Home > 「明日に向けて」
2014.11.05

明日に向けて(965)『大学生活の迷い方-女子寮ドタバタ日記』を読んで(下)

守田です。(20141105 00:30)

『大学生活の迷い方』を読んでの続きをお送りします。

先に僕は本書には恩師、宇沢先生が説かれた教育の理想がちりばめていると書きましたが、ここで宇沢先生の教育論をご紹介したいと思います。岩波新書の名著、『日本の教育を考える』の中で宇沢先生は次のように述べられています。
「教育とは何か。一口でいってしまえば、一人一人の子どもがもっている多様な先天的、後天的資質をできるだけ生かし、その能力をできるだけ伸ばし、発展させ、実り多い幸福な人生をおくることができる一人の人間として成長を助けるのが教育だと言ってよいでしょう。」(同書p10)

そうです。教育の本分は、よく誤解されるように何かを教え込むことにあるのではないのです。
もともと人間には自らを成長させる本源的な力が備わっている。そして成長を熱烈に欲するのも人間の自然的欲求です。だから子どもは何でも真似たがる。真似て今の自分の以上の何かに近づくことに夢中になるのです。
教育はこの自然的欲求としての成長の手助けをすることにあるのであって、そのためには、成長を阻害しないための慎重な関わりも求められます。子どもが自ら考え、判断し、発展方向を見出していけるように配慮し、環境を整え、道筋をつけてあげる。そこに教育の本分がある。
もちろん、そのためにさまざまな知識を伝授することもあります。しかし知識の修得も、子どもが自ら主体的につかみとっていく方向性を確保できた時にもっとも効率よくなされていく。あくまで学ぶ主体は子ども自身だからです。

僕自身、わずか一時ですが、京都精華大学のアドミッション・オフィスに参加し、同大学に面接試験などで合格した受験生たちと大学入学まで対話していく「入学前教育」というプログラムを担うことで学生教育に携わったことがあります。
その時のメインテキストの一つが他ならぬ『日本の教育を考える』であり、実際に高校三年生を主体とした若者たちと対話しながら、僕自身もこの書の観点を自ら体験的に修得することができたのでしたが、その理想の生きたサンプルが僕には松蔭寮の日々であるように思えるのです。
もちろんこう書くと蒔田さんは必ず「褒めすぎだ」と言うに決まっているのですが、僕は教育の場とは本来、ドタバタしたものだと思うのです。若き当事者たちはいつも右往左往しており、周りで見つめる大人たちもハラハラドキドキであり続けるからです。
振り返れば誰しも分かるように、どうしたって若き日々には特有の辛さがあります。かつて高校生のときに恩師が「君たちには若さゆえの生理的憂悶があるのだ」と小林秀雄だかの一節を引きながら教えてくれたことがありましたが、それに寄り添う日々が予定調和的に進むはずがない。

だから生きた教育の場はいつも「想定外」の連続であり、奇想天外な事件に見舞われてばかりであり、奇人変人のオンパレードなのです。実は「普通の人」などどこにもおらず、誰もが「標準偏差」などから離れた奇人変人だからでもあります。自由な場が提供されれば当然にもその「本性」が出てくるのです。
松蔭寮に横溢してきた自由は、学生たちの「本性」を表に出すことへの自由でもありました。同時に自由には結果に責任をとることが伴うこともこの寮ははっきりと自覚してきた。だから寮で起こるさまざまなことを自ら決していく原則全員参加の寮会が重要視され、時には過酷なほどに時間をかけた討論が重ねられてきました。
本書にはそんな寮生たちの姿がたくさん反映しています。そして若者たちの成長を見守りながら、「非常事態」が発生するたびに登場する蒔田さんの姿も。
大人のみなさんにはぜひこれらの過程の中から、若者たちの自立心と成長への欲求を十二分に尊重し、なおかつ私たちがしっかりとした守り手として周りにいさえすれば、若者はこんなにも生き生きと育ち、輝いていける存在なのだということをこそシェアしていただきたいいと思います。 (さらに…)

2014.11.04

明日に向けて(964)『大学生活の迷い方-女子寮ドタバタ日記』を読んで(上)

守田です。(20141104 22:00)

今回はポーランドに関する考察を一度横において、表題に掲げた本の書評にトライしたいと思います。
岩波ジュニア新書から出ている親友の蒔田直子さんの編著書です。同志社大学松蔭寮を舞台としたもので、蒔田さんの他、たくさんの元寮生が思いを込めた文章を寄稿してくれています。
一刷がでたのが先月10月21日。ポーランドへの出国の直前に蒔田さんに届けてもらい、バックにつめて旅に出ましたが、旅の間は読むことができず帰ってきてから一気に読了しました。
またちょうど出版と重なるように松蔭寮が創設から50年を迎えたために行われた同志社大学での展示にも帰国直後に行ってくることができました。

とくにかく何より面白い本です。ノリのよいテンポに誘われて一気に読み進むことができます。そして終盤に蒔田さんの深みのある素晴らしい振り返りに接し、感動のうちに読み終えることができます。
このライブ感は、どうしたって言葉では表現しきれないので、ぜひぜひご一読をお勧めします。若い人にもそうでない人にも読んで欲しい。
僕が一番、読んで欲しいと思ったのは9月に亡くなられてしまった恩師、宇沢弘文先生でした。なぜならここには宇沢先生が教育の場がもつべき理想として常に語られていたことがいきいきと表現されているからです。
自由とは何か、生きるとは何か、友とは何か、教育とは何か、そしてまた大学とは何か。その他、今、何かの問いを持ち、思い悩んでいる方にはとくにお勧めしたいです。きっとあなたの今への何かの刺激が得られると思います。
編著者の蒔田直子さんについて少し書きたいと思います。僕が彼女と出会ったのは2001年9・11事件の後、アメリカによるアフガニスタンへの「報復」攻撃が始まった時でした。
「報復」と言ったって、9・11事件にはアフガンの人は誰も参加していなかったし、アメリカが即座に掲げた「オサマ・ビン・ラディン」犯行説も何の証拠も開示されない断定でした。
当時のアフガン・タリバン政権は、「オサマ・ビン・ラディンが犯人だと言うなら証拠を示してくれ。そうでなければ客人を差し出すわけにはいかない」と言っただけなのに、アメリカは傲然とアフガン攻撃を始めてしまいました。
これに胸を痛めた京都の女性たちを中心に、9月30日にピースウォークが行われ、1人1人の参加で成り立つ「ピースウォーク京都」が結成されました。もちろんその中心に蒔田さんがいました。 (さらに…)

2013.07.24

明日に向けて(714)書評『ヒロシマを生きのびて』肥田舜太郎著・・・3

守田です。(20130724 08:30)

昨日の続きです。肥田さんが繰り返し訴えておられるのは、現代社会に支配的になっている「はたらきバチ」的な生き方・・・生活の仕方からの離脱です。仕事優先でご飯をきちんとかまずにさっと飲み込むように食べてしまう。深夜まで労働し、休息に入ってもテレビを見ていて夜ふかししてしまう。食べるのもにも気を使わない。
医師の側からみて、それでは病気になって当然だという生活の仕方が横行している。「そんなことをしていたらガンに一直線です」と肥田さんは言われます。「そんな生活を送っていてはいけない。朝起きたら、今日一日、どうすればより命を長らえることができるかを考えなくてはいけない」とも。
とくに被爆者に対して、肥田さんは繰り返し、免疫力をあげて長生きしようと説かれてきました。平成に入ってから20年近く毎年ナンバーを重ねていった『被爆者ハンドブック』の中で、肥田さんは「被爆者はガンで死んではいけない。ガンで死ぬのは原爆に負けることだ」とまで言い切っています。
そのためには何が必要なのか。徹底した健康生活を守ることと、がん検診をきちんと受け続けて、ガンが出てきたら早期治療で退治してしまうことだと肥田さんは何度も被爆者の方たちに述べています。さらには生きがいを持つこと。では被爆者にとって生きがいとは何か。「生きていることそのもの。被爆の生きた証人として少しでも長くこの世に居続けること」と肥田さんは語られます。 (さらに…)

2013.07.23

明日に向けて(713)書評『ヒロシマを生きのびて』肥田舜太郎著・・・2

守田です。(20130723 22:00)

参院選が終わりました。自民党の「圧勝」と報道されています。てやんでい!と僕は思います。この国の選挙制度は相当に歪んでいる。その上、事前からマスコミで自公圧勝の大合唱(東京新聞は別ですが)。そんなことで民衆の側の「負け」を感じる必要などありません。
それにこれで「ねじれ」の解消だとか言われていますが、国会ではともあれ、自公政府と民衆の間のねじれは何ら解消されていません。なんたって自民党が背を向ける脱原発と改憲反対が多数派なのですから。「ねじれ」はむしろより強烈になりました。
このことは比例区の得票を見るとはっきりと分かります。原発推進を掲げたのは自民党と幸福実現党のみ。その得票は幸福実現党の191,643票を加えて18,652,047票です。これに対して他の党はすべて脱原発の道を掲げましたが、得票の合計は28,156,561票です。割合にして35対65。議席数は18対30です。
にもかかわらず、選挙区は1人区が多く、大政党に圧倒的に有利なため、民主党が崩れて自民党が一人勝ち。そのことで議席総数としては自民党の「圧勝」になってしまいました。一票の重みが5倍近くも違っている地域があることを含めて、どう考えたってこんな選挙の仕組みはおかしいです。

この矛盾故に強まるばかりの「ねじれ」にはエネルギーがあります。だからそれを解き放つために努力すればよい。実際、このねじ曲がった選挙制度の中でも、山本太郎さんの勝利や、原発即時ゼロを鮮明にした共産党の比例区での伸びと東京、京都、大阪選挙区での勝利など、「ねじれ」のエネルギーが解放に向かった現実もありました。東京は脱原発派が議員数も多数派です!
若者の多い緑の党は、「組織票」で彩られたこの選挙の世界に、市民スタイルのままに登場して頑張っただけでも大きな意義があったのでないでしょうか。得票は457,862票。よく見てください。自民党とは40対1です。あのたくさんの巨大資本をバックにつけた自民党に対し、自力では選挙区ではポスターも十分にはりきれないような「組織力」しかない党が40対1の奮闘です。
よく考えましょう。実際はそんなにものすごい差があるわけではないのです。資金力の差だったら40対1どころじゃないですよ!!4万対1でもおいつかないのでは?にもかかわらず票はこれだけ取れているのです。
その緑の党をも応援しながら一人で立った山本太郎さんは、頭に大きな円形脱毛症を作りながら頑張ってくれました。もちろんサポーターの奮闘があっての勝利です。素晴らしいですね。こうした奮闘にみんなで続きましょう。諦めず、へこたれず、前に向かって歩みましょう!なあに、人の心をつかんでいない政権なんてそのうち倒れます!いや倒しましょう! (さらに…)

2013.07.11

明日に向けて(707)書評『ヒロシマを生きのびて』肥田舜太郎著・・・1

守田です。(20130711 17:00)

福島原発事故で大量の放射能が飛散した関東・東北でさまざまな健康被害が見え出しています。
もっとも顕著なのは、子どもの甲状腺がんが17万人の検診ですでに12人が確定とされ、他に15人が濃厚な可能性とされていることです。あわせて27人も見つかってしまっています。
政府はこれらを事故前のものが見つかったにすぎないと言っていますが、政府は認めれば賠償を行うとともに、傷害行為への責任を取らねはならない立場にあるため、とても客観的に判断する位置になど立っていません。
そもそも子どもの甲状腺がんは100万人に1人の発生と言われてきた病、ほとんど起こらなかった病です。それが17万人中27人近くが見つかっているのに知らんぷりはあまりにおかしい。

一方、これほどには統計化されてはいないものの、心筋梗塞などによる突然死なども非常にたくさん聞こえてきており、がんの発生もずいぶん耳にします。次第に統計にもあらわれてくると思いますが、本当に頻繁に報告が入ります。
昨日は東電福島第一原発元所長の吉田氏の逝去も伝えられました。食道がんとされていますが、かなりの高線量を浴び、内部被曝も激しいかったために発病されたことは、多くの人が疑っている通りだと思います。お気の毒ですが、僕には光の当たらないもっとたくさんの作業員の方たちのことがより気になります。
現場の最高指揮官が発病するのであれば、末端の、より原子炉に近かった方たちはどうなったのでしょう。実はたくさんの方の死が隠されているのではという疑惑が湧きます。今もシビアな状態で苦しんでいる方がたくさんおられるのではないでしょうか。

同時にこのようにさまざまな健康被害が出ているならば、東北・関東の医療機関が大変なことになっていることが強く懸念されます。しかし放射能の影響が隠されていると、この大変さに対する当然の社会的テコ入れが働かなくなり、医療サイドの苦しさはまずばかりです。
事故の深刻さが隠されることによって、現場の惨状に社会的光が当たらない福島第一原発の現場と同じように、免疫力の全般的低下のもとで、分けが分からない形で疾病が増え、治りも遅くなっていくことで、医療機関にボディブローのような打撃が蓄積されつつあるのではないか。
甲状腺がんなどの突出した被害と同時に、とにかく身体の調子が悪くなり、風邪がなかなか治らないとか、持病がどんどん悪化するとか、認知症の進み具体が早くなるとか、放射能のせいとは言い切れないものの、病状が増悪しているケースがたくさん考えられ、さまざまな意味で胸が痛みます。

このような状態で問われているのは、医療サイドの頑張りはすでにして頂点に達していますから、私たち市民の側が医療を守り、支えていくことです。もちろん政府に予算配分を手厚くしていくことを求めていく必要がありますが、今の流れはそれどころかTPPへ向けた医療の自由化(公的医療の削減)であり、ますます悪くなりつつある。
この状態を見すえて、私たちには今、この国の医療がどこからどこへ行こうとしているのかをしっかりと認識し、何を守り発展させるべきなのかをつかんで実践していくことが問われていると思うのです。それ抜きには放射線防護を有効に進めることはできません。被曝だけに特化せず、医療全体に目配りしていくことが大切です。

こうした観点から取材と研究を進めていたときに、手にとって思わず引き込まれ、一気に読んでしまったのが、今回の書評の対象である『ヒロシマを生きのびて』(あけび書房)でした。書かれたのは被爆医師、肥田舜太郎さんですが、タイトルから想像されるものとは少し違って、肥田さんの戦後の医師としての歩みが中心になっています。
その内容が非常に感動的なのです。なぜ感動するのかというと、この国の戦後医療が、どのような状態から立ち上がってきたのかを彷彿させると同時に、僕には肥田さんが、戦後から現代までの医療界に通底している課題に早くから目覚め、独自の医療観を育んでこられたように感じたからです。 (さらに…)

Next »