2016.10.21

明日に向けて(1312)原発事故対策についてお話し(京田辺市、姫路市)、被ばく防護のシンポに東京で出席します!

守田です。(20161021 03:30)

みなさま。夜中の投稿をどうかお許しください。
あと2時間したら家を出て沖縄に向かいます。21~23日の予定で開催される日本環境会議沖縄大会に参加のためです。その後、高江にも行ってきます。

京都に戻るのは25日ですが、そのあとすぐに27日に京田辺市で、28日に姫路市で、それぞれ原発事故対策についてお話します。
それぞれコープ自然派京都、コープ自然派兵庫の主催です。
さらに29日に東京で「シンポジウム放射線被ばくに備えよう」に参加します。福島原発行動隊の主催です。

沖縄に行く前にこの情報を投稿したかったのでこんな時間になってしまいました。申し訳ありません。
ともあれ新潟知事選での再稼働反対派候補の勝利に見られるような原発の危険性と被曝の恐ろしさを問う流れの強まりに掉さし、未来の展望を少しでも明るくするために駆けまわります!
お近くの方、ぜひそれぞれの会場にお越しください。

頑張るぞ!

*****

10月27日京都府京田辺市

10/27 連続講座「知っておきたい!大切な人を守る方法~原発災害編~」【第2回講演】
自分の町の避難計画を分析してみよう!
https://www.facebook.com/events/946103635494148/
http://www.shizenha.ne.jp/kyoto/detail/5/index.html?articleId=19967

原発がある限り起こり得る「いざという時!」に、行動できる自分になっておきましょう

東京電力福島第1原発事故から5年を過ぎた今でも、先の見えぬ収束作業の途上で、事故の全容は明らかでなく、放射能は今も海や大地に広がっています。食品のみならず、さまざまな物の流通により、「被ばく」は京都に住む私たちにとっても身近な問題です。
若狭の原発は今は運転されていません。しかし、国や関電は一刻も早い再稼働をのぞみ、それどころか、運転開始から40年を過ぎた危険な老朽原発までも動かそうとしています。また、愛媛県の伊方原発が、今夏の再稼働にむかっています。
予告なしに訪れる災害や事故、「まさか、自分の身に起こるわけがない」と、どこかで安心していませんか? その場に立ちすくむことがないように、今、何をしておけばいいのか?一緒に考えましょう。

■日 時:10月27日(土)10:00~12:00
■会 場:京田辺市社会福祉センター 第1研修室
(〒610-0332 京田辺市興戸犬伏5番地の8)

■講 師:守田敏也さん
京都市在住。同志社大学社会的共通資本研センター客員フェローなどを経て現在はフリーライター。環境問題や平和問題にも関わり、京都大文字山での森林保護活動などを実施。
アフガン・イラク戦争に反対、旧日本軍性奴隷問題、原子力政策の研究・批判活動など幅広い活動を続け、福島原発事故以降は被曝地を度々訪問。2012年より兵庫県篠山市原子力災害対策検討委員会委員に就任。
ブログ「明日に向けて」で情報を発信。著書:物理学者矢ヶ﨑克馬氏との共著『内部被曝』(岩波ブックレット)『原発からの命の守り方』(海象社)

■参加費:参加費(1講座):組合員/ 300円   一般/450円
■定 員:50名 *定員に達した場合 先着順
■託児:あり。10名 (1歳半~未就学児) 1人 / 500円
託児対象外(1才半未満)の同伴:可 ※託児締切は9/7(水)
■申込み締切日:10/20(木)午後5時まで
■イベントID: 06161003
■主 催:守田さん講演会実行委員会

JR「京田辺駅」・近鉄「新田辺駅」より、奈良交通バス同志社方面、田辺中学校前下車、徒歩1分/近鉄「新田辺駅」から徒歩約20分/JR「京田辺駅」より徒歩約15分

———————————-
お問い合わせ・お申し込み
———————————-
<24時間受付> FAX : 0742-93-4485
mail : shizenha_kyoto@shizenha.co.jp
<月~金8:30~20:00> フリーダイアル:0120-408-300 (携帯・IPフォン:088-603-0080)

▼お申込み時①~⑥をお伝えください。
①イベントID
②参加者氏名
③組合員コード
④参加人数
⑤連絡先
⑥託児(名前・年齢・性別)
※託児がある場合

*****

10月28日兵庫県姫路市

もしも原発事故が起こったら
https://www.facebook.com/events/1699622567029829/?active_tab=about

【イベントID:1816999】
原発銀座とよばれている若狭から100㎞にあたる姫路、80kmの神戸は、もし原発事故が起きたら2時間で放射能がやってきます。おそらく行政からの指導や情報はないでしょう。
また、再稼働された伊方原発で何かあれば、逃げるところも食べるものもなくなってしまいます。
どう備えておけばいいのか、守田さんに教わりましょう。
不安が吹き飛ぶ、優しく心強い講義内容になっています。
ぜひお越しください!

【講師プロフィール】守田敏也(もりた・としや)さん
同志社大学社会的共通資本研究センター客員フェローなどを経て、現在フリーライターとして取材活動を続けながら、社会的共通資本に関する研究を進めている。3.11以降は原発事故問題に取り組み、各地で放射線防護の講演を行っている。
・著書:「内部被曝」「原発からの命の守り方」他

***********************

と き:10月28日(金)10:00~12:00
ところ:じばさんびる 6階 601会議室 「姫路・西はりま地場産業センター」(姫路市南駅前町123番 )
※専用駐車場はありません、近隣の有料駐車場をご利用ください。

■定 員:70名
■参加費:300円( 一般450円)
■託 児:400円(一般600円)
※1歳半以上のお子様は必ず申込み下さい。
※要予約 ※託児申込締切10/17(月)※定員5名
■持ち物:筆記用具
■応募締切:10月26日(水)

***********************

◆イベントのお申し込み先◆

①【組合員サービスセンター】
TEL:0120‐408‐300
(携帯・IPフォンからは088‐603‐0080)
「営業日」  月~金
「営業時間」8:30~20:00

②【組織企画部】
Eメール:event18@shizenha.co.jp
FAX:078‐998‐1672

※【Eメール・FAXでの申込みをされる皆様へ】
・Eメールをご利用の場合は「コープ自然派イベント申込」と件名へ必ずご記入下さい。
・Eメール・FAXの事務局への着信後、申込確認のご連絡(返信)を致します。 2営業日を過ぎても連絡がない場合は組合員サービスセンターへ問合わせ下さい。

【イベント当日のご連絡先】
・やむを得ず当日、欠席や遅刻となる場合は必ず事前にご連絡下さい。
平日(祝日を含む) 「組合員サービスセンター」
土曜日・日曜日   「イベント携帯 080-2435-4868」

◆お申し込み内容◆
①【イベントID:1816999】 ②イベントタイトル
③組合員名or氏名 ④組合員コード
⑤参加人数 ⑥当日連絡のつく連絡先
⑦お子様の情報(託児の有無、年齢)

■ 応募多数の場合は組合員を優先し抽選を致します。
※各ブロックの主催するイベントに関してはブロックエリアに居住の組合員さんを優先させて頂きます。
※抽選の場合は落選者へのみ連絡を取らせて頂きます。

*****

10月29日東京都千代田区

シンポジウム 放射線被ばくに備えよう
https://www.facebook.com/events/545783268961228/

放射線防護、内部被ばく、外部被ばくなどのテーマについて、学習・意見交換をするシンポジウムです。皆様のご参加をお待ちしております。

=放射線被ばくに備えよう=
〜福島第一原発事故から学ぶ〜
主催 公益社団法人 福島原発行動隊

会場 星陵会館ホール(東京メトロ 「永田町」歩3分) 千代田区永田町2丁目16ー2

参加費 500円(資料代)
障がいのある方、大学生以下無料

講演 井出 寿一 氏
(元福島川内村総務課長)
*パネリストとしても参加

パネリスト
伊藤邦夫 氏
(行動隊前理事長・東大名誉教授)
竹岡健治 氏
(横浜栄区 放射線を測る会)
守田敏也 氏
(ジャーナリスト)
山田英雄 氏
(ロシア語医療通訳)

ファシリテーター
吉田悦花 氏
(神田雑学大学理事長)

本シンポジウムにご参加ご希望の場合は、会場整備の準備のため、お手数ですが下記までご一報ください。

090ー5341ー1169
(事務局・杉山)

または、
svcf-admin@svcf.jp
(行動隊事務局)

Tags:

« | | | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment

  • ?
  • ?
  • ?