Home > 「明日に向けて」
2016.11.25

明日に向けて(1326)東電が福島第二原発3号機燃料プール冷却装置停止理由を変更!

守田です(20161125 23:30)

11月22日未明に福島県沖でマグニチュード7.4という大きな海底地震が起こりました。
この影響で福島第二原発3号機の冷却装置が自動停止、冷却がポンプが再起動されるまでの90分間、停止しました。
東電はその後、燃料プールに隣接し、プールからの水を受けて再度冷やしてプール内に送り戻すスキマーサージタンクの中の水が波打ったことをセンサーが水位低下と判断し、ポンプが停止したと説明しました。

ところが昨日夜半になって東電が冷却装置の停止の理由を水位低下にあったと変更しました。
短い記事で報じられたので、全文を引用しておきます。

***

地震で冷却停止、原因は水位低下 福島第2、東電が説明変更
共同通信 2016/11/24 22:06
http://this.kiji.is/174506626139719157?c=39546741839462401

東京電力は24日、福島県沖の地震により福島第2原発3号機の使用済み燃料プールの冷却が一時停止した原因が、プール脇にあるタンク内の水位低下だったとの見方を示した。
当初の説明は、タンクの水が地震で揺れたことを水位変化と検知したとしていたが、変更した。

燃料プールは、循環している冷却水の上澄み部分が脇にあるタンクに流れ込む構造。タンクの水を浄化・冷却し、再びプールに注水している。
地震時は揺れにより、プールの水の一部が建屋内の別の設備に流れ出たため、本来は脇にあるタンクに流れ込む水量が減少し、タンク内の水位が低下したとみられる。

***

これは一体どういうことでしょうか?

当初東電は、「ポンプが自動停止したのは、水が波打って、センサーが誤って水位低下と誤判断したためであって、何ら問題となる事態ではない」と説明したのです。
しかし変更後の説明は明らかにより悪い事態が起こっていたことを意味しています。水位低下という異常事態が実際に発生し、センサーは正しくそれを感知していたからです。
その意味で設計思想から言えば、ポンプは正しくも止まったことになります。しかし何か異変が起こると、ポンプが止まって冷却が停止されるのでは、事態は安全側に収束しないわけで、フィールセーフの発想が無視されているようにも思えます。

それはともあれ、では水位低下の理由は何だったのか。新たな発表では「プールの水の一部が建屋内の別の設備に流れ出たため」とされています。
つまり22日東電が行った「冷却水漏れは起こっていない」という発表は、事実と食い違っていたのです。またも東電は、事故についてあまやった情報を流したことになります。 (さらに…)

2016.11.22

明日に向けて(1324)福島第二原発3号機燃料プール冷却装置停止の意味するもの

守田です(20161122 23:30)

本日未明、福島県沖で再びマグニチュード7.4という大きな海底地震が起こりました。この影響で福島県地方の多くが震度5弱の地震に襲われ、数メートルに及ぶ津波が押し寄せた地帯もありました。
しかし事前の避難等が徹底化した事もあって、それほどに大きな人的被害は出ませんでした。
今後、暫くは同規模かそれ以上の地震が起こる可能性があります。本年4月の熊本地震では2日後にエネルギー量にして16倍もの「本震」が起こっているので注意が必要です。みなさまのご無事をお祈りしています。

さて今回の地震で福島第二原発3号機の燃料プールの冷却装置が緊急停止してしまいました。
理由は燃料プールの脇にあって冷却に使われた水を受け、冷やしてポンプで再度プールに水を送り出すスキマーサージタンクの水位低下が検知されたからだとされています。
記者会見などによると、このタンクの中でスロッシングと呼ばれる水が波打つ現象が起こったことが原因とされています。

コップの中に水をはって左右に振ると水が競り上がるように波打ちますが、その時に片方は水位があがり片方は下がります。
これがスロッシングで大きな力が働くのですが、ともあれこの下がったところにポンプがあったため、水位の異常低下と検知され、冷却剤が無くなるのを防ぐ為にポンプが自動停止したというわけです。
地震後すぐにこの現象が起こり、1時間半ほどしてポンプが再起動され、冷却が再開されたと事態は説明されています。

東電はこれまで何度も嘘をついてきたので、本当に安全が確保できたのかどうか多くの方が「心配だ」と言う連絡を僕にくれました。
僕も東電を信用できないので疑いの目を向けざるを得ません。しかし少なくとも今のところは非常に深刻だと言えるような兆候は感じません。
今後、さらに余震、いやさらなる本震も起こる可能性がありますから、またどこか壊れてしまわないかと心配ですが、ひとまずは冷却は続行されているとみてよいと思います。

むしろ今回のことで私たちが注目しておくべきことは、あの過酷な福島第一原発事故が起こってからもう5年と8ヶ月も経つのに、危険な燃料プールに膨大な量の使用済み核燃料が沈められ続けているという事実です。
いま福島第二原発3号機の燃料プールに入っている核燃料はなんと2544体。うち2436体が使用済み核燃料です。新燃料は184体しかない。
では他の原子炉はどうでしょうか。分かりやすく並べてみます。

1号機 使用済み核燃料2334体 新燃料200体  合計2534体。
2号機     同じく2402体  同じく80体  合計2482体。
4号機     同じく2436体  同じく80体  合計2516体。
1〜4合計   同じく9532体 同じく544体 合計10076体。

なんと危険な使用済み核燃料がこんなにもたくさん脆弱なプールに入っている。
さらに重要な点があります。プールの容量はどうなのかというと4つの燃料プールをあわせて10940体なのです。ということは92%も埋まってしまっていることになります。つめつめの状態なのです! (さらに…)

2015.10.19

明日に向けて(1169)新著『原発からの命の守り方』を上梓します。ぜひお買い求めを!

守田です。(20151019 21:00)

みなさま。
講演会の場では何度かチラシで発刊予定をお伝えしてきた新著がようやく完成直前に漕ぎ着けました。
今、印刷にまわっており、遅くても来週には手元に届きます。

表紙をFacebookで公開しましたので、アドレスを貼り付けておきます。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10206321896144603&set=a.3300903639751.2140616.1182740570&type=3&theater

なぜ今、本書を上梓するのか。まえがきの冒頭から引用します。
「『原発からの命の守り方』と題した本書は、原発事故の際の身の守り方と、福島原発事故(以下、福島第一原発事故と同義)で、すでに放出されてしまった放射能からの身の守り方について考察した本です。
福島原発事故から2015年9月11日で4年半が経ちましたが、事故はいまだに収束していません。原子炉格納容器が壊れていて高濃度の汚染水が漏れ出していますが、内部は放射線値が高すぎて詳細が分からず、修復ができない状態です。
もちろん、事故の詳しい進展状況も分かっていません。にもかかわらず、政府は川内原発の再稼働を強行し、さらに停止中の原発の再稼働を進めようとしています。恐ろしい軽挙です。
この動きに対して、2014年5月に福井地方裁判所が、大飯原発3号機と4号機の運転を禁ずる判決を下しました。この判決においては「人格権」という言葉が使われました。
人格権は「生命や身体、自由や名誉など個人が生活を営むなかで、他者から保護されなければならない権利」と規定されるもので、憲法13条と25条に根拠を持つものです。
福井裁判所は、原発事故が起きたときの被害が、原発から半径250キロメートルに及ぶと断定し、その中に住まう原告166人の人格権の保護のために、原発の運転差し止めを命じる判決を下したのです。
本書もまた、福井地方裁判所が示した人格権を、いかに守るのかという観点に立ちつつ、「原発事故が起こったときにどうするのか」「福島原発から飛び出した放射能に、いかに対応するのか」を検討しました。
この先、万が一、原発事故に遭遇したときを考えて、あらかじめ知っておくべきことを網羅しておくとともに、すでに福島原発から飛び出してしまった放射能による被曝からの身の守り方について述べました。」(本書p12より) (さらに…)

2015.08.01

明日に向けて(1116)【要注意】8月2日福島3号機の20トンのがれき撤去が厳重警戒の中で行われます!

守田です。(20150801 23:30)

7月24日から27日にかけて広島県尾道市、岡山県瀬戸内市、広島県福山市、岡山県和気町で連続講演してきました。
素晴らしい出会いにたくさん恵まれ、新たな情報も得てくることができましたが、いささか疲れてしまい、その後、静養していて「明日に向けて」の更新ができませんでした。申し訳ありません。
8月に入ったので、心機一転、発信を再開していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

さて今宵は【要注意】と題して、明日(8月2日)に福島第一原発の現場で行われる3号機のがれき撤去の情報を配信します。
ポイントになることは核燃料のプールの上にある20トンの装置の3か所にフックをかけての撤去が行われようとしているのですが、失敗した場合に、核燃料の上に落下する可能性があり、危険性が高いということです。
このため東電は、「敷地内の作業員の安全を考慮して」「撤去作業中はほかの作業をすべて中断する」と発表しています。
ちなみに一つの作業の遂行のために他のすべての作業を中止するのは事故直後の混乱期を除いては初めてのことだそうです。それだけ危険性が高い作業であることを注視する必要ありです。

この件に関しては、おしどりまこさん、けんさんが最も詳しく丁寧な報道を行っていますので、以下に紹介します。
この記事によれば、東電自身は万が一、20トンの装置を燃料棒の上に落下させてしまった場合、「敷地境界の被ばく線量は10μSV」と発表しているそうですが、本当にそれだけで済むかどうかまったくわかりません。

3号機SFPの燃料交換機の引き上げは不発弾処理と同じ!?
2015-07-27 OSHIDORI Mako&Ken Portal / おしどりポータルサイト
http://oshidori-makoken.com/?p=1264

【続報】8月2日「万が一のことを考え」福島第一原発敷地内の作業は全て中断予定
2015-07-29 OSHIDORI Mako&Ken Portal / おしどりポータルサイト
http://oshidori-makoken.com/?p=1320 (さらに…)

2015.07.11

明日に向けて(1106)再稼働よりも核燃料をプールから早く降ろすべきだ!

守田です。(20150711 00:30)

安倍政権の戦争法案の採決の動きに全国でさまざまな反対行動が展開されています。
これにおされてさきほど(10日夕刻)野党5党(民主・維新・共産・社民・生活)で党首会談が行われ「強引な採決を認めない」ことでの一致が作られました。
さらに戦争反対の声を高めていく必要があります!

同時にこの間、何回かに渡って論じてきているように、川内原発の再稼働に向けた動きも、安全性を無視し、科学者たちの必死の提言を踏みにじるようにしてなされつつある暴挙です。
この問題では私たちはさらにさまざまな側面から再稼働の愚かさを指摘し、反対世論を強化していく必要があります。
その点で興味深いニュースが流れたのでご紹介し、考察してみたいと思います。短いので全文をご紹介します。

再稼働前に乾式貯蔵を 米科学者がプール燃料懸念
【共同通信】 2015/07/09 19:14
http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015070901001456.html

米国の科学者らでつくる「憂慮する科学者同盟」のエドウィン・ライマン氏が9日、東京都内で記者会見し、
九州電力川内原発(鹿児島県)などを再稼働する前に、不測の事態に備えるため、原子炉建屋の使用済み核燃料プールの燃料を可能な限り、乾式貯蔵施設に移すべきだと訴えた。
東京電力福島第1原発事故の際、建屋が爆発した4号機でプールの冷却水が失われる危険があり、露出した燃料から大量の放射性物質が外部に放出される懸念が高まった。
事故の教訓を生かすため、ライマン氏は再稼働する前に、地震やテロ攻撃でプールが破損し冷却が止まる事態に備える必要があると強調した。

非常に重要な指摘です。
「地震やテロ攻撃でプールが破損し冷却が止まる事態に備える必要がある」・・・・・まったくその通りです。
燃料プールはまったく脆弱で、福島4号機がそうだったように、大きな自然災害を引き金として、冷却水が失われ、大災害に発展する可能性があるからです。 (さらに…)

Next »