2016.08.27

明日に向けて(1294)原発・放射線防護問題、戦争と平和について各地でお話します-2

守田です。(20160827 00:30)

前回に続いて9月後半の講演などのスケジュールをお知らせします。

9月13日、14日、22日、23日と四国を周ります。
香川、徳島、高知、愛媛の順です。いずれもコープ自然派さんの四国の各県の主催です。
テーマは「原発と平和」です。

17日にはコープ自然派京都の主催でもお話します。連続3回講座の1回目です。
午前10時からハートピア京都にて。「原発と内部被ばくの基礎知識」のタイトルです。

19日には第2回放射性廃棄物問題学習研究会で基調提起を行います。
午後2時より京都市元田中の市民環境研究所にてです。

24日に滋賀県長浜市で小出裕章さんとのジョイント講演会でお話します。
午後1時から臨湖(長浜市港町4番9号)にてです。講演会のタイトルは「原発のうそ・ほんと」です。

25日に滋賀県大津市で行われる第108回山猫軒シンポでお話します。
大津市仰木の里の個人宅にてです。

それぞれ詳しくは以下をご覧下さい。

*****

9月13日 香川県高松市
9月14日 徳島県徳島市
9月22日 高知県高知市

原発と平和

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10208429226146536&set=pcb.10208429236186787&type=3&theater

地震帯に多くの原子炉がある日本。福島原発事故という悲痛な経験を経てなお、九州で大地震が起きても川内原発は止まりません。動き出した中央構造線の上には伊方原発が、高浜・美浜には40年を越えた老朽原発が建っています。
福島原発ではいまも収束作業が続けられ、大地も海も食品も汚染され、内部被ばくはこの国に暮らすすべての人の問題です。そして、原発事故子ども・被災者支援法に基づく支援策は放置されたまま…。
私たちに何ができるのでしょう。絶望して立ちすくんでいても子どもたちは守れません。「いまそこにある危険とどう向き合うか」を学び、私たちの命を私たち自身で守る力を強くするために、何ができるのかいっしょに考えましょう!

●[オリーブセンター] 守田さんに聞いてみよう! 安保のこと原発のこと
とき: 9月13日(火)10:30~12:30
ところ: コープ自然派しこく オリーブセンター会議室(香川県高松市前田東町440-1)
定員: 40人
イベントID: 02162204
E-mail: katsudou.olive02(アットマーク)shizenha.co.jp

●[徳島センター] 内部被ばくと安保と原発のつながりについて
http://www.shizenha.ne.jp/shikoku/detail/5/index.html?articleId=19641

とき: 9月14日(水)10:00~12:00
ところ: コープ自然派しこく 徳島センター会議室(徳島県徳島市東沖洲2丁目43番3)
定員: 50人
イベントID: 0116672
E-mail: katsudou.tokushima01(アットマーク)shizenha.coljp

●[こうちセンター] 明日に向けて
とき: 9月22日(木)10:00~12:00
ところ: 高知ぢばさんセンター(高知県高知市布師田3992-2)
定員: 50人
イベントID: 03160022
E-mail: katsudou.kouchi03(アットマーク)shizenha.co.jp

■講師: 守田敏也(もりた としや)さん
■参加費: (組合員)大人300円 (組合員外)大人450円
■託児: あり(子ども・1才未満の同伴: 可)
<託児費>(組合員)300円/1人 (組合員外)450円/1人

参加のお申込みは、各センターのE-mailに、件名「コープ自然派イベント申込」とご記入のうえ、以下の情報をご連絡ください。
1) イベント名 2) イベントID 3)お名前 4)組合員コード(組合員の場合) 5) 参加人数 6)連絡先 7)託児の有無と年齢

*******

9月17日 京都府京都市

連続講座第1回
知っておきたい!大切な人を守る方法~原発災害編~
~子どもたちを被ばくから守るために~
https://www.facebook.com/events/1822352511328993/

東京電力福島第一原発事故から5年を過ぎた今でも、先の見えぬ収束作業の途上で、事故の全容は明らかでなく、放射能は今も海や大地に広がっています。
食品のみならず、さまざまな物の流通により、「被ばく」は京都に住む私たちにとっても身近な問題です。
若狭の原発は今は運転されていません。しかし、国や関電は一刻も早い再稼働をのぞみ、それどころか運転開始から40年を過ぎた危険な老朽原発までも動かそうとしています。
また愛媛県の伊方原発が、今夏の再稼働にむかっています。
予告なしに訪れる災害や事故、「まさか、自分の身に起こるわけがない」と、どこかで安心していませんか?
その場にたちすくむことがないように、今、何をしておけばいいのか?一緒に考えましょう。

第1回 原発と内部被ばくの基礎知識
大事な問題、きちんとおさらいしておこう

日時 9月17日(土)10:00~12:00
会場 京都府立総合社会福祉会館 ハートピア京都
講師 守田敏也さん

参加費(1講座) 組合員300円 一般450円
定員 50名(定員に達した場合先着順)
申込は9月12日午後5時まで
イベントID 0616003
託児 あり 1歳半~未就学児 1人500円
託児対象外(1歳半未満)の同伴可 託児締め切りは9月7日

主催・申込先
生活協同組合コープ自然派京都
mail shizennha_kyoto@shizenha.co.jp
Fax  075-972-3605
Tel 0120-408-300(フリーダイヤル 月~金 8:30~20:00)
お申し込み時にイベントID、参加者氏名、組合員コード、参加人数、連絡先、託児についてお伝え下さい。

*****

9月19日 京都府京都市

第2回 放射性廃棄物問題学習研究会
https://www.facebook.com/events/1775057239409841/

福島第一原発事故で放出された放射能にさらされ、除染作業などによって集められた膨大な放射性「汚染土」。
これを8000Bq/kgのものなら公共事業で再利用してしまえというあまりにひどい政策が進められつつあります。
2011年に施行された8000Bq/kg以下のものを一般の廃棄物と同じく通常の管理型処分場で埋め立て良いとした「放射性物質汚染対処特措法」を引き継ぐもので、放射能の拡散の合法化を進めるものです。
いずれもそれまで100Bq/kg以下の放射性廃棄物を再利用してよいとしてきた福島原発事故以前の「クリアランスレベル」を80倍も緩めたもので、私たちへの放射能被曝の強制をさらに拡大するものです。

私たちは、このあまりにひどい対策はどのような経緯で出されてきたのか、一番の問題点は何か、またそれをどのように押し返していくのかをさぐるための学習研究会を立ち上げました。
第1回の研究会では25人の参加のもと、呼びかけ人の一人の守田敏也が問題提起を行い、参加者の積極的発言と討論で内容の把握を進めました。
これを踏まえて第2回研究会を9月19日午後2時から開催します。次回も再び守田敏也が基調的な提起を行います。(前回内容の復習から入ります)
また呼びかけ人のもう一人の石田紀郎市民環境研究所代表理事が、やはり重大な放射性廃棄物問題である「びわ湖放射能チップ廃棄問題の顛末」について報告します。
ぜひご参加下さい。

日時 9月19日(月・祝日)午後2時~4時
場所 市民環境研究所(京都市左京区田中里ノ前21石川ビル305  Tel075-711-4832)
主催 NPO法人・市民環境研究所
呼びかけ 石田紀郎(市民環境研究所代表理事) 守田敏也(フリーライター・市民環境研究所研究員)
参加費 若干のカンパをお願いしています。

連絡先 090‐5015‐5862(守田)

*****

9月23日 愛媛県松山市

コープ自然派愛媛主催で午前10時より行います。
チラシ作成中なので完成次第、お知らせします。

*****

9月24日 滋賀県長浜市

【原発のうそ・ほんと】
小出裕章氏・守田敏也氏講演会
https://www.facebook.com/events/311241642549079/

日時 : 9月24日(土) 13:00~16:00
場所 : 臨湖(長浜市港町4番9号)
料金 : ドネーションシステム
※託児はありませんが親子連れ歓迎です。

お申込方法
1、イベントページの参加ボタンをタップ
(お連れ様がおられる場合は人数をイベントページに投稿又は村山さおりにメッセージをお願いします)
2、代表者様のお名前と参加人数をdaidai.risa@gmail.com までメール
3、090-4038-8899(村山)

講演者のご紹介
小出裕章氏
日本の工学者。元京都大学原子炉実験所助教。京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻助教。評論家。所属学会は日本保健物理学会、エントロピー学会。研究分野は環境動態解析、原子力安全、放射性物質の環境動態。東京都台東区上野出身。

トップページ

守田敏也氏
センター客員フェローなどを経て、現在フリーライターとして取材活動を続けながら、社会的共通資本に関する研究を進めている。
311以降は原発事故問題をおいかけている。
2012年3月に物理学者の矢ヶ﨑克馬氏とともに岩波ブックレットから『内部被曝』を上梓。
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011

*****

9月25日 滋賀県大津市

午後に第108回 山猫軒シンポにてお話します。
大津市仰木の里の個人宅にてです。
チラシなどができたら案内します。

以上

Tags: ,

« | | | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment

  • ?
  • ?
  • ?