2015.09.20

明日に向けて(1154)平和への旅を

守田です。(20150920 08:00)

戦争法強行可決に対し、Facebookのタイムラインに投稿した記事をそのまま転載します。

***

19日未明、戦争法案が強行可決されましたが、すでに多くの人たちが表明しているように僕にはいかなる悲壮感もありません。むしろこれからだという思いを強くしています。
戦争法をひっくり返し、アメリカと日本との長く続いた歪んだ関係性を捉え返し、本当の平和への道を切り開いていく。そのスタートが切られたのだと思います。

この道を歩み通せる根拠は本当にたくさんの人々が覚醒したこと。安倍首相は歴代自民党が徹底して避けてきたパンドラの箱を開ける愚を犯してしまいました。
彼は日本民衆の目を見開かせ、権力の悪辣な姿を人々に知らしめた人物としてこそ歴史に残るでしょう。いや私たちの力でそのように書き込みましょう!

18日夜、京都デモに参加したときの自分の写真をご紹介します。竹内豊君が撮ってくれたものです。明るすぎるでしょうか。
でも僕にはデモの向こうにさらに立ち上がる人々の姿が見えてきて、なんとも笑いが止まらなかったのです。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10206150114890179&set=a.4505891643698.2165302.1182740570&type=1&theater

ちなみに僕が来ているのは民&民Tシャツ。フライングダッチマンのリー君の書いた「ヒューマンエラー」の歌詞冒頭が背中にのっているものです。
この日のデモにはこれしかないと着込んでいったのでした。
ロックンロールのノリでNo warだぜい!

***

今日はこれから宇治市の西小倉めぐみ教会にでかけてお話します!
タイトルはこの夏に語り続けてきた「戦争と原爆と原発と放射線被曝のつながりを内部被曝からとらえ直す」です。
強行可決された戦争法問題にも少し触れなくてはですね!

午前中の礼拝のときに僕自身が放射線防護に取り組んだ内面のお話もさせていただきます。
前述したタイトルに基づく講演は午後からです。
お近くの方、お越しください。

「戦争と原爆と原発と放射線被曝のつながりを内部被曝からとらえ直す」
お話 守田敏也さん
日時 9月20日(日)
午前の部(教会礼拝にて)午前10時半~11時半 テーマ「いのちを守る」
午後の部(研修センター主催)午後1時半~3時半「被曝と防護」

場所・主催 西小倉めぐみ教会・研修センター 参加費無料
協賛 日本キリスト教団京都教区 南山城伝道協議会

近鉄小倉駅の近くです・・・

Tags:

« | | | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment

  • ?
  • ?
  • ?