2012.11.01

明日に向けて(572)11月3日イノチアクションでお話します。

守田です。(20121101 23:30)

このところ少しく疲れが出て、「明日に向けて」の更新が滞りがちで申し訳ないと思っています。
体調を整えて、また情報発信を続けていきますので、よろしくお願いします。

さて今週末に二つのイベントに参加します。一つは11月3日大阪で行われる「イノチアクション」です。主催は「イノチコア」さんです。「関東からの避難者と避難を希望する関東在住者が中心となり発足したグループ」である点に特徴があります。
反原発と反放射能をはっきりと掲げており、震災遺物(がれき)焼却にも当然にも反対ですが、できるだけ多くの人と、ゆったり、おおらかにつながりたいと思われています。そんな思いや配慮は、HPやチラシをみるとよく分かります。
とくに「がれき」の問題で、政府による「放射能は怖くないキャンペーン」の中で、まだ問題がよく見えていない人ともつながりたい、話のきっかけを作りたい、そのためにはどんな形で企画をすすめるといいのか悩まれてきました。

そんな折に、たまたまメンバーが、京都の自然食レストラン、キッチン・ハリーナを訪れ、そのときに食事に行っていた僕との出会いがあって、内部被曝のことを現場で話して欲しいということになりました。
僕も、「イノチコア」さんたちが、多くの、さまざまな人たちとの、おおらかなつながりのもとで、反原発・反放射能のアクションを広げていきたい、そのためにも、アーティスティックな催しにしたいという思いに共感し、お話をさせていただくことにしました。

企画は二部に分かれています。15時から17時までパレード。続いて、17時から19時がお祭りです。僕はこのお祭りの冒頭で30分話をさせていただきます。もちろんパレードから参加します。
大阪のみなさん、関西のみなさん、イノチコアさんたちの新たな取り組みにぜひご注目ください。どうかご参加を!

以下、案内を貼り付けておきます。
下の方にある、「瓦礫焼却に反対の方々へ」もぜひお読みください!

(なおもう一つは11月4日の平智之衆議院議員との対談ですが、これについては次回、詳報を載せます!)

*********

反原発・反放射能デモパレードin大阪
11.3イノチアクション
http://inochicore.web.fc2.com/index.html

2012年11月3日 雨天決行
集合場所 大阪・西梅田公園

主催 イノチコア
協力 ゼロベクレルリンク、おかんとおとんの原発いらん宣言2011
   Twit No Nukes大阪、NO NUKES SPINNER’S ACTION
Special thanks/怒りのドラムデモ、イルコモンズ、アトミックサイト

私もあなたも一つのイノチ
芸術家も 宗教家も 農家も 漁師も 母も 父も 子も
教師も 医者も 政治家も 役人も 電力会社の人も
それらである前に一つのイノチ
山も 空も 花も 草木も 虫も 鳥も 獣も 大地も 水も 風も
私たちのイノチ
花咲かず虫這わぬ大地 魚泳がぬ水 鳥飛ばぬ空
そのような世界では人も生きられません
私たちは何者なのかを考えよう 私たちに何ができるのかを考えよう
いま イノチを見つめ すべてのイノチと生きるために

子どもも大人もみんなで歩こう、アートデモ!!

イノチの視点から放射能と原発に向き合えば、むずかしい議論などなくたって「放射能いらない、原発いらない」に決まっています。
言葉より直感、それがアートの力。 すべての人が表現者となれば世界は変わる、それが〈イノチコア〉のヴィジョン!

原発事故は、福島や東日本だけの問題ではありません。食品、瓦礫、肥料、飼料などで全国に拡散される放射能は、日本中すべての人にとっての大、大、大問題です。
関東から関西への避難者たちの呼びかけからこのアクションは始まりました。さまざまな地域や立場や感性の私たちが繋がることで、かならず大きな希望と力が生まれます。

しゃべれない動物に変わり声をあげ、動けない草木に変わり歩こう。大地の鼓動で太鼓を叩こう。あらゆるしがらみから自由になってカッコよく楽しく、子どももお年寄りも男も女も、イノチと歩こう! イノチと踊ろう!

「11.3イノチアクション」は、パレードとおまつりの二部制です
14:00
<集合>
★ドラム隊リズム合わせ
★コールの練習
★隊列を組む(当日にお好きなブロックにご参加頂けますが、14:30を過ぎると希望のブロックへ入れない可能性がありますのでお早めにお越し下さい。)

15:00~17:00
<一部> パレード
★途中入り途中抜けご自由にどうぞ。
★16:00ごろから公園で「おまつり」の出店を開きますので、そちらでパレードの到着をお待ち頂けます。

17:00~19:00
<二部> おまつり
★パレードの到着により、開始時間が遅れる可能性があります。
★ドラムサークル、ベクレルフリー屋台、バザー、など
★叩いたり踊ったり、食べたり交流したりとご自由にお楽しみ下さい。
★守田敏也さんによる放射能と内部被曝のミニ講演決定!

瓦礫焼却に反対の方々へ

イノチコアは瓦礫焼却反対です。
広域処理の是非以前にアスベストや放射性物質の付着する瓦礫焼却の安全性に疑問を持ちますので、関西であろうと東北であろうと焼却自体に反対致します。

イノチコアは関東からの避難者と避難を希望する関東在住者が中心となり発足したグループです。関東から避難した、または避難を希望する私たちは当然低線量被曝も危険との認識であり、避難先で瓦礫が焼却されるなどとは悪夢に他なりません。コアスタッフの中には、瓦礫が焼かれたら大阪から離れると話す者もいるくらいです。
しかし、私どもの主催する「イノチアクション」は反原発・反放射能の裾野を広げることに専心しており、その方向性を崩すことは出来ません。いったいイノチアクションで瓦礫問題をどう扱えるのか扱うべきか悩んでおりました。

そのような矢先に「市民と科学者の内部被曝問題研究会」常任理事であり、矢ヶ﨑克馬さんと『内部被曝』共著されている守田敏也さんと知り合う縁に恵まれ、デモパレード後のミニ講演をお引き受け頂けました。
瓦礫焼却では、大気中に拡散された放射性物質を吸込んでの内部被曝が懸念されています。内部被曝の危険性を知れば瓦礫焼却の安全性について疑問を持つ方もいると思います。

大阪市での瓦礫試験焼却が11月に予定されていることを多くの人は知りません。突然、瓦礫焼却の問題点を並べたてて「瓦礫焼却に一緒に反対しよう」と詰め寄っても良い返事は得られないでしょう。切羽詰まった態度を見せれば見せるほど、敬遠される経験は皆さまもおありと思います。「11.3イノチアクション」では、あくまでも冷静に「瓦礫問題を周知させる」にお留め下さい。

実は、瓦礫焼却反対の方々数名よりご連絡頂きました。「反放射能を名乗るなら瓦礫焼却に反対しろ」「バッシングだろうが自由にやらせるべきだ」などのメールもございました。私どもの慎重な姿勢はそのような現状があってとご理解下さい。イノチコアとしては、以下を予定しています。

(1)試験焼却が迫っている旨と、瓦礫焼却反対行動の案内をイノチコアの方からアナウンス致します。
(2)守田敏也さんの内部被曝についてのミニ講演会時に、イノチコアおすすめの瓦礫焼却についてのチラシを配布します。

< ご注意 >
人それぞれの考えはあるとは存じますが、イノチコア主催の場においては私どもの考えを尊重して下さい。それが守れない方のご参加はご遠慮願います。

★資料・チラシの配布をされる方は、「11.3イノチアクション」という場や対象をご考慮下さるようお願いします。内容によっては配布をご遠慮頂く場合がございます。バッシング、揶揄、下品なものは例外無くお断りします。その判断はイノチコアが行い、理由は説明致しません。

★誰が相手であっても、感情に任せたヒステリックな態度や攻撃的な態度は絶対におやめ下さい。善意のボランティアであるスタッフへ絡むのも厳禁です。

★バッシング、揶揄、下品な幟、プラカード、作り物、腕章、コール、スピーチ、チラシ配布などはご遠慮下さい

Tags:

« | | | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment

  • ?
  • ?
  • ?