2017.09.01

明日に向けて(1422)原発からの命の守り方と、戦争からの命の守り方についてお話します!

守田です(20170901 21:00)

今週末からまた各地でお話します!ぜひ近くの場にお越しください。
それぞれの現場で話す内容は変わりますが、基本的には「原発からの命の守り方」と「戦争からの命の守り方」についてお話します。

「原発からの命の守り方」については再稼働している川内、伊方、高浜原発の危険性と、災害に対してどのように備えたら良いのかをお話します。
いつものことですが、その際、災害全般を問題にします。災害に備えるために共通する事項が多いためです。
とくに今年は各地で洪水が多発しました。しかもどこも年間降水量の半分近くが1日で降るようなとんでもない状態になっています。
今日9月1日は関東大震災のあった日で、全国的に「防災の日」ですが、迫りくる南海トラフ地震の危機や東海大地震に本当に備えるものになっていません。
いやそればかりか利根川や淀川の堤防決壊の恐れも現実味を帯びてきており、まじめに国防を考えるならもっと抜本的な災害対策を進める必要があります。

にもかかわらず政府はこの現実を無視して、愚かにも原発を再稼働させてしまいました。
危機意識が根本的に欠如しています。東日本大震災の教訓すら生かされていない。いわんや福島原発事故の教訓など何一つ引き出していない。
こんな政府に命をゆだねていたらダメです!この点についてもっと具体的なお話をします。

同時に今回は「戦争からの命の守り方」についてもお話します。
この間、アメリカと朝鮮民主主義人民共和国の間で軍事的なテンションがあがり、ミサイルが北海道を越えて撃たれたり、朝鮮半島上空にアメリカの戦略爆撃機が展開したりして、注目が集まっているからです。
その際、「戦争からの命の守り方」の基礎中の基礎は、戦争に向けて、国民・住民を動員するための嘘のカラクリを見破る観点を身に付けることです。
戦争をおこす側が常に問題とするのは、自国民の戦争に向けた意志をいかに作りだすかで、端的には「敵国」の脅威をあおり、憎しみを植え付けようとします。
朝鮮半島問題ではそれがどのように行われているのか、嘘のカラクリの軸にあるのは何かについてお話します。

ぜひお近くの場にお越しください!以下、それぞれのスケジュールをご紹介します。

*****

9月2日 滋賀県朽木村 山水人

明日2日は山水人(やまうと)に参加してお話します。
「山水人まつりのまつりday2」の場で午後1時20分からです。
高浜原発のこととともに、朝鮮半島をめぐる緊張関係など、平和の道をどう切り開くかについてもお話します。

山水人のスケジュール全体については以下をご覧ください。
http://yamauto.jp/?page_id=318#matsuri

9月3日 滋賀県彦根市

3日は「くらしとせいじカフェ@彦根 3党代表者の方々と一緒に」に参加します。
このカフェは2月に一度、彦根、米原、長浜でまわしてきたもの。
毎回、民進党国会議員の田島一成さんと僕が発話し、討論をしてきましたが、今回は共産党の石黒良治さんと社民党の小坂淑子さんが加わります。
3人がそれぞれの党の立場から発話されるので、今回は僕は聞き役にまわります。

とくに民進党は今日、党大会を行い、前原氏を新代表に選出しました。
前原氏は野党共闘の見直しを公言しています。この点についての田島さんの意見をぜひ聞きたいですね。
また僕からは各党の代表にということで、原子力災害対策についてどのように考えているのかをお聞きしようと思います。
以下、イベントページを記しておきます。
https://www.facebook.com/events/257635091394613/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2223%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D

9月9日 神奈川県横浜市

9日に横浜市でお話することになりました。
午後4時半から6時半 横浜駅西口 県民センター305号室にてです。
タイトルは「守田敏也さん講演会 『原発からの命の守り方』」です!

主催してくださるのはマネキンフラッシュモブ藤沢などで活躍している朝倉優子さんです。
相談したら瞬く間に企画を立ち上げてくださいました。
詳しくはイベントページをお読み下さい!講演会にいたる経緯なども書いていただいています。
ちなみに神奈川県ではこれが初めての講演になります。横浜のみなさんとの出会いが楽しみです。
https://www.facebook.com/events/462493410804196/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2223%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D

9月18日 京都市左京区

18日に第58回左京母親大会でお話します。京都教育文化センター(左京区聖護院川原町4-13)にてです。
母親大会そのものは午後0時半から開始ですがその前にもランチとミニバザーがあるそうです。
0時半からは3つの分科会を開催。
1、ストレッチ体験/身体をこわさない子どものスポーツ
2、放映中止になったテレビドラマ「ひとりっこ」上映
3、医療・介護・くらしカフェ~みんなの命を守ろう~

午後2時半から4時半まで全大会で、僕はここで「世界から見た日本―平和力を今こそ―」のタイトルでお話します。
詳しくは主催者の左京母親大会実行委員会(075-721-0970)にお問い合わせください。

9月29日 滋賀県高島市

29日に高島市でお話します。
「くらしとせいじカフェ@原子力災害〜 備えておきたい知識と心構え【議員さん向け勉強会】」というタイトルで、今年6月に草津市で行った際に参加された高島市の議員さんなどが動いてくださって開催が決まりました。
もちろん議員さん向けと言っても誰でも参加可能な会です。

この企画には高島市が高い関心を示してくださっているそうで、高島市と高島市教育委員会が後援してくださるそうです。高島市はびわこ123キャンプに開催場所を提供してきた「一二三館」もあるところでもあります。これまでこのキャンプの場でも、地域の方たちや高島市の災害対策課をお呼びして講演を行ったり、地元の小学校でお話しする機会を持たせていただいてきましたが、今回はさらに規模が広がりそうです。

ここでは今年の夏の各地の洪水被害、アメリカでもハリケーンによる豪雨で大変な被害が出ていることを踏まえて、自然災害と原子力災害双方からの命の守り方についてお話します。高島市の方たちと災害対策をしっかりと進める一助としたいです。https://www.facebook.com/events/110819852881329/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2223%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D

9月30日 京都市下京区

30日に京都市下京区でお話します。18時半21時まで。ひとまち交流館京都にてです。
僕も参加している「ウチら困ってんねん@京都(ウチこま)」の主催です。

ウチこまではこの間、「京都の今とこれからを考える」という連続企画を行って来ました。今回はその原子力災害対策版です!僕自身、篠山市で原子力災害対策を推し進めてきた経験をぜひ京都市に還元したいと思っており、いくつかの具体案を用意しています。原子力災害対策を京都市でいかに進めていくのかぜひ京都市のみなさんと一緒に考えたいです。

10月2日 兵庫県神戸市

月が替わって2日に神戸市でお話します。神戸市勤労会館405号室にてです。
依頼された内容は以下の通りです。
1、福島原発事故以後の全国の状況
2、関西電力の高浜・大飯原発等の再稼働への動きと、その危険性
3、高浜・大飯原発事故の際の甲状腺被曝の広がりと危険性。安定ヨウ素剤の備蓄・配布の必要性
とくに2,3を重点的にということですので、これに沿ってお話します。
主催はセンター神戸(全神戸労働組合センター)です。

この他、5日京都府舞鶴市、6日京都市たかつかさ保育園でのお話が決まっていますが、詳細が決まってないのでまたの機会にお知らせします。

Tags: ,

« | | | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment

  • ?
  • ?
  • ?