Home > 「明日に向けて」
2015.07.10

明日に向けて(1104)奥出雲に牛たちに会いに行きます!牧場で原発と放射能のお話もします(12日)

守田です。(20150711 0:30)

Facebookの自分のページなどで宣伝しつつ、「明日に向けて」での紹介がすっかり遅くなってしまったのですが、7月11日、12日の日程で奥出雲の成瀬さんの牧場に向かいます。理想的な放牧を行っている牧場です。
この牧場とのつながりについて昨年10月15日書いた記事から抜粋します。ある日の京都での「食」をめぐる学習会での一コマです。

***

ある時、成瀬さんがこう言いました。「放牧されている牛は頭がいいです。牛舎の牛とぜんぜん違います」。それで「どうやって分かるのですか?」と聞いたら「そりゃ、後姿が違いますもん」と笑いながら言う。「一目見れば分かります」とも。

それでもうどうしても成瀬さんの牧場に行きたくなってしまった!善は急げで急きょ、学習会の場を提供して下さっていたキッチンハリーナで参加者を集い、ワンボックスカーに分乗して奥出雲に向かいました。2013年12月のことでした。
中国自動車道を一路、西に走り、途中で北に折れて成瀬さんの牧場に到着。さっそく牛たちにご対面しました。
そうしたら遠くからみるだけで確かに風格が違うのが分かる。近寄って見ると毛並みがとても美しい。足がしっかりがっしりしている。そして何よりも、なんとも言えない落ち着き払った雰囲気がある。

牛たちはすぐには近寄ってきません。「あいつら僕がいるんで必ずそのうち寄ってきます。でもすぐに近づくと馬鹿にされると思って、様子をうかがっているんです」と成瀬さん。
確かに悠々と草を食みつづけながら、時々僕らをちらちらとみている。
そのうち近寄ってきたのはその群れの「格下」の牛でした。そののちにその場のボス牛がのっそりと近寄ってきました。

圧巻でした。本当に「一目見れば分かる」世界でした。とにかく存在感が凄い。うーんと唸り声をあげさせらてしまう。
そこに成瀬さんが他の牛舎から買い入れたばかりの牛を連れてきました。確かに顔つきがまったく違う。それよりも態度が違うのです。それを見ていて「ああそうか」と合点するものがあった。
牛舎にいる牛は人間に全面的に依存して生きています。ただ給餌されるのを待っている。だから人間を見るとおどおどしながら何かをしてくれるのではないかと思って近づいてくるのです。

ところが放牧されている牛たちは自分の判断で野山を駆け巡り、美味しい草を選んで食べている。常に頭を使い続けているのです。
牛舎の牛はふだん考える機会を奪われているから、野に放たれても最初は草を食べることすらできないのだそうです。先輩の牛たちに教えられて草を食べることができるようになる。そうして少しずつ能動性を取り戻していくのです。
放牧されている牛は自分の意志で生きている。さまざまな判断を繰り返しているのです。だから頭がよくなって当然なのです。「なるほど!」と非常によく分かる気がしました。 (さらに…)

2015.02.26

明日に向けて(1046)個性的で美味しいうどん屋さんで原子力災害対策のお話をします。(3月6日綾部市)

守田です。(20150226 22:30)

福島原発事故から丸4年を迎える3月11日前後に、全国で脱原発企画が行われます。
僕は舞鶴市で行われる「原発ゼロ京都北部集会」に参加して講演をさせていただくことになりました。
これに合わせて前日より京都北部に赴き、午後に綾部市で、夕方から舞鶴市でお話させていただきます。
以下、京都府綾部市志賀郷の竹松うどんさんでの企画をご紹介します。原子力災害対策についてのお話です。

僕も初めて呼んでいただいたところなので、どのようなお店か調べてぐっぐっと引き込まれました。
ほんの少し前まで主流的に目指された生き方だった「良い大学を出て良い会社に勤め良い稼ぎをしならが人生を送る」ことに早くから背を向けた大将、竹原友徳さんによって営まれてきたお店であることが分かったからです。

出発点は友徳さんが大学の時に香川に旅行に行って讃岐うどんにはまったこと。大学一年の夏にとにかくうどんを打ってみたいとの一心で師匠のもとに飛び込んだそうです。
その後、大学で教員免許をとられたにも関わらず、仕事としてのうどん作りを志向。まずは香川で3年修行。その後に師匠からの「はじめるなら金をかけるな。工夫をしろ」との教えのもと、まずは全国を車で放浪しながら300か所でうどんを手打ちして修行。2年間で全国すべての都道府県を周ったそうです。
その後、綾部に戻ってきて8畳ぐらいの農機具小屋を改装してうどん屋を開設。うどん店として軌道にのると、今度は自ら蔵をリフォームして今の店舗を建てられました。
このリフォームにもいろいろな工夫を凝らしたそうです。例えば土壁を作るために自ら竹を採りにいき、割き、編んだそうです。それも多くの方たちに手伝ってもらいながら作りあげた。

友徳さんは金がないからこそできることがあると言います。自分には「何はなくともまずやる気はある」と言う。また金をかけずに作ったものほど愛着が生まれ。大切にしたくなるのだと言います。しかもたくさんの人が関わればその分、愛着も分け持ってもらえる。
600世帯しかない田舎で、なおかつ観光地でもなくそのための通行者もいない。しかも値段もとても安いうどん屋さんです。それでどうやってやって店を回してきたのかというと「ちょっとわかりにくい、怪しいうどん屋」を目指すことでだったそうです。
「ちょっと苦労しながら来て、店を見つけて、うどんを食べたら美味しかった。思わず翌日、職場で話したくなる」・・・そんなうどん屋を目指したのだそうです。この発想がとても面白い。とても良いなあと思います。 (さらに…)

2014.11.14

明日に向けて(971)一番大切なのは命の源である社会的共通資本としての自然だ!原発再稼働絶対反対!!

守田です。(20141114 23:30)

川内原発再稼働について、昨日、鹿児島県伊藤知事の記者会見への批判を書きました。
その中で九州電力が、設備の根本を抜本的に変えるのでもない付け足し的な対策で、想定外の事故であるメルトダウンが起こっても格納容器を守り、福島原発事故の約2000分の1に放射能漏れを抑えると豪語していることを紹介しました。
これを原子力規制委員会が「絶対に安全だとは言わないが」などと言いつつ受けてしまい、さらに伊藤知事が追認してしまったことを明らかにしました。こんな重大な決定が、誰もが最後の責任を回避しながらまかり通ろうとしています。
福島原発事故でこれまで誰一人逮捕されておらず、東電に対して税金を使った救済ばかりが行われるのをみて、これらの人々は「責任などとらなくても良い。罰せられることもない」と学習してしまったのでしょう。しかしそのことでもっとも大事なものを私たちの国は失う危機に直面しています。

福島原発事故のとき、日本列島に住んでいる私たちは原子炉から放出されたすべての放射能を浴びずに済みました。原発から出た放射能の多くが地上に落ちずに洋上へと流れて行ったからです。
もちろん関東、東北を中心に大変な被曝が発生したし、洋上に流れたものの一部もまたハワイやアメリカを激しく汚染し、海も深刻に汚染してしまったわけですから、心からいたましく申し訳ないことであり、「幸い」などとは絶対に言えないことではあります。
しかし川内原発が事故を起こしたらどうなるでしょうか。毎年列島を訪れる台風の進路などを考えれば分かるように、鹿児島で吹き上げられた放射能はその大半が日本列島を横断していくことになります。洋上に落ちたものも、黒潮や対馬海流にのって列島を囲むように流れていきます。
川内原発事故はもっとも大量の放射能を日本列島に飛来させる可能性があるところに位置しているのです。台風だけでなく、毎年中国大陸から飛んでくる大量の黄砂を考えても分かります。そうなると私たちの国の山々や大地は福島原発事故をはるかに上回る放射能汚染を被る可能性があります。

そのとき私たちが失うのは日本列島にたくさん存在している美しい森林に支えられた自然です。現在国土にしめる森林面積は67%。世界平均約30%に対してダントツの割合ですが、福島原発事故が教えたように森林ほど汚染されたときにやっかいなものはない。
もちろん除染などできないしさまざまに濃縮が起こって汚染がより深刻化してしまいます。それがどれほどの損失になるのか、私たちは今一度、深く考え直す必要があります。
私たちの国の森林は四季の影響で常に顔色を変えていく特徴を持っています。古来よりこの列島に住んだ人々は、四季折々の美しさを多様な形で表現してきました。その一例として俳句では「山笑ふ(春)、山滴る(夏)、山粧ふ(秋)、山眠る(冬)」と詠まれてきました。
この山と森の美しさは、日本列島が南北に長く幾つかの気候帯をまたいでいることにも関係があります。日本海側と太平洋側でも著しい気候の違いがあり、木々をはじめ生物の種類を豊かにしているのです。 (さらに…)

2014.01.09

明日に向けて(782)舟屋のある町、伊根から原発を考える・・・(1月18日伊根町)

守田です。(20140109 23:00)

今年の講演を1月13日、兵庫県三木市で始めますが、続いて17日に原発銀座直近の町、舞鶴市を訪れます。さらに翌日、京丹後半島の伊根町にうかがいます。
伊根町をご存知でしょうか。丹後半島ののどかな町ですが「伊根の舟屋」の名でも有名です。伊根湾に沿って立つ家々の1階がそのまま海に面していて、舟が入れるようになっています。それが周囲5キロぐらい続いている。
湾の構造が荒波を理想的に抑えてくれることで可能になったもので、全国的にも大変、珍しいものだそうです。観光案内などご紹介しますので、まずは風景をご覧下さい。

伊根の舟屋
http://www.inewan.com/

こののどかで美しい伊根の舟屋のあるこの町、福井原発銀座のすぐそばに位置しています。
町役場が高浜原発から27.14キロ。大飯原発からは37.64キロ、もんじゅからは65.04キロです。非常に近い。
このため新たに原子力災害住民避難計画も作られています。

伊根町原子力災害住民避難計画
http://www.town.ine.kyoto.jp/pub_rela/somu/bousai/bousaikeikaku/jyuminhinan.pdf

この伊根の町で、18日にお話しすることになっているのですが、実はこれで2回目の訪問になります。 (さらに…)