Home > 「明日に向けて」
2016.11.02

明日に向けて(1315)原発と地球人・地球環境の生存権(日本環境会議沖縄大会報告から)

守田です。(20161102 23:30)

沖縄訪問報告の続編です。今回は日本環境会議沖縄大会2日目に行われた第五分科会、「放射能公害と生存権」の中での自分の報告をご紹介したいと思います。
この分科会は、この大会にぜひとも放射能公害の問題、被曝防護の徹底化の必要性をしっかりと入れ込みたいと考えた矢ヶ崎克馬さんによって立ち上げられました。主旨に賛同したたくさんの方が集まり、盛会を実現することができました。

沖縄は高江と辺野古の基地問題で揺れ続けています。とくに7月参院選では県民の「基地はいらない」という意志が再びはっきりと示されました。
ところがこれに対して安倍政権は、本土からの機動隊を大量投入し、運動のリーダーの一人の山城さんを逮捕するなど、弾圧に継ぐ弾圧をかけてきています。これとの対決が沖縄にとって、沖縄を支援する私たちにとって喫緊の課題です。

しかし一方で、沖縄にはたくさんの方が本土から放射能被曝を避けて避難移住しています。福島原発事故によってもたらされた未曽有の放射能公害と立ち向かうことは沖縄を含むすべての私たちに問われていることです。
この点を踏まえて、矢ヶ崎さんはぜひすべての人々の生存権を脅かしている放射能公害の問題を環境会議の重要課題に上げようと考えられました。

このもとで成り立った第五分科会は、8つの報告と3つのコメントで構成されましたが、司会の上岡みやえさん、報告5番目、6番目の伊藤路子さん、久保田美奈穂さん、そしてコメントのはじめの山口泉さんは、みな福島や関東からの避難者です。
いや「避難者」という言い方は正確ではないかもしれない。政府によって無視され棄てられた「難民」という言い方が正確でしょう。
しかし難民となってただ黙っているのではありません。多くの人々に放射能公害からの脱出を促す「率先避難者」であり、政府の悪政を正そうとしている改革者として活動してこられています。

以下、第五分科会の内容を記しておきます。

コーディネーター:新城知子、矢ヶ崎克馬、吉井美知子(50音順)
司会:上岡みやえ、新城知子
(1)歴史上最悪の放射能公害と健康被害
報告1:「福島事故による放射能公害/原発・被曝に関する国際的枠組」矢ヶ崎克馬(琉球大学名誉教授)(20分)
報告2:「原発事故がもたらす健康被害)」高松勇(小児科医・医療問題研究会)(20分)
報告3:「原発と地球人・地球環境の生存権」守田敏也(フリーライター)(20分)

(2)放射能公害下の避難者・市民
報告4:「避難者の実状と生存権」黒潮武敬(20分)
報告5:「避難者体験談:福島県内から」伊藤路子(13分)
報告6:「避難者体験談:福島県以外:茨城県から」久保田美奈穂(13分)

(3)海外への原発輸出と先住民族の人権
報告7:「ベトナムの原発計画と先住民族チャム人」吉井美知子(沖縄大学教授)(20分)
報告8:「台湾離島の核廃棄物貯蔵場とタオ族の民族運動」中生勝美(桜美林大学教授)(20分)

コメント1:「放射能公害と人権意識」山口泉(作家(小説、評論))
コメント2:除本理史(日本環境会議事務局次長・大阪市立大学教授)
コメント3:吉村良一(日本環境会議代表理事:立命館大学教授)
さて、僕は矢ケ崎さんと高松医師による放射能公害によってもたらされている深刻な健康被害の報告を受ける形で「原発と地球人・地球環境の生存権」というタイトルでお話しました。
このタイトルは矢ケ崎さんから頂いたものですが、ちょうど、今、起こっている様々な問題を整理して解き明かすのにうってつけでありがたいものでした。
今日は、大会に向けてあらかじめ提出して、当日配られた冊子の中にも掲載していただいた報告要旨を掲載しておきます。
実際の当日の報告については、次回以降に文字起こしして掲載します。 (さらに…)

2014.02.01

明日に向けて(793)福島1号機冷却水8割漏れが意味するもの・・・ベントをしても格納容器は壊れた!

守田です。(20140201 23:00)

この間、福島3号機と4号機の現状に関してレポートしてきましたが、今度は1号機に関する重大な発表が東電によってなされました。1月30日のことです。
それによるとなんと炉内に投入している冷却水の8割が、格納容器から漏れ出していると見られると言うのです。そのことが3年近く経って分かったと言うのです。
以下、テレ朝のニュースを示しておきます。

***

冷却水の8割が漏えいか…福島第一原発1号機の汚染水
テレ朝news 20140130 22:41
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000020591.html

福島第一原発の原子炉1号機からの汚染水漏れについて、新たな事実が判明した。「1機の圧力抑制室付近から、1時間あたり最大で3.4トンの汚染水が漏れていたと推計される」と、30日に東京電力が明らかにした。
1号機には溶けた燃料を冷やすために、1時間あたり4.4トン注水している。その水は燃料に触れて、放射性物質を含んだ高濃度の汚染水となり、注水量の約8割が圧力抑制室付近から漏れているとみられるのだ。
また、東電は「他の場所からも漏れていることも分かった」とし、引き続き調査する。

***

実は同じ30日、東電は福島2号機の圧力抑制室にも穴が開いていて、そこからも水漏れが確認されたと発表しています。この結果、圧力抑制室のまわりの「トーラス」室に水漏れしているというのです。
東電は1月18日に、福島3号機の床に2400万ベクレルというベータ線核種で汚染された水が流れていることも発表しており、1号機から3号機まで格納容器から汚染水が漏れているという事実が連続発表されたことになります。

このように東電が連続的に情報を発する時に、非常に大事な点は、重大事実の連続発表に対して危機感を麻痺させてしまわないことです。というかもう麻痺して当然であり、麻痺させるように情報を出しているとすら思えるので、しっかり意識を保つことをよびかけたいです。 (さらに…)

2013.10.29

明日に向けて(759)京都市・大津市・大阪市・三田市・南丹市・篠山市・近江八幡市でお話しします!

守田です。(20131029 23:00)

11月の講演スケジュールをお知らせします。今回も原発災害対策などに触れますが、京都精華大学や三田市ギミーシェルターなどでは「ビギナー向け」のお話もします。
お近くの方、ぜひお越し下さい。

11月2日 13時 京都精華大学
11月9日 14時 滋賀県大津市
11月11日 19時 京都市キッチンハリーナ
11月13日 10時30分 京都市東山いきいきセンター
11月15日 19時15分 大阪市立淀川中学校
11月16日 18時 兵庫県三田市ギミーシェルター
11月17日 10時30分 南丹市日吉町スプリングス日吉レストラン2階
11月23日 京都市 詳細未定
11月24日 10時30分 兵庫県篠山市
11月24日 18時30分 滋賀県近江八幡男女共同参画センターG-NETしが (さらに…)

2013.10.25

明日に向けて(758)原発災害についての心得(アップデート版)

守田です。(20131023 23:30)

台風27号が太平洋沖をゆっくりと北東に移動中です。僕のいる京都も一日雨が降りましたが、今は小降りになっています。台風はこのまま各地に雨を降らしながら移動する予定です。関東などこれから雨が多くなるところは、十分な警戒をもってのぞんでください。

台風の到来を前にして、福島第一原発では、再び三度、汚染水タンクの周りの堰から高濃度のストロンチウムを含む放射能水が溢れだしてしまいました。対策は完全に破たんしていて、福島のサイトは、放射能汚染水の沼と化しています。
海の汚染が本当に深刻に進んでいます。同時に、作業環境の悪化と、作業員の方たちの被曝の深刻化ばかりが深まっています。
にもかかわらず安倍首相は23日にも国会で「原発は完全にコントロールされている」「汚染水は完全にブロックされている」と大嘘を繰り返しました。僕は首相がこのように言うこと自身に、大変な危機があると思います。

現実が直視されていない。現場の困難が嘘でもみ消されようとしている。でも嘘で放射能は消えません。現場の士気が著しく削がれるばかりです。コントロールできないものと命をかけて格闘している作業員の方たちにあまりに失礼であり、打撃であり、危機を深めるばかりです。
おりしも11月から4号機の燃料棒の抜き取りという、もっとも困難で、危険でありながら、どうしても避けて通れない作業が始まります。この重大な作業を前に嘘を放置していてはなりません。

ではどうしたらいいのか。大切なのは私たちの側が危機ときちんと向かい合っていくことです。福島原発がまったくコントロールなどされていないこと、いつまたどのような深刻な危機が深まるかも分からないことと向き合うことです。
そのため必要なのは、各地で原発災害をリアルに想定した避難訓練を始めること。とくに東北・関東で積極的に行う必要があります。ぜひそれぞれの地域、職場、学園、市民グル―プで、あるいはご家族で行ってください。 (さらに…)

2013.10.19

明日に向けて(756)台風26号でまたも危機に陥った福島第一原発。さらに台風27号が迫っている!

守田です。(20131019 18:30)

連日、台風関連の記事を書いていますが、社会的関心がたくさんの方が亡くなった伊豆大島に収集してる中で、福島第一原発でも、事前に準備した対策が機能せず、「またもぎりぎりの対応が迫られた」ことが報道されています。
東京新聞は、「事前に定めた排水手順も守れず、現状の設備の限界がはっきりし、追加の対策が急がれている」と述べています。

具体的には、汚染水タンク群周りの堰内に雨水がたまった際に、近くの小型タンクに水を移し、放射性物質の濃度を測って基準値未満なら排出するとしていたものの、おりからの豪雨でポンプアップが間に合わず、その場で測って排出したというのです。
またほかのタンク群では4月に水漏れが発覚して使用が中止された地下貯水池に消防車を使って移送するということが行われました。まさに「ぎりぎりの対応」で、汚染水処理が破たんしており、台風にまったく対応できないことが明らかになっています。

一方、この豪雨の中で、8月19日に300トンの高濃度の汚染水漏れが起こったタンクのそばの観測用の井戸で、ストロンチウムが1リットルあたり40万ベクレル、トリチウムが79万ベクレルと、「過去最大」の汚染値が観測されたと報道されました。
いずれも地表に残っていた汚染物質が、雨で洗い流され、井戸に入ったものと思われます。

40万ベクレル、79万ベクレル・・・ものすごい値ですが、ただ「過去最大」というのは、8月の汚染水漏れに対応して9月に掘られたこの観測用の井戸での話です。東京電力が「過去最大」と発表したので、マスコミ各社とも見出しに「過去最大」とつけていますが、観測された過去最大の汚染水というわけではありません。
これまでの最大値は、2011年3月の事故直後のけた違いのものですが、さらに8月19日に発見された300トンの汚染水漏れでも、ストロンチウムで8000万ベクレルもの値のものが漏れ出してしまっていたのです。
その点で、少なくともストロンチウムに関して、40万ベクレルを「過去最大」と発表することは、8000万ベクレルのものを300トンも漏らした事実から目をそらせるものだと言わざるを得ません。 (さらに…)

Next »