Home > 「明日に向けて」
2016.11.22

明日に向けて(1324)福島第二原発3号機燃料プール冷却装置停止の意味するもの

守田です(20161122 23:30)

本日未明、福島県沖で再びマグニチュード7.4という大きな海底地震が起こりました。この影響で福島県地方の多くが震度5弱の地震に襲われ、数メートルに及ぶ津波が押し寄せた地帯もありました。
しかし事前の避難等が徹底化した事もあって、それほどに大きな人的被害は出ませんでした。
今後、暫くは同規模かそれ以上の地震が起こる可能性があります。本年4月の熊本地震では2日後にエネルギー量にして16倍もの「本震」が起こっているので注意が必要です。みなさまのご無事をお祈りしています。

さて今回の地震で福島第二原発3号機の燃料プールの冷却装置が緊急停止してしまいました。
理由は燃料プールの脇にあって冷却に使われた水を受け、冷やしてポンプで再度プールに水を送り出すスキマーサージタンクの水位低下が検知されたからだとされています。
記者会見などによると、このタンクの中でスロッシングと呼ばれる水が波打つ現象が起こったことが原因とされています。

コップの中に水をはって左右に振ると水が競り上がるように波打ちますが、その時に片方は水位があがり片方は下がります。
これがスロッシングで大きな力が働くのですが、ともあれこの下がったところにポンプがあったため、水位の異常低下と検知され、冷却剤が無くなるのを防ぐ為にポンプが自動停止したというわけです。
地震後すぐにこの現象が起こり、1時間半ほどしてポンプが再起動され、冷却が再開されたと事態は説明されています。

東電はこれまで何度も嘘をついてきたので、本当に安全が確保できたのかどうか多くの方が「心配だ」と言う連絡を僕にくれました。
僕も東電を信用できないので疑いの目を向けざるを得ません。しかし少なくとも今のところは非常に深刻だと言えるような兆候は感じません。
今後、さらに余震、いやさらなる本震も起こる可能性がありますから、またどこか壊れてしまわないかと心配ですが、ひとまずは冷却は続行されているとみてよいと思います。

むしろ今回のことで私たちが注目しておくべきことは、あの過酷な福島第一原発事故が起こってからもう5年と8ヶ月も経つのに、危険な燃料プールに膨大な量の使用済み核燃料が沈められ続けているという事実です。
いま福島第二原発3号機の燃料プールに入っている核燃料はなんと2544体。うち2436体が使用済み核燃料です。新燃料は184体しかない。
では他の原子炉はどうでしょうか。分かりやすく並べてみます。

1号機 使用済み核燃料2334体 新燃料200体  合計2534体。
2号機     同じく2402体  同じく80体  合計2482体。
4号機     同じく2436体  同じく80体  合計2516体。
1〜4合計   同じく9532体 同じく544体 合計10076体。

なんと危険な使用済み核燃料がこんなにもたくさん脆弱なプールに入っている。
さらに重要な点があります。プールの容量はどうなのかというと4つの燃料プールをあわせて10940体なのです。ということは92%も埋まってしまっていることになります。つめつめの状態なのです! (さらに…)

2016.11.12

明日に向けて(1317)未来世代への倫理に逆行する原発(沖縄大会での発言より―2)

守田です。(20161112 20:00)

昨日に続いて、今回も日本環境会議沖縄大会第五分科会での僕の発言の起こしをお届けします。今回は世代間倫理の問題、地球全体主義について論じています。
今回の連載はこの2回で完結です!

*****

日本環境会議沖縄大会 第五分科会
2016年10月23日
「原発と地球人、地球環境の生存権」-2

つぎに「未来世代の生存可能性に対する責任」とはどういうことかをみていきたいと思います。これは「世代間倫理」の問題とも言われますが、これまでの話とストレートにつながっています。
実はここでは民主主義の限界も語られているのです。民主主義とは「共時的システム」と言って、今いる人の合意のシステムで当然にも未来世代はそこに入れません。
例えば結婚について憲法には「両性の完全な自由な合意に基づいて行われるべきである」と書かれています。僕もそれが正しいと思っています。
でもかつてなら「家」を存続させるとか、未来世代をいかに存続させるのかということにつながっている倫理もあったのです。そこでは祖先からの繋がりも考えられていました。

だからといってそこに戻れと言うのではないのですが、しかし私たちは民主主義に欠落しているものがあることも考えなくてはいけない。
例えば良く出てくる話で、加藤尚武さんの1991年に書かれてい本の中にも出てくるのは「化石燃料をわずか100年、200年の間に使い切ってしまって良いのか?」という問いです。
ちなみに加藤さんは「人類はこれまで5万年ぐらい続いてきたのだろう。そしてこれからも5万年ぐらいは続くのだろう。その10万年の中で今の世代だけが地球に蓄えられてきた化石燃料を使い切って良いのか。良くないはずだ」と述べています。
今もこの問いは大切ですが、しかし僕は今ではそれよりももっと問わなければならないことがあると思います。

何かと言えば使用済み核燃料のことです。核燃料によって電気がもたらせるのはわずか40年、仮に延長したとして60年です。たかだかそれぐらいの間の電気のために、高レベル放射性廃棄物を10万年から100万年も管理しなければならない。
そんなものを現代社会は使っているわけですが、こんなこと、倫理的に許されていいのでしょうか?良いわけがないです!
ところが最近、政府が使用済み核燃料の処分の方向性を「決めた」という報道がなされました。どう言っているのかというと、電力会社に400万年管理させて、その後、政府が10万年管理すると言うのです。10万年間ですよ!
朝日新聞にはこう書かれています。「地震や火山の影響を受けにくい場所で70メートルより深い地中に埋め、電力会社に300~400年間管理させる。その後は国が引きつぎ、10万年間、掘削を制限する。これで~放射性廃棄物の処分方針が出そろった。」

こんなの完全に与太話だと思いませんか?10万年間管理する。さらに記事を細かく読むと、「企業に1万年間管理させるのは現実的ではない。だから企業は400年にしてそれ以降は国が10万年管理することにした」とか書かれています。
では国が10万年管理するというのは現実的なのでしょうか。誰が考えたってそんなの現実的ではありません。
加藤さんの本を読むと1991年にはそう言われていたのかなあと思うのですが、加藤さんはここで「人類はあと5万年続くだろう」と書いておられます。
ところが日本政府はあと10万年、政府が続くと言っているのですよね。これは完全に暴言ですよ。
例えば2万年前をみてみると氷河期でもっと地表がたくさんありました。日本列島は今の形をしていません。わずか2万年前でもかなり激しく違うのです。 (さらに…)

2016.10.19

明日に向けて(1311)沸騰水型原発の配管破断事故の危険性を問う(沸騰水型原発の危険性-連載4回目)

守田です。(20161019 17:00)

10月16日に柏崎刈羽原発再稼働反対を掲げて当選した新知事の米山さん、さっそく再稼働は少なくとも福島原発事故の原因解明がなされるまでは稼動を認められないと表明してくれています。
実はこれは原子力規制委員会が打ち出した新規制基準にも沿うものなのです。なぜなら新規制基準では福島原発事故の教訓を取り入れることがうたわれているからです。
しかし、まったく当たり前のことなのですが、教訓を取り入れるためには原因が解明されなければなりません。しかし福島原発1号機から3号機ははメルトダウンした燃料デブリから発する放射線値が高すぎていまだに誰も近づけないのです。
投入したロボットも次々と壊れてしまって一台も帰ってきません。そもそもコンピューター制御されているロボットは人間以上に放射線に弱いからでもあります。これでどうして教訓を生かすことなどできるのでしょうか?

「再稼働の前に福島原発事故の検証が先だ」という見解は、3月10日に稼動中の高浜原発3号機と、自らシャットダウンした4号機の運転禁止の仮処分を命じた大津地裁決定(山本裁判長)の中でも指摘されたものです。
以下、稼働中の原発を停めた初めての司法判断である大津地裁決定から抜粋します。

「福島第一原子力発電所事故の原因究明は、建屋内での調査が進んでおらず、今なお道半ばの状況であり、~津波を主たる原因として特定し得たとしてよいのかも不明である。」
「その災禍の甚大さに真摯に向い合い、二度と同様の事故発生を防ぐとの見地から安全確保対策を講ずるには、原因究明を徹底的に行うことが不可欠である。」

これまた実に鮮明ですが、大津地裁は「津波を主たる原因として特定し得たとしてよいのかも不明です」と重要なポイントも示唆しています。
なぜかといえば、田中三彦さんや後藤政志さんたち、技術者の方たちが、早くから福島原発事故は、津波によれる電源喪失によって引き起こされたのではなく、地震による配管破断によって引き起こされた可能性が高いと、パラメーターの解析などから主張してこられたからです。
僕も当初からこの解析に注目し、この場に紹介してきました。2011年6月29日に掲載した記事をご紹介しますのでご興味のある方はご覧下さい。長いので1,2に分けています。

明日に向けて(176)地震による配管破断の可能性と、東電シミュレーション批判(田中三彦さん談再掲1) 20110629
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/f1914e7352792c89767a9c7585ee4a00

明日に向けて(176)地震による配管破断の可能性と、東電シミュレーション批判(田中三彦さん談再掲2)20110629
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/8d603fe6649fe963d189d712df46e0c5 (さらに…)