Home > 「明日に向けて」
2015.07.09

明日に向けて(1103)政府と九電は火山学会の科学的提言に従い川内原発再稼働を断念すべきだ!

守田です。(20150709 07:00)

今回も川内原発再稼働問題を扱いたいと思います。

これまで原子力規制庁の新規制基準が、技術的にみて大きなあやまりを含んだ危険極まりないものであることを後藤政志さんの提言に学びつつみてきました。
これに付け加えるべきは火山学会が繰り返し「噴火の予知などできない」と大きな声を上げている点です。
なぜこれが重要なのかと言うと、一つに川内原発が日本の中でも有数の火山地帯に立地しているからです。二つにそれでも九電が安全だ主張するのは「噴火の予知がなされたら燃料棒を降ろす」としているからです。

しかし運転中の核燃料は膨大な放射能を持っており、放射能が放射線を発して違う物質に変わっていく「崩壊」の過程で出る熱量も凄いので、運転を止めてすぐに降ろすことは不可能です。
何年もの間、原子炉のすぐ横の燃料プールで冷やしてからやっと次の処理に移れるのが実情です。
そのためかなり前から噴火の予知ができないと運転中の燃料棒を安全に降ろすことなどできないわけですが、火山学会の方たちはとてもではないがそんな予知などできないと繰り返し明言しているのです。

にも関わらず、九州電力はこうした火山学会に集う科学者たちの提言を一切無視した主張を川内原発差止仮処分裁判で主張しました。
担当の裁判所である鹿児島地裁も本年4月22日に、九電の科学的裏付けなど一切ない主張をまったく無責任にも鵜呑みにし、仮処分申請の却下決定を下してしまったのでした。
しかもこの決定の中で鹿児島地裁は「可能性が十分に小さいとは言えないと考える火山学者が火山学会の多数を占めるものとまでは認められない」とまで断じています。

これに対して判決直後に、火山学会重鎮の火山噴火予知連絡会会長で東京大学の藤井敏嗣名誉教授がこの決定を全面否定する以下のようなコメントを出しています。
「カルデラ火山の破局的な噴火については、いつ発生するかは分からないものの、火山学者の多くは、間違いなく発生すると考えており、『可能性が十分に小さいとは言えないと考える火山学者が火山学会の多数を占めるものとまでは認められない』とする決定の内容は実態とは逆で、決定では破局的噴火の可能性が十分低いと認定する基準も提示されていない。
火山による影響については、今回の判断は、九州電力側の主張をそのまま受け止めた内容で、しっかりとした検討がされていないのではないか。」 (さらに…)

2015.04.23

明日に向けて(1076)川内原発再稼働容認判決は火山学会の噴火の予知などできないという常識を無視している!

守田です。(20150423 23:30)

昨日22日に鹿児島地裁は、地域に住民が川内原発再稼働差し止めを求めた仮処分申請を却下する決定を下しました。
これに対して前号で後藤政志さんの提言に学びつつ、加圧水型原発における過酷事故対策の誤りの解説を載せておきましたが、今回はこの決定の中で特筆つべき点について論じておきたいと思います。

端的に言ってそれは火山噴火に対する見積もりです。
川内原発の立地する鹿児島県は、桜島の度重なる噴火で知られる火山活動が活発な地域です。
当然にも火山活動への対応が問題になるわけですが、その場合の大きな軸は桜島などの活火山で今後、大規模な噴火がありうるのかということと、それを事前に予知できるのかということです。

鹿児島地方裁判所の下した決定の中では「可能性が十分に小さいとは言えないと考える火山学者が火山学会の多数を占めるものとまでは認められない」とされました。
しかしこれに対して判決直後に、火山学会重鎮の火山噴火予知連絡会会長で東京大学の藤井敏嗣名誉教授がこの決定を全面否定する以下のようなコメントを出しています。

「カルデラ火山の破局的な噴火については、いつ発生するかは分からないものの、火山学者の多くは、間違いなく発生すると考えており、『可能性が十分に小さいとは言えないと考える火山学者が火山学会の多数を占めるものとまでは認められない』とする決定の内容は実態とは逆で、決定では破局的噴火の可能性が十分低いと認定する基準も提示されていない。
火山による影響については、今回の判断は、九州電力側の主張をそのまま受け止めた内容で、しっかりとした検討がされていないのではないか。」 (さらに…)

2015.03.14

明日に向けて(1055)高浜原発再稼働が福井地裁に禁止される可能性濃厚!再稼働反対の声をさらに高めよう!

守田です(20150314 10:00)

本日14日と明日15日も全国で脱原発集会、企画が予定されています。
ぜひ身近なところで行われる企画にご参加いただきたいと思いますが、その際、ぜひ知っておいていただきたいのは、高浜原発をめぐって福井地裁が運転禁止処分決定を出す可能性が高まっていることです。
この報はすでに各地の集会で説明されていますが、井戸弁護士より滋賀県で原発反対を掲げる人々のMLに詳報が投稿されました。情報を拡散して欲しいとのことですので、この場にも転載させていただくことにしました。

ポイントはこの「大飯3、4号、高浜3、4号運転禁止仮処分事件」の裁判長を、昨年5月に画期的な大飯原発運転禁止の判決を出した福井地裁樋口裁判長が担っていることです。
樋口裁判長は3月末で退任されるのですが、高浜原発に関しては自身の任期内に決定を下そうと3月11日に第2回審尋で審尋を集結させました。
関西電力側の処分決定引き伸ばし戦術を一蹴してのものです。決定期日は3月26日か27日ではないかと予測されています。(5日前にまでに通知されます)

再び原発再稼働禁止が言い渡される可能性が高いです。実現すれば市民と司法の力によって、原発を止める画期的な事柄となります。
昨年の福井判決の場合、控訴されれば確定が遮断され、直ちに原発の運転を差し止める効果には至りませんが、仮処分決定は直ちに効果が発生し、高浜原発の再稼働が食い止められることになります。
こうなれば関西電力は「地元」の合意を取り付けても、再稼働ができません。

一方でこの情報を耳にして、原発再稼働容認に動いていた高浜町議会議長が、朝日新聞の取材に対し「司法の判断にまったく影響を受けないことはない」と答えたと報じられています。
この点も極めて重要です。高浜に限らず、再稼働をめぐって「地元」との新たな討論を深める余地が広がるからです。
原発立地自治体は日本の歪んだ政策の矛盾を押し付けられてきた地域です。仕事などでがんじがらめにされてもいます。そうした地域の人々と原発のない未来に向けてぜひ討論を深めていきたいです。

私たちがしっかり認識しておくべきことは、司法が原発再稼働に厳しい視点を持つようになったのは、福島原発事故そのものの影響とともに、日本中で巻き起こっている原発反対の声の高まりによるものだということです。
この力のもとにようやく司法の流れも変わりつつあります。私たちの命を守るための切実な声が司法界を揺り動かしつつあるのです。このもとで大飯原発運転禁止命令に続き、高浜原発にも運転禁止が言い渡されようとしています。
このことに踏まえて、「原発再稼働反対」の声をより高く上げましょう!民衆の力による原発ゼロ社会実現の可能性をさらに広げて行きましょう!

以下、弁護士の井戸さんが滋賀のMLに流されたメールを転載します。
末尾に、朝日新聞の報道記事も貼り付けておきます。 (さらに…)

2014.08.27

明日に向けて(922)裁判所が原発事故避難と自殺の因果関係を初めて認定!東電は全面的な謝罪を!

守田です。(20140827 23:30)

昨日、福島地方裁判所において、原発事故で避難を余儀なくされ、3か月半後の一時帰宅時に自ら火を放って亡くなられた渡邉はま子さんの死に対して、東電に4900万円の賠償を命ずる判決が出されました。
はま子さんの悲しい死は、豊田直巳さんらが製作した映画『遺言』の中でも扱われています。はま子さん自身は遺言を残されませんでしたが、映画『遺言』のタイトルには、はま子さんの無念の思いも込められているのだと思います。
裁判は遺族であるはま子さんの夫の幹夫さんと3人の息子さんたちによって東電を相手に行われてきました。裁判所は和解も勧告したそうですが、幹夫さんたちはあくまでも東電の責任を問う判決を求めて、裁判を継続してこられました。

この判決はまったくもって当然の判決です。しかしこれまで原発問題をめぐっては、司法は当然の判決をぜんぜん出してくれませでした。その流れが、大飯原発の再稼働を禁じた「大飯判決」などから変わりだしましたが、今回も福島地裁が正義の判決を出してくれました。
裁判で勝ってもはま子さんの命は戻ってはきませんが、彼女の無念の心が少しでも癒されればと思います。また幹夫さんや息子さんたち、その周りの方がの心の傷もまた癒されていって欲しいです。
そのためにも、はま子さんを死においやった東電は、絶対に控訴などすることなく、罪を認めて謝罪すべきです。東京電力に、即刻渡邉さんたちに謝り、賠償を実行するように迫る必要があります。

その際、おさえておきたいのは、この裁判の過程で東京電力が「はま子さんの自殺に関しては個体側の脆弱性が相当程度影響していると思われる」という暴言を吐いたことです。
これは二つの観点から批判されなくてはいけない。一つには、東電自らが生み出したはま子さんの絶望的な気持ちを、はま子さん当人の「弱さ」のせいにするというとんでも責任転嫁をしたことです。加害責任を被害者のせいだとしたのですから本当に悪質です。
「個体側の脆弱性」という血が凍るような文言そのものが酷い。遺族やはま子さんの友人、知人、そしてまた私たちを何度も踏みにじるような言葉です。まさに盗人猛々しいとはこのことです。

もう一つ。人は弱かったら悪いのかという問題もここには孕まれています。裁判所が認定したように、はま子さんが精神的に苦しくなっていったのは、彼女の気質ではなく、原発事故による避難生活の過酷さです。
しかし、そうでない場合、ある方が、もともと弱い人間であって、だから避難生活で苦しくなって亡くなったのだとしても、東電は全面的に責められなければならないのです。弱い人間だから死んだのだ・・・などという発想は、全面的に間違っています。
はま子さんに対しては不当な言いがかりですが、そもそも社会には強い人間もいれば弱い人間がいるのです。というより弱さとは強さの対極であり、双方がいるのが当然なのであって、だからこそ社会は、弱い人間をこそより守って当然なのです。 (さらに…)

2013.05.21

明日に向けて(680)橋下氏に謝罪と辞任を求める抗議文に賛同を!!

守田です。(20130521 15:00)

橋下維新の会共同代表の性暴力発言に関する続報です。ご存知のように、橋下氏は今もなお居直り発言を繰り返しています。いつも都合が悪くなると、自分の言葉を言い換え、主張をずらして言い逃れを図るのがこの方の常套手段ですが、今、執拗に繰り返しているのが、「慰安婦制度は日本だけがやったことではない」という主張です。
警戒すべきこととして、もともと安倍政権による「慰安所」への「強制性の否定」を強く支持してきた読売新聞、産経新聞が、同調を開始しています。こういう言い換えは率直に言ってとても「卑怯」で「卑劣」です。男性全体をどんどんみすぼらしく見せているようでうんざりします。性暴力の加害者によくある開き直りで、それを会社をあげて読売新聞と産経新聞が支援しはじめています。

これに対し、ちょうど来日中の、韓国の被害女性のおばあさん(ハルモニ)たちが、各地で証言を行いつつ、真っ向から橋下氏を批判し、5月24日に直接会って、抗議を行おうとしています。来られているのは金福童(キム・ポクトン)ハルモニ(88歳)と吉元玉(キル・ウォノク)ハルモニ(84歳)です。
彼女たちの行動を東京新聞と毎日新聞が報じていますので、ぜひご覧ください。

「自分の娘を送れるか」 元慰安婦 橋下氏に面会へ
東京新聞 2013年5月19日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013051902000107.html

橋下・日本維新の会共同代表:慰安婦発言 元慰安婦女性、橋下氏を批判 24日に面会予定
毎日新聞 2013年05月19日
http://mainichi.jp/select/news/20130519ddm041010063000c.html (さらに…)

Next »