Home > 「明日に向けて」
2017.01.14

明日に向けて(1342)被曝から命を守るために問われていること

守田です(20170114 13:00)

1月7、8日のコープ自然派脱原発ネットワークの伊方原発ツアーに参加した際に、松山センターで行われた集会での発言の起こしの3回目を載せます。
今後の脱被曝の展望について述べました。

*****

伊方原発を止めるために!被曝から命を守るために!
2016年1月8日 コープ自然派松山センターにて
4、放射能の危険性への目覚めを広げることが課題

ただ一方でしっかりと見ておかなくてはならない大きな課題があります。
反原発運動のこれほどの進展に対して、反被曝という側面はまだ十分に追いついてきていません。なぜかというと放射線被曝の害が非常に軽く語られていて、まだこの点での民衆の覚醒は十分ではないからです。
放射線の人体への影響は世界的にアメリカが作った教科書で教育されてしまっています。この教科書が元にしているのは、原爆の被爆者への被害調査です。
誰がこれを調べたのかと言えばアメリカなのです。ひどいと思いませんか?加害者が被害者を調べたのです。
こんな調査はあってはならないのです。当然加害者は被害を軽く見積もりますよね。しかもそれが核戦略の根っこにあることなのです。核戦略を維持するためにも放射線の害は非常に軽く語られてきたのです。
残念ながら多くの学者さんやお医者さんがこの教育を受けてしまっています。

ちなみにこのためお医者さんは被曝に対して甘い意識を持っている方が多くて、レントゲンなどで自らもかなりの被曝をしている場合が多いです。
僕の知り合いで、いまは被曝に対して厳しい感覚を持っている医師の中でも、若い時に内科にいてしょっちゅうプロテクトもあいまいなままレントゲンを撮ってしまい、かなりの被曝をしてしまっている方がいます。
そうするとどういうことが起こると思いますか?そのお医者さんの子どもはみんな女の子になるのだそうです。もちろん男の子が生まれることもあるのですが、そうすると「浴びたりないぞ」と言われるのだそうです。

だから放射線被曝に対する評価がとても甘く見られていて、福島原発事故のあとも、お子さんが鼻血を出して、しかもこれまで見たことのない鼻血だというのでお母さんたちが病院に駆け込み「放射能の影響では」というと次のように言われてしまうことが起こりました。
「お母さん、何をバカなことを言っているんですか。そんなことをあなたが言うから子どもさんが精神的におかしくなるんですよ」と。
それで社会の中でもお母さんたちが過剰に怖がっている。「放射脳になってしまっている」などと揶揄されたりしました。
そういうことが各地で起こっているのです。こういうことをなんとしても変えなくてはいけない。 (さらに…)

2016.11.14

明日に向けて(1318)下鴨神社の糺の森を金儲けのためのマンション建設から守りたい!

守田です。(20161114 23:30)

この場ではあまり報告できてこなかったことですが、僕はここ1年間ほど、京都市内の下鴨神社の糺の森を守る活動に参加しています。
下鴨神は世界遺産にも登録されている古来からの祈りの場であり、全体が「糺の森」に覆われているのですが、この一部が業者に「貸与」され、あろうことが樹々を伐採してのマンション建設が始められてしまっているのです。
理由は「式年遷宮」という行事の資金が足りないことだとされていますが、この地は京都の一等地。お金儲けのための森の切り売りであることは誰の目にも明らかです。

この大切な「社会的共通資本としての森」を守るべき立場にある京都市・門川市長は、マンション建設に認可を与えるなど、むしろ森の破壊に積極的に関与してきました。
京都では同じく文化遺産である二条城脇に大型バスターミナルを作るために周辺の森を伐採するなどの行為が狙われているのですが、門川市長のもと、京都市はいずれにも積極的に関与しています。
お金儲けのために、自然遺産、文化遺産を切り売りし、破壊することが京都市長のお墨付きのもとで各地で進んでいるのです。

糺の森は地域の人々によって思い思いに使われてきた場で、人々の憩いの場でもあります。
この大切な場が壊されようとしていることに対して、周辺の住民の方たちが「糺の森未来の会」などの団体を発足させ、裁判を行うなど、さまざまな形で森を守る活動を展開してきました。
最近ではユネスコ世界遺産委員会あてに森の破壊を止めることを要請する国際署名も起ち上げ、すでに1万筆以上を集めています。僕も呼びかけ人として参加させていただきました。

一昨日、その未来の会がこの森を守るための「もみじ大茶会」を開いてくださり、僕も参加して発言しました。
好天にも恵まれた素晴らしいお茶会でした。京都の自然遺産、文化遺産を守る他の活動なども次々と紹介され、みんなが、お金儲けのための大切な場の破壊に立ち向かっていることが分かりました。
もちろん穏やかな秋の日差しの醸し出す木陰で、美味しいお抹茶もいただき、阿部ひろえさんのギターの弾き語りや、親指ピアノ=カリンバの集団演奏も楽しむことができました。

大切な森をお金儲けのためのマンション建設から守りたい。
「もみじ大茶会」の場は参加したみなさんのそんな気持ちで溢れていました。
ぜひ以下の発言をお読み下さい! (さらに…)

2016.11.12

明日に向けて(1317)未来世代への倫理に逆行する原発(沖縄大会での発言より―2)

守田です。(20161112 20:00)

昨日に続いて、今回も日本環境会議沖縄大会第五分科会での僕の発言の起こしをお届けします。今回は世代間倫理の問題、地球全体主義について論じています。
今回の連載はこの2回で完結です!

*****

日本環境会議沖縄大会 第五分科会
2016年10月23日
「原発と地球人、地球環境の生存権」-2

つぎに「未来世代の生存可能性に対する責任」とはどういうことかをみていきたいと思います。これは「世代間倫理」の問題とも言われますが、これまでの話とストレートにつながっています。
実はここでは民主主義の限界も語られているのです。民主主義とは「共時的システム」と言って、今いる人の合意のシステムで当然にも未来世代はそこに入れません。
例えば結婚について憲法には「両性の完全な自由な合意に基づいて行われるべきである」と書かれています。僕もそれが正しいと思っています。
でもかつてなら「家」を存続させるとか、未来世代をいかに存続させるのかということにつながっている倫理もあったのです。そこでは祖先からの繋がりも考えられていました。

だからといってそこに戻れと言うのではないのですが、しかし私たちは民主主義に欠落しているものがあることも考えなくてはいけない。
例えば良く出てくる話で、加藤尚武さんの1991年に書かれてい本の中にも出てくるのは「化石燃料をわずか100年、200年の間に使い切ってしまって良いのか?」という問いです。
ちなみに加藤さんは「人類はこれまで5万年ぐらい続いてきたのだろう。そしてこれからも5万年ぐらいは続くのだろう。その10万年の中で今の世代だけが地球に蓄えられてきた化石燃料を使い切って良いのか。良くないはずだ」と述べています。
今もこの問いは大切ですが、しかし僕は今ではそれよりももっと問わなければならないことがあると思います。

何かと言えば使用済み核燃料のことです。核燃料によって電気がもたらせるのはわずか40年、仮に延長したとして60年です。たかだかそれぐらいの間の電気のために、高レベル放射性廃棄物を10万年から100万年も管理しなければならない。
そんなものを現代社会は使っているわけですが、こんなこと、倫理的に許されていいのでしょうか?良いわけがないです!
ところが最近、政府が使用済み核燃料の処分の方向性を「決めた」という報道がなされました。どう言っているのかというと、電力会社に400万年管理させて、その後、政府が10万年管理すると言うのです。10万年間ですよ!
朝日新聞にはこう書かれています。「地震や火山の影響を受けにくい場所で70メートルより深い地中に埋め、電力会社に300~400年間管理させる。その後は国が引きつぎ、10万年間、掘削を制限する。これで~放射性廃棄物の処分方針が出そろった。」

こんなの完全に与太話だと思いませんか?10万年間管理する。さらに記事を細かく読むと、「企業に1万年間管理させるのは現実的ではない。だから企業は400年にしてそれ以降は国が10万年管理することにした」とか書かれています。
では国が10万年管理するというのは現実的なのでしょうか。誰が考えたってそんなの現実的ではありません。
加藤さんの本を読むと1991年にはそう言われていたのかなあと思うのですが、加藤さんはここで「人類はあと5万年続くだろう」と書いておられます。
ところが日本政府はあと10万年、政府が続くと言っているのですよね。これは完全に暴言ですよ。
例えば2万年前をみてみると氷河期でもっと地表がたくさんありました。日本列島は今の形をしていません。わずか2万年前でもかなり激しく違うのです。 (さらに…)

2016.11.02

明日に向けて(1315)原発と地球人・地球環境の生存権(日本環境会議沖縄大会報告から)

守田です。(20161102 23:30)

沖縄訪問報告の続編です。今回は日本環境会議沖縄大会2日目に行われた第五分科会、「放射能公害と生存権」の中での自分の報告をご紹介したいと思います。
この分科会は、この大会にぜひとも放射能公害の問題、被曝防護の徹底化の必要性をしっかりと入れ込みたいと考えた矢ヶ崎克馬さんによって立ち上げられました。主旨に賛同したたくさんの方が集まり、盛会を実現することができました。

沖縄は高江と辺野古の基地問題で揺れ続けています。とくに7月参院選では県民の「基地はいらない」という意志が再びはっきりと示されました。
ところがこれに対して安倍政権は、本土からの機動隊を大量投入し、運動のリーダーの一人の山城さんを逮捕するなど、弾圧に継ぐ弾圧をかけてきています。これとの対決が沖縄にとって、沖縄を支援する私たちにとって喫緊の課題です。

しかし一方で、沖縄にはたくさんの方が本土から放射能被曝を避けて避難移住しています。福島原発事故によってもたらされた未曽有の放射能公害と立ち向かうことは沖縄を含むすべての私たちに問われていることです。
この点を踏まえて、矢ヶ崎さんはぜひすべての人々の生存権を脅かしている放射能公害の問題を環境会議の重要課題に上げようと考えられました。

このもとで成り立った第五分科会は、8つの報告と3つのコメントで構成されましたが、司会の上岡みやえさん、報告5番目、6番目の伊藤路子さん、久保田美奈穂さん、そしてコメントのはじめの山口泉さんは、みな福島や関東からの避難者です。
いや「避難者」という言い方は正確ではないかもしれない。政府によって無視され棄てられた「難民」という言い方が正確でしょう。
しかし難民となってただ黙っているのではありません。多くの人々に放射能公害からの脱出を促す「率先避難者」であり、政府の悪政を正そうとしている改革者として活動してこられています。

以下、第五分科会の内容を記しておきます。

コーディネーター:新城知子、矢ヶ崎克馬、吉井美知子(50音順)
司会:上岡みやえ、新城知子
(1)歴史上最悪の放射能公害と健康被害
報告1:「福島事故による放射能公害/原発・被曝に関する国際的枠組」矢ヶ崎克馬(琉球大学名誉教授)(20分)
報告2:「原発事故がもたらす健康被害)」高松勇(小児科医・医療問題研究会)(20分)
報告3:「原発と地球人・地球環境の生存権」守田敏也(フリーライター)(20分)

(2)放射能公害下の避難者・市民
報告4:「避難者の実状と生存権」黒潮武敬(20分)
報告5:「避難者体験談:福島県内から」伊藤路子(13分)
報告6:「避難者体験談:福島県以外:茨城県から」久保田美奈穂(13分)

(3)海外への原発輸出と先住民族の人権
報告7:「ベトナムの原発計画と先住民族チャム人」吉井美知子(沖縄大学教授)(20分)
報告8:「台湾離島の核廃棄物貯蔵場とタオ族の民族運動」中生勝美(桜美林大学教授)(20分)

コメント1:「放射能公害と人権意識」山口泉(作家(小説、評論))
コメント2:除本理史(日本環境会議事務局次長・大阪市立大学教授)
コメント3:吉村良一(日本環境会議代表理事:立命館大学教授)
さて、僕は矢ケ崎さんと高松医師による放射能公害によってもたらされている深刻な健康被害の報告を受ける形で「原発と地球人・地球環境の生存権」というタイトルでお話しました。
このタイトルは矢ケ崎さんから頂いたものですが、ちょうど、今、起こっている様々な問題を整理して解き明かすのにうってつけでありがたいものでした。
今日は、大会に向けてあらかじめ提出して、当日配られた冊子の中にも掲載していただいた報告要旨を掲載しておきます。
実際の当日の報告については、次回以降に文字起こしして掲載します。 (さらに…)

2016.11.01

明日に向けて(1314)沖縄から環境権の確立を!(日本環境会議沖縄大会基調講演より)‐2

守田です。(20161101 11:00)

前回に続いて日本環境会議沖縄大会における宮本憲一名誉理事長の講演のノートテーク後半をお届けします。
今回はとくに環境政策に焦点を絞ったお話がされています。
四大公害裁判以降、発達してきた人格権を広げ、沖縄から環境権を確立していこうという素晴らしい提起です。
こちらもぜひお読み下さい。

*****

「安全保障と地方自治」-2
宮本憲一(日本環境会議名誉理事長)

環境政策の復権について語っていきたいと思いますが、判決は環境政策の軽視と無知を表しています。
これまでの基地公害は人格権を無視したもので、高江のヘリパットや辺野古基地の判決は最高の法理としての人格権が沖縄で無視されていることを示しています。
さらに判決は環境権を無視しています。環境事前評価制度の意義を軽視していまして、埋立による環境破壊は不可逆的、絶対的損失であり、いったん破壊してしまったらもとに戻らないわけですから、環境経済学の中では最も重大な損害です。

ここで言いたいのは公有水面埋立法は、初めの法の制定の時とは社会的前提がまったく異なってきたと言うことなのです。
戦前は領土拡張のために埋立が認められました。その場合は漁業権とか権利の侵害だけを考えればいいとなっていたわけです。
ところが戦後に臨界工業地帯を作ったり港湾を作ったりして、日本の海岸は海洋国家であるにもかかわらずガタガタにされてしまったのですね。自然海岸は40パーセントも喪失してしまいました。
東京湾にいたっては自然海岸は10%です。大阪湾は5%しかないのです。もう海岸ではないわけです。
これは環境破壊と災害の増大を招いたので、1973年の改正で、法の規制の中心は埋立の奨励ではなく、規制に転換したのです。
いまの法律をみてもそうです。瀬戸内環境保全特別措置法をみても原則、埋立は禁止とうたわれています。そのぐらいこの時点において、埋立についての政策が変わったわけでして、私は沖縄でだけ埋立が続いているのは、本当に困ったことだと思っているのですね。 (さらに…)

Next »