆様にお願いします。私たちには時間がありません。年老いた阿媽たちのために、何とかしてください。

私は余計なことは言いません。世界はみな慰安婦のことを知っています。認めないのは日本政府だけです。みなさん、ありがとうございます。

*****

みなさま。どう思われたでしょうか。僕は読み返していて涙が溢れてきました。

イアン・アパイさんは、いつも顔に威厳をたたえていた方でした。その一方でとてもお茶目で、カメラを向けるときっとおどけたポーズをしてくれました。
アマアの毅然としている顔、笑った顔、おどけた顔が次々と胸に浮かびます。

でもこのアマアの発言に触れると心に浮かびあがってくるのは、日本兵に犯され、絶望しながら、神様にどうしてこんな酷い目にあわねばらなないのですかと問いかけている十七歳の少女の泣き顔です。
ああ、とうとう、アマアに日本政府の謝罪を届けることはできませんでした。やはりそのことがあまりに悲しく、悔しく、残念でならないです。人間としての尊厳を回復してくださいという、アマアの心からの叫びを無視し続けてきたこの国の政府に、僕は激しい怒りを感じます。
あくまでも、完全な謝罪と補償を引き出すまで僕らは奮闘を続けなくてはいけない。そう強く思います。

証言の中で、アマアは「私は死んでも訴え続けます」と言われました。そうですよね。アマアはこれからも訴え続けるのですよね。だから僕もこれからもアマアの声を支え続け、一緒になって訴え続けます。
あなたの声を僕の声として、私たちの声として、訴え続けます。だからアパイアマア、天国に言ったら、少しは休んでくださいね。安らかになってくださいね。そうして先に旅立ったおばあさんたちと楽しく暮らしてください。

あとは私たちが頑張ります。死んでも訴え続けるアマアの声を多くの人に届け続けます。そしていつか日本政府を謝らせます。・・・だから、どうか、天国で幸せになってください。

イアン・アパイアマア。たくさんの愛と勇気を、ありがとうございました。

合掌

Tags:

« | | | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment

  • ?
  • ?
  • ?