2014.07.18

明日に向けて(895)良心的兵役拒否をつらぬくイスラエルの若者たちの思いをシェアしよう!

守田です。(20140718 21:30)

記事のあまりの連投は気が引けるのですが、非常事態発生中ですのでどうかお許しください。

イスラエル軍の地上侵攻により戦闘が激化しています。
NHKが7月18日19時17分に配信したニュースによれば、地上作戦はイスラエルとパレスチナの境界線から500メートルガザに侵攻した地点で重点的に行なわれているとイスラエル軍が発表しているそうです。
すでに20基のロケット発射台とトンネル9本を破壊したそうですが、同時に地上戦が始まって以来、パレスチナ側で、子どもを含む23人が殺されたそうです。イスラエル兵1人も殺害されました。
これでイスラエルによる一連の攻撃でガザ地区で亡くなった方は254人になってしまいました。けが人はおよそ2000人に上っていると言われています。

とにかく「イスラエル軍は殺人戦闘をやめよ、ただちにガザから撤退せよ」という声を全世界であげ、一刻も早くこの惨劇を止めたいです。
そのためにパレスチナのラジ・スラーニさんへのインタビューを紹介しましたが、イスラエルの若者たちの声を集めた短いビデオが回ってきたので紹介します。わずか2分16秒ですが素晴らしいメッセージが詰まっています。
ユダヤ人の側にも、イスラエル政府と軍の蛮行に胸を痛め、共犯者となることを拒否し、軍の侵攻を止めようとしている人たちがたくさんいるのです。

イスラエル軍の圧倒的な暴力に心の中まで侵攻され、無力感に打ちひしがれてしまわないためにも、イスラエルの若者たちの胸を打つメッセージをシェアすることを訴えたいと思います。
なお初めに一言、説明を加えておきます。ビデオの冒頭で若者たちが「わたしはシュミニスティム(SHMINISTIM)です」と語っています。初めは意味が分からなかったのですが、もともとヘブライ語で「12年生」をさしている言葉だということが分かりました。
日本と同じで小学校6年、中学校3年、高校3年を経て、卒業を迎える若者たちのことなのですが、イスラエルでは若者たちは卒業と同時に兵役につかねばならないのです。
ところがこの若者たちは兵役を拒否しました。その自分たちを指す言葉が「シュミニスティム(SHMINISTIM)」なのです。このことを頭に入れた上で、以下のサイトから若者たちの声をお聞きください。

イスラエルの良心的兵役拒否者 シュミニスティム(Shministim)
http://december18th.org/

この若者たちの声を日本語に翻訳してくれている方がいたので、サイトのアドレスを記したうえで、転載させていただきます。
なお、タイトルが「兵役を拒否し、刑務所入りを望むユダヤ人の若者たち イスラエル」となっていますが、ビデオの中で若者たちは「刑務所入りを望む」とは言っていません。
むしろ彼ら彼女らを支援し、イスラエル政府に投獄を止めるように求める署名へのサインを求めているので、このタイトルはちょっと違うのではという指摘もあったこともご紹介しておきます。
それでもとてもありがたい翻訳です。どうぞ若者たちのビデオ映像を見ながら、該当箇所をお読み下さい。

***

兵役を拒否し、刑務所入りを望むユダヤ人の若者たち イスラエル
http://www.vidqt.com/id/01fJFUf_vL8?lang=ja

わたしの名前はサハル・バルディです。18歳です。わたしはシュミニスティムです。
わたしの名前はズュバル・ウォンです。19歳です。わたしはシュミニスティムです。
わたしの名前はオマーン・ゴールドマンです。19歳です。わたしはシュミニスティムです。
わたしの名前はマヤ・ヤハイリビンです。19歳です。わたしはシュミニスティムです。
シュミニスティムはヘブライ語で12年生を意味します。わたしたちはイスラエルの良心的兵役拒否者です。それはイスラエル軍に勤めることを拒否したことを意味します。
なぜなら彼らは他の人々、パレスチナ人を占拠していますから。パレスチナの子供たちは検問所のために学校へ行くことができません。
あるいは医療を受けさえできません。多くの若いパレスチナ人が理由なく刑務所に行きます。彼らの多くが殺されました。あるいは彼らの家が破壊されました。
イスラエル政府はこの政策がわたしたちを安全に保っていると言います。しかしパレスチナ人に彼らの基本的人権を与えることを拒否することは、わたしたちを危険にさらしました。
それは非合法です。それは間違っています。それは不道徳です。それはわたしの個人的な信念に反しています。
それはわたしの基本的な価値感に反しています。それはわたしの価値観に反しています。
それがわたしたちが良心的兵役拒否者である理由です。
それがわたしが良心的兵役拒否者である理由です。
わたしたちは12年生です。
わたしは12年生です。
わたしたちは軍に勤めることを拒否したという罪状で刑務所に入れられています。わたしたちはあなたの支援を必要とします。どうか署名してください。
そしてあなたのすべての友人に話してください。パレスチナ人・イスラエル人・ユダヤ教徒・イスラム教徒・キリスト教徒・無神論者・みんな。
わたしたちはただ一緒に立ち上がるために、暴力に対して、圧迫に対して、誰がそれをするかにかかわらず。
平和のために立ち上がってください。共存のために。わたしたちのような子供たちの本当の未来のために、すべての場所で。
今日署名してください。
どうか今日署名してください。

***

なおこのキャンペーンが、アメリカ在住のJewish Voice for Peace (平和のためのユダヤ人の声)というグループによって支えられていることも分かりました。
Jewish Voice for Peaceは、今まさに行われているイスラエルの地上作戦に対しても、懸命になって批判を行っています。以下、サイトを紹介します。

Jewish Voice for Peace
http://jewishvoiceforpeace.org/

ここに示されたのはイスラエルの若者たちの良心であり、心から平和を望むユダヤ人たちの声です。
世界を、何人だとか、何教徒だとか、何族とかで、分けて見てしまってはいけない!
あまりにも当たり前のことですが、どこの国の人であろうと、どの宗教に属していようと、どの部族の成員であろうと、平和を愛し、正義と公正を尊重し、人と人が友愛と助け合いで結びつくことをこそ望む人々はたくさんいます。
その思い、心、努力をこそ、つなぎ合わせることが今、問われています。ともに戦争の時代、野蛮な人類史前史を終わらせるために!

おりしもウクライナ上空でマレーシア航空機が対空ミサイルによって撃墜されるというとんでもない事件も勃発しました。
ことの真偽はまだ分かりませんが、世界全体が暴力化しつつあることは確かです。だからこそ私たち、平和を愛する全世界の人々の「平和力」とでも言うべきものの結集が、とても重要になっています。
平和の思いをシェアしあい、互いに心を温めあいもし、そうして暴力に立ち向かっていきましょう!

未来への可能性を感じさせてくれるイスラエルの若者たちの勇気に拍手!感謝です!

***

再度、明日19日の行動をお知らせしておきます。
イスラエルの戦闘によって亡くなった方たちを弔うとともに、イスラエルの殺人戦闘に抗議するピーススタンディングビジルを、午後7時から京都市の三条大橋で行います。
またこの前の時間帯、夕方午後5時から7時まで、パレスチナ問題に詳しい京都大学の岡真理さんの講演が、出町柳の「かぜのね」で行われます。お近くの方、ぜひあわせてご参加下さい!!

« | | | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment

  • ?
  • ?
  • ?