Home > 「明日に向けて」
2017.01.11

明日に向けて(1339)本年を脱「原発・被曝・戦争」の道を切り拓く年に!

守田です(20170111 21:00)

みなさま
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

年末に昨年を振り返ってみて、講演回数が約110回だったことが分かりました。
各地からお声掛けいただきましたが、中でもコープ自然派さんからは16回も呼んでいただけました。
どうもありがとうございました。

今年もあちこちを駆けます。
さっそく1月7,8日に、コープ自然派のみなさんと伊方原発の視察ツアーに行ってきました。
コープ自然派脱原発ネットワーク主催のツアーで、地元で長い間反対運動を貫いてきた方たちともガッチリと結合した企画でした。
またコープ自然派が提携している生産者さんのところも訪れることができて、とても盛りだくさんでした。

今回、現地までいってみてあらためて伊方原発の危険性を痛感しました。
これまでも加圧水型原発としての同原発の構造的危険性をしっかりとおさえてきたつもりでしたが、現地に立って、リアス式の細い岬の根元に立地しているこの原発が、あまりに事故時に避難の余裕がないものであることが実感されました。
とくに多くの家々が、海に続く崖状の地形にはりつくようにして建てられているのが印象的でした。

同時にこの地域はこの崖にまで段々畑を作り、みかんをはじめたくさんの柑橘類を栽培しているとても豊かなところです。
日本の今後にとって、すでに電力は十分すぎるほど余っているし、むしろ使い過ぎなのですから、この農の営みこそ優先的に手当をしていくべきだとも強く感じました。
そのためにも危険で、使用済み核燃料の処理に何万年もかかる原発など完全に止めてしまって、その予算をふんだんに農の営みにあてるべきだとも思いました。

伊方原発については、また稿をあらためて特集していきますが、ともあれ日本の原発は、その一つ一つが安全性を無視し、地域の特性を潰し、理不尽きわまりないかたちで建設されています。
今年もその一つ一つに迫り、矛盾をリアルに明らかにし続けることから、原発の再稼働を止め、廃炉に追いやっていくムーブメントに貢献したいと思います。 (さらに…)

2016.02.03

明日に向けて(1209)篠山市で安定ヨウ素剤事前配布を開始!全国に広めよう!

守田です。(20160203 16:30)

川内原発に続いて高浜原発が再稼働されてしまいましたが、一方で兵庫県篠山市では1月31日より万一に備えた安定ヨウ素剤の住民への事前配布を開始しました。
これは僕自身が参加する篠山市原子力災害対策検討委員会の提言に沿ったものです。篠山市ではすでに全市民分の備蓄を終えていますが、これから3月末まで15日、30回にわたって各地で説明会とともに配布を行います。
初日である31日には篠山市東部のハートピアセンターにたくさんの市民が駆けつけて下さり、約1000人分のヨウ素剤が手渡されました。

この様子を毎日放送が取材してくださり、1分に的確にまとめて放映してくださいましたので、これを僕のFacebookタイムラインに1日夜にアップしたところ、2日間で再生が約12000回され、シェアも120件ほどしていただけました。
ぜひ以下の動画をご覧下さい。またこの情報をさらに拡散させたいと思っていますので、ご協力もよろしくお願いします。

安定ヨウ素剤事前配布(毎日放送)
https://www.facebook.com/toshiya.morita.90/videos/10206896106819511/?pnref=story

僕が撮影してFacebookにアップした写真、動画もご紹介しておきます。

ヨウ素剤配布の様子(守田撮影写真)
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10206887654888218&set=pcb.10206887658368305&type=3&theater

ヨウ素剤配布の様子(守田撮影動画)
https://www.facebook.com/toshiya.morita.90/videos/10206887842132899/?pnref=story (さらに…)

2016.01.14

明日に向けて(1203)高浜原発再稼働への動きを見据えつつ災害対策についてお話します!

守田です。(20160116 22:30)

年頭にあたっての世界の俯瞰の途中であり、トルコでの事件も分析中で、その間にジャカルタでも爆弾が破裂しましたが、原子力災害対策について何か所かでお話しますので先にお知らせしておきます。
これもまたまったく無謀な高浜原発の再稼働が強行されつつあるからです。まずは再稼働を食い止めるために多くの方と努力したいと思いますが、同時に、災害対策を広げていくことが重要だと思います。

今回はこれまで語ってきたこの点とともに、まったく違う方向を目指しつつある京都市と大津市の災害対策の違いについても触れたいと思います。
またいよいよ1月31日より篠山市で安定ヨウ素剤の事前配布が始まりますので、この点についても触れます。

なお篠山市で全市民向けに配られている「事前配布説明会開催のお知らせ」をFacebookに掲載しましたので以下からご覧下さい。配信元は篠山市役所市民生活部市民安全課防災係です。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10206789706799577&set=pcb.10206789719959906&type=3&theater

まずはじめに1月16日土曜日に大阪市でお話します。
天満橋の「エル大阪」においてです。

翌日17日に京都府八幡市でもお話します。
午後2時より八幡市「浄泉寺」においてです。

22日に京都市でお話します。金曜日の関西電力京都支店前抗議行動の後です。
午後7時15分から「キャンパスプラザ京都」においてです。

30日に滋賀県野洲市でお話します。ここでは主に自然災害対策に焦点を当ててお話します。
午後2時より「コミュニティーセンターやす」においてです。

なお来月の取り組みですが、2月28日午後2時より滋賀県高島市でも原子力災害対策についてお話する予定です。
詳細が決まり次第、お知らせします。

以下、それぞれの企画の案内を貼り付けておきます。 (さらに…)

2015.12.25

明日に向けて(1198)東芝が5500億円の赤字―原発再稼働強行は瀕死の原発メーカーを守るため

守田です。(20151225 15:00)

昨日24日に福井地裁が樋口裁判長が下した高浜原発再稼働禁止仮処分への関西電力の異議申し立てを認め、再稼働を容認する決定を出してしまいました。
しかしそもそも再稼働の前提になる「新規制基準」は、未だ収束もしておらず事故原因も不明確なことが多い「福島原発事故の教訓を踏まえる」ことを電力会社に求めたものですから、まだまだたくさんのことが分からない現段階では無効です。
この点を、明日に向けて(1196)(1197)で論じましたが、今回はそれではなぜ、これほどに理屈的にも辻褄が合わず、到底、教訓を踏まえたとも言えなければ、安全を担保したとも言えない再稼働が強行されるのかを押さえておきたいと思います。
結論は端的に原発メーカーの東芝が瀕死の状態になっており、なおかつ三菱重工も原発部門で大きくつまづいており、ここで原発を稼働させないと、日本の「中核」産業が滅びの道をまっすぐに転がり落ちてしまうためです。

とくに深刻なのは東芝の崩壊です。ご存知のように東芝は、商売の基本中の基本である会計で大きな不正を行ったがゆえに大揺れに揺れています。
隠していた大幅な赤字が表面化するとともに、信用失墜もはなはだしく、株価も急落。とどまるところを知らない状態です。このため21日の発表によれば2016年3月期の業績予想で過去最悪の5500億円の赤字が見込まれています。
この苦境を東芝は7800人をリストラ(2015年で総計10600人)するとともに不採算部門となってしまった家電部門を切り縮めることで凌ぐ方針ですが、はたしてそれで再建ができるのか危ぶまれています。
例えば毎日新聞経済プレミアの今沢真編集長は次のように述べています。 (さらに…)

2015.12.22

明日に向けて(1195)『原発からの命の守り方』への反応と拡散のためのお願い

守田です。(20151222 17:00)

11月4日に発売された『原発からの命の守り方』、お陰さまでとてもよく売れています。
一カ月半あまりが経って、いろいろな反応が出てきました。
まずご報告したいのは日本図書館協会の選定図書に指定されたことです。
年刊6万点は出ると言われている新書の中から選ばれるのだそうで、およそ16%が該当し、全国の図書館に推薦が送られるとのことです。とても光栄です。

論評や書評も出てきています。
まずは毎日新聞鳥取支局で知人の太田裕之記者が短いスペースながらも素敵な紹介を書いてくれました。

直言曲言 京都在住の知人でフリーライター、守田敏也さんが・・・
毎日新聞2015年12月6日 鳥取版
http://mainichi.jp/articles/20151206/ddl/k31/070/353000c

京都在住の知人でフリーライター、守田敏也さんが新著「原発からの命の守り方」(海象社、1490円)を出版した。東京電力福島第1原発の事故以降、被ばくの問題と対処法を研究し、「明日に向けて」と題したブログや全国各地での講演で発信し続けている▼副題は「いまそこにある危険とどう向き合うか」。次々に進められる再稼働では完全な安全性が保証されたわけではなく、重大事故が起きた場合の避難計画も実効性は不明。停止中の原発でも冷却し続けなければならない使用済み燃料棒によるリスクは常にある▼福島の事故で多くの人を被ばくさせた後も原発への固執を続ける国に「もはや命を預けていてはならない」と守田さんは指摘する。「私たち自身で守る力をより強くする」「(もともと)無理な避難計画作りを求められてきた自治体の方たちにも読んでいただきたい」。原発に隣接する鳥取県の人たちにも参考になると思う。【太田裕之】 (さらに…)

Next »