2015.09.18

明日に向けて(1153)戦争への道を食い止めよう!戦争法案強行可決の動きに徹底して抵抗しよう!

守田です。(20150918 01:30)

みなさま。多くの方が眠れない夜を過ごしていると思います。いやもう何日もそんな夜を過ごし、今は早朝に控えて眠られている方もいるかもしれません。
そうした方を含めて、たった今、全国で、安倍政権の暴政に対する徹底した抵抗が試みられています。
抵抗が行われているのは国会内外ではありません。各地でデモがある。そしてツイッターでSNSでたくさんの情報が飛び交い、署名が回され、FAXが送られています。
今言えることはこの抵抗の力は今後、どんなことがあっても萎えさせてはならないし、萎えることはないだろうということです。

ともあれたった今は出来る限りのことを貫きましょう!
東京の杉原浩司さんより具体的な提案がまわってきましたので、今宵はこれをそのまま載せます。

頑張りましょう!

*****

【「違憲立法作らせ9(ナイン)」に戦争法案廃案の声を届けよう!】

東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎/重複失礼]

9月17日午後、本来行うべき締め括り総括質疑をすっ飛ばし、今まで見たことのない「採決もどき」が強行されました。鴻池委員長は与党の1年生議員が築いた「人間かまくら」(有田芳生議員)の中に埋もれました。
人の山と怒号でわけのわからない中、安倍首相や中谷大臣は、そそくさと逃げ出すように退場。与党議員が何回か起立し、「強行採決もどき」が上演されました。報道によれば何と5回もの「採決」がなされたことになったそうです。
もちろん議事録に残せるはずもありません。これが「採決」であるわけがありません。

しかも、中継していたNHKは、すぐに「何らかの採決が行われた模様」「かなり短時間で採決が行われたと思います」などとひたすら追認コメント。そしてあっという間に、「安保法案 参院特別委で可決」との大見出しを打ちました。
事実関係を確認しないまま、あるいは確認した「事実」を説明しないまま、デタラメな「採決もどき」を既成事実化したのです。

しかも、すぐに佐藤正久筆頭理事(自民)へのインタビューを行い、可決を前提とする質問を繰り返しました。
当然ながら、続いてインタビューされた福山哲郎理事(民主)は、「可決はされてません。委員長が何を言ったか全くわからない、あんな暴力的なものが採決と認められるなら、日本の民主主義はどうなるのか!」と強く抗議しました。

20時10分に始まった参議院本会議は、既に中川雅治議運委員長の解任決議案を否決しました。今後、野党は参議院で中谷大臣、岸田大臣、安倍首相らの問責決議案、山崎正昭参議院議長の不信任案などを、さらには衆議院で内閣不信任案を提出する見込みです。

それに対して与党は、演説時間を10分以内に制限する動議を出そうとしています。

予断を許しませんが、戦争法案の採決は18日(金)の午後から夕方になると言われています。
本当にぎりぎりの局面ですが、今夜から明日にかけて、声を届けるべき9人のキーパーソン「違憲立法作らせ9(ナイン)」に、一つでも多くの声を届けてください。短いものでも構いません。

与党に対しては強い抗議を、民主党に対しては「あらゆる手段」を駆使するように。また、戦争法案を成立させる参議院本会議開会のベルを鳴らすことになる山崎正昭参議院議長にも、開会しないように要請してください。
なお、自民党議員には必ず党役職事務所と国会事務所の両方に送ってください。

時間がありませんが、大至急広めていただくように、そして自らも必ず要請していただくようにお願いします(今回はファックスと電話に絞りました)。

———————————–

<違憲立法作らせ9(ナイン)>

【三権の長として、違憲の法案を採決するベルを鳴らさないでください!】

◆山崎正昭・参議院議長(福井/改選)
国会事務所
(FAX)03-6551-1201 (TEL)03-6550-1201

【抗議を!】

◆溝手顕正・自民党参議院議員会長(広島)
参議院議員会長室
(FAX)03-3580-1114
国会事務所
(FAX)03-6551-0028 (TEL)03-6550-0819

◆伊達忠一・自民党参議院幹事長(北海道)
参議院幹事長室
(FAX)03-3508-8772
国会事務所
(FAX)03-5156-8070 (TEL)03-6550-0612

◆吉田博美・自民党参議院国対委員長(長野)
参議院国対委員長室
(FAX)03-3580-7774
国会事務所
(FAX)03-6551-0610 (TEL)03-6550-0610
(地元FAX)0265-36-6735

◆魚住裕一郎・公明党参議院議員会長(比例)
国会事務所
(FAX)03-6551-0326 (TEL)03-6550-0326

◆西田実仁・公明党参議院幹事長(埼玉/改選)
国会事務所
(FAX)03-6551-1005 (TEL)03-6550-1005

【あらゆる手段で抵抗を(牛歩、長時間演説など)】

◆岡田克也・民主党代表(三重)
国会事務所
(FAX)03-3502-5047 (TEL)03-3508-7109

◆枝野幸男・民主党幹事長(埼玉)
国会事務所
(FAX)03-3591-2249 (TEL)03-3508-7448

◆榛葉賀津也・民主党参議院国対委員長(静岡)
国会事務所
(FAX)03-6551-0026 (TEL)03-6550-1011

———————————–

◆自民、公明の地元議員にもぜひ働きかけてください。「賛成するなら次の選挙では支持しません」と強調してください。

全参議院議員名簿 http://sogakari.com/?p=594

———————————–

【番外編】

<何が何だかわからない、議事録に残せない「強行採決もどき」を早々に「可決」と追認したNHKに猛抗議を!>
◆NHK
(TEL)0570-066-066(受付は9時~22時まで)
(メールフォーム) https://cgi2.nhk.or.jp/css/mailform/mail_form.cgi
(FAX)03-5453-4000
※電話がつながらない場合はメールやFAXで。

———————————–

★本日18日は朝9時から国会正門前で座り込み・集会が、夕方18時30分からは大集会が行われます。駆けつけましょう!

« | | | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment

  • ?
  • ?
  • ?