Home > 「明日に向けて」
2016.12.02

明日に向けて(1330)原発事故と食の腐敗から人々を守るために(田村和久さんを新たな宇治市長へ!)

守田です。(20161202 22:30)

京都府宇治市で市長選が始まろうとしています。4日告示、11日投票です。
この選挙に向けて「21宇治市民ネット」から田村和久さんが挑戦されようとしています。日本共産党の推薦を受けてのことです。
昨日、田村さんを応援する「12・1市民大集会」が開かれ、招かれて応援弁士に立ちました。
そこでお話した内容をここにも掲載しておこうと思います。

なお「田村和久 21宇治市民ネット」のFacebookページをご紹介しておきます。
https://www.facebook.com/tamurrakazuhisa/

ぜひ田村さんにお力添え下さい!

*****

原発事故と食の腐敗から人々を守るために

みなさん。こんにちは。守田敏也です。

僕は原発に反対する運動を長く続けていますが、同時に兵庫県篠山市原子力災害対策検討委員会の委員としても活動しています。
篠山市では原発災害に備えて安定ヨウ素剤の市民への事前配布を行っています。
篠山市の方針は事故があったらこの薬を飲んで「とっとと逃げる」です。
今日、僕がここにやってきたのは、田村さんを市長におしあげて、原子力災害対策や災害対策一般を一緒に推し進めたいと思っているからです。
とくに原子力災害対策は真剣に行うと原発の危険性がとてもよく見えて、原発を監視することにもつながります。
だから僕は原発に関しては災害対策を重ねることが災害の発生そのものを押しとどめることにもつながると思っています。

ご存知のようにこの間、日本中で地震が多発しています。
4月に熊本県益城町で14日に震度7の地震が起こりました。そして16日にもう一度震動7の地震が起こりました。
エネルギー量でいうと1回目がマグニチュード6.5、2回目が7.3でした。この2回目の方がなんと16倍も大きい。
これは決定的な事実なのです。観測史上初めてのことだったからです。
これが意味するのは、現代科学はまだ地震がどのように起こるのかを十分には把握できていなということなのです。

さらに10月には鳥取県で震度6弱の大きな地震が起こりました。
この地震は断層が動いたというよりも「ひずみ集中帯」が動いたと分析されています。
私たちの住んでいる日本列島は大きなプレートに上に乗っています。
そこに太平洋側から違うプレートが徐々に押し寄せてきていて、私たちの乗っているプレートの下に潜り込んいます。
潜り込んでいくときに私たちの乗っているプレートの端が引っ張り込まれてしまう。
そこにエネルギーが溜まり、やがてバーンと跳ね返って起こるのが東南海トラフの地震だと言われています。

とくに南海地震は今後、30年の間に7割の確率で起こると言われています。地震学ではこれはもう「絶対に起きる」という言い方です。
だから私たちは災害対策を重ねなくてはなりません。
しかしこのように私たちの乗っているプレートの下に太平洋からくるプレートが潜り込む力は、単にヘリを引っ張り込むだけではなくて、日本列島全体にひずみを与えています。
そのひずみのエネルギーは日本海側に溜まっているのです。それで起こったのが鳥取県の地震です。
さらにひずみ集中帯はなんと福井県の原発銀座のそばも通っているのです。
だから今後、原発銀座周辺でもどんな地震が起こるか分からない。 (さらに…)