Home > 「明日に向けて」
2013.08.25

明日に向けて(731)小水力発電の可能性・・・水を使った地域の再生 その1

守田です。(20130825 07:30)

昨日より岐阜県郡上市の最奥の集落、石徹白(いとしろ)に来ています。小水力発電の視察の旅です。実に面白く充実した旅です。
みなさんは小水力発電と聞いて、何を想像されるでしょうか。まず浮かんでくるのは水車ではないでしょうか。
確かに典型的な水車タイプのものもたくさんありますが、他方で新しいタイプのものもいろいろと開発されてきています。要するに水の流れで、モーターを回して発電できればいいわけです。
このため、設置場所の条件に応じて、いろいろなタイプのものを使うことができます。反対に言えば、何をどう使うかの幅が大きい。創造性の発揮の余地がたくさんあるのです。

しかし小水力の魅力はもっと大きなところにあります。何よりも大事なのはそれが地域の再生につながっていくこと。地域の新たな拠り所になることです。
日本は世界の中でも稀有の降雨地帯です。石徹白などは雨だけでなく冬には豪雪が降ります。雪渓ができてそこからも水が供給され続けます。雪渓は天然のダムです。
しかも日本は国土の大半が急峻な山岳地帯です。石徹白も標高が700メートルもある地点にありますが、水は高いところからたくさんの滝を作りつつ、海まで流れてくる。
この高低差の生む位置エネルギーが「水力」になるわけですが、それを一番仕掛けやすいのは、山から水が里に降りてきたところ、つまり山里なのです。

ご存知のように、私たちの国の高度経済成長では、この山里が見捨てられ続けました。伝統産業である林業が、エネルギー革命や海外からの安い木材の輸入の中で見捨てられてきました。
加えて、日本に合わない大規模耕作を目指した農業政策の誤りが、農村でもある山里をさらに疲弊させてきました。また工業重視の政策により、山里から都会への人口の大移動が続きました。
しかし山里の存在は、高度経済成長にとって足手まといだったのでしょうか。断じて否!それどころか日本の高度経済成長もまた、山里から流れてくる豊富な水があってこそ実現されたものでした。
その際、重要なのは、戦後、山里の人々が、営々と植林を行ってくれたことです。そのおかげで高い保水力が維持されてきた。それでこそ都市部への安定的な水の供給ができてきたのです。 (さらに…)