Home > 「明日に向けて」
2016.11.30

明日に向けて(1328)被曝からみんなの命を守るため三田医師に耳を傾けて下さい!(下澤レポート上)

守田です(20161130 23:30)

11月27日に京都「被爆2世3世の会」で「福島の被曝、そして広島・長崎の被爆の重ね合わさるもの」という企画を行いました。
東京の小平市で子どもたちを中心に3000人の人々の血液検査を行い、東京で表れている被曝影響をつかんで可能な治療を重ね、やがて自らも岡山に避難移住した三田茂医師をお招きして講演していただき、その後に僕が対談させていただきました。
大きなポイントだったのは、僕も参加している京都「被爆2世3世の会」で行った「被爆2世健康調査」を事前に三田さんに見ていただいて、重なり合うものについて語っていただいたことです。
これをIWJの萩崎茂さんが丁寧に撮影してくださり、中継するとともにアーカイブをアップしてくださいましたので以下にご紹介しておきます。

被爆二世の健康実態調査報告と原発事故被災者の健康を考える学習講演会 福島の被曝、そして広島・長崎の被爆の重ね合わさるもの
三田茂医師、守田敏也氏 2016.11.27
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/347977

大変、刺激的な内容で、すぐにもみなさんにお伝えしなければと思っていますし、今後、僕も三田さんのつかまれていることを積極的にあちこちに広めていこうと思っています。
今日の表題にも書いたように、被曝からみんなの命を守るために、三田医師の言葉に耳を傾けて欲しいです。

さてそのために報告を書かねばと思っていたら、この日の参加者の方が素晴らしいレポートをFacebookにアップしてくださいました。
書いて下さったのは下澤陽子さんです。東京から関西へと避難移住された方で、岡山の三田医院にも訪れ、娘さん、息子さんの治療を受けてこられました。
下澤さんのレポートが素晴らしいのは、一つにかなり的確に三田さんの話された内容をつかんでまとめられていることです。
同時にご自身の体験と思いが重ねられており、レポートの域を超えた感動的な感想文になっています。

ここまで下澤さんの理解が進んだのは何より下澤さんが被曝当事者であること。
そしてまた、三田さんと出会うまでは医師のもとに駆けこんでもまったく相手にされずに苦しみ、もがき、そんな中で移住を決行されてきたということ、こうした体験を逞しく超えてこられたからだと僕には思えます。
下澤さん自身が、お子さんたちとご自身の命を守るために大奮闘されてきたがゆえに、素晴らしい理解力で三田さんのお話の核心をつかまれたのでしょう。

そこで今回は、下澤さんにご了解いただいて、この内容を転載させていただき、みなさんにご紹介することにしました。
ぜひお読み下さい。その上で、萩崎さんが撮って下さった動画もご覧になって欲しいと思います。
有料になってからでも一定の額を払えばご覧になることができます。
これを機会にこうした活動を続けているIWJを支えるためにも、お金を払っても観ていただけたら嬉しいです。

三田茂さんと下澤陽子さんに感謝を捧げつつ、以下、下澤さんのレポートをご紹介します。(なおタイトルは文章の僕がつけました。長いので2回に分けます。) (さらに…)

2015.12.18

明日に向けて(1193)現代科学では原発も放射能も管理不能だ!(後藤さん講演会を振り返って)

守田です。(20151218 21:30)

17日に後藤政志さんをお招きして高浜原発再稼働の危険性を聞く会を持ちました。
準備期間一週間の緊急企画でしたが、予想を大きく上回り40人を上回る方が参加して下さいました。
友人の新宮真知子さんがFacebookに写真をアップしてくださったので自分のタイムラインにシェアさせていただいています。以下、紹介します。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=874247562696184&set=pcb.874247839362823&type=3&theater

IWJ京都の萩原さんが中継をしてくださいましたのでアドレスをご紹介しておきます。
ぜひご覧下さい。なおIWJの会員登録をされてこうした報道を支えて下さることもお願いしたいと思います。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/279080

今回の緊急企画の主催は「本田久美子さんを勝手に応援する会」と「ノンべクキッチンホテヴィラ」でした。
本田久美子さんは京都市長選に挑戦している方で、僕も勝手連で応援しているのですが、この日はご本人にも忙しい中で参加していただくことができ、みなさんと後藤さんのお話を聞くことができました。

後藤さんにはまず高浜原発再稼働の危険性のダイジェストを語っていただきましたが、後藤さんが真っ先に挙げられたのは、加圧水型原発のもともとの構造上の問題点である制御棒挿入の問題。
沸騰水型は下から、加圧水型は上から差し込むのですが、地震で大きく揺れたときに果たしてきちんと入るのか信頼が持てないという欠陥を抱えています。
この他にも地震はプラントにとって大きな脅威であるわけですから、あらかじめどれだけの地震が来るという予測を行って設計がなされてきました。

実はここに抜本的な問題が横たわっています。そもそも来るべき地震の規模を現代科学で予測できるのかという問題です。
例えば新潟の柏崎刈羽原発は予想される最大の地震の規模=設計基準地震動を450ガルと設定していました。しかし2007年の中越沖地震でこの原発は1699ガルの揺れに襲われました。設計基準を4倍も上回っていたのです。
このため柏崎刈羽原発は、福島原発事故ほどの破局には至らなかったものの激しく損傷し、現在にいたるも再稼働できていません。膨大な放射能漏れに至らなかったのが幸いというべき事態でした。 (さらに…)

2015.09.05

明日に向けて(1144)川内原発の危険性をしっかりとおさえよう!(過去記事のご紹介)

守田です。(20150905 14:00)

川内原発1号機の再稼働を強行した九電は2号機に11日から14日かけて核燃料を装填し、10月中旬に原子炉を起動、11月中旬に営業運転への移行を目指しています。
この安全思想を全く欠いた政府と九電の暴挙をなんとしても食い止めていく必要がありますが、そのためにこの間、矢継ぎ早に記事を出してきました。
今回はその記事をまとめて紹介しておきたいと思います。

原発問題に取り組んでいると、一定の専門的知識がないと的確な批判が行えないため、「良く分からないから」となかなか発言しにくくなってしまう点はないでしょうか。
福島原発事故の現状を追っていても、継続的にフォローしてないと、今、どこで何が起こっているのかが見えなくなってしまいます。
あるいは東電が意図的にそうしたことも狙って、情報を小出しにし続けているので、「汚染水漏れ」と言われても、俄かにどこからどこへどれだけの量が流れているのかなど見えなくなってきてしまいます。

その点を踏まえて、僕は継続的なウォッチと情報の発信を続けています。原発安全神話、放射能安全神話の垂れ流しによって、私たち市民サイドの批判的視点を曇らされてしまわないためです。
今回は短い発信の記事になりますが、この間、発信した記事を並べてみましたので、ぜひお読み下さい。

まず8月14日に東京で行った元東芝の格納容器設計者・後藤政志さんとの対談動画を掲載し、文字起こしも行いました。
ここでは原発の根本問題と言える安全思想を全く無視した稼働についての批判が行われています。

明日に向けて(1123)福島原発事故からつかむべきこと(後藤政志&守田敏也対談から)-1
8月18日配信
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/9b5b445e16ed2fa9cbaac7e336870bda

明日に向けて(1124)川内原発再稼働の危険性と「過酷事故」の曖昧化の問題(後藤&守田対談よりー2)
8月19日配信
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/6e90c7394a36315234d435aeb267da78

明日に向けて(1125)ベント後付けの条件設定を無理強いされて(後藤&守田対談から-3)
8月20日配信
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/b6723e704fd2df6cea3f4b429f55ec80

明日に向けて(1126)安全についての考え方を身につけることが問われている(後藤&守田対談から-4)
8月21日配信
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/0643e26193fcc0fd7471b3f25e51ee0f
稼動直後に起こった復水器のトラブルに関してただちに分析した記事を二つ紹介します。

明日に向けて(1127)再稼働した川内原発でさっそくトラブル発生!ただちに運転を中止すべきだ!【訂正記事】
8月22日配信
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/649eafab984d8f08dcb08954f246de2f

明日に向けて(1128)4年以上停めて再稼働したのは世界で14例。その全てで稼働後にトラブルが起こっている!
8月23日配信
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/474f1254a9054ea9bbfa3757feb15566
川内原発再稼働の危険性を分析した過去記事をまとめて、ポイントを捉えやすくした記事です。

明日に向けて(1132)九電が川内原発の危険な出力アップを強行!問題だらけの再稼動をただちにやめるべきだ!
8月27日配信
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/012c4d279f47dcf2ed78970cb9cb9f64
再稼働強行の背景としてある原子力産業-東芝の原発部門に端を発する経営危機について指摘したのが以下の記事です。

明日に向けて(1140)沈みゆく原子力産業-東芝上場廃止か?(東芝不正会計問題を問う―2)
9月2日配信
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/1f5f8b5a15ca9d5c209ffd515e1a3b7f

明日に向けて(1117)東芝不正会計問題の背景にあるのは原子力産業の瓦解だ!-1
8月2日配信
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/6aa800a3bbf14bc67022035818f98209
再稼働問題を前に後景化しがちな燃料プールの危険性を指摘したのが以下の記事です。

明日に向けて(1106)再稼働よりも核燃料をプールから早く降ろすべきだ!
7月11日配信
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/57302547df308390c84bd3d273118558
なお次回には川内原発をはじめ再稼働が目されているすべての加圧水型原発の製造社である三菱重工が納入した蒸気発生器がアメリカの原発で事故を起こし、修理がおぼつかずに廃炉となったことについて取り上げます。
ここには三菱が製作した最新型の蒸気発生器に大きな欠陥があったこと、要するに三菱はいまだに安全な蒸気発生器の開発に成功していないことが表れています。
このため9300億円の損害賠償訴訟を起こされており、経営の危機にも直面しつつあります。東芝に続いて三菱も苦境に陥りつつあることを押さえたいと思います。

2015.08.23

明日に向けて(1128)4年以上停めて再稼働したのは世界で14例。その全てで稼働後にトラブルが起こっている!

守田です。(20150823 07:00)

21日に復水器付近でトラブルを起こした川内原発は、依然、稼働を続けています。ただし出力を段階的にあげ95%までもっていくスケジュールの延期を発表しました。
まだこれぐらいですむ段階で稼働を止めた方が絶対にいい。なぜならさらに何らかのトラブルが発生する可能性が高いことが前例から分かるからです。
今回はこの点を論じたいと思いますが、まずは以下の記事を示したいと思います。

長期停止原発が複数再稼働へ、世界的な未知圏-川内原発先陣(訂正)
ブルームバーグ 2015/08/10 09:18 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NS4J5H6JIJUR01.html

この記事が伝えている核心的内容は以下の点です。

「長期間停止している複数の原子炉の再稼働。国内電力各社は、これまで世界のどの国の電力会社も経験したことがないことに取り組もうとしている。」
「国際原子力機関や米国、カナダの規制当局のデータによると、最低でも4年間停止した原発の運転が再開されたケースは世界で14基。そのすべてが運転再開後にトラブルに見舞われている。」
「原子力技術コンサルティング会社、ラージ&アソシエイトのジョン・ラージ社長は、日本は「国中の原子炉がすべて4年間停止した状態」にあり、原子力規制委員会は想定外の事態に備えなければならないと指摘。
規制委がいま直面している状況は「他のどの国に存在しないまったく固有の事態」だと話した。」

僕が記事に感心したのは、「4年間停止した原発の運転が再開されたケースは世界で14基」という事実だけでなく、日本の原発の現状を「国内の原子炉すべてが4年間停止した状態」と指摘していることです。
この点でみなさんにも注意を喚起したいのは「原発ゼロ状態が終わった」という言葉に惑わされてはならないということです。
確かに原発ゼロ状態は終わりました。1基動いています。しかし依然、残りの原発はすべて止まっているのです。「ほぼゼロ状態」です。正確なデータを示すために以下のページをご覧下さい。グリーンピースジャパンのページです。

日本全国で「稼動原発ゼロ1年」達成
グリーンピースジャパン 2014年9月15日
http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/20140910nuke-zero_jp.pdf

とくに注目して欲しいのは「図1 日本の原発全48基の稼働ゼロの期間」です。昨年9月15日段階で作成されてものですから、今日現在ではこれに約11カ月強を足すことを忘れないで下さい。
これを見ると「すべての原発が4年間停止した状態」というのは正確性を欠いた言い方であることも分かるのですが、大飯原発3号機4号機をのぞけばすべて3年以上と言えばもう間違いはありません。
さらにすべての原発の非稼働年月を足し合わせて平均をとってみると、僕の計算で、この8月15日の段階で平均4年3ヶ月停まっていることが分かります。
すでに規制委から新規制基準への合格が出されてる高浜原発3号機が3年5カ月、4号機が4年、伊方原発3号機で4年4カ月停止中です。繰り返しますが今日現在の段階でです。 (さらに…)

2015.08.21

明日に向けて(1126)安全についての考え方を身につけることが問われている(後藤&守田対談から-4)

守田です。(20150821 09:00)

後藤さんとの対談の文字起こしの4回目をお送りします。最終回です。
今回は前回のベントの問題に続いて、ベントが行われた場合のアメリカと日本の抜本的違いについての後藤さんの解説を起こしてあります。
さらに技術論において安全とはどのように考えられるものなのかを原発に即して論じていただきました。
最後に後藤さんとのお話に対する僕の感想を述べました。

*****

福島原発事故からつかむべきこと
2015年8月14日 後藤政志&守田敏也 対談 東京品川にて
https://www.youtube.com/watch?v=TKJNkgNOgaI&feature=youtu.be

4、安全についての考え方を身につけることが問われている
(24分40秒から)

後藤
それともう一つは、ずっと考えていたのはアメリカは何であれでいいのかです。日本はそれを真似ているのですけれども、そこに非常に問題があると思います。
その意味は、アメリカは国土がむちゃくちゃ広いのです。例えばカリフォルニア州一州と日本が面積が近い形で、そうすると原発の密度がけた違いなのです。
そうすると万一事故が起こった時に、最悪の場合、極論しますと、カリフォルニア州を捨ててもアメリカは成立するわけです。日本はどうかというと成立しないのです。
リスク論と安全屋さんがよく言います。僕はリスク論は好きではないのだけれども、仮にリスク論で語るとなると、彼らはリスク論が分かっていないと僕は思うのです。
僕なりに理解しているところだと同じ確率だったら100倍も危ない。100倍も1000倍も危ない。だって片方は州が無くなるレベルでしょう。片方は国が無くなるレベルじゃないですか。「どうですか」ってね。
それを同じ数字で10のマイマス6乗だとか7乗とかいう数字を出して喜んでいるわけですよ。日本の方が優れているとか言って。地震のリスクも津波のリスクも高いのに。
そのリスクの高さ、被害の時の影響度、そういうことをまったく配慮しないままに考えてきたのが日本のリスク論者なのですよ。

守田
このベントの問題一つとってみても、原発の根本的な矛盾をずっとお話されてきたと思うのですね。
今日はこういうお話の最初ということで、今日の最後にお聞きしたいのは、この根本矛盾がなかなか伝わりませんよね。
マスコミのみなさんもそれなりに一生懸命に報道されているとは思うのですけれども、やはりこのポイント、例えば今でも「ベントをちゃんとつけていないのがおかしい」みたいなことを言っていて、そこをどう覆そうとするのか。
後藤さん自身、そこでもがいて苦労されてきたと思うのですけれども、そこでの考え方をうかがいたいと思います。 (さらに…)

Next »