2016.01.14

明日に向けて(1203)高浜原発再稼働への動きを見据えつつ災害対策についてお話します!

守田です。(20160116 22:30)

年頭にあたっての世界の俯瞰の途中であり、トルコでの事件も分析中で、その間にジャカルタでも爆弾が破裂しましたが、原子力災害対策について何か所かでお話しますので先にお知らせしておきます。
これもまたまったく無謀な高浜原発の再稼働が強行されつつあるからです。まずは再稼働を食い止めるために多くの方と努力したいと思いますが、同時に、災害対策を広げていくことが重要だと思います。

今回はこれまで語ってきたこの点とともに、まったく違う方向を目指しつつある京都市と大津市の災害対策の違いについても触れたいと思います。
またいよいよ1月31日より篠山市で安定ヨウ素剤の事前配布が始まりますので、この点についても触れます。

なお篠山市で全市民向けに配られている「事前配布説明会開催のお知らせ」をFacebookに掲載しましたので以下からご覧下さい。配信元は篠山市役所市民生活部市民安全課防災係です。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10206789706799577&set=pcb.10206789719959906&type=3&theater

まずはじめに1月16日土曜日に大阪市でお話します。
天満橋の「エル大阪」においてです。

翌日17日に京都府八幡市でもお話します。
午後2時より八幡市「浄泉寺」においてです。

22日に京都市でお話します。金曜日の関西電力京都支店前抗議行動の後です。
午後7時15分から「キャンパスプラザ京都」においてです。

30日に滋賀県野洲市でお話します。ここでは主に自然災害対策に焦点を当ててお話します。
午後2時より「コミュニティーセンターやす」においてです。

なお来月の取り組みですが、2月28日午後2時より滋賀県高島市でも原子力災害対策についてお話する予定です。
詳細が決まり次第、お知らせします。

以下、それぞれの企画の案内を貼り付けておきます。

*****

1月16日 大阪市

「平和と電気ネット」第8回学習会

なお「平和と電気ネット」は「平和」(平和外交、安全保障など)と「電気」(原発、自然エネルギーなど)の問題について学習するメーリングリストで、学習会や講演会も開催しておられるグループです。
このネットの第7回と8回の学習会の講師を務めさせていただくことになり、12月の「原発事故と健康被害~内部被曝って何?~」という講演に続き、今回は「原発災害にいかに備えるか」の題でお話します。

大阪市天満橋のエルおおさか(研修室3)で13時30分から16時30分まで。
参加費500円
主催「平和と電気ネット」

なお会場が狭いため、要申込です。
ご参加を希望される方は、事務局の野村東洋夫様にご連絡ください。以下がアドレスです。
nomtoyo@wing.ocn.ne.jp

*****

1月17日京都府八幡市

◇『原発からの命の守り方を学ぶ』八幡のつどい ◇
https://www.facebook.com/events/1732679616953046/

高浜原発から80㎞圏内に位置する、京都府八幡市。
原発が再稼働されれば、万が一の事故の際には、八幡市にも放射能汚染や健康被害が及ぶ危険性は否めません。

原発再稼働から、子どもや家族を守るために…私たちができること。
篠山市原子力災害検討委員をされている、守田敏也さんを講師に迎えて、「原発からの命の守り方」を八幡の皆さんで一緒に考えていきましょう。

◇日時:2016年1月17日(日)
◇開演:13:30~ 参加費無料
◇会場:八幡市「浄泉寺」(八幡市八幡馬場41-7)
tel :075-981-2201

◇講師:守田 敏也さん (篠山市原子力災害対策検討委員)

主催:「放射能から子どもを守るママの会 八幡」

参加者把握のため、こちらのページからの参加申し込みを受け付けています。
参加予定の方は、参加予定をお知らせください。
お問い合わせは、代表:山田 (090-4647-5024)まで

※「浄泉寺」さんをお借りしての講演会のため、人数により「寺子屋」もしくは「本堂」での講演会になります。
※「浄泉寺」の駐車場はほとんど使用できない状態になります。駅前パーキングに止めていただくか、公共交通機関を利用してお越しください。
※「浄泉寺」へは、八幡市駅から徒歩15分ほどです。

*****

1月22日京都市

京都の今を考えるⅢ ―どうなる原発!編―
https://www.facebook.com/events/953779554692984/

高浜原発が動き出すかも
危ないでしょう どう考えても
そもそも政府も関電も
嘘つきだから信用できないし

でもどこがどう危ないのか
ごちゃごちゃしていてわかりにくい
きちっと知って
ごまかされないようにしたい

高浜原発から
京都市役所までたったの61.6㎞
だから京都市も私たちも当事者
なのに今の京都市の
原発事故対策は寒すぎる・・・

ここで頑張らないと
大変なことになってしまうかも

高浜原発からの
私たちの命の守り方
京都の町の守り方を
一緒に考えよう

☆主に原発問題をテーマに今の市政について考えていきたいと思います。
メイントーク 守田敏也 高浜原発の危険性と防災について
スピーチ   山田みすず 八幡市の取り組みについて

1月22日(金)
ところ キャンパスプラザ京都 5F第4演習室
じかん 19:15~21:00(キンカン終了後)
主催「京都の今を考える」実行委員会
TEL 090‐3704‐3670(マキタ)

入場無料(カンパ制)

*****

1月30日 滋賀県野洲市

防災、減災 自然災害に備えて
命を守るためにできること、一緒に学びませんか?

「気候変動」や「地震の活動期」といった言葉をよく耳にするようになり、大地震や大型台風、竜巻、局所的豪雨、大洪水といった大きな自然災害が地球規模でひんぱんに起こるようになってきたように思います。
このような自然の驚異に対して、私たちはどのようにすれば命や財産を守ることができるのでしょう?
東日本大震災以降、東北支援活動を通して被災地の教訓から防災についても研究してこられたジャーナリストの守田敏也さんをお招きして、自然災害の防災、減災についてのお話をお聞きしたいと思います。
多数のご来場をお待ちしております。

演題 防災・減災 自然災害に備えて
講師 守田敏也さん
日時 1月30日(土) 14時~16時(受付13時半より)
場所 コミュニティーセンターやす 研修室1,2(旧称 野洲公民館)JR野洲駅南口より徒歩3分 野洲文化ホール隣り

参加費 800円
主催 暮らしを考える会
お申込み・お問い合わせ asnowa_kouenkai@yahoo.co.jp 077‐586‐0623

Tags:

« | | | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment

  • ?
  • ?
  • ?