Home > 「明日に向けて」
2017.10.05

明日に向けて(1429)ショートムービー「希望の党☆」を観よう!

守田です(20171005 06:30)

ショートムービー「希望の党☆」をご覧になったことがありますか?

これは面白い!しかも深い!
製作はなんと「総務省・(財)明るい選挙推進協会」。
最近作られたのではありません。2005年の作品です。
監督は金子修介さん。まるで「いま」を予見したかのような作品です。

基本は選挙の大切さを訴え、投票を促しているムービーです。
しかしそこへの入り方が面白い。
一方でたとえ「選挙に行く」ことですら、他者を許さず、異論を排除する狭隘な「正義」となった場合、恐ろしさに転じかねないことが描かれているのです。

話はある平凡は家庭から始まります。高校生の娘は政治への関心が強く、選挙も大切だと思っています。
しかし両親は「誰が政治家になっても日本は変わらなくない?なくなくない?」とか語っていて、投票日にも早朝から二人で予定していたピクニックに行ってしまいます。
そんな中で、なんとにわかに登場してきた「希望の党」が政権を獲ってしまうのです。

そして暫く経ったある日「国民権利義務省」から父親に一通の封書が送られてきて、こう書かれていました。
「右のものは国民権利義務新法に基づきその選挙権を剥奪する」。
唖然としつつも「こんなの冗談だろう」と言う父親の前にいつのまにか「希望の党」に参加していた娘が現れてこう言います。
「今回の選挙は選挙権の見直しが課題だったのよ」「お父さん。だから選挙に行ってっていったじゃない」と。

その後、希望の党の暴走が始まります。犬を家から排除した女性が「生類憐みの法」によって逮捕されてしまいます。
「こんな感じで希望の党が政権を獲ってからは世の中が少しずつおかしくなっていき、気づいたときには誰にも止められなくなっていたのです」と述懐する父親。
さらに隣家の男性が、痴漢行為で死刑を宣告されてしまいますが、娘は断固支持。犯罪者は排除して当然、死刑にして当然と叫びます。

ところがその娘がやがて徴兵されてしまい・・・
父親は叫びます。「戦争反対に一票!」と。「俺は選挙権がなくても選挙に行くぞ」と。
~これ以上はぜひムービーをご覧ください。 (さらに…)

2016.02.15

明日に向けて(1213)ファシズムに抗するために・・・改憲阻止が必要だが改憲されたら終わりなのではない!

守田です。(20160215 22:00)

安倍政権の暴走が続いています。
戦争法強行可決、原発再稼働強行に続いて、いよいよ憲法改悪が焦点に上がってきています。
これに対して、この流れを食い止めようとする多くの方たちが野党共闘の実現などで、阻止陣形を広げようと訴えています。僕も全面的に賛成です。
しかしあえて今回、強調しておきたいのは、かりに選挙でうまく勝つことができず、憲法改悪の流れが深まったとしても、それで終わりなのではけしてないということです。

もちろん僕は何が何でも改憲を食い止めたいと思っているし、そのために尽力する決意もしています。しかしそれでも「改憲になったら終わりだ」と考えると私たちの運動や発想から余裕が失われてしまうように思え、それを回避したいと思うのです。
また「こうなったら終わりだ」と考えると、必要以上に国家権力を巨大に描いてしまうことにもつながり、私たちの民衆の力を過小評価してしまうことにもなります。悲壮感に陥ったらそれだけで人は豊かさを失ってしまいがちです。
今の世の流れには確かに戦前に向かうようなモメントがありますが、しかし大きな違いがたくさんある。戦前は「お国のために戦う」ことが当然とされる世の中だったのです。男の子の多くが小さい時から軍人になることを夢見ていたのです。
軍国主義は国民・住民全体の好戦的なモメントによっても支えられていたわけですが、しかし今は違う。戦後70年間、自国軍隊に戦争をさせなかった「平和力」が私たちにはある。このことを何度も確認しておくことが必要です。

この点を踏まえて押さえておきたいのは、安倍首相が憲法改悪で狙っているのが9条解体であることは間違いありませんが、多くの識者が、そこだけに惑わされず、憲法の人権条項全体が骨抜きにされようとしている点に注意をと語っていることです。
とくに危険性が指摘されているのが「非常事態条項」です。戦争や大災害の勃発時に政府に非常大権を与えんとするもので、まさに民主主義の否定そのものです。
実際にはそんなものはなくても現行法でもかなりの大権があるのですが、安倍首相は己への批判を極度に嫌い、激しく逆切れしてしまう御仁なので、「非常時」に政府を批判する一切の権利を認めたくないのでしょう。
その意味で私たちは、憲法9条を守ることだけに意識を奪われず、この非常事態条項の恐ろしさと危険性、またその非民主主義性、人権思想にツバするとても認めがたいファッショ性をおさえておく必要があります。 (さらに…)

2015.10.20

明日に向けて(1170)アメリカは病院爆撃への調査に同意すべきだ(署名への協力を)

守田です。(20151020 17:00)

アフガニスタンにおける国境なき医師団(MSF)の病院に対してのアメリカ軍の空襲問題の続報です。
今回、アメリカが行った攻撃はいわゆる「誤爆」ではなく意図的なものであった可能性が非常に強くあります。
医療施設や医療従事者への攻撃はジュネーブ諸条約で禁止されています。また国境なき医師団も、誤爆などを避けるために、米軍にもアフガン政府にも病院の位置情報を正確に通知してきました。
にもかかわらず今回の攻撃は極めて正確になされました。しかも攻撃開始直後に、国境なき医師団が米軍とアフガン政府に病院が襲撃されていることを伝えたにも関わらず、その後も数度にわたって正確な攻撃が続けられたのです。

すでに明らかなる戦争犯罪と言えますが、大事なのはそのことをアメリカに認めさせることです。
そのためには加害者であるアメリカやアフガン政府ではなく、独立した第三者機関による調査が必要ですが、今のところそれが可能なのはスイス・ベルンの国際事実調査委員会(IHFFC)です。
同組織はこれまで稼働実績がないのですが、しかし今回は米国とアフガニスタンが同意すれば調査を開始すると発表しています。
そのため国境なき医師団日本支部が以下のように、アメリカに調査への同意を求める署名運動を始めました。まずはぜひこれにご協力ください。同時に拡散をしてください。

「オバマ大統領が病院爆撃の調査へ同意するように、協力してください! 国境なき医師団」
https://www.change.org/p/%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%9E%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E3%81%8C%E7%97%85%E9%99%A2%E7%88%86%E6%92%83%E3%81%AE%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%81%B8%E5%90%8C%E6%84%8F%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB-

%E5%8D%94%E5%8A%9B%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84-%E5%9B%BD%E5%A2%83%E3%81%AA%E3%81%8D%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E5%9B%A3?

recruiter=50897116&utm_source=share_petition&utm_medium=facebook&utm_campaign=autopublish&utm_term=des-md-share_petition-reason_msg&fb_ref=Default (さらに…)

2015.10.06

明日に向けて(1164)「国境なき医師団」が米軍空襲を「戦争犯罪」と批判!第三者による調査を要請

守田です。(20151006 22:00)

米軍による「国境なき医師団(MSF)」空襲問題の続報です。
表題にも記したように、MSFが米軍空襲を戦争犯罪として批判し、第三者による調査を要請しています。
この件に関するMSFの声明を転載します。

*****

「MSFは、一部のアフガニスタン政府当局者が声明を発表してクンドゥーズ州内のMSF病院に対する爆撃を正当化したことに嫌悪感を覚えます。
これらの声明はアフガニスタン軍と米軍が共同で、完全に機能している病院を壊滅させる決定を下したことを示唆しています。
タリバンの構成員が現場にいたからというのが彼らの主張ですが、当時病院にいたのは180人以上のMSFスタッフと患者、付き添いの人びとであり、10月3日早朝の米国の爆撃以前に外傷センター敷地内で戦闘があったと証言しているMSFスタッフは1人もおり

ません。彼らの主張は戦争犯罪を認めたことに等しいものです。また、爆撃の正当化は当初米国政府がこの攻撃を『巻き添え被害』として矮小(わいしょう)化しようと試みたこととも全く矛盾しています。
MSF病院を標的にしたこの忌まわしい攻撃について正当な理由などあり得ません。MSFスタッフ12人と、子ども3人を含む患者10人が今回の爆撃で命を奪われているのですから。これは国際人道法の重大な侵害です。MSFは改めて、国際的な第三者機関による完

全で透明性のある調査を求めます。紛争の当事者による内部調査だけでは、まったく不十分です」

クリストファー・ストークス
MSFベルギー事務局長

引用は「国境なき医師団」日本語ホームページより
http://www.msf.or.jp/news/detail/headline_2510.html

*****

これは非常に重要な点です。「誤爆」とは攻撃目標をそれたミサイルや爆弾が攻撃する意図のなかった建物などに着弾したとき、あるいは攻撃目標と誤って断定した違う建物に着弾したときなどに使われる言葉です。
それとても重大な犯罪であり人道上の罪であって、もっと「誤爆」という言い方そのものにも気を付ける必要があると思いますが、今回はその「誤爆」ですらない可能性が高くあります。アフガン政府と米軍が明確に病院を攻撃目標にしたということです。

MSFはこれまで繰り返し病院の位置を米軍・政府軍・タリバンに通知してきていました。しかも空襲開始後にただちに米・アフガン両政府に病院が襲われていることを通知しました。
にも関わらずその後も「15分間隔の爆撃が1時間、首相施設に極めて正確に着弾」したのです。MSFはこのことを重視し、当初より「誤爆」という言葉を使わずに「戦争犯罪」の可能性を強調し続けてきました。
これにさらに重要な情報が加わりました。アフガン内務省が「病院内にイスラム原理主義勢力タリバンが潜伏していた」と発言をし、攻撃が意図的であったことをほのめかしたのです。 (さらに…)

2015.10.05

明日に向けて(1163)米軍が「国境なき医師団」を空襲。22名を殺害、重軽傷者多数

守田です。(20151005 11:00)

アメリカ軍と連合国軍がアフガニスタンで「国境なき医師団(MSF)」の外傷センターを空襲し、スタッフと入院患者ら多数を殺傷しました。10月3日のことです。
現時点でMSFスタッフ12名と患者10名の死亡が発表されています。今後さらに死傷者数が増える可能性があります。

MSFはこの爆撃に対して「重大な国際人道法違反である」と厳しく弾劾する声明を発しています。
にもかかわらず責任を負っているアメリカ政府と軍はいまだ謝罪すら行わず「弔意」を示しているのみです。(一部で謝罪が行われたという報道がありましたが、後に「弔意」に訂正されています)
アメリカ軍は今のところ自らの犯罪を認めずに「悲劇的事態」と言い換えています。

問題の地域では9月28日よりタリバンとアフガニスタン政府軍の激しい戦闘が起こっており、これにアメリカ軍が介入する形での空襲が行われました。
これに対してMSFはこの紛争の最中でわけ隔てのない医療行為を行い、わずか数日間の間に394人の負傷者を治療してきました。わずか2日間で90件の手術を行ったそうです。文字通り不眠不休で命を救っていたのです。
もちろんMSFはこれまで外傷センターの位置のGPSデータを米軍にもアフガン軍にも繰り返し伝え、自らの安全を守る最大限の努力も行ってきました。空襲された時もただちにアメリカに襲われているのが病院であることを告げましたが、米側は無視。さらに攻撃が断続的に行なわれたそうです。

これは大変な犯罪です。
すでにザイド・フセイン国連人権高等弁務官が「犯罪の可能性すらある」と同日に声明を出し、これに続いて国連事務総長からも強い非難声明が出されました。
国営ラジオ・フランス・アンフォも10月3日の午後の報道で「空爆は誤爆ではなく襲撃であり、戦争犯罪の可能性が指摘されだしている」と述べています。フランスの国営ラジオでの報道のニュースソースは以下の通りです。 (さらに…)

Next »