Home > 「明日に向けて」
2016.08.22

明日に向けて(1291)8000Bq/kgという数値はどこから出てきたのか(8000Bq/kg以下再利用問題2)

守田です。(20160822 23:30)

8月17日から19日まで琵琶湖の周辺で行われている二つの保養キャンプに参加し、福島をはじめ東北・関東から訪れている子どもたち、親御さんたち、スタッフのみなさんと濃密な時間を過ごしてきました。さらに20日には宇治市で講演を行ってきました。
この数日間で実にたくさんのことを得てきましたが、それはおいおいご報告するとして、今回は「8000ベクレル問題」の続きを書きたいと思います。

8000ベクレル問題を考察する上で、次に私たちは「放射性物質汚染対処特措法」においてなぜ8000Bq/kg以下の放射能汚染物を一般廃棄物として埋め立ててよいとされたのか、8000Bq/kgという数字がどこから出てきたのかを探っていきましょう。
といっても、これまで僕が文献を調べた限りにおいて、8000Bq/kgとする明示的な根拠が示されたものは見つけられませんでした。ですからここからは推論になります。
まず重要なことはこの国にはある濃度以上の放射性同位体の管理についての「放射線障害防止法」があり、そこで管理を必要とする「放射性同位元素」の定義が行われていることです。

原子力規制委員会のホームページにある説明をご紹介しておきます。https://www.nsr.go.jp/activity/ri_kisei/kiseihou/

「放射線障害防止法は、放射性同位元素や放射線発生装置の使用及び放射性同位元素によって汚染されたものの廃棄などを規制することによって、放射線障害を防止し、公共の安全を確保することを目的に制定された法律です。なお、放射性物質の規制は、同法のほか、原子炉等規制法、医療法、薬事法、獣医療法等においても行われています。」

引用はここまで

放射性物質ごとに管理対象となる総量と濃度の双方が規定されており、その値を越えると管理すべき放射線同位元素とするとされています。
具体的なことは「放射線を放出する同位元素の数量等を定める件」で規定されており、セシウム134と137に関しては10000Bq/kgベクレル以下のものは「放射線同位元素」とみなされないとなっています。

放射線を放出する同位元素の数量等を定める件      http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/anzenkakuho/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2012/04/02/1261331_15_1.pdf

セシウムだけでなく他の多くの放射性物質についても、かなり緩い設定が行われており、この基準自身、非常に問題の多いものですが今はその内容には立ち入りません。 (さらに…)

2016.08.17

明日に向けて(1290)原発汚染土8000Bq/kg以下再利用問題について-1

守田です。(20160817 02:00)

「原発汚染土8000Bq/kg以下再利用問題」について解説していきたいと思います。
この問題は1キログラムあたり8000ベクレルの放射能を含む除染などで生じた「汚染土」を、全国の公共事業で使ってしまおうというものです。
毎日新聞の報道記事をご紹介しておきます。(全文を資料として保全するため末尾に添付します)

原発汚染土 「8000ベクレル以下」なら再利用を決定
毎日新聞2016年6月30日 20時30分(最終更新 6月30日 21時23分)
http://mainichi.jp/articles/20160701/k00/00m/040/063000c

記事の重要なポイントを抜粋します。
「福島県大熊、双葉両町にまたがる中間貯蔵施設に保管される除染廃棄物は最大2200万立方メートルになると見込まれる。国は2045年3月までに県外で最終処分する方針で、できるだけ再利用して処分量を減らしたい考え。 」
2200万立法メートルとは東京ドーム18個分だそうですが、国は福島県に30年後までに県外で最終処分する約束をしています。この実現が危ぶまれる中でとにかく処分量を減らそうというのが狙われているところです。
端的に本来、放射性物質の最終処分場に持っていくべきものを公共事業で使ってしまおうというものですから、公共事業の場を最終処分場に変えてしまう恐ろしい方針です。

さてこの問題をきちんとおさえるためには、前提となることがらを踏まえておく必要性があります。
最も重要なことは、福島原発事故が起こり、膨大な放射能が原子炉から環境中に飛び出してしまったとき、この国にはこの事態に対処する法的な枠組みがなかったことです。
なぜかと言えば、原発敷地外への重大な放射能漏れは「絶対におきない」と強弁してきたため、これに対応する法律も作られていなかったのです。
放射性物質以外のさまざまな汚染物質に対しては、環境保護の観点から幾つかの法律が作られ、規制が実行されてきたのですが、それらのどれも放射性物質を除外しています。

この「無法」状態の中で膨大な放射能が飛び出してきてしまったわけですが、当初政府は、主に放射能がたっぷり降ってしまった福島県内の災害廃棄物(=放射性廃棄物)をどう扱うのかに関心を寄せていました。
ところが先に顕在化したのは福島だけでなく各地の下水汚泥の問題でした。放射性物質が下水を通して集められ、汚泥に濃縮されてしまったからですが、深刻だったのはこれらの汚泥がそれまでセメントに混ぜるなど建築資材として利用されてきたことでした。
福島原発事故後も、この汚泥流通システムにストップがかけられなかったため、放射能に汚染された汚泥が建築資材にまわってしまったのです。 (さらに…)

2015.06.07

明日に向けて(1092)土壌放射線測定の輪を広げ、放射線防護の強化をはかろう!

守田です。(20150607 13:00)

福島原発事故から4年と3ヶ月経ちました。
ご存知のように政府は、「放射能安全神話」を振りまきつつ、被曝地への人々の帰還を強制しようとしています。本当にひどいことです。
こうした酷い政策を進める一方で、政府は人々を放射線被曝から守るために本当にやるべきことの多くの回避してきました。
その中でも重要なものが被曝地の土壌の放射線値を細やかに調べていくことです。

今、この事業に「みんなのデータサイト」が起ちあがっており、「クラウドファンディング」で資金提供を募っています。
6月21日までに150万円を集める計画ですが、本日6月7日現在で889000円しか集まっておらず、残り611000円が集まらないとファンディングが成立せずに寄付金が流れてしまいます。
そこでみなさんに協力をお願いすべく、この計画をご紹介したいと思います。
なおこの記事は、広島県尾道市の「おのみち測定依頼所」の杉原宏喜さんからの呼びかけを受けて書いています。

「クラウドファンディング」
https://moon-shot.org/projects/68

取り組んでいるのは以下の方たちです。

「みんなのデータサイト」
http://www.minnanods.net/

参加している測定所がここから分かります。僕も深い関わりをもたせていただいている多数の方たちを始め、全国27の測定所が参加しています。
http://www.minnanods.net/labs/

土壌調査に関する説明は以下で行われています。

「東日本土壌ベクレル測定プロジェクト」
http://www.minnanods.net/soil/ (さらに…)

2014.11.18

明日に向けて(974)「カノンだより」を観に来て下さい!鎌仲&ロクロー対談+守田、鎌仲&守田対談にも!

守田です。(20141118 23:00)

映画「小さき声のカノン」を製作中の映画監督、鎌仲ひとみさんが京都・滋賀に来られることになりました。
23日は13時半より左京区の「左京いきいき市民活動センター」でカノンだよりVol.3を上映。
その後、ノンベクレルキッチンホテヴィラの広海ロクローさんと対談します。
お二人の対談がメインなのですが僕も飛び入りで参加させてもらうことにしました!なので鎌仲&ロクロー対談+守田となります!

24日は滋賀県栗東市で行われるアースデイしがに鎌仲さんが参加。映画「カノンだより特別版」の上映と講演会があります。
その上映の前に野外ステージで鎌仲さんと僕が対談します!
僕自身としては2日間にわたって鎌仲さんとお話することになります。とても楽しみです。

鎌仲さんと初めて出会ったのは滋賀県高島市で毎年行われている「山水人」の場。
他に二人の方とのパネルディスカッションに参加させてもらいました。
このとき、僕は被爆医師の肥田舜太郎さんをインタビューさせていただき、岩波書店『世界』に載せていただいた後でした。
鎌仲さんはその記事を読んでくださり、肥田さんが言いたいことを僕がきちんと聞き取って文字にしていると感じて、僕を信頼して下さったそうです。

僕は鎌仲さんの温かさ、ポンポン語るテンポのよさ、あけっぴろげで歯に衣を着せないけれどもなんとも楽しい雰囲気、そしてそれらの奥底に流れる優しさに魅了されました。
またこの頃に映画「ヒバクシャ」を観ても唸りました。そもそもこの映画を観たのがこの直前で、鎌仲さんに「信じらんな~い」と怒られてしまいましたが、ともかくとても先駆的だと思ったのです。
「ああ、今必要なすべてのことを、こんなに前からきちんと映像にしていてくれていたのだ」ととてもありがたい気がしたのでした。ちなみにこの映画の重要な主人公のひとりが肥田舜太郎さんです!

その鎌仲さんは今、映画「小さき声のカノン」の製作の真っ只中にいます。
この映画はどんなものなのか。鎌仲さんはどのような思いで作ったのか。
例えばママレボ8号の中に素晴らしいインタビュー記事があり、そこから思いを知ることができます。

ママレボ8号
2014年7月18日金曜日

鎌仲ひとみ監督インタビュー
「子どもを守ろう、と動きだしたお母さんたちの存在は、絶望のなかの希望です」
http://momsrevo.blogspot.jp/2014_07_01_archive.html (さらに…)

2014.03.26

明日に向けて(807)奈良市民放射能測定所・開設一周年記念セレモニーでお話しします(30日)

守田です。(20140326 23:30)

表題のように3月30日に奈良市でお話しします!市民放射能測定所開設一周年に即してです。

一つは表題として与えられた「広がる放射能被害と市民測定所の役割」について。
実はこの内容、とくに測定所の役割については、僕にとって宮城県仙台市にある「みんなの放射線測定室てとてと」の方たちとの交流などの中でも考えてきた問いでもあります。
つい最近、出版された同測定室の通信「てとてと春2014」で、僕に対するロングインタビューを掲載してくださったのですが、そこに載せていただいています。
http://sokuteimiyagi.blog.fc2.com/blog-entry-327.html

福島原発事故後、全国で100か所以上の市民測定所が立ち上がり、家庭に持ち込まれる食材を中心に、積極的な測定が繰り返されてきました。
この全国で行われた果敢な市民的モニタリングの結果、市場で購入して、家に持ち込んで飲用する多くの食材の放射線値が下がっていきました。食材を扱う生産者、加工者、流通者などなどの間での汚染物を減らす努力が市民的測定によって促進されたのだと思います。
市民測定所はその意味で、絶大な貢献を果たしてきています。市場に出回るものの安全性を高めてきたわけですから、放射線防護を意識している人はもちろん、防護意識の低い人をも守ることにつながっており、僕は多くの方に、すべての測定所の方たちへの感謝の念を持っていただきたいなと思っています。

しかし残念ながら、成果がまったく数値化できないことなどもあって社会的評価はほとんど得られておらず、むしろ測ってもそれほど汚染が見つからないことが増えるにしたがって、検体を持ち込む側のインセンティブが落ちてきているのが実情だと思います。
結果的に測定所の運営が厳しくなってきている。せっかく人が詰めていても検体の持ち込みがなかったりして、測る側のモチベーションも落ちがちなのではないでしょうか。

だとするならば、僕は市民測定所は、さらなる役割を自ら作り出し、担っていくことが問われているのではないかと僕は思います。 (さらに…)

Next »