Home > 「明日に向けて」
2017.12.04

明日に向けて(1451)大飯原発、玄海原発再稼働反対!・・・京都で「ヨウ素剤を配ってよ@京都」立ち上げ集会を行います!ぜひご参加を!

守田です(20171204 11:00)

このところ全国各地での原子力災害対策の促進に関わっています。
篠山市で行っているヨウ素剤事前配布も各地に広めていきたいと思っています。

もちろん原子力防災のためには、原発を動かさせないこと、再稼働させないことが大原則。
しかし人命を顧みない政府と経産省は現在稼働を強行している5基に加えて、来年に大飯原発3,4号機、玄海原発3,4号機を再稼働しようとしています。
しかも今回の再稼働強行も避難計画の策定などは置き去りにしたまま。いやそもそも周辺住民の安全を保障する計画など立てようがないのです。

この暴挙に対し12月2日に佐賀の方たちが玄海町の隣の唐津市で再稼働反対集会を開かれました。1700人の参加だったそうです。報道をお伝えします。

「玄海原発、再稼働反対で決起集会 1700人参加」
沖縄タイムス 2017年12月4日
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/178557

今回の再稼働、神戸製鋼のデータ不正部品を抱えたままでなされようともしています。
調査のために当初の予定が2か月遅れるとされていますが、あらかじめ再稼働の期日を決めておいて検査するなどおかしい。
スケジュールに合わせたおざなりな点検が必然化されてしまうのはみえみえです。

こんな命の軽視のあり方に、私たちは少しでも自分たちを守るための手段を重ねていく必要性があります。
あくまでも再稼働反対の声を強めつつ、一方でいざというときに少しでも被曝を減らす、少しでも多くの人が逃げれるための準備を重ねるのです。
またこのことを原発に賛成している方たちも含めて進めることで、原発がいかに危険なのかの討論を広げることもできます。

このため京都で「ヨウ素剤を配ってよ@京都」を立ち上げることにしました。
京都府と京都府内の各市に要請を広げていきますが、もちろん滋賀県でも大阪府でも兵庫県でも、いや全国でこれを広げていきたい。
その運動の一つを京都から起こそうという試みです。

呼びかけ団体は僕も参加している「ウチら困ってんねん@京都」です。
呼びかけ文とキックオフ集会を案内を貼り付けますので、ぜひ京都府以外の方も含めてご参加下さい! (さらに…)