Home > 「明日に向けて」
2015.10.20

明日に向けて(1170)アメリカは病院爆撃への調査に同意すべきだ(署名への協力を)

守田です。(20151020 17:00)

アフガニスタンにおける国境なき医師団(MSF)の病院に対してのアメリカ軍の空襲問題の続報です。
今回、アメリカが行った攻撃はいわゆる「誤爆」ではなく意図的なものであった可能性が非常に強くあります。
医療施設や医療従事者への攻撃はジュネーブ諸条約で禁止されています。また国境なき医師団も、誤爆などを避けるために、米軍にもアフガン政府にも病院の位置情報を正確に通知してきました。
にもかかわらず今回の攻撃は極めて正確になされました。しかも攻撃開始直後に、国境なき医師団が米軍とアフガン政府に病院が襲撃されていることを伝えたにも関わらず、その後も数度にわたって正確な攻撃が続けられたのです。

すでに明らかなる戦争犯罪と言えますが、大事なのはそのことをアメリカに認めさせることです。
そのためには加害者であるアメリカやアフガン政府ではなく、独立した第三者機関による調査が必要ですが、今のところそれが可能なのはスイス・ベルンの国際事実調査委員会(IHFFC)です。
同組織はこれまで稼働実績がないのですが、しかし今回は米国とアフガニスタンが同意すれば調査を開始すると発表しています。
そのため国境なき医師団日本支部が以下のように、アメリカに調査への同意を求める署名運動を始めました。まずはぜひこれにご協力ください。同時に拡散をしてください。

「オバマ大統領が病院爆撃の調査へ同意するように、協力してください! 国境なき医師団」
https://www.change.org/p/%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%9E%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E3%81%8C%E7%97%85%E9%99%A2%E7%88%86%E6%92%83%E3%81%AE%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%81%B8%E5%90%8C%E6%84%8F%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB-

%E5%8D%94%E5%8A%9B%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84-%E5%9B%BD%E5%A2%83%E3%81%AA%E3%81%8D%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E5%9B%A3?

recruiter=50897116&utm_source=share_petition&utm_medium=facebook&utm_campaign=autopublish&utm_term=des-md-share_petition-reason_msg&fb_ref=Default (さらに…)

2015.10.05

明日に向けて(1163)米軍が「国境なき医師団」を空襲。22名を殺害、重軽傷者多数

守田です。(20151005 11:00)

アメリカ軍と連合国軍がアフガニスタンで「国境なき医師団(MSF)」の外傷センターを空襲し、スタッフと入院患者ら多数を殺傷しました。10月3日のことです。
現時点でMSFスタッフ12名と患者10名の死亡が発表されています。今後さらに死傷者数が増える可能性があります。

MSFはこの爆撃に対して「重大な国際人道法違反である」と厳しく弾劾する声明を発しています。
にもかかわらず責任を負っているアメリカ政府と軍はいまだ謝罪すら行わず「弔意」を示しているのみです。(一部で謝罪が行われたという報道がありましたが、後に「弔意」に訂正されています)
アメリカ軍は今のところ自らの犯罪を認めずに「悲劇的事態」と言い換えています。

問題の地域では9月28日よりタリバンとアフガニスタン政府軍の激しい戦闘が起こっており、これにアメリカ軍が介入する形での空襲が行われました。
これに対してMSFはこの紛争の最中でわけ隔てのない医療行為を行い、わずか数日間の間に394人の負傷者を治療してきました。わずか2日間で90件の手術を行ったそうです。文字通り不眠不休で命を救っていたのです。
もちろんMSFはこれまで外傷センターの位置のGPSデータを米軍にもアフガン軍にも繰り返し伝え、自らの安全を守る最大限の努力も行ってきました。空襲された時もただちにアメリカに襲われているのが病院であることを告げましたが、米側は無視。さらに攻撃が断続的に行なわれたそうです。

これは大変な犯罪です。
すでにザイド・フセイン国連人権高等弁務官が「犯罪の可能性すらある」と同日に声明を出し、これに続いて国連事務総長からも強い非難声明が出されました。
国営ラジオ・フランス・アンフォも10月3日の午後の報道で「空爆は誤爆ではなく襲撃であり、戦争犯罪の可能性が指摘されだしている」と述べています。フランスの国営ラジオでの報道のニュースソースは以下の通りです。 (さらに…)

2015.08.06

明日に向けて(1120)広島・長崎への原爆投下は戦争犯罪!アメリカは謝罪すべきだ!

守田です。(20150806 22:30)

本日2015年8月6日、私たちは被爆70年の日を迎えました。
原爆で亡くなられたすべての方の魂に対して心から哀悼の意を述べたいと思います。また被爆によって苦しみ続けた来たすべてのみなさんに心からのお見舞いを述べたいと思います。

70年前の今朝8時15分、アメリカは広島市に原爆を投下し一瞬のうちにたくさんの人々を熱戦、放射線、爆風によって殺害しました。
被害は長期におよびその年の暮れまでに14万人が殺害され、以降、原爆の被害によって本当にたくさんの人々が次々と殺されてきました。殺されずとも病を被った人、心身の傷を被った人は数え切れません。
中には被ばくの事実を認められずに来た人、そのまま亡くなった人、またそもそも被ばくに気付かないままに苦しみ続けて亡くなった人、今なお、苦しんでいる人もいます。
この被爆70年の日に、私たちはあらためて広島・長崎への原爆投下は戦争犯罪であること、アメリカは全面的に謝罪すべきであることを声を大にして訴えましょう!

もちろん戦争犯罪は広島・長崎への原爆投下にとどまりません。東京大空襲をはじめ200以上の都市に対して行われた無差別空襲もすべて戦争犯罪です。
沖縄への空襲と艦砲射撃、その後の上陸作戦による第殺りくも、軍隊を民間人を分けずに攻撃したことによって明白な戦争犯罪です。
およそアメリカは日米戦争の末期、1945年に戦争犯罪を重ねつづけたのであり、そのすべてを謝罪し、真摯に反省すべきです。
私たちもまた真の隣人として、アメリカという国が犯した人道的な罪を告発し、謝らせるためのあらゆる努力を傾けるべきです。

最も大事なことは、この民間人の大量虐殺、しかも長期に影響がおよび、次世代にすら影響のおよぶ可能性のある放射線を使い、人々を長期にわたって痛め続け、殺し続けた罪を捉え返さないことで、アメリカが悪くなり続けてきたことです。
まずアメリカ軍は戦争直後に核実験を頻繁に行い、広島・長崎をはるかに凌駕する放射能を撒きちらし、南太平洋の島々の人々を中心に、世界中にヒバクシャを拡大させてしまいました。
さらに朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、アフガン戦争、イラク戦争などで、核兵器以外の最新鋭兵器をふんだんに使い、無差別爆撃を繰り返し、世界中で虐殺を繰り返しました。猛毒のダイオキシンを撒いたり劣化ウラン弾も使いました。
この殺りくの連鎖は、第二次世界大戦におけるアメリカの戦争犯罪が裁かれず、アメリカ民衆が反省の時を持てなかったことによってこそ拡大してきました。だからこそ今、広島・長崎に戻ってアメリカの戦争犯罪を止める必要があります。

広島・長崎原爆のことに戻りましょう。そもそもアメリカ軍はなぜ2つの原爆を投下したのでしょうか。
理由は2つのタイプの原爆を作ったからでした。広島に落としたのは濃縮ウランによって作った原爆、長崎に落としたのはプルトニウムによって作った原爆でした。
はじめて原爆を作ったアメリカは、ウランの濃縮によって作った方が効率が良いのか、ウランからプルトニウムを生成して作った方が効率が良いのか、どちらか判断できずに2つの計画を同時並行で走らせました。
その結果、2つのタイプが完成したためにどうしても2つ落としたかったのでした。そして投下の結果として原爆製造はプルトニウム型に絞られることとなりました。その意味で2回投下したのは新型兵器のための性能比較テストをするためでした。 (さらに…)

2015.05.22

明日に向けて(1087)戦争への流れを「愛の心」で止めよう!

守田です。(20150522 23:30)

このところ、連日、連夜、講演やその打ち合わせ、あるいは戦争に反対し、原発再稼働に反対する運動関連の相談、調査、取材などなどで飛び回っています。
なかなか「明日に向けて」を書く時間がとれず、記事が配信できずに申し訳なく思いますが、なんとか頑張って、明日に向けての課題を論じ続けていきたいと思います。

この間の最大のトピックスとしてみなさんにお伝えしたいのは、戦争の流れに対して、子どもを持つ若い女性たちと中心とした新たなムーブメントがじわりじわりと動き出している場面に立ち会ってきたことです。
これは5月18日月曜日の午前10時からの滋賀県甲賀市水口でのお話会へのお招きを受け、集まった方たちとやり取りをしている中で確信を深めたことです。
この日、集まってくださったのは26人の女性。その多くが小さな子どもを連れていました。乳飲み子から小学校低学年ぐらいまでだったでしょうか。もちろん子どものいない女性たちもいたのだと思います。

講演会のタイトルは「戦争と政治」。あらかじめ集まってきた質問の多くが「どうしたら戦争を止められるのか」「母として子どもを戦場に送らないためにできることは何か」などでした。
「どうしたら戦争を進める自民党の議員を落とせるのか」「政治の仕組みが分からないからどこへどうアクションしたらいいか分からない。教えて欲しい」などもありました。
それぞれへの答えは後にゆずるとして、ともあれ参加者が集まってくるや否や、すごい情熱が伝わってきました。僕も懸命に応えようとしましたが、珍しく?時間をまったく間違えて暴走。1時間半のところ2時間半も話してしまいました。

かなり長くて申し訳なかったのですが、みなさん、前のめりになって聞いてくださり、まったく集中力が途切れませんでした。
話しを終えた後に質疑応答を行って、会を一応締めくくったのちも、そのまま車座になってたくさんの女性たちが会場に残り、1時間ぐらいさらに話を重ねました。そののちにスタッフの方たちとお話して、会場を後にしたのは3時半だったでしょうか。
なんとも素敵な場でした。こう言ってはなんですが、かなり喋らせられてしまったというか、僕の内側にあるものを引き出された気がしました。もちろんとても心地の良い時間でした。

「ああ、この感じは何かに似ている」と思って脳裏に蘇ってきたのが、福島原発事故以降、1カ月ぐらい経ってから爆発的に増えだした若い女性たちを中心とした内部被曝に関する学習会でした。
あのとき、福島や関東から避難してきた女性たちを交えつつ、たくさんの若い女性たちが起ちあがり、何かのアクションを担いながら、連続的に学習会を行っていきました。
僕はそこに連続的に呼んでいただけたのですが、その多くが平日の午前10時からでした。会場の中に小さな子どもたちがたくさん入っていました。常時、泣き声が響き渡る中での学習会でした。

「この子を被曝させてなるものか」「どの子たちも絶対に被曝させない」・・・。会場に溢れていたのはそんな女性たちの必死の思いでした。
もちろんそれに共感し、子どもを守ろうと起ちあがった同世代の男性たちもたくさん参加していました。その誰もが自分でもどんどん学習を進めており、その中でさらに確かなことを知ろうとして僕の話を聞きに来てくれていました。
会場はなんとも言えない緊張感に溢れていたけれども、しかし僕はいつでも奥底に流れる感動的な温かさを感じていました。その場が命を慈しみ、育もうとする人間的愛に埋め尽くされていたからでした。僕自身、この力に強く動かされました。

今、それと同じようなムーブメントが本当に力強く起き出していることを僕は感じています。 (さらに…)

2015.03.11

明日に向けて(1053)今こそ東京大空襲を問う-アメリカは戦争犯罪を謝罪すべきだ(下)

守田です。(20150311 12:30)

東京大空襲の問い直しの続きです。
なお東日本大震災からまる4年を経過した3月11日を迎えた感慨については稿をあらためて論じさせていただきます・・・。

空襲指揮官を賞賛した戦後ニッポン

東京大空襲という全くもって非人道的な都市空襲を考案し、指揮したのはアメリカ空軍のカーチス・ルメイ少将でした。戦闘機パイロットから爆撃機に移り、やがて爆撃部隊の指揮官となった人物でした。
第二次世界大戦へのアメリカの参戦とともにイギリスに渡り、ドイツへの戦略空襲を指揮。多数のB17を使ったハンブルグ空襲で6万人とも10万人ともいわれる死者を出した爆撃を実行しました。
対日戦参戦以降は、日本の諸都市空襲の指揮をとり、広島、長崎への原爆投下にも関与しました。

ルメイは日本の防空体制の研究から、超低空での本土進入を考案し、アメリカ空軍が行っていた軍事基地や工場などを対象とした高高度からの「精密爆撃」方法を一新して、住宅地への無差別徹底攻撃を編み出し、実行に移したのでした。
自伝の中で彼は本土空襲を次のように肯定しています。「私は、日本の民間人を殺したのではない。日本の軍需工場を破壊していたのだ。日本の都市の家屋は、すべてこれ軍需工場だった。
スズキ家がボルトを作れば、隣のコンドウ家はナットをつくり、向かいのタナカ家はワッシャをつくっていたという具合に。・・・これをやっつけてなにが悪いことがあろう。」

彼は爆弾投下を指揮した地域には、民間人はいなかったと豪語したのでした。日本の諸都市には民間人は皆無だった、だから爆撃したのだ。何が悪いんだと。
その後もルメイは米空軍に居残り続け、朝鮮戦争を経て61年には参謀総長に就任し、キューバ危機に際してはケネディ大統領にキューバ空襲を強く進言しました。
アメリカ軍はソ連がまだキューバに核ミサイルを搬入していない、先に叩けば反撃も受けないと判断していたのですが、実際にはすでに多数の核ミサイルが設置済みであり、ルメイの進言をケネディが採用すれば核戦争になった可能性がありました。

その後、ルメイはベトナム戦争に参戦。B29を「黒い殺人機」と呼ばれたB52にかえて北爆を指揮しました。
この時彼は「ベトナムを石器時代に引き戻してやる」という言葉を残しています。ジェノサイドといわれたベトナムへの猛爆は、日本本土大空襲の経験の蓄積のもと、同じ司令官によって行なわれたのでした。
ルメイは1965年、北爆の最中に引退しましたが、式典ではなぜかアメリカ軍の軍楽隊が「君が代」を演奏しています。

そのルメイに対して、なんと日本政府(佐藤首相)は、1964年7月に「勲一等旭日大綬章」を授けています。「日本国天皇裕仁」の名の下にです。理由は「航空自衛隊の育成に功労があった」からだそうです。
何十万の国民を無差別に殺戮した残虐きわまる戦闘を指揮したルメイに、何の批判も行なわないばかりか、感謝の大勲章を与えたのが私たちの国なのです。「自虐的」という言葉は、使うことがあるとすれば、こういう卑屈な態度に対してなのではないでしょうか。

実はこの時、昭和天皇は勲章授与を一度は拒否したそうです。戦中に日本が「鬼畜ルメイ」「皆殺しのルメイ」と呼んだ相手だっだからです。嫌がる昭和天皇を説得したのが自民党の小泉純也防衛庁長官でした。後の小泉純一郎首相の父親です。 (さらに…)