2012.06.16

明日に向けて(489)安全性の概念をかなぐり捨てた大飯原発再稼動論

守田です。(20120616 13:30)

昨夜、そして本日たった今、大飯再稼動反対の行動が各地で取り組まれています。昨夜の首相官邸前は1万人以上が集まったそうです。動画を見つけたので紹介します。

6・15原発再稼動許すな!首相官邸前1
http://www.youtube.com/watch?v=WM0c3t5uaGA&feature=related

16日現在の東京の様子は現在、IWJが以下で中継しています。
http://www.ustwrap.info/multi/iwakamiyasumi::iwakamiyasumi5

関西では今日、各地でデモがあり、明日は現地行動も予定されています。
http://www.nihon.jpn.org/ooi/

再稼動を止める運動をさらに前に進めるために、論点の整理を行っておきたいと考え、これまで注目してきた後藤政志が6月5日に語られていることの簡略な文字起こしをしたのでお読みください。

後藤さんが語られているポイントは、今回の大飯原発の再稼動が、安全性をまったく無視して行われようとしている点です。
すでに多くの人が直感的にもこれに気が付いて、積極的な行動をしているわけですが、ここでおさえておくべきことは、政府の言っている「安全対策」が、プラントそのものの安全のことではなく、プラントの設計思想が破産した「過酷事故」への対策のことだという点です。

つまりその時点でプラントとしては破産しているのです。しかもその過酷事故対策すらが、「これから対処する」などとされているものも多い。要するに、福島事故以前と何も変わってないのだということです。

もう少し詳しく述べると、そもそもシビアアクシデント=過酷事故とは単なる重大事故の意味ではありません。設計上想定できない事態に立ち入ったことを示す概念なのです。
車で言えば、安全装置の基本中の基本であるブレーキがまったく利かなくなった状態です。それが設計思想が破産した状態なのです。
そのとき、例えばサイドブレーキを引いて停まるようにするとか、それこそ後ろにパラシュートでもつけて開くようにするとか、根幹であるブレーキそのものの改善以外の、「外から」つけ足したもので、これに対処するのがシビアアクシデント対策なのです。

したがってその対策をすることは、プラントが設計上、想定されない事態に立ち至ること自身を考えたものなのです。ブレーキが利かなくなることがありうることを認めて、高速走行するようなものです。
そのときに、やれパラシュートを用意したとか言っているわけですが、しかも原発ではその実験も一度も行うことができない。だからそれだって実際に役に立つ保障などないのです。そんな対策で再稼動がされようとしている。

さすがにこの再稼動については、読売・産経新聞などをのぞき、多くのマスコミも批判的ですが、しかしこのシビアアクシデント対策の意味するものがけしてきちんと報道されているとは言えない。
シビアアクシデント対策をしましたとは、「格納容器が壊れることはありえます。それを想定した運転を認めてください」ということに他なりません。それが関係自治体に政府と電力会社が求めていることの本質であることがもっと明確にされるべきです。

後藤さんは非常に早くからこのことを繰り返し述べてきました。例えばベントについても、できなかったことが問題の本質ではない。
そもそも格納容器の使命とは、放射能を閉じ込めることにあるとしているのが設計思想なのであり、その格納容器を圧力から守るために行うベントは「格納容器の自殺(設計者たちの言葉)」なのだと指摘しています。
つまりベントがされなければならない時点で、プラントは崩壊しているのであって、安全設計とは、ベントなど絶対に必要としないものを作り出すことでなければならないのです。

この点をきちんとおさえ、再稼動反対の声をさらに高めていきましょう!以下、後藤さんの解説の文字起こしを掲載します。ですます調をである調に直したラフな起こしであることにご留意ください。従って、この文面の文責は守田にあります。

*************

大飯原発再稼動問題について、安全性は確保されたか。

http://gotomasashi.blogspot.jp/

再稼動については、もともと、ストレステストについて発言してきたが、現時点で意見聴取会で言ってきたことが何かを考えざるを得ない。
最終的に決定するのは政治であるのは当然だが、福島の事故を考えると一番最初に、事故が何であり、安全がどう確保されるのかということが根幹にないとおかしい。
しかしいつのまにか間にかそれが骨抜きにされ、安全のことは二の次三の次に再稼動の決定がなされようとしてきている。これは由々しきことだ。

私は怒りを通して呆れている。事故の当時、どう思ったのか。こんなことがあるのか、とんでもないことになってしまった。どうやったら元に戻れるのか、二度とこういうことを起こしたくないという思いを共有してきた。だから原発の安全問題を考え続けてきた。

そこから考えたときに、保安院などが出してきたストレステストだけではなく、福島の事故を受けた30項目についても10数項目しかやってないとかいうこともある。
それらを煎じ詰めると地震とか津波とかは非常に重要な要因であるとともに、さらに加えて原子力プラントとしてどうかという問題がある。いったん事故になってしまうと、とくに炉心が溶けてしまうと手の打ち用がなくなる。

原子力を推進してきた側は、あれが足りなかったこれが足りなかったといろいろなことを言っている。しかし炉心が溶けた様子を見ると、3基ともメルトダウンしていた。
あの状態を見ると、少々何かをして、どうにかできるとは思えない。それに対して、そもそも原子力プラントは成立するのかと、そこまで考えなくてはいけない。小手先ではいけない。

小手先というのは、例えば格納容器の圧力が上がるのは炉心が溶けてきたら当たり前だ。ところがそれを温度があがると、格納容器が壊れてしまうからベントをするという。そのベントも実際にはうまくいかなかった。
でもそのあと結果として格納容器が守られたのかというと、守られてない。格納容器のいろいろなところから吹いてしまった。だからこのようになっているのだ。

ということは、格納容器のベントが必要で、そのためにはフィルターが必要だということがいろいろな議論から出てきた。にもかかわらず、それはまだつけてない。3年後につけるという。
これはもうメルトダウンしたらそこにいく可能性が高い。だからつけるのが当たり前だと思うがそれすらつけていない。

本当はそれをつけたからいいかというと、そんなものではないのだ。フィルターをつけたら格納容器が守られるかというとそんな簡単なことではない。
もっと大事なのは、あれは徐々に圧力温度があがって、仕方がないからベントするという話だが、それにいたるところで、万一、水素が爆発したり、あるいは溶融物が溶けたものが水と一緒になって、水蒸気爆発を起こしたりする可能性がある。
もっとひどいのは核反応の制御を停めるのに失敗したり、あるいは再臨界が起こったり、こういうことが起こったら爆発的なこと、壊滅的なことが起こる。

それへの対策は口ではあれをやったこれをやったと言っているが、現実に本当に証明されたものはない。経験してないのだ。例えばある事故を想定して装置をつける。それが実際の事故のときに稼動するかどうか、それだけでは分からない。
他のシステムだったらそんなことは許されない。実際に確認されるまでは。ところが原子力では平気でそれでいいとしているのだ。だからそれはとても信用できるものではないのだ。

ということはまた同じことが起こりえる。爆発的になったら最悪だし、そうではなくても徐々に圧力が上がって、今回と同じようなことになる。
しかもまたフィルターもついてない。一体、福島の事故の前と今と何が変わっているのか。まったく変わってないと言えるではないか。

そんなことはない。過酷事故対策は何項目かしたといっている。電源については外から電源車を用意した。水についてはポンプを利用したり、消防車もそろえた。
うまくつなぐことができなかったから訓練もした、マニュアルも作った、耐震免震棟も作ると言っている。それすらもまだできていないけれども、今後、作ると言っている。

いずれにしても、どれ一つとっても、安全性の本質とは関係ない。安全はプラントそのものが安全でなければダメなのだ。外から付け足したもので安全を確保するというのは二番目だ。
例えば建物で言えば、火災が起こりうる。火災が起こらないようにするにはどうしたらいいかというと、火災がおきにくい材料で作る。可燃物は扱わない。
さらに万が一に備えてスプリンクラーがついて、確実に消せるようにする。それから避難経路も確実に複数あって、できる状態にしておく。それを建築基準法で守ってやっている。

しかしあるときに欠陥が分かったとする。燃えやすい建物になっていて、材料を今さら変えられない。消火のためのスプリンクラーも、容量が十分ではないということが分かった。でもすぐに付け替えられないから、そのままになっている。
この建物はすぐに使わなければならないというのでどうしたかというと、「いつでも消防車が呼べるようにしましたよ」と言う。だからこれは安全だと言うだろうか。消防車を用意したから安全だなどというわけがない。非常事態なのだから当たり前だ。

原発の過酷事故対策とはそんなものだ。プラントそのものの特性は変わらないで、外から何をやった、これをやったという。しかもそれも確かめられていない。
人間のやることだからミスすることもあるし、環境が悪かったらこれない。吹雪の中でどうするのかとか。地震で地割れが起こって、これないかもしれない。そんなもので対策をしたと言っているのが、不確かなもので、対策をしているのが、過酷事故対策だ。
これが原子力の安全と言われている論議のものすごく瑣末な、情けない結論だ。

原発の安全性はそんなことにはない。炉心を溶かさないようにするにはどうしたらいいのかという技術的な問題。また溶けた後にそれを冷やせるかどうかが勝負なのだ。
そこに対しては部分的にやっているといっているが、福島以前とその後で本質的に変わっているとは言えない。きちんとできているとは言えない。

そういうことを、例えば溶けてきたものを水素爆発を起こさずに冷却できるようになっているかとか、水素がでてきたらそれに対してはどうかとかがある。
沸騰水型だったらチッソが入っているから水素爆発をしなかったが、加圧水型だったら、格納容器の中はチッソがないから、水素がそのまま出てくる。
その場合、容量が大きいから爆発できないと、机上の計算だけで言えるのか。そういう不確かな条件に頼っている安全性は信用してはいけないと思う。

福島の事故でもそれがごまんとある。あれが機能しなかった、これが機能しなかったと言われている。そうすると、そういうことをもって、過酷事故対策はできているなどという議論は止めた方がいい。
だから安全を考えるならば、出てくる結論は、安全性が確認されていないのならば、稼動しないことだ。これ以外には安全な方法はないというのが結論だ。

以上

Tags:

« | | | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment

  • ?
  • ?
  • ?