Home > 「明日に向けて」
2017.01.11

明日に向けて(1339)本年を脱「原発・被曝・戦争」の道を切り拓く年に!

守田です(20170111 21:00)

みなさま
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

年末に昨年を振り返ってみて、講演回数が約110回だったことが分かりました。
各地からお声掛けいただきましたが、中でもコープ自然派さんからは16回も呼んでいただけました。
どうもありがとうございました。

今年もあちこちを駆けます。
さっそく1月7,8日に、コープ自然派のみなさんと伊方原発の視察ツアーに行ってきました。
コープ自然派脱原発ネットワーク主催のツアーで、地元で長い間反対運動を貫いてきた方たちともガッチリと結合した企画でした。
またコープ自然派が提携している生産者さんのところも訪れることができて、とても盛りだくさんでした。

今回、現地までいってみてあらためて伊方原発の危険性を痛感しました。
これまでも加圧水型原発としての同原発の構造的危険性をしっかりとおさえてきたつもりでしたが、現地に立って、リアス式の細い岬の根元に立地しているこの原発が、あまりに事故時に避難の余裕がないものであることが実感されました。
とくに多くの家々が、海に続く崖状の地形にはりつくようにして建てられているのが印象的でした。

同時にこの地域はこの崖にまで段々畑を作り、みかんをはじめたくさんの柑橘類を栽培しているとても豊かなところです。
日本の今後にとって、すでに電力は十分すぎるほど余っているし、むしろ使い過ぎなのですから、この農の営みこそ優先的に手当をしていくべきだとも強く感じました。
そのためにも危険で、使用済み核燃料の処理に何万年もかかる原発など完全に止めてしまって、その予算をふんだんに農の営みにあてるべきだとも思いました。

伊方原発については、また稿をあらためて特集していきますが、ともあれ日本の原発は、その一つ一つが安全性を無視し、地域の特性を潰し、理不尽きわまりないかたちで建設されています。
今年もその一つ一つに迫り、矛盾をリアルに明らかにし続けることから、原発の再稼働を止め、廃炉に追いやっていくムーブメントに貢献したいと思います。 (さらに…)

2016.10.18

明日に向けて(1310)沖縄で「原発と地球人・地球環境の生存権」というタイトルでお話してきます!

守田です。(20161018 23:30)

21日より沖縄に行きます!
同日から23日まで沖縄国際大学で行われる第33回日本環境会議沖縄大会に参加するためです。
もちろんその後に高江にも行ってきます。

大会の開催案内をご紹介します。
http://www.einap.org/jec/article/jec/33/50

全体会が始まる22日は素晴らしい講演がひしめいています。

特別講演 「日本にとって沖縄とは何か」新崎盛暉
基調講演 「沖縄の環境」桜井国俊
基調講演 「安全保障と沖縄」我部政明
基調講演 「安全保障と地方自治」宮本憲一
基調講演 「国際人権と環境・文化―先住民族の視点から」上村英明

第1分科会 環境・平和・自治・人権についての辺野古・高江の問い
第2分科会 辺野古が提起する法的(国際法を含む)諸問題

時間的に全て聴くことができるので、可能な限りノートテークを行い、全国のみなさんにエッセンスをお伝えするつもりです。

翌日23日は参加者がそれぞれに分かれての分科会が開催されます。
僕はこのうちの第5分科会に参加して発言させていただきます。

第3分科会 米軍基地の騒音・汚染問題~フェンスの外からのアプローチ~
第4分科会 琉球弧における自衛隊配備と環境問題
第5分科会 放射能公害と生存権
第6分科会 【第3部】「青年と環境」 若者の可能性編

そののちに再び全大会が行われ、分科会報告、シンポジウム、大会宣言採択と続きます。 (さらに…)

2016.08.26

明日に向けて(1293)原発・放射線防護問題、戦争と平和について各地でお話します-1

守田です(20160826 23:00)

8月末から9月末にかけて各地でお話します。関西近辺の他、四国全県を周ります。
ぜひお近くの会場にお越しください。情報がたくさんあるので2回に分けて掲載します。

明日27日は篠山市でお話します。篠山市青少年健全育成推進連絡協議会の研修会です。
午後1時半から篠山市民センター2階多目的ホールにて。

28日はくらしとせいじカフェ@ひこねに参加します。伊方原発についてお話します。
午前10時から。彦根市の新海浜自治会館にてです。

9月3日午前中に再度、篠山市に赴き、篠山市消防団研修会でお話します。

4日は長野県大鹿村で行われているお祭り、「おやまの上でどんじゃらホイ」でお話します。
「戦争、原発、憲法・・・平和の可能性はどこに?」のタイトルです。

8日は京都市の福祉保育労働組合平和係のお招きでお話します。
午後7時より白い鳩保育園にて。「真の平和って何だろう・・~今の日本から見えてくるもの~」のタイトルです。

10日は京都市で僕も参加する「ウチら困ってんねん@京都」の企画に参加します。
「ぶっちゃけ選挙話パート2」のタイトルで、参院選などについて思ったこと、感じたことを語りあうフリートークの場です。午後1時半から京都市出町柳のかぜのねにて

9月11日は長岡京市で映画『放射線を浴びたX年後2』上映会があり、その後に第55回乙訓母親大会が行われます。
この場で、映画の主演の川口美砂さんとのトークライブに参加します。僕が映画のこと、今も続けてられている漁師さんたちからの聴き取りのことなどを川口さんにお尋ねしながらみなさんと共有化を図ります。
トークライブは午後2時から。長岡京市中央公民館にてです。

それぞれ詳しくは以下をご覧下さい。 (さらに…)

2016.08.10

明日に向けて(1286)原爆で亡くなった方たちの霊と共に戦争と被曝を止めたい(広島を訪れて2)

守田です。(20160810 11:30)

前回、広島市の済美学校の慰霊碑に刻まれた峠三吉の「墓標」という詩を紹介し、僕なりの解釈を披瀝しました。
その中でこの詩には子どもたちを守り切れなかった大人としての悔恨の思いも込められているように感じたことを述べました。

この記事を始めて読まれる方のため、ここでもう一度、この詩を記したサイトをご紹介しておきます。

峠三吉『原爆詩集』「墓標」 (広島文学館web)
http://home.hiroshima-u.ac.jp/bngkkn/database/TOGE/TogePoems.html#12

僕はこの詩を読んで、子どもの痛みに寄り添おうとし、子どもたちを救うことのできなかった自分を含んだ大人たちを厳しく問おうとする作者の思いを感じ、強く共感しました。
前回、そのことを書いたのですが、僕がそう思ったのにはわけがありました。広島に向かう直前の4日夜に、琵琶湖のほとりで行われていた子どもたちの保養キャンプに参加していたからです。

キャンプの参加者の子どもたちの多くは宮城県南部から来ていたのですが、その子どもたちに僕は、原発と放射能の恐ろしさと、命の守り方を教えました。
小学生たちが多くいましたが、~いつものことなのですが~僕はあえて大人にするのと対して変わらないレベルの話をしました。
注意するのは低学年の子どもたちが知らない単語を使わないようにすること、それは子どもたちへの礼儀だと僕は思っています。

そうしたら子どもたち、毎年のことではあるのだけれど、すごい集中力で食いついてきてくれました。一日中、琵琶湖で泳いだあとで疲れていたに違いないにも関わらずでした。
しかも講演後も小学校2年生と4年生の女の子たちから質問を浴びせかけられました。
スタッフとして参加している専門学校生と大学生のお姉ちゃんたちがフォローで参加してくれたこともあって、いつまでもやりとりが続きました。 (さらに…)

2016.08.09

明日に向けて(1285)殺された子どもたちの痛みを胸に宿らせて(広島を訪れて1)

守田です。(20160809 23:30)

今日は8月9日、長崎に原爆が投下されてから71年目の日です。
あらためてここで6日広島、9日長崎への原爆投下への怒りを表明します。

これまで繰り返し述べてきたことですが、原爆投下はまったくの戦争犯罪です。
アメリカはこの大犯罪を謝罪すべきです。今からでも被爆者への賠償を行うべきです。そして非人道で人類に対する犯罪そのものの核兵器を廃棄すべきです。
このことが実現されるまで、僕はこの声を上げ続けます。

今年の8月6日を僕は広島市で過ごしてきました。正確には前日、5日からの訪問でした。
朝早く宿泊地を発ち、広島電鉄の路面電車で平和記念公園へ。「原爆ドーム前」電停に着きました。
あたりではすでに集会が始まっていました。入り口付近に陣取っている人々を重装の機動隊がぐるりと包囲して異様な雰囲気。

僕は今日はできるだけ公園のあちこちを取材したいと思い、まずは式典会場に近づきました。そこには会場に入れないけれど、式典に近づこうとする沢山の方がおられました。
各地にテレビが設営されているのですがその前で式典に参加されている方も。テレビの式典の映像ではこういう姿が映らない。ああ、公園の中でいろいろな形で8時15分を迎えているのだなと思いました。
僕自身は原爆投下の時間=黙とうの時を原爆ドーム前で過ごそうと急いでバック。ドームの南側で投下時間を迎え、黙とうしました。ドーム周辺ではこの時間にあわせて多くの方がダイインを行っていました。

その後、公園の北側入り口付近で行われている広島の様々な市民運動の方たちの集会の場に合流しましたが、京都の見知った顔の方がたくさん参加していました。
そのまま一緒にデモに出発。広島の町を反戦反核反原発を訴えて、中部電力前まで歩きました。
その場ですでに行われていた中電前座り込みに合流。上関原発の建設中止や、伊方原発再稼働反対なども訴えながら一緒に1時間あまりの集会に参加しました。

さてその後にこの場で広島在住、ピースウォーク京都の活動を共にしたこともある友人と合流しました。。
彼に誘われながら、主に慰霊碑への訪問を中心とした市内周りを行いました。訪れたのは以下の地点です。 (さらに…)

Next »