Home > 10月 12th, 2017
2017.10.12

明日に向けて(1431)私たちは主権者としての社会的責任を自覚し政治に冷静な理性を求めます(京都有志発の声明に署名を!)

守田です(20171012 12:00)

衆議院選挙がはじまり、選挙結果の予測が出始めました。
共同通信の調査で、自民党が公明党とあわせて300議席以上獲得するとの予測が流れています。短い記事なので全文を引用します。

***

自公300超うかがう、序盤情勢 希望伸び悩み60前後
共同通信 2017年10月12日 06時08分
https://this.kiji.is/290937190421152865?c=39546741839462401

共同通信社は第48回衆院選について10、11日両日、全国の有権者約11万8900人を対象に電話世論調査を実施し、公示直後の序盤情勢を探った。
自民党は小選挙区、比例代表で優位に立ち、公明党と合わせた与党で300議席超をうかがう。希望の党は60議席前後で伸び悩んでいる。立憲民主党は公示前から倍増の30議席台も視野。共産党は議席減、日本維新の会は微増にとどまりそうだ。投票先未定は小選挙区で54.4%に上り、22日の投開票に向けて情勢が変わる可能性がある。
投票先未定との回答は比例代表でも47.2%あった。

***

自公で300超という予測に暗澹たる思いを抱かれる方も多いと思いますが、僕はこれは「小池―前原劇場」があまりにもひどくてえぐかったので、安倍政権がさまざまに繰り返してきたひどさがややかすんでしまったための中間的結果ではないかと思います。
いま必要なことはもう一度、問題の本質に立ち戻ることです。安倍首相がもりかけ問題を隠すために国会を開かないままに解散したこと、しかも自分の延命のために、朝鮮民主主義人民共和国からのミサイル発射を利用して「国難」を標榜しはじめたことなど、この国の私物化を続ける安倍政権にもう一度、批判を集中しなくてはいけません。

同時にここであきらめていてはいけない!記事には「投票先未定との回答は比例代表でも47.2%あった」とも書かれています。まだまだ多くの方が悩み、迷っている段階なのです。
だからこそ、マスコミをもさんざんにぎわせてきた「小池―前原劇場」のことはひとたび横におき、みんなで安倍政権への正面からの批判を、再度、あらゆる手段を通じて発信していきましょう。

ただそのために僕はひとたび頭を冷やし、心の中から沸き起こってくるトゲトゲした怒りをひとたびカルムダウンさせ、心を落ち着かせて、私たちの望む未来を考えなければならないとも思いました。それで昨日はあえて絵本についてのお話を書かせていただきました。
その後、「問題を再度整理した文章を出さなければ」と思っている時に「これは素晴らしい!」と心から共感した声明文が回ってきました。
今回の表題にもあげさせていただいた「政治に冷静な理性を求める」声明がそれです。京都在住の槌田劭さん、石田紀郎さんが発信してくださり、すでに多くの方々が署名してくださっています。僕も喜んで署名させていただきました。

今回はこの声明をそのままここに貼り付けてお送りしますので、可能な方はぜひ署名にご参加下さい。京都有志発ですが、もちろんどこの地域、どの国に住まわれている誰でも参加可能です。肩書も無用です。無論、選挙権のあるなしも関係ありません。
ただし憲法が絡むと「国籍条項」の限界がどうしても目についてしまいます。「国民」と言う名で多くの方を排除している現状を日本国籍を持つ立場としてとても恥ずかしく思いますが、僕は今回はここで書かれている基本的な考えに賛同できる方には、国籍を問わず、ご署名いただければと思っています。 (さらに…)