Home > 「明日に向けて」
2013.07.20

明日に向けて(711)祝島を訪れて・・・3

守田です。(20130720 16:00)

祝島訪問記の3回目です。今回は原発建設を食い止めるためにこの海域で行われてきた祝島と上関の人々の奮闘をご紹介します。当時の様子を記録した映像もネットからひろって貼り付けました・・・。

長島の四代沖で入会をめぐる攻防についての説明を高島美登里さんから受けた後、船はまた進みだしました。遠くに祝島が見え始めました。祝島はちょうど長島の田ノ浦と向かい合う関係にあり、室津からは目にすることができません。ようやく目にした祝島に心が踊りました。
船はまずは田ノ浦沖へと向かいました。走る船の中で、美登里さんが予定されている上関原発についての解説をしてくださいました。この原発は原子炉建屋と放水口、取水口が遠く離れていることに特徴があります。なぜそうなっているのかというと、反対派の土地が各地に点在して建設を阻んでいるからです。
このため仮に原発が完成した場合、放水と取水を結ぶ巨大な長いパイプが必要になります。これらのパイプは中に海水が取り込まれますからフジツボなどが付着し、除去するための不断のメンテナンスが必要になりますが、これほど長いと費用は甚大なものになってしまいます。危険なだけではなくあまりにも効率の悪いプラントなのです。
しかも塩素処理水が大量に使われ、これらが取り払われたフジツボとともに排水口から流れ出てくるため、海の汚染が、他の原発よりもさらに激しくなります。中電はそんなことはお構いなしにただひたすら建設を強行しようとしてきたのでした。

田ノ浦に近づくと遠目から黄色いブイが見えてきました。中電が工事地域を示すために2009年に投じたものだそうです。しかし9基あったものの過半が今は流されて消えてしまっている状態だとか。
この今は数基のブイしか見えないこの海域を中心に、これまで工事を強行しようと大きな台船をしたてて攻めてきた中電に対し、美しい海を守ろうとする祝島や上関の人々、全国からかけつけた支援者の懸命な抵抗が繰り返されてきました。
海上の攻防が始まったのは2005年のボーリング調査から。2009年9月には中電が先ほど書いたブイを投じようとしたことに対し、ブイの持ち込まれた平生町の田名埠頭の海と陸に人々が結集。陸上での座り込みとともに祝島から来た何艘もの漁船がピケットをはり、ブイの搬出を食い止め続けました。
海の上には若者たちの乗るカヤックも登場。やがて「虹のカヤック隊」と名乗るようになり、祝島からの漁船とともに、工事用の大きな台船と対峙しました。 (さらに…)

2013.07.19

明日に向けて(710)祝島を訪れて・・・2

守田です。(20130719 08:00)

祝島訪問記の2回目です。

昨日述べたように、上関の海は長い歴史の中で受け継がれてきた人々の共有財産としてあります。まさに素晴らしい社会的共通資本としての海です。その海を守ろうと、長島の人々が努力を傾けてきたのですが、その中でまさに「社会的共通資本」の理念そのままに行われた闘いの話を美登里さんがしてくれました。それは四代(しだい)の入会=共有地を守る闘いです。
というのはまさに放水路をはじめ原発の主要施設が作られようとしている地域に四代の共有地があり、中電が取得しようとし、入会の役員たちの合意だけで売却契約を結んでしまいました。四代の戸数は約100戸でしたが、これに対し4軒の家が原発反対を掲げて売却に反対。売却は不当さと主張して裁判を起こしました。
裁判で主な論点になったのは日本の多くの入会=共有地に古くからある「総有」という考え方です。共有地はまさにそこの人々全体によって所有され、維持されている。だから全員の総意がなければ、売買したり、勝手な土地利用をすることはできないという考え方です。原発に反対する人々は古くから受け継がれてきたこの考えをもとに入会を守ろうとしました。

一方で放水路と原子炉建家の予定地には神社が管理する入会地(八幡山)もありました。この入会に関しては、神社の宮司である林春彦さんが売却手続きを拒否しました。このとき林さんは『現代農業』に寄稿して、次のように述べたそうです。
「自然環境が著しく破壊され、人類の生存すら危ぶまれる状況のなかにあって、神社界もまた鎮守の森や神社地を護り、公害から地域住民を守ることが、喫緊の課題とされている」(岩波新書『原発をつくらせない人びと』より孫引き)
これに対して政府と中国電力は、入会権を壊そうと裁判で反証を行い、さらに林宮司の人々の命のための抵抗に対して、宮司からの解任という形での「攻撃」をしかけてきました。押し寄せる巨大な圧力に翻弄されつつ、しかし上関内外の人々は、固く協力し合って、抵抗を続けていきました。 (さらに…)

2013.07.18

明日に向けて(709)祝島を訪れて・・・1

守田です。(20130718 17:00)

すでにお知らせしたように、7月14、15日の二日間で、山口県上関町の祝島を訪問してきました。ここで見てきたことをご報告したいと思いますが、いつものように?たくさんのことを頭に詰め込んで来てしまったので、数回に分けて論述したいと思います。
前日が山陰の三次市での講演だったため、朝6時41分三次駅発のJR鈍行に乗ってまずは広島市を目指し、新幹線に乗り換えて山口県の徳山へ。さらに山陽本線鈍行で柳井駅へと向かいました。ここまでの所要時間3時間20分。
続いて上関町の先にある室津港に向かうバスに乗る予定だったのですが、時刻表がネットで検索したものとは大きく変わっていてバスがなかなか来ないことを知り、やむを得ずタクシーに乗って港に向かいました。
ここで京都から先に来ていた友人たち5人と合流。友人たちが前夜からお世話になっていた「上関の自然を守る会」の高島美登里さんの案内で、渡し舟の「きぼう号」に乗船。美登里さんの解説を受けながら、上関原発予定地の四代、田ノ浦などを回って、祝島に向かいました。 (さらに…)