Home > 「明日に向けて」
2017.01.14

明日に向けて(1342)被曝から命を守るために問われていること

守田です(20170114 13:00)

1月7、8日のコープ自然派脱原発ネットワークの伊方原発ツアーに参加した際に、松山センターで行われた集会での発言の起こしの3回目を載せます。
今後の脱被曝の展望について述べました。

*****

伊方原発を止めるために!被曝から命を守るために!
2016年1月8日 コープ自然派松山センターにて
4、放射能の危険性への目覚めを広げることが課題

ただ一方でしっかりと見ておかなくてはならない大きな課題があります。
反原発運動のこれほどの進展に対して、反被曝という側面はまだ十分に追いついてきていません。なぜかというと放射線被曝の害が非常に軽く語られていて、まだこの点での民衆の覚醒は十分ではないからです。
放射線の人体への影響は世界的にアメリカが作った教科書で教育されてしまっています。この教科書が元にしているのは、原爆の被爆者への被害調査です。
誰がこれを調べたのかと言えばアメリカなのです。ひどいと思いませんか?加害者が被害者を調べたのです。
こんな調査はあってはならないのです。当然加害者は被害を軽く見積もりますよね。しかもそれが核戦略の根っこにあることなのです。核戦略を維持するためにも放射線の害は非常に軽く語られてきたのです。
残念ながら多くの学者さんやお医者さんがこの教育を受けてしまっています。

ちなみにこのためお医者さんは被曝に対して甘い意識を持っている方が多くて、レントゲンなどで自らもかなりの被曝をしている場合が多いです。
僕の知り合いで、いまは被曝に対して厳しい感覚を持っている医師の中でも、若い時に内科にいてしょっちゅうプロテクトもあいまいなままレントゲンを撮ってしまい、かなりの被曝をしてしまっている方がいます。
そうするとどういうことが起こると思いますか?そのお医者さんの子どもはみんな女の子になるのだそうです。もちろん男の子が生まれることもあるのですが、そうすると「浴びたりないぞ」と言われるのだそうです。

だから放射線被曝に対する評価がとても甘く見られていて、福島原発事故のあとも、お子さんが鼻血を出して、しかもこれまで見たことのない鼻血だというのでお母さんたちが病院に駆け込み「放射能の影響では」というと次のように言われてしまうことが起こりました。
「お母さん、何をバカなことを言っているんですか。そんなことをあなたが言うから子どもさんが精神的におかしくなるんですよ」と。
それで社会の中でもお母さんたちが過剰に怖がっている。「放射脳になってしまっている」などと揶揄されたりしました。
そういうことが各地で起こっているのです。こういうことをなんとしても変えなくてはいけない。 (さらに…)

2016.11.29

明日に向けて(1327)放射能について、食について、福島についてお話します!

守田です(20161129 07:00)

講演等のスケジュールをお知らせします。
今週はコープ自然派の兵庫、大阪、京都のお招きでそれぞれ神戸市、大阪市天満橋、京都市南区でお話します。
この他、宇治市の市長選挙の応援演説にも立ちます。
日曜日は龍谷大学深草キャンパスで福島大学の荒木田さんをお招きしての企画にコーディネーターとして参加します。

以下、企画情報です。

*****

11月29日兵庫県神戸市

子どもたちを”内部被ばく”から守るために
https://www.facebook.com/events/1123205604465105/

私たちの知りたい情報がわかりやすいと好評の守田さんの講演会。最終日では、これからずっと続くであろう内部被ばくのことを学びます。
汚染された食べものを食べると、体の中で被ばくします。子どもは大人の何倍も影響を受けてしまいます。食べものの選択ポイントを知り、子どもたちの体を守りましょう。
コープ自然派の放射能基準や取り組み、放射能パンフレットの説明もいたします。 (さらに…)

2015.07.10

明日に向けて(1104)奥出雲に牛たちに会いに行きます!牧場で原発と放射能のお話もします(12日)

守田です。(20150711 0:30)

Facebookの自分のページなどで宣伝しつつ、「明日に向けて」での紹介がすっかり遅くなってしまったのですが、7月11日、12日の日程で奥出雲の成瀬さんの牧場に向かいます。理想的な放牧を行っている牧場です。
この牧場とのつながりについて昨年10月15日書いた記事から抜粋します。ある日の京都での「食」をめぐる学習会での一コマです。

***

ある時、成瀬さんがこう言いました。「放牧されている牛は頭がいいです。牛舎の牛とぜんぜん違います」。それで「どうやって分かるのですか?」と聞いたら「そりゃ、後姿が違いますもん」と笑いながら言う。「一目見れば分かります」とも。

それでもうどうしても成瀬さんの牧場に行きたくなってしまった!善は急げで急きょ、学習会の場を提供して下さっていたキッチンハリーナで参加者を集い、ワンボックスカーに分乗して奥出雲に向かいました。2013年12月のことでした。
中国自動車道を一路、西に走り、途中で北に折れて成瀬さんの牧場に到着。さっそく牛たちにご対面しました。
そうしたら遠くからみるだけで確かに風格が違うのが分かる。近寄って見ると毛並みがとても美しい。足がしっかりがっしりしている。そして何よりも、なんとも言えない落ち着き払った雰囲気がある。

牛たちはすぐには近寄ってきません。「あいつら僕がいるんで必ずそのうち寄ってきます。でもすぐに近づくと馬鹿にされると思って、様子をうかがっているんです」と成瀬さん。
確かに悠々と草を食みつづけながら、時々僕らをちらちらとみている。
そのうち近寄ってきたのはその群れの「格下」の牛でした。そののちにその場のボス牛がのっそりと近寄ってきました。

圧巻でした。本当に「一目見れば分かる」世界でした。とにかく存在感が凄い。うーんと唸り声をあげさせらてしまう。
そこに成瀬さんが他の牛舎から買い入れたばかりの牛を連れてきました。確かに顔つきがまったく違う。それよりも態度が違うのです。それを見ていて「ああそうか」と合点するものがあった。
牛舎にいる牛は人間に全面的に依存して生きています。ただ給餌されるのを待っている。だから人間を見るとおどおどしながら何かをしてくれるのではないかと思って近づいてくるのです。

ところが放牧されている牛たちは自分の判断で野山を駆け巡り、美味しい草を選んで食べている。常に頭を使い続けているのです。
牛舎の牛はふだん考える機会を奪われているから、野に放たれても最初は草を食べることすらできないのだそうです。先輩の牛たちに教えられて草を食べることができるようになる。そうして少しずつ能動性を取り戻していくのです。
放牧されている牛は自分の意志で生きている。さまざまな判断を繰り返しているのです。だから頭がよくなって当然なのです。「なるほど!」と非常によく分かる気がしました。 (さらに…)

2015.03.04

明日に向けて(1050)「テロ」と原発と食のつながりを考えよう!(6日舞鶴、8日東近江)

守田です。(20150304 12:00)

今週末に脱原発企画がひしめいています。
僕は6日午後に京都府綾部市の竹松うどん店さん、夕方に舞鶴市の西方寺ふれあい会館でお話し、7日に同じ舞鶴市で原発ゼロ京都北部集会に参加しますが、さらに8日に滋賀県東近江市でもお話します。
東近江市での集いは「でこ姉妹舎」さんが声掛けして下さいました。午前10時から東近江市の「たむたむ畑(ゆるママ)」で行います。詳しくは「でこ姉妹舎」さんにお尋ねください。(僕もたむたむ畑がどういう場か知りません。ワクワクしています)

でこ姉妹舎さんのFacebookページと、イベントページをご紹介しておきます。イベント詳細案内は末尾に貼り付けます。
https://www.facebook.com/dekosimaisha
https://www.facebook.com/events/401425040026014

さて今回のタイトルに掲げた「「テロ」と原発と食」については6日夕方の舞鶴市西方寺ふれあい会館でのお話会のお題ですが、8日の東近江市の企画でも、でこ姉妹舎さんからも中東問題と被曝問題のつながりを語って欲しいと頼まれました。
僕もまさにこの点を聞いていただきたい。そのためどんなお話をしようと思うか、あらかじめ概略を述べてみたいと思います。

「テロ」について。これは僕がお願いしてあえてテロではなく「テロ」と書かせていただいたものです。なぜって「テロ」という言葉、定義があいまいなままに、とにかく「卑劣な暴力行為」をひとくくりにする形で使われているからです。
しかし僕は中東の問題について「テロ」という言葉を使うなら、イラクの側に何の落ち度もなかったのに「大量破壊兵器を隠している」という理由で全面侵攻したイラク戦争こそが最大のテロだったと思います。イラク戦争は明確な戦争犯罪です。

パレスチナにもイスラエルによる「国家テロ」が、繰り返しかけられてきました。ガザへの軍事攻撃はその最たるものですが、今も続く経済封鎖も卑劣なテロ行為です。しかしこれらは「テロ」とは言われない。あまりに理不尽です。
IS(イスラミック・ステート)は、こうしたアメリカやイギリスが行ったイラク戦争や、パレスチナへの繰り返される暴力の中で作られたモンスターだとしかいいようがないと思います。 (さらに…)

2015.03.02

明日に向けて(1048)高原発直近の町・舞鶴で暴力と平和と未来について話し合います(3月6日)

守田です。(20150302 22:00)

福島原発事故から4年の3月11日に前後に全国で脱原発企画が行われますが、僕は3月6日午後に京都府綾部市の竹松うどん店で、夕方から舞鶴市の西方寺ふれあい会館でお話することになりました。
3月7日には原発ゼロ京都北部集会(舞鶴市)で講演し、デモにも参加します。3月8日には東近江市の「たむたむ畑」でお話します。今回は西方寺ふれあい会館での企画についてご紹介します。
まずは企画を案内してくれているFacebookのイベントページをご紹介します。

「つながる晩餐会~守田さんを囲んで、「テロ」と原発と食!のお話」
https://www.facebook.com/events/803092849784001

お題は「テロ」、原発、食ですが、総じて暴力と平和について、未来についての話になればよいなと思っています。

今回、僕を呼んで下さったのは、これまでしばしば僕を舞鶴や近辺に呼んでくださった田中ゆーじさんや添田みつこさんなど舞鶴の方たち。
これに昼間の綾部市竹松うどん店での企画をセットしてくださった今井葉波さんを含めて、若狭湾周辺でずいぶんいろいろなところでの企画をこれらの方たちと共にしてきました。
京丹後半島の伊根町や天橋立のある宮津市、舞鶴市、綾部市の他、福井県の高浜町、大飯町でも企画を持ちました。僕自身はこの他に、京都府の与謝野町、福井県の小浜市でもお話したことがあります。

いずれも原発から30キロ圏内に入るかその少し外に位置する町々。高浜町では原発から数キロのところにある内浦の公民館でお話しました。小浜市の会場も、大飯原発から直線距離で10キロ以内、しかも間は海で遮るところが何もない会場でした。
宮津も与謝野も舞鶴も単に原発から距離が近いだけではなくて海に面しています。遮るものがない。原発事故時に海側から放射能が押し寄せればほんの数分の間に、激しい汚染を被ってしまいかねない町々です。
この原発直近の地域で繰り返し話をさせていただきながら、僕はいつも私たちの国が本当に最深部から変わりつつあることを感じてくることができました。大都市圏よりも変革の波が直に感じられたのです。

例えば京丹後半島の伊根町は美しい船宿でも有名な町ですが、現在の人口は2300人。ピークだった1954年の7700人の三分の一以下になっています。
その伊根町での集会、確か50人ぐらいの方が集まってくださったと記憶しています。正確な数ではないかもしれませんがとにかく活気が溢れていました。
同時に印象的だったのは美味しい食べ物がいろいろと並べられた中での企画だったこと、溢れる活気も柔らかくて温かいものでした。いっぺんでその場が好きになってしまいました。この地域の多くの企画に似た感じがありました。

伊根町でとても印象的だったのは、近くの生産者の方たちが参加してくれていたことでした。田舎の町々から呼ばれる場合、都会から移り住んだり戻ってきた若い人たちに呼ばれることが多く、地元の生産者の方たちが参加されることはまだまだ少ないのですが、伊根では違う。
忘れられないエピソードがあります。食べ物の話をしていて、僕が鶏舎のことを批判する発言をしたときのこと、「鶏舎はにわとりにとっては監獄ですよ」と言ったら、会場からどよめきに似た含み笑いが起こった。
「まずい。鶏舎を運営している方が来られているんだ」と思ったものの後のまつり。目でどの方だろうと年配の方を探したりしました。 (さらに…)

Next »