Home > 「明日に向けて」
2017.10.12

明日に向けて(1431)私たちは主権者としての社会的責任を自覚し政治に冷静な理性を求めます(京都有志発の声明に署名を!)

守田です(20171012 12:00)

衆議院選挙がはじまり、選挙結果の予測が出始めました。
共同通信の調査で、自民党が公明党とあわせて300議席以上獲得するとの予測が流れています。短い記事なので全文を引用します。

***

自公300超うかがう、序盤情勢 希望伸び悩み60前後
共同通信 2017年10月12日 06時08分
https://this.kiji.is/290937190421152865?c=39546741839462401

共同通信社は第48回衆院選について10、11日両日、全国の有権者約11万8900人を対象に電話世論調査を実施し、公示直後の序盤情勢を探った。
自民党は小選挙区、比例代表で優位に立ち、公明党と合わせた与党で300議席超をうかがう。希望の党は60議席前後で伸び悩んでいる。立憲民主党は公示前から倍増の30議席台も視野。共産党は議席減、日本維新の会は微増にとどまりそうだ。投票先未定は小選挙区で54.4%に上り、22日の投開票に向けて情勢が変わる可能性がある。
投票先未定との回答は比例代表でも47.2%あった。

***

自公で300超という予測に暗澹たる思いを抱かれる方も多いと思いますが、僕はこれは「小池―前原劇場」があまりにもひどくてえぐかったので、安倍政権がさまざまに繰り返してきたひどさがややかすんでしまったための中間的結果ではないかと思います。
いま必要なことはもう一度、問題の本質に立ち戻ることです。安倍首相がもりかけ問題を隠すために国会を開かないままに解散したこと、しかも自分の延命のために、朝鮮民主主義人民共和国からのミサイル発射を利用して「国難」を標榜しはじめたことなど、この国の私物化を続ける安倍政権にもう一度、批判を集中しなくてはいけません。

同時にここであきらめていてはいけない!記事には「投票先未定との回答は比例代表でも47.2%あった」とも書かれています。まだまだ多くの方が悩み、迷っている段階なのです。
だからこそ、マスコミをもさんざんにぎわせてきた「小池―前原劇場」のことはひとたび横におき、みんなで安倍政権への正面からの批判を、再度、あらゆる手段を通じて発信していきましょう。

ただそのために僕はひとたび頭を冷やし、心の中から沸き起こってくるトゲトゲした怒りをひとたびカルムダウンさせ、心を落ち着かせて、私たちの望む未来を考えなければならないとも思いました。それで昨日はあえて絵本についてのお話を書かせていただきました。
その後、「問題を再度整理した文章を出さなければ」と思っている時に「これは素晴らしい!」と心から共感した声明文が回ってきました。
今回の表題にもあげさせていただいた「政治に冷静な理性を求める」声明がそれです。京都在住の槌田劭さん、石田紀郎さんが発信してくださり、すでに多くの方々が署名してくださっています。僕も喜んで署名させていただきました。

今回はこの声明をそのままここに貼り付けてお送りしますので、可能な方はぜひ署名にご参加下さい。京都有志発ですが、もちろんどこの地域、どの国に住まわれている誰でも参加可能です。肩書も無用です。無論、選挙権のあるなしも関係ありません。
ただし憲法が絡むと「国籍条項」の限界がどうしても目についてしまいます。「国民」と言う名で多くの方を排除している現状を日本国籍を持つ立場としてとても恥ずかしく思いますが、僕は今回はここで書かれている基本的な考えに賛同できる方には、国籍を問わず、ご署名いただければと思っています。 (さらに…)

2017.10.05

明日に向けて(1429)ショートムービー「希望の党☆」を観よう!

守田です(20171005 06:30)

ショートムービー「希望の党☆」をご覧になったことがありますか?

これは面白い!しかも深い!
製作はなんと「総務省・(財)明るい選挙推進協会」。
最近作られたのではありません。2005年の作品です。
監督は金子修介さん。まるで「いま」を予見したかのような作品です。

基本は選挙の大切さを訴え、投票を促しているムービーです。
しかしそこへの入り方が面白い。
一方でたとえ「選挙に行く」ことですら、他者を許さず、異論を排除する狭隘な「正義」となった場合、恐ろしさに転じかねないことが描かれているのです。

話はある平凡は家庭から始まります。高校生の娘は政治への関心が強く、選挙も大切だと思っています。
しかし両親は「誰が政治家になっても日本は変わらなくない?なくなくない?」とか語っていて、投票日にも早朝から二人で予定していたピクニックに行ってしまいます。
そんな中で、なんとにわかに登場してきた「希望の党」が政権を獲ってしまうのです。

そして暫く経ったある日「国民権利義務省」から父親に一通の封書が送られてきて、こう書かれていました。
「右のものは国民権利義務新法に基づきその選挙権を剥奪する」。
唖然としつつも「こんなの冗談だろう」と言う父親の前にいつのまにか「希望の党」に参加していた娘が現れてこう言います。
「今回の選挙は選挙権の見直しが課題だったのよ」「お父さん。だから選挙に行ってっていったじゃない」と。

その後、希望の党の暴走が始まります。犬を家から排除した女性が「生類憐みの法」によって逮捕されてしまいます。
「こんな感じで希望の党が政権を獲ってからは世の中が少しずつおかしくなっていき、気づいたときには誰にも止められなくなっていたのです」と述懐する父親。
さらに隣家の男性が、痴漢行為で死刑を宣告されてしまいますが、娘は断固支持。犯罪者は排除して当然、死刑にして当然と叫びます。

ところがその娘がやがて徴兵されてしまい・・・
父親は叫びます。「戦争反対に一票!」と。「俺は選挙権がなくても選挙に行くぞ」と。
~これ以上はぜひムービーをご覧ください。 (さらに…)

2016.02.15

明日に向けて(1213)ファシズムに抗するために・・・改憲阻止が必要だが改憲されたら終わりなのではない!

守田です。(20160215 22:00)

安倍政権の暴走が続いています。
戦争法強行可決、原発再稼働強行に続いて、いよいよ憲法改悪が焦点に上がってきています。
これに対して、この流れを食い止めようとする多くの方たちが野党共闘の実現などで、阻止陣形を広げようと訴えています。僕も全面的に賛成です。
しかしあえて今回、強調しておきたいのは、かりに選挙でうまく勝つことができず、憲法改悪の流れが深まったとしても、それで終わりなのではけしてないということです。

もちろん僕は何が何でも改憲を食い止めたいと思っているし、そのために尽力する決意もしています。しかしそれでも「改憲になったら終わりだ」と考えると私たちの運動や発想から余裕が失われてしまうように思え、それを回避したいと思うのです。
また「こうなったら終わりだ」と考えると、必要以上に国家権力を巨大に描いてしまうことにもつながり、私たちの民衆の力を過小評価してしまうことにもなります。悲壮感に陥ったらそれだけで人は豊かさを失ってしまいがちです。
今の世の流れには確かに戦前に向かうようなモメントがありますが、しかし大きな違いがたくさんある。戦前は「お国のために戦う」ことが当然とされる世の中だったのです。男の子の多くが小さい時から軍人になることを夢見ていたのです。
軍国主義は国民・住民全体の好戦的なモメントによっても支えられていたわけですが、しかし今は違う。戦後70年間、自国軍隊に戦争をさせなかった「平和力」が私たちにはある。このことを何度も確認しておくことが必要です。

この点を踏まえて押さえておきたいのは、安倍首相が憲法改悪で狙っているのが9条解体であることは間違いありませんが、多くの識者が、そこだけに惑わされず、憲法の人権条項全体が骨抜きにされようとしている点に注意をと語っていることです。
とくに危険性が指摘されているのが「非常事態条項」です。戦争や大災害の勃発時に政府に非常大権を与えんとするもので、まさに民主主義の否定そのものです。
実際にはそんなものはなくても現行法でもかなりの大権があるのですが、安倍首相は己への批判を極度に嫌い、激しく逆切れしてしまう御仁なので、「非常時」に政府を批判する一切の権利を認めたくないのでしょう。
その意味で私たちは、憲法9条を守ることだけに意識を奪われず、この非常事態条項の恐ろしさと危険性、またその非民主主義性、人権思想にツバするとても認めがたいファッショ性をおさえておく必要があります。 (さらに…)