Home > アメリカ
2017.01.19

明日に向けて(1343)トランプはなぜ勝ったのか?アメリカで何が起こっているのか?

守田です。(20170119 23:30)

昨年のアメリカ大統領選で、ドナルド・トランプがヒラリー・クリントンに「まさか」の勝利をおさめました。

とうとう20日(日本時間では21日未明)に就任式を迎えようとしていますが、今のところ50人以上の議員がボイコットを表明しています。
中心になっているのは、マーチン・ルーサー・キング・ジュニア牧師とともに、公民権運動を闘ってきたジョン・ルイス下院議員(民主党)。
あからさまな差別を口にし、排外主義をあおるトランプへの怒りが就任前から表明されていると言えます。

就任式に際してワシントンに集まるのはオバマ大統領の就任式のときの半分ぐらい。しかもそのうちの相当数が就任反対デモを行うと言われています。
僕も当然ですが、差別と排外主義の塊であるトランプ氏に何ら共感するものはありません。
それどころか、障がい者の真似をして笑いをとったり、メキシコ人やイスラム教徒を犯罪者扱いする彼の価値観に全面的に反対です。

しかし解き明かすべきことがあります。どうしてあれほど暴言を吐いているトランプが勝ち、マスコミのほとんどを味方につけ、優勢が伝えられていたヒラリー・クリントンが負けてしまったのかです。
このことを解き明かすためには、そもそもいまアメリカ社会はどうなっているのかを分析していく必要があります。

アメリカの現状分析についてはジャーナリストの堤未果さんが系統的に書き続けていて僕も共感してきました。
この小論でお伝えする僕のアメリカの現状分析も、多くを堤さんの本に依拠していることを初めにお伝えしておきます。
実はその堤さんの本を読んでいた方の多くは「トランプが勝つ事もあるかもしれない」と思っていたようです。
あるいは先日、僕が昨年対談したアーサー・ビナードさんもそんなことを言っていたし、アメリカでは映画監督のマイケル・ムーアなどもトランプの勝利を予想していたようです。

実は僕も選挙中から「トランプがひどいといっても、ヒラリー・クリントンが良いともまったく思えない」と強く感じていました。
というよりヒラリーはイラク戦争を支持してきた戦争屋であり、ウォール街をバックにして、貧富の格差を広げてきた張本人の一人でもあるがゆえに極めて批判的でした。
さらにオバマ政権のもとでなされたのも貧富の格差の拡大であり、イラク戦争の継続であり、結果としてシリアを滅茶苦茶な状況においやる政策で、何も評価できるものはないと思っていました。
そのため「トランプが下卑たことを言い続けて、ヒラリーがリベラルな顔をして次期大統領になるのは嫌だな」とも思っていました。

アメリカは1970年代後半より新自由主義の道をひた走り続けています。
いま世界はその流れにどんどん引き込まれつつあります。もちろん日本もです。
そのアメリカはいま、いわば「新自由主義のはて」に近づきつつあり、帝国としての大崩壊に向かっているのではないでしょうか。
今回の大統領選の中には、実はこのことへの民衆の側からの気づきという側面もあったのではないかとも僕には思えます。

トランプが圧勝で排外主義が全面化しているのであったら、20日のワシントンには差別主義者、排外主義者の万歳のみが響きわたることになるでしょう。
しかし就任式を前にしたワシントンからは、オバマ就任式のときのような熱気が伝わってきません。トランプへの期待はけして大きくはないのです。
いや、「ヒラリーだけには勝たせたくない」とおそらくは「究極の選択」でトランプに投票した「隠れトランプ派」が、今度はトランプ批判デモに立ちあがりつつあるのではないか。そんな風にも思えます。
今回はそんな点を掘り下げていくために、アメリカ社会でいま起こっていることを分析していきたいと思います。 (さらに…)

2016.11.23

明日に向けて(1325)週末はカノンをみて対談を聞いて三田医師の話とまた対談を聞いてホテヴィラに集まって下さい!

守田です(20161123 23:30)

この土日の企画のお知らせです。京都市内ばかりで恐縮ですが、ぜひ近県の方にもきていただきたいです。
26日土曜日は映画『小さき声のカノン』上演会in京都があります。日本キリスト教団伏見教会にてです。
京都市でおもに福島県飯舘村の方を対象に行ってきた「おこしやすキャンプ」実行委員の中澤さん、木口さんと守田で対談も行います。
なお映画上映は27日日曜日も行います。見逃している方はこの機会にぜひぜひご覧ください!

27日は二つの企画があります。
一つは僕も参加している京都「被爆2世3世の会」の企画。
「福島の被曝、そして広島・長崎の被爆の重ね合わさるもの」です。
午後1時30分~4時30分
ラボール京都4階第8会議室で開催です。阪急電車西院駅から歩いて5分強です。

京都「被爆2世3世の会」はこの間、被爆2世の健康調査を行ってきました。そこで見えてきたものと、福島の被曝の間に重なるものがあるのではないか?
この推論のもと、私たちは東京の小平市で3000人の子どもたちの被曝影響を診てこられて、自らも岡山に避難された三田茂医師にこの健康調査を読んでいただきました。
その上で三田医師が東京での医療実践からつかんできたものと、健康調査を読んで感じたものをお話いただきます。その後に三田さんと守田の対談で内容を深めていきます。
さまざまな意味でチャレンジングな企画で、僕としても思い入れが深いです。ぜひ多くのみなさん、とくに医療関係者の方々に来ていただきたいです。 (さらに…)

2015.08.07

明日に向けて(1121)戦争と原爆と原発と放射線被曝の太い関係性をこの夏ともにつかもう(長野、群馬、東京でお話します)

守田です。(20150807 09:00)

本日、これから講演ツアーに出発します。
まず今日は兵庫県篠山市に赴き、原子力災害対策検討委員会会議に参加。そののちに特急と新幹線、バスを乗り継いで長野県飯田市に赴きます。
明日8日は伊那谷の大鹿村で行われているお祭りに参加しお話します。
なおこのお祭りはネットなどでは告知していません。参加希望の方は守田までご連絡をください。

お祭りの終わる9日に長野県から群馬県に移動。11日から13日まで各地でお話します。
11日は玉村町で13時からと高崎市で19時から。玉村ベースとSLOW TIMEで開催です。
12日ははるな山麓の榛東村で15時からと渋川村で19時半から。はるな山麓・農cafeとYeS,ToRino cafeで開催です。
13日は桐生市で10時半からと13時半から。ともにレンタルホール れんが蔵で開催です。
11,12日のお話と13日のお話は内容を変える部分もありますので、可能なら両方ともお越しください。
群馬のみなさん、近隣のみなさんのご参加をお待ちしています!

群馬でのお話を終えて14日に東京に赴きます。
午後にかつて東芝で格納容器を設計され、福島原発事故以降、誰よりも的確に原子炉の中で起こっていることを推論し、的中させつつ、問題点を明らかにしてきたくださった後藤政志さんとお会いし、ユーストリームで対談させていただきます。
後藤さんに呼び掛けていただいて実現の運びとなりました。なんとも光栄なことです。期日が近付いたらユーストリームのチャンネルなどをお知らせします。

その後、緑の党グリーンズジャパン東京事務所(高円寺)に赴いてお話することになりました。
午後6時からの開催です。
これを終えて、最終の新幹線で京都に戻るつもりです。

当面する講演予定は以上ですが、講演を行いながら可能な限り「明日に向けて」で「戦争と原爆と原発と放射線被曝の太い関係性」について発信をし続けたいと思います。
ぜひ戦後70年、アメリカと日本政府に騙され続けた歴史を打ち破り、核の時代を終わらせる道をこの夏にこそ大きく切り開きましょう。
僕はそれでこそ、戦争を繰り返してきた野蛮な人類前史を閉じ、友愛を基調とする人類後史へと移行する大きな転換点を開きうると思うのです。

以下、群馬と東京でのスケジュールをお知らせします。 (さらに…)

2015.08.04

明日に向けて(1119)これはひどい。自民党武藤貴也議員が民主主義と基本的人権を完全否定!即刻議員を辞任すべきだ!

守田です。(20150804 06:00)

とんでもない情報が飛び込んできました。
自民党の36歳の武藤貴也議員(滋賀4区)がSEALDsの学生たちのまっとうな主張を「だって戦争に行きたくないじゃん、という自分中心、極端な利己的考えだ」とツイッターに書き込み、戦後教育が利己的個人主義を蔓延させたと結んだというのです。
より具体的に事態を知っていただくために、滋賀県にも展開している京都新聞の記事を貼り付けます。学生たちの反論も載せている毎日新聞の記事のアドレスも示しておきます。

*****

「戦争行きたくないは利己的」 自民・武藤氏ツイート炎上
京都新聞 2015年8月4日 5時30分更新
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20150803000071

安全保障関連法案をめぐる学生らの反対集会について、自民党の武藤貴也衆院議員(滋賀4区)が「戦争に行きたくないという考えは極端な利己的考え」と自身のツイッターに書き込んでいたことが3日、分かった。
自発的に戦争に行く姿勢を求めたとも受け止められる表現で、ネット上で反論が相次ぎ、野党も批判を始めた。
武藤議員は先月30日、法案反対を訴える学生らのSEALDs(シールズ)の主張を、「だって戦争に行きたくないじゃん、という自分中心、極端な利己的考えだ」と書き込み、戦後教育が利己的個人主義をまん延させたと結んだ。
これに対し、ネット上では「自衛隊を戦場に送り込むわけでない、との国会答弁とも矛盾する」などと批判が相次ぎ、民主党の枝野幸男幹事長は同日「自民党の強権的な姿勢が総裁から若手議員まで徹底している」と述べて批判。今後追及する姿勢を示した。
武藤氏は自身のフェイスブック上で、「世界各国が平和を願って努力する現代において、日本だけがそれに関わらない利己的態度をとり続けることは国家の責任放棄だ」としている。

自民党:武藤貴也議員、安保反対学生をツイッターで非難
毎日新聞 2015年08月03日 19時17分(最終更新 08月03日 22時12分)
http://mainichi.jp/select/news/20150804k0000m010048000c.html

*****

京都新聞の記事の中にもあるように、武藤議員の主張は、安倍首相の戦争法案に対する説明とも明確に食い違っています。
安倍首相は「戦争法案という言い方は誤解だ。これは日本をより戦争に巻き込まれなくするためのものだ」と繰り返しているからです。
もちろん安倍首相の主張は嘘です。嘘であるため他ならぬ自民党の議員がまったくそう考えていない。戦争に国民を動員するための法案であると考え、反対する学生たちを「利己的個人主義」だと罵倒したのです。
このあまりに露骨な戦争賛美発言を許してはならないと考えて、武藤貴也議員のブログを参照してみたら、もっとひどいことが平然と語られていることを知りました。これはひどい。本当にひどい。参照したのは以下のページです。 (さらに…)

2015.07.17

明日に向けて(1110)戦争と原爆と原発と放射線被曝の問題のつながりをこの夏につかもう!

守田です。(20150717 00:30)

今回は今後の僕自身の講演スケジュールを簡単にご紹介し、そこで何を話したいのかを記しておきたいと思います。
7月下中から8月中旬までをご紹介しますが、ちょうど戦後70年、被爆70年の8月を迎えるので、どこでも「戦争と原爆と原発と放射線被曝のつながり」について話したいと思っています。
といってもそれぞれの場のシチュエーションや主催者の意向によって多少のバリエーションをもって臨むことになりますが、ともあれ僕としては以下のようなお話を軸にするつもりです。

私たちはいま、戦争法案を廃案にすべく奮闘しています。原発の再稼働を食い止めるためにも奮闘しています。
僕が強調したいのは、この二つが本当に分かちがたく結びついている点です。そこに私たちが今も苦しんでいる大きな根拠もあります。
戦後70年、被爆70年の今、私たちはこのことへの認識をもっと大きく広げ、共有していく必要があります。

原発再稼働にあたって、原子力規制庁は「これまでは重大事故を想定していなかったからいけなかった。これからは重大事故にも備えて原発を動かす。そのために新規制基準を作った」と言っています。
だから「新規制基準に合格したからといって安全とは言わない」と繰り返し表明してもいます。
そのことと対になってさまざまな形で流布されているのが「たとえ被曝しても放射能の被害はたいしたことはないのだ」という言質です。このことと福島の被曝地への帰還の強制がセットで行われています。

どうして「被曝国」と自他ともに認めてきた日本でこんなことがまかり通ってしまうのでしょうか。
実はこの国が、まさに被爆国であるからこそ、アメリカによってもっとも徹底的に放射線被曝の過小評価を植え込まれてきたからです。
原爆を落とした加害者のアメリカが被害者の被爆者を調査し、徹底した被害隠しを行い、歴然と身体にあらわれた症状を「被曝の影響を怖がり過ぎるが故の気の病」だと断じてきたからです。

この加害者アメリカの行いに、戦争終結の瞬間から全面的に協力してきたのが旧軍部であり日本政府でした。
とくに日本軍幹部は、中国大陸での人体実験や軍が関与した性奴隷制度など、さまざまな戦争犯罪を訴追されることを恐れ、進んで原爆の威力の調査と被害隠しに協力したのでした。
このもとで被爆者は本当に塗炭の苦しみの中におかれ続けました。 (さらに…)

Next »