Home > 「明日に向けて」
2016.08.27

明日に向けて(1294)原発・放射線防護問題、戦争と平和について各地でお話します-2

守田です。(20160827 00:30)

前回に続いて9月後半の講演などのスケジュールをお知らせします。

9月13日、14日、22日、23日と四国を周ります。
香川、徳島、高知、愛媛の順です。いずれもコープ自然派さんの四国の各県の主催です。
テーマは「原発と平和」です。

17日にはコープ自然派京都の主催でもお話します。連続3回講座の1回目です。
午前10時からハートピア京都にて。「原発と内部被ばくの基礎知識」のタイトルです。

19日には第2回放射性廃棄物問題学習研究会で基調提起を行います。
午後2時より京都市元田中の市民環境研究所にてです。

24日に滋賀県長浜市で小出裕章さんとのジョイント講演会でお話します。
午後1時から臨湖(長浜市港町4番9号)にてです。講演会のタイトルは「原発のうそ・ほんと」です。

25日に滋賀県大津市で行われる第108回山猫軒シンポでお話します。
大津市仰木の里の個人宅にてです。

それぞれ詳しくは以下をご覧下さい。

*****

9月13日 香川県高松市
9月14日 徳島県徳島市
9月22日 高知県高知市

原発と平和

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10208429226146536&set=pcb.10208429236186787&type=3&theater

地震帯に多くの原子炉がある日本。福島原発事故という悲痛な経験を経てなお、九州で大地震が起きても川内原発は止まりません。動き出した中央構造線の上には伊方原発が、高浜・美浜には40年を越えた老朽原発が建っています。
福島原発ではいまも収束作業が続けられ、大地も海も食品も汚染され、内部被ばくはこの国に暮らすすべての人の問題です。そして、原発事故子ども・被災者支援法に基づく支援策は放置されたまま…。
私たちに何ができるのでしょう。絶望して立ちすくんでいても子どもたちは守れません。「いまそこにある危険とどう向き合うか」を学び、私たちの命を私たち自身で守る力を強くするために、何ができるのかいっしょに考えましょう! (さらに…)

2016.08.26

明日に向けて(1293)原発・放射線防護問題、戦争と平和について各地でお話します-1

守田です(20160826 23:00)

8月末から9月末にかけて各地でお話します。関西近辺の他、四国全県を周ります。
ぜひお近くの会場にお越しください。情報がたくさんあるので2回に分けて掲載します。

明日27日は篠山市でお話します。篠山市青少年健全育成推進連絡協議会の研修会です。
午後1時半から篠山市民センター2階多目的ホールにて。

28日はくらしとせいじカフェ@ひこねに参加します。伊方原発についてお話します。
午前10時から。彦根市の新海浜自治会館にてです。

9月3日午前中に再度、篠山市に赴き、篠山市消防団研修会でお話します。

4日は長野県大鹿村で行われているお祭り、「おやまの上でどんじゃらホイ」でお話します。
「戦争、原発、憲法・・・平和の可能性はどこに?」のタイトルです。

8日は京都市の福祉保育労働組合平和係のお招きでお話します。
午後7時より白い鳩保育園にて。「真の平和って何だろう・・~今の日本から見えてくるもの~」のタイトルです。

10日は京都市で僕も参加する「ウチら困ってんねん@京都」の企画に参加します。
「ぶっちゃけ選挙話パート2」のタイトルで、参院選などについて思ったこと、感じたことを語りあうフリートークの場です。午後1時半から京都市出町柳のかぜのねにて

9月11日は長岡京市で映画『放射線を浴びたX年後2』上映会があり、その後に第55回乙訓母親大会が行われます。
この場で、映画の主演の川口美砂さんとのトークライブに参加します。僕が映画のこと、今も続けてられている漁師さんたちからの聴き取りのことなどを川口さんにお尋ねしながらみなさんと共有化を図ります。
トークライブは午後2時から。長岡京市中央公民館にてです。

それぞれ詳しくは以下をご覧下さい。 (さらに…)

2016.08.11

明日に向けて(1287)放射性廃棄物、原発から見える社会、女性の感覚に学ぶ災害対策などについてお話します!

守田です。(20160811 09:00)

当面の講演・学習会のスケジュールをお知らせします。
今日の午後や明日の企画など、直前のお知らせも含んでいます。早くにお知らせできずにすみません。
今回のものは京都市、神戸市、大津市、信楽市、宇治市のものです。

以下、可能なものにご参加ください。 (さらに…)

2016.08.10

明日に向けて(1286)原爆で亡くなった方たちの霊と共に戦争と被曝を止めたい(広島を訪れて2)

守田です。(20160810 11:30)

前回、広島市の済美学校の慰霊碑に刻まれた峠三吉の「墓標」という詩を紹介し、僕なりの解釈を披瀝しました。
その中でこの詩には子どもたちを守り切れなかった大人としての悔恨の思いも込められているように感じたことを述べました。

この記事を始めて読まれる方のため、ここでもう一度、この詩を記したサイトをご紹介しておきます。

峠三吉『原爆詩集』「墓標」 (広島文学館web)
http://home.hiroshima-u.ac.jp/bngkkn/database/TOGE/TogePoems.html#12

僕はこの詩を読んで、子どもの痛みに寄り添おうとし、子どもたちを救うことのできなかった自分を含んだ大人たちを厳しく問おうとする作者の思いを感じ、強く共感しました。
前回、そのことを書いたのですが、僕がそう思ったのにはわけがありました。広島に向かう直前の4日夜に、琵琶湖のほとりで行われていた子どもたちの保養キャンプに参加していたからです。

キャンプの参加者の子どもたちの多くは宮城県南部から来ていたのですが、その子どもたちに僕は、原発と放射能の恐ろしさと、命の守り方を教えました。
小学生たちが多くいましたが、~いつものことなのですが~僕はあえて大人にするのと対して変わらないレベルの話をしました。
注意するのは低学年の子どもたちが知らない単語を使わないようにすること、それは子どもたちへの礼儀だと僕は思っています。

そうしたら子どもたち、毎年のことではあるのだけれど、すごい集中力で食いついてきてくれました。一日中、琵琶湖で泳いだあとで疲れていたに違いないにも関わらずでした。
しかも講演後も小学校2年生と4年生の女の子たちから質問を浴びせかけられました。
スタッフとして参加している専門学校生と大学生のお姉ちゃんたちがフォローで参加してくれたこともあって、いつまでもやりとりが続きました。 (さらに…)

2016.02.15

明日に向けて(1213)ファシズムに抗するために・・・改憲阻止が必要だが改憲されたら終わりなのではない!

守田です。(20160215 22:00)

安倍政権の暴走が続いています。
戦争法強行可決、原発再稼働強行に続いて、いよいよ憲法改悪が焦点に上がってきています。
これに対して、この流れを食い止めようとする多くの方たちが野党共闘の実現などで、阻止陣形を広げようと訴えています。僕も全面的に賛成です。
しかしあえて今回、強調しておきたいのは、かりに選挙でうまく勝つことができず、憲法改悪の流れが深まったとしても、それで終わりなのではけしてないということです。

もちろん僕は何が何でも改憲を食い止めたいと思っているし、そのために尽力する決意もしています。しかしそれでも「改憲になったら終わりだ」と考えると私たちの運動や発想から余裕が失われてしまうように思え、それを回避したいと思うのです。
また「こうなったら終わりだ」と考えると、必要以上に国家権力を巨大に描いてしまうことにもつながり、私たちの民衆の力を過小評価してしまうことにもなります。悲壮感に陥ったらそれだけで人は豊かさを失ってしまいがちです。
今の世の流れには確かに戦前に向かうようなモメントがありますが、しかし大きな違いがたくさんある。戦前は「お国のために戦う」ことが当然とされる世の中だったのです。男の子の多くが小さい時から軍人になることを夢見ていたのです。
軍国主義は国民・住民全体の好戦的なモメントによっても支えられていたわけですが、しかし今は違う。戦後70年間、自国軍隊に戦争をさせなかった「平和力」が私たちにはある。このことを何度も確認しておくことが必要です。

この点を踏まえて押さえておきたいのは、安倍首相が憲法改悪で狙っているのが9条解体であることは間違いありませんが、多くの識者が、そこだけに惑わされず、憲法の人権条項全体が骨抜きにされようとしている点に注意をと語っていることです。
とくに危険性が指摘されているのが「非常事態条項」です。戦争や大災害の勃発時に政府に非常大権を与えんとするもので、まさに民主主義の否定そのものです。
実際にはそんなものはなくても現行法でもかなりの大権があるのですが、安倍首相は己への批判を極度に嫌い、激しく逆切れしてしまう御仁なので、「非常時」に政府を批判する一切の権利を認めたくないのでしょう。
その意味で私たちは、憲法9条を守ることだけに意識を奪われず、この非常事態条項の恐ろしさと危険性、またその非民主主義性、人権思想にツバするとても認めがたいファッショ性をおさえておく必要があります。 (さらに…)

Next »