2014.06.02

明日に向けて(863)『美味しんぼ』のこと、トルコのこと、原子力災害対策のこと、お話します!

守田です。(20140602 21:30)

講演のお知らせを二つお送りします。

一つ目は京都市伏見区のあゆみ助産院・のびの会でのお話です。
タイトルは「福島の今と『美味しんぼ』とトルコへの原発輸出」。
この間、「明日に向けて」に連載してきた『美味しんぼ』応援記事の内容や、福島に繰り返した取材の中で知ってきたことなどをまとめて話します。
またこんなに被曝で住民が苦しんでいる状態がありながら、トルコに原発輸出していることの理不尽さ、同時に原発を受け入れようとしているトルコ政府側の問題についてお話します。
日本語とトルコ語で配信したチェルノブイリ原発事故のトルコへの影響などにも触れます。

二つ目は福井の原発群の中の高浜原発から30キロに位置する宮津市でのお話です。
できたてホヤホヤのパーティー、NORTH KYOTO PARTY!のお招きです。朝からきょうと緑の党の長谷川うい子さんと一緒に京都市から赴いてお話し、うい子さんと対談します!宮津の脱原発蕎麦屋・まる丹の立垣ためよしさんも発言されます!
僕の発言では今回はとくに原発直近の町々からの避難の困難性と、それを直視した上で、いかに対策を立てていく必要があるのかと言う点に触れて行こうと思います。宮津のみなさんと一緒に、対策を具体的に深めていきたいと思います!

お近くの方、ぜひご参加ください!

*****

6月5日 京都市伏見区

のびの会 講演会

「福島の今と『美味しんぼ』とトルコへの原発輸出」
ゲスト 守田敏也

6月5日 10時~12時

場所 あゆみ助産院(最寄り駅:京阪電車墨染駅)
主催 のびの会
http://www.eonet.ne.jp/~ayumi55/nobi.html

*****

6月17日 京都府宮津市

そこが聞きたかった!知りたかった!
原発事故から家族を守る!お話会in宮津

宮津市は、福井県の14基の原発から、そんなに遠くに離れていません。
高浜原発の30キロ圏内、大飯原発の45キロ圏内に位置します。
もし、福島のような事故が起きてしまえば、京都北部に住む私たちも被害を受けることは、十分に考えられます。

原発事故は、さまざまなものを傷つけます。
放射能汚染は、健康への被害だけでなく、守り続けてきた土地や家、そして人のつながり・・・
私たちが、大切にしてきたものを何もかも奪います。
それが福島の事故が、私たちに教えたことです。

福井の原発で、なんらかの理由で事故が起きたとき、どうやって避難するのか、その後の暮らしはどうなるのか。
出来るだけ、出来るだけ具体的に考えておくことが、もしもの時に、大切な家族や友達を守ることにつながります。
そういったお話を、守田さんと長谷川うい子さんとざっくばらんにお話しましょう!

6月17日(火)
午前の部 午前10時~
午後の部 午後7時~

場所
千代の会 宮津市宮本498

発言
きょうと緑の党
長谷川うい子さん

篠山市原子力災害対策検討委員
守田としやさん

脱原発蕎麦屋
まる丹・立垣ためよしさん

参加費無料
カンパお願いします!

お子さん連れ大歓迎です!キッズコーナーご用意します。

主催 NORTH KYOTO PARTY!
連絡先 田中 090-4560-8560
添田 080-3033-7479

 

 

 

Tags:

« | | | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment

  • ?
  • ?
  • ?