2012.06.27

明日に向けて(498)飯舘村のこと、映画『内部被ばくを生き抜く』のことをお話します(6月30日)

守田です。(20120627 2230)

今宵は京都の自宅からです。今朝、広島をドイツのお二人らとたって新大阪につき、そこで京都大学熊取原子炉実験所に向かわれたお二人とお別れしていったん自宅に戻ってきました。少し英気を養いました。それで明日、再び京都でのお二人の講演会に合流して、明後日の東京講演会まで同行し、30日の午前中に京都に戻ってきます。京都と東京の講演会・懇談会のチラシを以下に示しておきます。

http://acsir.org/0628.pdf
http://acsir.org/0629.pdf

さて京都に戻っての30日の午後と夕方ですが、二つの企画に参加します。一つは飯舘村の長谷川健一さんのお話を聞く会です。コーディネーターとして参加します。長谷川さんとは、昨年、やはり京都に長谷川さんをお招きしたときにお会いしました。牛と共に暮らしていた飯舘村の豊かな話、それを牛と共に捨てなければならなかったお話を聞いて、心の中にたくさんの涙が流れました。その長谷川さんが、絞り出すような声で、「放射能は危ない、逃げなけりゃだめだ」と言っていたのが印象的でした。

先月、福島を訪問したときに、その飯舘村を通過して南相馬市まで行きました。誰もいない飯舘村は、一見、どこまものどかで田畑と山並みが続いていましたが、車中のガイガーカウンターの針はあがりっぱなしでした。悲しい訪問でした。そのことを先日、長谷川さんに電話でお伝えすると「ああ、それはもう仕方がねえよ・・・」とおっしゃられていました。

今月で長谷川さんたちが飯舘村を離れてほぼ1年になります。その間、長谷川さんが何を思い何を考えて過ごされてこられたのかを30日はお聞きしたいと思います。そして飯舘村の痛みと、そこから見えてきたものをみなさんとシェアしたいと思います。僕なりの思いを込めてコーディネーターを務めますので、ぜひお越しください。

その後、「ひとまち交流会館」に移動して、鎌仲ひとみさんの撮られた映画、『内部被ばくを生き抜く』の上映会に参加します。映画の後に、僕が内部被曝について解説し、また肥田さんのことや、児玉さんの見解に関する僕なりの考え、思いを述べてみたいと思います。いい映画です。ぜひ見に来てください。

以下、案内を貼り付けておきます。
(ECRR会長らの放影研訪問の下については、明日の朝に配信します!)

**********

京都市龍谷大学 6月30日

飯舘村の酪農家が語る、フクシマで起こったこと、そして今

6月30日(土)13:30~ 龍谷大学3号館101教室 
お話:長谷川健一氏 コーディネータ:守田敏也氏

長谷川健一さん談
6月10日、お隣の相馬市の酪農家―私の友人で55歳―が、自ら命を絶ったのです。牛舎の中の黒板に白いチョークで書かれていた文字は、「原発さえなければ」です。これは、この一連の出来事を世の中に伝えてくれ、という彼のメッセージだと私は受け取りました。ですから、呼んでくださる方さえいれば全国どこにでも行って、すべてをお話したい。それが私の役割だと今は思っています。

呼びかけ人
上西玄象(書家)紫野明日香(女優・「パパママぼくの脱原発ウォーク」代表)、
田中孝征(喫茶店うずら店主)、長谷川羽衣子(バイバイ原発3・10京都
呼びかけ人)、三島倫八(龍谷大学教授)、吉田眞佐子(弁護士)
六島純雄(深草の環境を守る会代表)

共催 龍谷大学教職員組合・龍谷大学原子力発電所問題学習会・
ふしみ「原発0」パレードの会

連絡先 ふしみ「原発0」パレードの会
(京都南法律事務所075-604-2133 吉田or溝江まで) 

詳しくは以下より
http://twitpic.com/9n93t7

**********

京都市ひとまち交流館 6月30日

内部被ばくの時代を私たちはどうやって生き抜いていくのか?

まもりたい!未来のために
4人の医師が語る経験・広島-チェルノブイリ-イラク-福島

『内部被ばくを生き抜く』上映&守田敏也さんのお話

☆-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*☆

●日時:2012年6月30日(土)
 午後6時40分上映(開場6時30分)

・午後6時40分~『内部被ばくを生き抜く』上映
(監督:鎌仲ひとみ/2012/カラー/デジタル/Hivision/約80分)

・上映後、守田敏也さんのお話

・質疑応答・感想、意見交流
     (午後9時10分頃終了予定)     

●会場:ひと・まち交流館京都 
      第4・第5会議室(3階)

 河原町五条下る東側 
  市バス「河原町正面」下車すぐ
  京阪「清水五条」駅下車 徒歩8分      
  地下鉄烏丸線「五条」駅下車 徒歩10分      
   TEL:075ー354ー8711
案内:http://www.hitomachikyoto.jp/access.html

●参加費:一般1000円 学生500円
●主催:ピースムービーメント実行委員会 
●問い合わせ先:
  TEL:090-2359―9278(松本)
  Eメール anc49871@nifty.com(山崎)

●上映作品の紹介
参考;http://www.naibuhibaku-ikinuku.com/
【未知なる危機に備えて・・・鎌仲ひとみ監督からのメッセージ】
2011年3月に起きた東日本大震災によって原発が4つも爆発してしまった、その後の世界に私たちは生きている。大量の放射性物質が放出され、 広範囲に拡散したことは解っているが、ではどれだけ出たのか実は正 確な情報がない。放射性物質は環境に溶け込み、生態系に入り込んだ。 呼吸や汚染された水・食品を通じて引き起こされる内部被ばくは、この時代に生きる私たち全員の問題となった。 これからいったい何が起きるのか、正確に予測できる人は実はいない。 ただできることはありとあらゆる情報と可能性を吟味して、「命」を守る努力をするということだ。放射能は様々な局面で「命」の脅威となりえる。 私たちは生き抜かねばならない、そのためのささやかな助けになればとこの作品を作った。

« | | | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment

  • ?
  • ?
  • ?