Home > 「明日に向けて」
2016.12.01

明日に向けて(1329)三田医師の語る被曝影響・・・この調査を広げて下さい(下澤レポート下)

守田です(20161201 11:00)

前回の続きです。
再びIWJの動画アドレスをご紹介しておきます。

被爆二世の健康実態調査報告と原発事故被災者の健康を考える学習講演会 福島の被曝、そして広島・長崎の被爆の重ね合わさるもの
三田茂医師、守田敏也氏 2016.11.27
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/347977

下澤さんのレポートの後半です。

*****

三田医師の語る被曝影響・・・この調査を広げて下さい!
~「福島の被曝、そして広島・長崎の被爆の重ね合わさるもの」に参加して~
2016年11月28日 下澤陽子

〇時間の経過による放射能影響の推移について
(三田先生の考えるところ)

放射能の量は広島長崎の約1000倍。
事故直後の 3月15日 (爆発後のプルーム) 3月21(雨)。
事故の数ヶ月後、小平でもリンパの腫れ、皮膚のただれ、皮下出血、咳が止まらない、鼻血、血尿、骨折など、みられ、それらは一気に来るのではなく波があった。これらの影響はだんだん減衰していく。
物を燃やすことによる、また事故が収束していない原発から降り注いでくるものはありそれらは積み重なっていく。
事故後5年くらいが経過し、様々な名前のついた疾患が増え出し、それはずっと続く。
そして、事故から20年~第二世代の子供たちの多くが健康に何らかの問題があり、様々な疾患を抱える状態に。
先生の作られた簡単なグラフを見ました。この第二世代への影響は、事故の後すぐと比較すると、はるかはるかの高いところにありました。

〇人間は十人十色。
被曝の症状は多岐にわたり(広島・長崎2世3世の方々が訴えていることとかさなることも多い)、その影響も受けやすい人と、受けにくい強い人とがいる。
広島長崎の原爆の投下後、放射能に弱い人に至っては、初めの5年で既に亡くなってしまっている。いま、とられている統計は、そこを生き残った放射能に強い人たちのものであり、2世3世の方々はその強い遺伝子を受け継いだ方々と考えられる。
しかし、チェルノブイリ後の第2世代についてはほぼ全員が何らかの被曝影響を受けている。(集中が続かず授業時間を短縮。体育の授業が普通にできない、様々な疾患など) (さらに…)

2016.11.30

明日に向けて(1328)被曝からみんなの命を守るため三田医師に耳を傾けて下さい!(下澤レポート上)

守田です(20161130 23:30)

11月27日に京都「被爆2世3世の会」で「福島の被曝、そして広島・長崎の被爆の重ね合わさるもの」という企画を行いました。
東京の小平市で子どもたちを中心に3000人の人々の血液検査を行い、東京で表れている被曝影響をつかんで可能な治療を重ね、やがて自らも岡山に避難移住した三田茂医師をお招きして講演していただき、その後に僕が対談させていただきました。
大きなポイントだったのは、僕も参加している京都「被爆2世3世の会」で行った「被爆2世健康調査」を事前に三田さんに見ていただいて、重なり合うものについて語っていただいたことです。
これをIWJの萩崎茂さんが丁寧に撮影してくださり、中継するとともにアーカイブをアップしてくださいましたので以下にご紹介しておきます。

被爆二世の健康実態調査報告と原発事故被災者の健康を考える学習講演会 福島の被曝、そして広島・長崎の被爆の重ね合わさるもの
三田茂医師、守田敏也氏 2016.11.27
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/347977

大変、刺激的な内容で、すぐにもみなさんにお伝えしなければと思っていますし、今後、僕も三田さんのつかまれていることを積極的にあちこちに広めていこうと思っています。
今日の表題にも書いたように、被曝からみんなの命を守るために、三田医師の言葉に耳を傾けて欲しいです。

さてそのために報告を書かねばと思っていたら、この日の参加者の方が素晴らしいレポートをFacebookにアップしてくださいました。
書いて下さったのは下澤陽子さんです。東京から関西へと避難移住された方で、岡山の三田医院にも訪れ、娘さん、息子さんの治療を受けてこられました。
下澤さんのレポートが素晴らしいのは、一つにかなり的確に三田さんの話された内容をつかんでまとめられていることです。
同時にご自身の体験と思いが重ねられており、レポートの域を超えた感動的な感想文になっています。

ここまで下澤さんの理解が進んだのは何より下澤さんが被曝当事者であること。
そしてまた、三田さんと出会うまでは医師のもとに駆けこんでもまったく相手にされずに苦しみ、もがき、そんな中で移住を決行されてきたということ、こうした体験を逞しく超えてこられたからだと僕には思えます。
下澤さん自身が、お子さんたちとご自身の命を守るために大奮闘されてきたがゆえに、素晴らしい理解力で三田さんのお話の核心をつかまれたのでしょう。

そこで今回は、下澤さんにご了解いただいて、この内容を転載させていただき、みなさんにご紹介することにしました。
ぜひお読み下さい。その上で、萩崎さんが撮って下さった動画もご覧になって欲しいと思います。
有料になってからでも一定の額を払えばご覧になることができます。
これを機会にこうした活動を続けているIWJを支えるためにも、お金を払っても観ていただけたら嬉しいです。

三田茂さんと下澤陽子さんに感謝を捧げつつ、以下、下澤さんのレポートをご紹介します。(なおタイトルは文章の僕がつけました。長いので2回に分けます。) (さらに…)

2016.11.29

明日に向けて(1327)放射能について、食について、福島についてお話します!

守田です(20161129 07:00)

講演等のスケジュールをお知らせします。
今週はコープ自然派の兵庫、大阪、京都のお招きでそれぞれ神戸市、大阪市天満橋、京都市南区でお話します。
この他、宇治市の市長選挙の応援演説にも立ちます。
日曜日は龍谷大学深草キャンパスで福島大学の荒木田さんをお招きしての企画にコーディネーターとして参加します。

以下、企画情報です。

*****

11月29日兵庫県神戸市

子どもたちを”内部被ばく”から守るために
https://www.facebook.com/events/1123205604465105/

私たちの知りたい情報がわかりやすいと好評の守田さんの講演会。最終日では、これからずっと続くであろう内部被ばくのことを学びます。
汚染された食べものを食べると、体の中で被ばくします。子どもは大人の何倍も影響を受けてしまいます。食べものの選択ポイントを知り、子どもたちの体を守りましょう。
コープ自然派の放射能基準や取り組み、放射能パンフレットの説明もいたします。 (さらに…)

2016.11.23

明日に向けて(1325)週末はカノンをみて対談を聞いて三田医師の話とまた対談を聞いてホテヴィラに集まって下さい!

守田です(20161123 23:30)

この土日の企画のお知らせです。京都市内ばかりで恐縮ですが、ぜひ近県の方にもきていただきたいです。
26日土曜日は映画『小さき声のカノン』上演会in京都があります。日本キリスト教団伏見教会にてです。
京都市でおもに福島県飯舘村の方を対象に行ってきた「おこしやすキャンプ」実行委員の中澤さん、木口さんと守田で対談も行います。
なお映画上映は27日日曜日も行います。見逃している方はこの機会にぜひぜひご覧ください!

27日は二つの企画があります。
一つは僕も参加している京都「被爆2世3世の会」の企画。
「福島の被曝、そして広島・長崎の被爆の重ね合わさるもの」です。
午後1時30分~4時30分
ラボール京都4階第8会議室で開催です。阪急電車西院駅から歩いて5分強です。

京都「被爆2世3世の会」はこの間、被爆2世の健康調査を行ってきました。そこで見えてきたものと、福島の被曝の間に重なるものがあるのではないか?
この推論のもと、私たちは東京の小平市で3000人の子どもたちの被曝影響を診てこられて、自らも岡山に避難された三田茂医師にこの健康調査を読んでいただきました。
その上で三田医師が東京での医療実践からつかんできたものと、健康調査を読んで感じたものをお話いただきます。その後に三田さんと守田の対談で内容を深めていきます。
さまざまな意味でチャレンジングな企画で、僕としても思い入れが深いです。ぜひ多くのみなさん、とくに医療関係者の方々に来ていただきたいです。 (さらに…)

2016.11.20

明日に向けて(1322)内部被ばくを無視したICRPと政府は被ばく被害を過小評価している(東京シンポ発言より)下

守田です(20161120 07:00)

10月29日に東京で「放射線被曝に備えるシンポジウム」に参加したときの発言の起こしの続きです。
今回は内部被ばくを無視したICRPの線量評価の誤りとそれに依拠して、「広島・長崎でも20ミリシーベルト以下には被爆者はいないのだから福島の人々は帰れ」と考えている日本政府の誤りを指摘しました。

なお企画の全体は以下から動画で観ることができます。

放射線被ばくに備えよう~東京電力福島第一原子力発電所の事故から学ぶ~
https://m.youtube.com/watch?v=h9Kfgyr4H3U

*****

「人々を被ばくから守るために私たちに何が問われているのか」
2016年10月29日 守田敏也

政府はこのこと(注:福島だけでなく多くの地域が年間1ミリシーベルトを上回っており本来政府の責任で人々を避難させなければならない地域であること)を知っていてるがゆえに「緊急事態宣言」を解除しないわけですが、この事態を前に国連の人権理事

会のアーナンド・グローバーさんが日本に来られて「健康である権利」が侵害されていると指摘してくださいました。
彼は「科学的な証拠に基づき、年間1ミリシーベルト未満に抑えるべきだ」「健康を享受する権利を守るという考え方からは、年間1ミリシーベルト以上の被ばくは許されない」と語りました。
さらに南相馬市では530人の方がこの問題で提訴されています。年間20ミリシーベルト以下のところに帰らさせるのはあまりにもひどいということでです。
東京新聞に記事が載りましたが、この中で「南相馬・避難勧奨地域の会」の末永伊津夫会長が次のように語られています。

「東京五輪に間に合わせたいのか、政府は避難区域の解除に躍起になっている。その基準とされるのが年 間20ミリシーベルトですが、無理があるのは明らかです。
もしもこれが既成事実となったら、将来、世界のどこで原発事故が起きても20ミリシーベルトまでは大丈夫となる。こんなむちゃを黙認するわけにはいかないのですよ」。

僕はこの方は世界の方のことまで見ていて、このような発言をされているので素晴らしいと思います。

実は福島県で原発問題をめぐる国際シンポジウムがあって、原子力推進派の科学者が世界から集まってきたことがあったそうです。
そのときに、おしどりマコさんと言う方が、ずっとある科学者の横に張り付いて、「本当のところ何が課題なのか教えて下さい」と食い下がったそうです。
そうしたら「これまでは『原発は安全なのだ』と言ってやってきたが福島でそれが崩れた。これからはそうではなくて『放射線被曝は対して怖くないんだ。少しぐらい放射能が出たって問題ないんだ』と言ってやっていかないと世界の原発が運用できない。だから福島の人々が放射線被ばくを受容することが必要なのだ」とおっしゃったそうです。

こんなことを許さないために、僕は日本でも「チェルノブイリ法」を作らなくてはいけないと思います。(注:この点について1時間34分50秒ぐらいから出している東日本被ばくマップとチェルノブイリ法の避難基準をご参照ください)
この法律はロシア、ベラルーシ、ウクライナで現在も通用している法律ですが、避難基準がまったく違うのです。基本的には年間1ミリシーベルト以上の地域全体に何らかの対策が建てられなければならないことになっています。
例えばセシウム137により汚染を基準として一平米あたり37000から185000㏃までの地域は「特恵的社会経済ステータス付居住地域」とされています。徹底的なモニタリングがされるとともに、住民に年間一月もの保養にいく権利などが付与されています。
この値を文科省が出したセシウム汚染マップに重ね合わせてみると、福島県だけでなく栃木県や群馬県など、ものすごく広い地域がここに分類されることが分かります。 (さらに…)

Next »