2014.11.27

明日に向けて(980)ヨーロッパ・トルコ訪問報告会等を行います(京都)

守田です。(20141127 21:30)

今年は何度も海外にいく機会に恵まれた年でしたが、それらを通じて学んできたことを報告する会をいくつかの団体に開いていただくことになりました。
いずれも京都市内での開催になりますが、ずいぶんたくさんの方に支えられて渡航が実現できたため、できるだけたくさんの方に来ていただけるように5回も場を設けさせていただきました。
お近くの方、日時を選んでぜひお越しください。(12月7日、14日、17日、23日2回)

原発災害対策や集団的自衛権についての講演も行います。(集団的自衛権については大阪講演です)。(12月5日、13日)
年末も何度目かの参加になりますが「びわこ123キャンプ」でお話します。これらの情報もあわせてご紹介しておきます。(12月27,28日)

12月7日 京都伏見区
ヨーロッパ・トルコ訪問報告会の手始めです。この日に行われる「ふしみ原発ゼロパレード」の後の時間帯での開催です。
ちなみにこのパレード、龍馬通りなどふしみの商店街の中をがんがん歩きます。
地元の広範な方の深い理解があってできることでなんだかとても気持ちが良いのです。バンド隊の演奏も楽しい。参加したことのない方、ぜひ一度、一緒にふしみを歩きましょう。僕もパレードから参加します。
以下、案内を貼り付けます。

ヨーロッパ・トルコ訪問報告会
10月、守田さんは2月にベラルーシをドイツの人々(核戦争防止国際医師の会 IPPNWドイツ支部)と訪れたあとに3月にドイツで国際医師会議に参加。
その後と8月に日本が原発輸出しようとしているトルコにも赴きました。そして10月にポーランドでチェルノブイリとフクシマをめぐる国際会議に参加しました。
今回の報告会はそれらやチェルノブイリ原発事故の影響やベラルーシ、ウクライナで行われいる被災者支援のこと、ポーランドのアウシュビッツ博物館でのことなどをスライドを使ってわかりやすくお話していただきます。

報告会
日時:12月7日(日曜)16時
場所:京都南法律事務所4階(入場無料)
講師:守田敏也
参加・無料

パレード
日時  :12月7日 日曜日 午後1時半集合 2時スタート
集合場所:伏見港公園(京阪中書島駅下車、徒歩3分)
コース :伏見港公園→中書島駅→龍馬通商店街→納屋町商店街→大手筋→御香宮

主催:ふしみ原発ゼロパレードの会
連絡先:京都南法律事務所
TEL:075-604-2133 吉田・溝江まで

チラシ
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10204070403458693&set=pcb.10204070464220212&type=1&theater

***

12月14日・23日 京都市下京区
僕もアドバイザーとして参加する、子どもの給食を考える会・京都に主催してもらう会を3回開きます。
お子さん連れでも来やすいように午前中に2回設定しています。
以下、案内を貼り付けます。

ドイツ・ベラルーシ・トルコ・ポーランドで学んだこと
~チェルノブイリ原発事故による被ばくの現実やトルコへの原発輸出問題~
◇守田敏也報告会◇

本年2014年2月から3月にドイツ・ベラルーシ・トルコを訪れ、8月にトルコを再訪、さらに10月にポーランドに訪問してきたなかで学んできたことを報告します。
これらのなかで、放射線内部被曝のメカニズムと危険性についても触れます 。
例えばウクライナでは医師たちがたくさんの病が放射線の影響で起こっていることを告発しています。
今年の3回にわたる渡航で感じたことを、できるだけ分かりやすくお話しします。

福島原発事故、そして私たちの今に深くつながるヨーロッパ・トルコの話、内部被曝のメカニズムのお話をぜひ聞きに来てください!
なお報告会は3回行います。参加しやすい会にご参加ください。

12月14日(日)10時から12時。ハートピア京都第5会議室
12月23日(火・休日)10時から12時と18時から20時30分の2回 ひとまち交流館第4会議室
参加費 500円(可能な方はさらにカンパをお願いします!)

主催:子どもの給食を考える会・京都
連絡先:morita_sccrc@yahoo.co.jp(守田)

託児はありませんが、会場内にお子さんが過ごせるスペースやおもちゃ、絵本などを用意します。
ぜひお子さん連れでいらしてください。

***

12月17日 京都市中京区
さらに京都被爆2世3世の会の拡大総会でもお話させてもらうことになりました。
なおこの会ではトルコから帰国直後に報告会を行なわせていただいたため、この日はポーランドで学んできたことに特化してお話します。
以下、案内を貼り付けます。

12月の例会は、10月末にポーランドでの国際会議参加と視察をされてきた守田敏也さんの報告を聞く学習会とすることになりました。

日程等は以下の通りです。
日時  2014年12月17日(水)18:30~21:00
会場  ラボール京都4階・第9会議室
テーマ ポーランド訪問で学んだこと ~ユダヤ人をめぐる歴史の深層を踏まえつつ、チェルノブイリ原発事故による被ばくの現実を捉え返す~
今回はオープン企画として行なうことになりました。お知り合い等に広くお知らせいただき、たくさんの方にご参加いただくようお願いいたします。

守田敏也さんのブログ「明日に向けて」でポーランド訪問のことは詳しく紹介されていますが、その一つ、ポーランドのユダヤ人をめぐる歴史はとても奥深いものがあり、今日の東アジアに生きる私たちに大きな示唆を与えるものです。
また、放射能被ばくの世代を超えた影響は私たち被爆2世・3世にとって挑むべき基本的なテーマです。事故から28年を経過したチェルノブイリの実態から多くのことを学んでいきたいと思います。

***

京都市左京区
「来春、京都市政にチャレンジする広海ロクローが主催する勉強会」で災害対策、原発災害避難についてお話します。
ちなみに今年は広島土砂災害や御嶽山噴火なども詳しく調べ、災害対策への知見を広げました。その点にも触れたいと思います。
以下、案内を貼り付けます。

原発事故、その時あなたはどうする?
守田さんと一緒に考える

原発だけでなく、自然災害も隣り合わせの今日この頃。政府が言う「事故があっても助けます」は嘘だと言うことがわかりました。
いつ来るかわからない災害のために今やっておくべきことを一緒に考えましょう。

12月5日(金)18時半から20時半 かぜのね(京都市左京区田中下柳町7-2))
主催:ロクローと市政を考える会
連絡・TEL080-3101-1636
http://6960sakyo.net/profile/

***

集団的自衛権等についてもお話します。場所は大阪市西成区です。
以下、案内を貼り付けます。

たちばな9条の会主催(平和を考えるシリーズ第2弾)

戦争への恐怖の3点セット
~NSC法(国家安全保障会議)・特定秘密保護法・集団的自衛権の行使容認~
(集団的自衛権とは何かを中心に)

日時:2014年12月13日(土) 17:30開場 18:00開始
講師:守田敏也(フリーライター、著書『内部被曝』岩波ブックレット。矢ケ崎克馬氏と共著)

会場: 参学寺「参究道場」 TEL 06-6658-8934
大阪市西成区橘1-7-6
参学寺ホームページhttp://www.sangakuji.com/
メールsangakuji@cwo.zaq.ne.jp

申込:西田靖弘携帯090-9610-8780 メールnishiyan0213@gmail.com
もしくは米澤清恵 電話090-5647-0922 米澤メールkiyoyonyon@hotmail.com

会費:500円 (講師代ほか)

***

びわこ123キャンプでお話します。
27日は集団的自衛権など戦争と平和に関するお話。子どもたちにお話します。
28日は地元の方たちも交えて、原子力災害対策についてお話します。

12月27日(金)夕方より子どもたちに。マキノ高原民宿一二三館
12月28日(土)時間未定 大人たちに。同上?
主催:びわこ123キャンプ

以下は今回のキャンプのご案内です。
http://cocokarapon.blog.fc2.com/blog-entry-291.html

« | | | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment

  • ?
  • ?
  • ?