2012.06.26

明日に向けて(496)ECRR会長、ドイツ放射線防護協会会長と広島へ!

守田です。(20120626 08:00)

広島のホテルからです。・・・時間に追われながら書いています。24日四日市市を車で往復して来ました。会場には100人以上の方が参加されていたでしょうか。主催のhahaプロジェクトのみなさんの温かさが多くの方に伝わって、参加していただけたのだと思います。ここでも素敵な会が行われました。四日市のみなさま、ありがとうございました。

さて、昨日僕は、午後に京都駅より新幹線に乗って広島をめざし、広島駅で、ヨーロッパ放射線リスク委員会(ECRR)会長のインゲ・シュミッツ-フォイエルハーケさんと、ドイツ放射線防護協会会長のセバスチャン・プフルークバイルさんとお会いすることができました。

列車には福島・猪苗代で行われていた市民科学者国際会議の会場からわが「市民と科学者の内部被曝問題研究会」理事長の沢田昭二さんが同行し、広島駅で、副理事長で広島平和研究所研究員の高橋博子さんが出迎えてくださいました。宿泊先には、私たちの会の国際・広報委員会委員長の、吉木健さんもかけつけてくださいました。ちなみに僕自身も、同会の常任理事の一人を務めています。広報委員会委員長と、総務・企画委員会委員を兼任しています。

しばしホテルで休んでいただいたのち、すぐ目の前にある平和記念公園に歩いていって、みんなで平和資料館を見学しました。僕にとっては数度目の訪問。インゲさんは、1970年代に一度来たことがあるのだとか。

館内では被爆者であり、被団協代表なども務めてきた沢田昭二さんがいろいろと説明してくれました。沢田さんが被爆したのは爆心地から1.4キロにあった自宅でのこと。家の中にいたために熱線を浴びることは避けられましたが、爆風で家がつぶれ、やがて火がつきました。

その中には家の下敷きになったお母さんが。沢田さんも下敷きになりながら這い出すことができたのですが、動けないお母さんを前に何とか助けなければと必死になっていました。するとお母さんがすごく強い声で、「逃げなさい。今すぐ、逃げなさい」と叫んだそうです。

その声に背中をおされて「お母さん、ごめんなさい」と家を離れた沢田さん。振り返ると家は火に包まれていたそうです。その後、沢田さんは近くの川に飛び込んで対岸におよぎつき、市外にむかって逃げていって、やがて高台にあるお寺に辿り着き、そこから燃える市内を見ていたそうです。

資料館の中には当時の市内の写真と、原爆投下後の同じ地域の写真が大きく貼り出してあるところがあるのですが、そこで自らの家の場所と泳いでわたった川を沢田さんが示してくれました。ドイツのお二人はじっと沢田さんの指す地点に見入っていました。

1時間あまりの見学を終え、近くのイタリアンレストランに入り、食事会を行いました。ここに高橋さんの広島平和研究所の同僚たちがかけつけてきました。ドイツ人女性が2人、アメリカ人男性が1人。9人での食事です。ドイツ語、英語、日本語が入り混じっていろいろな会話が飛び交いましたが、僕は運よくドイツ人で日本語の上手な高橋さんの同僚とプフルークバイルさんのそばに座れたため、いろいろなお話をうかがうことができました。(彼女が通訳してくれました)

僕はまず広島平和資料館を訪れた感想を、プフルークバイルさんに尋ねました。すると彼はちょっと考えてから、「あまり居心地がよくなかった」とおっしゃいました。理由を尋ねると「ここには大事なものが欠けている。現実につながるものがない」とそう言われるのです。

続いてプフルークバイルさんは、自分のこれまでの活動について話され始めました。彼は東ドイツの出身です。社会主義体制下の東ドイツではなんと広島・長崎のことは伏せられ、ほとんど伝えられてこなかったのだそうです。理由は「ソ連の核ミサイルがすぐそばにあるから」とのことでした。これへの批判が起こることが懸念されていたのです。

その状態の中で、プフルークバイルさんは、自ら広島・長崎の写真集を手に入れ、それをさらに写真にとって拡大し、独自に説明を書いて、展覧会などを行ってきたそうです。

「弾圧はされなかったのですか?」と聞くと、展覧会を主に教会で行ったと話してくださいました。東ドイツ社会の中では、唯一、教会がそれなりに自由な発言ができる位置にあったといいます。政府は教会でやることを弾圧できなかったのです。

「どうしてそういう活動をされたのですか?」。それへのプルフークバイルさんの答えは、一つには「物理学者としての良心から」というものでした。物理に携わるものとしてとても無視することができなかったというのです。ただしそのために東ドイツ社会においては、ついに博士号がとれなかったそうです。

またもう一つに、東ドイツの中で行われたウラン採掘により、大量の死者が出たことが原因でした。なんと4万人が亡くなったのだそうです。広島と変わらない悲劇があったとプフルークバイルさん。それでこの問題に一貫して取り組んでこられたのでした。

僕はこれまで東ドイツ政権下における良心の声について、本でいろいろと読んできましたが、肉声でその実態を聞いたのは初めてだったので、とても感銘しました。その上で、最初の質問に戻りました。どうして彼にとって平和資料館は居心地の悪い場所だったのでしょう。

彼は言いました。「あそこに展示してあるものはみんな過去の扱いになっている。今の展示がない。とくに重要なのはこれほどの悲劇があった日本で、なぜなおプルトニウムが作られているかということだ。そのことが展示されなくてはいけない」

「その点で、この展示館はベルリンにあるホロコースト記念館と似ている。過去にあったユダヤ人虐殺のことが展示されているだけで、イスラエルなどをめぐる現代の問題に何も触れられていない。問題を過去のことにしてしまっている」

「どうしてそういう展示しかできないのか。展示館自身が己を振り返り、そのことをも展示すべきだ。そうして今を問うべきだ。今を問えば、展示しなければならないものがたくさん欠けていることが見えてくるはずだ」・・・プフルークバイルさんの発言に大きくうなづくばかりでした。

僕自身も今回の訪問で、あらためて展示物の中に、放射線被害をあつかったものが少なく、しかも内部被曝、とくに低線量内部被曝の影響を説いたものが皆無である点が非常に気になりましたが、しかしここに現代日本のプルトニウム製造の問題や原発の問題が説かれていないのが限界だという点に頭が回りませんでした。というか、あらかじめそれがないのは仕方がないという頭になっていたように思います。ああ、それではいけないなと強く思うと同時に、プフルークバイルさんが長きにわたって現実を問い、なおかつ己を問うてきた姿を垣間見たような気がして、感動しました。こんな会話ができて、なんだかすごい役得だなと思いました。

さて、今日は午前中に、このお二人と広島放射線影響研究所を訪問します。この研究所は、もともとはアメリカ軍が設置した原爆傷害調査委員会(ABCC)を前身としています。1975年にベトナム戦争で戦費を使いすぎたアメリカが同委員会を維持できなくなったことを受けて、米日共同組織としてこの研究所が立ち上がったのです。

ABCCと同研究所は、原爆被害の調査を「独占」してきました。そしてアメリカにとって都合の良い形でしか、蓄積した資料を公開してきませんでした。端的には内部被曝の影響を完全に隠してしまい、原爆の放射線による被害を小さく描くことばかりを行ってきました。

この放射線影響研究所から発表された被曝に関するデータは、世界で唯一の大量被曝のデータとして重用され、世界のおける放射線学のベースになっています。放射線がどのように人体に影響するのかがそこに書き込まれているわけですが、それは非常に過小評価され、歪められたこの研究所のデータがベースになって作られてきたものでした。

インゲ・シュミッツ-フォイエルハーケさんは、この広島放射線影響研究所の研究に対して、世界ではじめて学術的な批判を行った方です。その論文はなかなか科学界で認められませんでしたが、長い努力の末に、今日では一部ではあるものの高い評価が集まっています。

その彼女を中心とする一行の放影研訪問に対して、広島のメディアも、「ついに敵の本丸に殴りこみですね」などと興奮していて、同行取材をされる社も幾つかあるようです。僕もこの場に立ち合わせていただけることを感謝しつつ、身体全体をアンテナにして、大事な訪問に同行してきます。

今日はその後、午後4時から、私たち内部被曝問題研究会主催の記者会見が行われます。午後6時半からは、お二人の講演会を市内で行います。双方の企画で僕が司会を務めます。

Tags:

« | | | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment

  • ?
  • ?
  • ?