Home > 「明日に向けて」
2016.11.23

明日に向けて(1325)週末はカノンをみて対談を聞いて三田医師の話とまた対談を聞いてホテヴィラに集まって下さい!

守田です(20161123 23:30)

この土日の企画のお知らせです。京都市内ばかりで恐縮ですが、ぜひ近県の方にもきていただきたいです。
26日土曜日は映画『小さき声のカノン』上演会in京都があります。日本キリスト教団伏見教会にてです。
京都市でおもに福島県飯舘村の方を対象に行ってきた「おこしやすキャンプ」実行委員の中澤さん、木口さんと守田で対談も行います。
なお映画上映は27日日曜日も行います。見逃している方はこの機会にぜひぜひご覧ください!

27日は二つの企画があります。
一つは僕も参加している京都「被爆2世3世の会」の企画。
「福島の被曝、そして広島・長崎の被爆の重ね合わさるもの」です。
午後1時30分~4時30分
ラボール京都4階第8会議室で開催です。阪急電車西院駅から歩いて5分強です。

京都「被爆2世3世の会」はこの間、被爆2世の健康調査を行ってきました。そこで見えてきたものと、福島の被曝の間に重なるものがあるのではないか?
この推論のもと、私たちは東京の小平市で3000人の子どもたちの被曝影響を診てこられて、自らも岡山に避難された三田茂医師にこの健康調査を読んでいただきました。
その上で三田医師が東京での医療実践からつかんできたものと、健康調査を読んで感じたものをお話いただきます。その後に三田さんと守田の対談で内容を深めていきます。
さまざまな意味でチャレンジングな企画で、僕としても思い入れが深いです。ぜひ多くのみなさん、とくに医療関係者の方々に来ていただきたいです。 (さらに…)

2015.11.11

明日に向けて(1179)映画『小さき声のカノン』を観よう!観た人はもう一度!

守田です。(20151111 14:00)

福島原発事故で放出された放射能から身を守るための人々の懸命な取り組みを追いかけたドキュメンタリー映画、『小さき声のカノン』が全国の劇場をほぼ一巡し、各地で自主上映会が始まっています。
注目されながらお見逃しの方、ぜひこの機会をご利用ください。一度は観られた方も、ぜひもう一度、じっくりご覧になって欲しいと思います。
公式サイトをお知らせしておきます。

『小さき声のカノン』公式サイト
http://kamanaka.com/canon/

昨年11月24日に、アースデーしがに招いていただいたときに、鎌仲ひとみさんと対談させていただき、公開目前だった映画の内容についてお話しました。
いまから読み返してみると、公開前よりも映画に込められたものがより深く伝わってくるように思えました。映画を観られたかたは特にそうではないでしょうか。
ぜひこれから観られる方も、すでに観られた方も、以下の対談をお読み下さい。読んだ上で、今度は自主上映会の場に足を運ばれてください。

明日に向けて(986)映画『小さき声のカノン』に込められた思い(鎌仲ひとみさんとの対談から)-1
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/f41e9bfbde577d0adb442e2d26389a59

明日に向けて(987)映画『小さき声のカノン』に込められた思い(鎌仲ひとみさんとの対談から)-2
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/01d1195e60eb02ebfcaede8f01c0e536 (さらに…)

2015.07.23

明日に向けて(1115)子どもたちと放射線からの身の守り方を学ぶ!(保養プロジェクトでお話します)

守田です。(20150723 23:30)

明日24日早朝京都を発ち、広島県尾道市2回(午前中と夕方から)、25日岡山県瀬戸内市、26日広島県福山市、27日岡山県和気町と講演小旅行をして来ます!

詳報をお知らせできていなかった27日の和気町の企画については和気町役場の主催となりました。総務課危機管理室が中心になってくれているそうです。
ここでは原発災害対策についてもお話します。午後2時半から和気町役場二階総合福祉センター教養室で開催です。
講演タイトルは「もしも原発事故がおきたらあなたはどうする?福島の今、内部被曝、再稼働、まとめて知ろう」です!

その他の企画について詳しくは「明日に向けて(1114)」をご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/f5e496613488e358dd9714172358abc8

少々行ったり来たりの旅になりますが、途中で余裕があれば被爆70年の夏を踏まえて広島市平和記念公園にも足を伸ばせてこれたらとも思っています。
みなさんと「戦争と原爆と原発と放射能被曝のつながり」について学び、語り合ってきます。
24日夕方の尾道市での企画に向けた記事を山陽日日新聞が掲載して下さったのでご紹介しておきます。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10205745128605775&set=a.4505891643698.2165302.1182740570&type=1&theater

さて今回の旅の中でも25日に、せとうち交流プロジェクトに参加します。子どもたち向けの保養プロジェクトです。
この夏、僕はこの他3か所でのプロジェクトに参加して、5回の講演を行います。
僕の参加スケジュールは以下の通りです。

7月25日午後 子どもと大人向けに1回講演
せとうち市へおいでんせぇ(せとうち交流プロジェクト)

8月4日午前・午後 子ども向けと大人向けにそれぞれ2回講演
夏休みショートステイ信楽 2015

8月5日午前・午後 子ども向けと大人向けにそれぞれ2回講演
びわこ*123キャンプ

8月5日夜 子ども向けに1回講演
げんきいっぱい琵琶湖キャンプ

それそれのキャンプで協力のお願いが呼びかけられているのでご紹介します。
なお子どもたちお話する場に一緒に参加するのは可能です。詳細はそれぞれの主催者にご連絡ください。

また「夏休みショートステイ信楽2015」はキャンセルがあって再度、募集中だそうです。
参加先を探されている方は、この情報からチェックしてください!

以下、瀬戸内プロジェクトからご紹介します。 (さらに…)

2015.07.19

明日に向けて(1112)放射線防護活動の質的発展にむけて(連載1100回を越えてのカンパのお願い-1)

守田です。(20150719 21:00)

すでに10回以上前になりますが「明日に向けて」の連載が1100回を越えました。それ以前の連載46回をあわせると現在1157回目の発信を行っていることになります。
連載1000回を超えたのがちょうど昨年末でしたから、この100回には半年以上かかってしまったことになります。これまでで一番遅いペースの更新でしたが、扱う領域が拡大したこともあって、それはそれでいいかなと思っています。
ただ今後はもっと内容的なレベルアップを図っていかなければならないと思っています。「明日に向けて」だけでなく活動全体についてです。そのためにもみなさんにカンパをお願いしたいです。

取り組まなければならないのは第一は、多くの方たちがまさにいま担っている平和運動と脱原発運動のつながりを鮮明にし、二つの運動が一つのものであることを明らかにしていくことです。
この間、書いたことをコンパクトにまとめることになりますが、そのために僕は今後、「戦争と原爆と原発と放射線被曝」のつながりを「内部被曝」から捉える視点をもっと大きく打ち出していこうと思っています。
とくにこの夏は各地で連続講演を行いますが、このことを強調していきたいです。

その際のキーワードこそが内部被曝です。なぜかと言えばもともと人間と放射線の関係を大規模に測られたのが広島・長崎原爆だったからです。
しかも調べたのは加害者であるアメリカ軍でした。目的は原爆の殺傷力を知りつつ、一方で被害事実を隠すためでした。原爆投下直後から、非人道的な核兵器を禁止せよと言う声が高まっていたからです。この時、徹底して隠されたのが内部被曝の影響でした。
こうしてまったく恣意的に被害を非常に小さく見積もったデータが「被爆者調査」の名のもとに作られ、その上に「放射線防護学」がアメリカ主導で作られました。人体への放射線被曝の影響を限りなく小さく見せる体系でした。
なぜそれが必要だったのか。その後に相次ぐ核実験を行うためでした。核実験で膨大な放射能が全世界に降り注ぎましたがそのためにも「放射線被爆の影響は大したことがない」と言う必要があったのです。

またそれでも高まる核兵器批判に対抗して出された戦略が原子力の平和利用=原子力発電でした。原子力発電は1950年代に確立したローテク体系です。定期点検の細かい作業など、人力でやらねばならずものすごい被曝労働を必然化します。
このため原発の運転そのもののためにも被曝影響の過小評価が必要でした。放射線の影響を正しく見積もったら、核実験も原発の運転もまったく不可能だったのです。
このため物理学者の矢ヶ崎克馬さんは、内部被曝隠しのことを「隠された核戦争」と呼んでいます。それが今も継続中なのです。 (さらに…)

2015.05.22

明日に向けて(1087)戦争への流れを「愛の心」で止めよう!

守田です。(20150522 23:30)

このところ、連日、連夜、講演やその打ち合わせ、あるいは戦争に反対し、原発再稼働に反対する運動関連の相談、調査、取材などなどで飛び回っています。
なかなか「明日に向けて」を書く時間がとれず、記事が配信できずに申し訳なく思いますが、なんとか頑張って、明日に向けての課題を論じ続けていきたいと思います。

この間の最大のトピックスとしてみなさんにお伝えしたいのは、戦争の流れに対して、子どもを持つ若い女性たちと中心とした新たなムーブメントがじわりじわりと動き出している場面に立ち会ってきたことです。
これは5月18日月曜日の午前10時からの滋賀県甲賀市水口でのお話会へのお招きを受け、集まった方たちとやり取りをしている中で確信を深めたことです。
この日、集まってくださったのは26人の女性。その多くが小さな子どもを連れていました。乳飲み子から小学校低学年ぐらいまでだったでしょうか。もちろん子どものいない女性たちもいたのだと思います。

講演会のタイトルは「戦争と政治」。あらかじめ集まってきた質問の多くが「どうしたら戦争を止められるのか」「母として子どもを戦場に送らないためにできることは何か」などでした。
「どうしたら戦争を進める自民党の議員を落とせるのか」「政治の仕組みが分からないからどこへどうアクションしたらいいか分からない。教えて欲しい」などもありました。
それぞれへの答えは後にゆずるとして、ともあれ参加者が集まってくるや否や、すごい情熱が伝わってきました。僕も懸命に応えようとしましたが、珍しく?時間をまったく間違えて暴走。1時間半のところ2時間半も話してしまいました。

かなり長くて申し訳なかったのですが、みなさん、前のめりになって聞いてくださり、まったく集中力が途切れませんでした。
話しを終えた後に質疑応答を行って、会を一応締めくくったのちも、そのまま車座になってたくさんの女性たちが会場に残り、1時間ぐらいさらに話を重ねました。そののちにスタッフの方たちとお話して、会場を後にしたのは3時半だったでしょうか。
なんとも素敵な場でした。こう言ってはなんですが、かなり喋らせられてしまったというか、僕の内側にあるものを引き出された気がしました。もちろんとても心地の良い時間でした。

「ああ、この感じは何かに似ている」と思って脳裏に蘇ってきたのが、福島原発事故以降、1カ月ぐらい経ってから爆発的に増えだした若い女性たちを中心とした内部被曝に関する学習会でした。
あのとき、福島や関東から避難してきた女性たちを交えつつ、たくさんの若い女性たちが起ちあがり、何かのアクションを担いながら、連続的に学習会を行っていきました。
僕はそこに連続的に呼んでいただけたのですが、その多くが平日の午前10時からでした。会場の中に小さな子どもたちがたくさん入っていました。常時、泣き声が響き渡る中での学習会でした。

「この子を被曝させてなるものか」「どの子たちも絶対に被曝させない」・・・。会場に溢れていたのはそんな女性たちの必死の思いでした。
もちろんそれに共感し、子どもを守ろうと起ちあがった同世代の男性たちもたくさん参加していました。その誰もが自分でもどんどん学習を進めており、その中でさらに確かなことを知ろうとして僕の話を聞きに来てくれていました。
会場はなんとも言えない緊張感に溢れていたけれども、しかし僕はいつでも奥底に流れる感動的な温かさを感じていました。その場が命を慈しみ、育もうとする人間的愛に埋め尽くされていたからでした。僕自身、この力に強く動かされました。

今、それと同じようなムーブメントが本当に力強く起き出していることを僕は感じています。 (さらに…)

Next »