2015.10.05

明日に向けて(1163)米軍が「国境なき医師団」を空襲。22名を殺害、重軽傷者多数

守田です。(20151005 11:00)

アメリカ軍と連合国軍がアフガニスタンで「国境なき医師団(MSF)」の外傷センターを空襲し、スタッフと入院患者ら多数を殺傷しました。10月3日のことです。
現時点でMSFスタッフ12名と患者10名の死亡が発表されています。今後さらに死傷者数が増える可能性があります。

MSFはこの爆撃に対して「重大な国際人道法違反である」と厳しく弾劾する声明を発しています。
にもかかわらず責任を負っているアメリカ政府と軍はいまだ謝罪すら行わず「弔意」を示しているのみです。(一部で謝罪が行われたという報道がありましたが、後に「弔意」に訂正されています)
アメリカ軍は今のところ自らの犯罪を認めずに「悲劇的事態」と言い換えています。

問題の地域では9月28日よりタリバンとアフガニスタン政府軍の激しい戦闘が起こっており、これにアメリカ軍が介入する形での空襲が行われました。
これに対してMSFはこの紛争の最中でわけ隔てのない医療行為を行い、わずか数日間の間に394人の負傷者を治療してきました。わずか2日間で90件の手術を行ったそうです。文字通り不眠不休で命を救っていたのです。
もちろんMSFはこれまで外傷センターの位置のGPSデータを米軍にもアフガン軍にも繰り返し伝え、自らの安全を守る最大限の努力も行ってきました。空襲された時もただちにアメリカに襲われているのが病院であることを告げましたが、米側は無視。さらに攻撃が断続的に行なわれたそうです。

これは大変な犯罪です。
すでにザイド・フセイン国連人権高等弁務官が「犯罪の可能性すらある」と同日に声明を出し、これに続いて国連事務総長からも強い非難声明が出されました。
国営ラジオ・フランス・アンフォも10月3日の午後の報道で「空爆は誤爆ではなく襲撃であり、戦争犯罪の可能性が指摘されだしている」と述べています。フランスの国営ラジオでの報道のニュースソースは以下の通りです。

アフガニスタンの「国境のない医師団」空爆は 米軍の「誤爆」ではなく「襲撃」の「戦争犯罪」
フランス報道の中で考える宗教と社会の解明 飛田正夫のブログ 2015年10月4日日曜日
http://franettese.blogspot.fr/2015/10/blog-post_4.html

日本政府もまたこのアメリカ軍の非人道的な殺りく行為に対してただちに非難声明を出すべきです。
とくに政府がアメリカ軍を支援するための戦争法を強行可決したことで、この国が世界からこれまでより強くアメリカの同盟者と見られている最中ですからこの点は大変に重要です。
アフガンの人々、さらにイスラム圏の多くの人々が、今回の襲撃に対してさらにアメリカへの怒りを強めるでしょう。
あまりに非人道的な攻撃に対して、報復を決意する人々も出てくるでしょう。

これに対して日本はすでに第三者的な位置を失っています。安倍首相が最後的に投げ棄ててしまったからです。
だからここできちんと声明を発しないと、日本もまたこのアフガニスタンでの殺りくを擁護する同盟者とみなされ、当然にも報復の対象となります。
私たちから離れた遠いところで行われていることではまったくないのです。この国は今回の病院空襲という事態においても当事者の中に入ってしまっているのです。他人ごとだと考えていてはいけない。責任があるのです。

私たち民衆の側からも、日本政府に対して、こんなにひどい殺りくを行ったアメリカ軍と同盟する戦争法を撤回せよと大きな声で迫っていく必要があります。
まさに今、イスラムの多くの人々の痛み、嘆き、怒りをシェアして、すべての戦闘行為を止めさせるための行動を行う必要があります。
もう「誤爆」などという言葉に騙されていてはいけない。人道的罪なのです。こうした過ちを起こす可能性がある戦闘をすべて止めることこそアメリカが選択すべきことです。

以下、私たちにとってとても大事なことなので、「国境なき医師団」が4日発している声明を全文転載します。なお死亡者が19人の時点で発せられたものであることにご留意ください。

*****

アフガニスタン:MSF外傷センターへの爆撃、「連合国軍は完全なる情報公開を!」
国境なき医師団 2015年10月04日掲載
http://www.msf.or.jp/news/detail/headline_2507.html

国境なき医師団(MSF)は、アフガニスタン新しいウィンドウで開きます のクンドゥーズ州で運営している外傷センターが爆撃されたことを厳しく非難する。
子ども3人を含む患者7人とスタッフ12人の命が奪われた。また、スタッフ19人を含む計37人が負傷した。この爆撃は極めて重大な国際人道法違反である。
現時点では、この爆撃は連合国軍によるものだということをすべての指標が示している。MSFは連合国軍に対し、10月3日未明の爆撃についてすべての情報を開示することを要求する。
また、情報公開の透明性と説明責任を最大限に担保するために、連合国軍から独立した立場からの調査も求める。

15分間隔の爆撃が1時間、主要施設に極めて正確に着弾

外傷センターでの活動に中心的な役割を果たしていたMSFベルギーのマイネ・ニコライ会長は「この爆撃は許し難く、国際人道法への極めて重大な違反です。MSFは連合国軍に対し、完全なる情報公開を求めます。12人の命が奪われたこの事実を『紛争地では巻き添えが出ることもやむをえない』などと簡単に片づけることは受け入れられません」と話す。
MSFの外傷センターには、10月3日の午前2時8分から3時15分まで、15分間隔で爆撃が繰り返された。外傷センターの主要病棟、集中治療室、救急救命室、理学療法室の各施設が極めて正確に爆撃され、その周囲の施設はほぼ被弾しなかった。

「爆撃機が施設上空を旋回し……」――MSF活動責任者の証言

MSFのアフガニスタン北部での活動責任者を務めるヘマン・ナガラスナムは「爆撃と同時に爆撃機が旋回する音が聞こえました」と証言している。旋回音が一時停止すると爆弾が降り注ぐ。それが何度も繰り返された。
「私は事務室にいたのですが、外に出ると主要病棟が炎に包まれていました。病棟の2つの地下室に避難できた人もいましたが、自力で動けない患者たちはベッドに横たわったまま炎に包まれてしまいました」
爆撃直後から、外傷センターのMSFチームは、被害がなかった部屋を仮設の手術室とし、患者や同僚たちの救急救命に全力を尽くした。重傷で対応しきれない患者は、車で2時間走ったところにあるポレ・ホムリの病院に移送した。

MSFはGPSで位置情報を知らせていた

MSFは、GPSを用いた外傷センターの位置情報を連合国軍、アフガニスタン政府軍、地域の行政当局に機会があるたびに知らせていた。これは、アフガニスタンに限らず、紛争地で活動する場合には必ず行っていることだ。
しかも、外傷センターについては、直近では9月29日に情報を伝達したばかりだった。それにもかかわらず、爆撃されたのだ。
MSF日本のジェレミィ・ボダン事務局長は「爆撃は患者とスタッフの命を奪い、アフガニスタンで最も必要とされている外傷治療に緊急対応できる医療施設を破壊したのです。私たちはすべての紛争当事者に、国際人道法に則り、一般市民、医療施設、医療スタッフの安全を尊重することを、もう一度、強く要求します」と強調する。

MSF外傷センターでの活動の背景

2015年9月28日に戦闘が始まり、MSFはこれまでに負傷者394人を治療してきた。空爆が始まった10月3日未明の時点で、外傷センターの敷地内には、患者105人とその付き添い、およびMSFスタッフ80人以上がいた。
MSFの外傷センターは、アフガニスタン北東部で唯一、さまざまな外傷治療に対応できる施設だ。2011年に開設し、高い水準の外傷治療(四肢の温存療法を含む)を無償で提供してきた。
2014年だけでも、2万2000人以上を治療し、5900件以上の手術を行った。
MSFの医療・人道援助は、中立・独立・公平の立場から、思想・信条・宗教・政治的立場などにかかわらず、患者の医療ニーズのみに基づいて行われる。
MSFのアフガニスタンでの活動資金はすべて民間からの寄付でまかなわれており、各国政府などからの公的資金は使われていない。

Tags:

« | | | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment

  • ?
  • ?
  • ?