2012.05.16

明日に向けて(470)深草・さつき保育園・北区ライトハウス・上京区カライモブックス・宇治でお話します。

守田です。(20120516 11:00)

5月19日に富士吉田市で講演し、その後、矢ヶ﨑さんと一緒に仙台市・福島市・南相馬市を訪問してきますが、帰京後に京都各地で講演を行います。「がれき」問題が主ですが、東北で見てきたこと、聞いてきたことも盛り込みたいと思います。以下、スケジュールを並べますので、どうかお近くの企画にご参加下さい。

*********

京都市深草 5月27日

学習会「3.11後の食の安全~内部被ばくとがれき焼却~」

岩波書店『内部被曝』の著者でジャーナリストの守田敏也さんを迎え、学習会を開きます。
「食べものの安全性は大丈夫?」「内部被ばくってどんなこと?」
「がれきを燃やしたらどうなるの?」さまざまなことを一緒に考えましょう。
質問タイムもあります。

○日時:5月27日(日)10~12時
○場所:京エコロジーセンター 3F 会議室
http://www.miyako-eco.jp/about/access.html
京阪「藤森」西へ徒歩5分 近鉄・地下鉄「竹田」東へ徒歩13分
※駐車場はありません
○講師:守田敏也さん
(ジャーナリスト、岩波書店『内部被曝』共著者、
「市民と科学者の内部被曝問題研究会」常任理事)

★事前申込不要
★途中退出OK
★託児あり(3才以上/要予約/0~2才のお子様は会場へ
お入りください)

○資料代:300 円
○主催・問い合わせ・託児予約:子どもと未来を守る会・京都
○電話:070-6688-5106(留守電有) ○FAX:020-4663-9390
○Eメール:childkyoto(あっと)gmail.com
※(あっと)を@に替えて送信してください。
http://no-radioactive-waste2.blogspot.jp/2012/05/527311.html

**********

京都市北区さつき保育園 6月1日

内部被曝と食の安全について
19時より

クローズドの可能性あり

***********

京都市北区ライトハウス 6月2日

ジャーナリスト守田敏也
内部被曝講演会

2012年6月2日(土)
時間:14:00~16:00
場所:京都ライトハウス地下会議室
京都市北区紫野花ノ坊町11 千本北大路下ル
参加費:300円

プログラム
Opening song
Guitar&Ukulele ユニットSINGSの演奏

守田敏也さんの講演
・震災がれきを受け入れるとどうなるの?
・今、東北の被災地では本当に復興が進んでいるのか?
・福島原発に政府は「冷温停止」を宣言したけど現状は・・・
・福島原発から毎日1億ベクレル放射能を海に流してるって・・・
・食べ物や水、空気が汚染されると私たちの体にどんな影響がでるの?

何度も被災地に足を運び、除染プロジェクトに参加されたり、仮設住宅に自転車を送る活動の支援、内部被曝の講演など幅広く活躍されている守田さんに様々な質問に対する答えや、今後の希望をどうつくるのかなどをお話していただきます。

主催 映画チェルノブイリハートを観る会
問い合わせ 090-5052-9894 杉山

***********

京都市上京区カライモブックス 6月4日

第9回 カライモ学校
震災がれきを考える――見えてきたごみ焼却システムの問題

震災がれきの受け入れが、京都市でも検討されています。
広域処理にあてられるのは、がれきの総量の20%――広域処理、本当に必要?
京都市のクリーンセンターで焼却しても、安全なの?
そしてがれき焼却の問題から見えてきたのは、東日本全域で、ごみの焼却そのものが、放射能濃縮システムになってしまっているという事実。

一緒に考えを深めましょう。
私たちにできることは、きっとたくさんあるのです。

6月4日(月)
守田さんのお話 14:00~16:00頃
交流会 終了後~18:00頃

カンパ制
講師 守田敏也さん

守田敏也さんのご紹介
同志社大学社会的共通資本研究センター客員フェローなどを経て、現在フリーライター。東日本大震災以降、原発事故や内部被曝に対する問題を追究。今春、矢ヶ﨑克馬氏との共著『内部被曝』(岩波ブックレット)を出版されました。
ブログ「明日に向けて」http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011

— KARAIMO BOOKS
〒602-0094
京都市上京区大宮通芦山寺上がる西入る社横町301
Tel/Fax 075-203-1845
http://www.karaimobooks.com/(ホームページ)
http://karaimo.exblog.jp/(ブログ)
http://karaimobooks.shop-pro.jp/(オンラインショップ)

**********

京都府宇治市 6月9日
第17回平和のためのヒロシマ市民被爆体験絵画展 プレ企画

震災「がれき」受け入れて大丈夫?食べ物の安全基準は本当に安全?給食は?
内部被曝ってなに?~守田敏也さん(岩波ブックレット『内部被曝』共著者)にきく

■日時:2012年6月9日(土)2時~4時(開場1時半)
■場所:宇治市生涯学習センター 第2ホール(TEL 0774-39-9500)
地図 http://www.yodogawa.kkr.mlit.go.jp/activity/comit/develop/jumin/uji02.html
京阪宇治駅またはJR宇治駅より京阪宇治交通バスで宇治市役所を経由、「琵琶台口」下車すぐ。
※駐車場はありません

■資料代:500円
■託児:無料(人数把握のためなるべく事前に下記連絡先までご予約ください)

■お話:守田敏也さん
同志社大学社会的共通資本研究センター客員フェローなどを経て、現在フリーライター。ブログ「明日に向けて」や各地での講演で、放射線被曝の恐ろしさを明らかにし防護を訴える。被災地に自転車を送るプロジェクトを担いつつ、三陸海岸の各都市を訪問・取材し、その現状を広く伝え続けてきた。福島における放射能除染プロジェクトに参加。宮城県南部での市民放射能測定室の立ち上げにもかかわる。

■主催:平和の会
■共催:NPO法人使い捨て時代を考える会
■連絡先:宇治市宇治蓮華47 山田晴美 0774-24-7107

« | | | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment

  • ?
  • ?
  • ?