Home > IPPNW
2017.02.05

明日に向けて(1352)原発建設の道を閉ざすためトルコ・ドイツを訪問します。ぜひご支援を!

守田です(20170205 23:30)

明日に向けて(1347)~(1351)で東芝の崩壊過程についての分析を行い、原子力産業が世界的に大きく衰退しつつあることを明らかにしました。
福島原発事故の当事者でもある東芝は、事故を反省し、原発建設をもうこれ以上進めてはならないこと、また進められる展望もあまりに薄いことをつかみとるべきだったのに、主観的願望を捨てなかったため、あたら傷口を広げ続けて今日に至りました。
この点では、三菱重工も日立製作所も、原発セールスに走り回ってきた安倍政権も同じ穴のむじなです。

日本の原子力村の、このモラルを欠いた無謀な流れになんとしてもとどめをさしていきたい。
そのための一環として僕はこの3月末から4月にトルコに7月末にドイツに行ってきます。ぜひみなさんの支援をお願いします。

トルコには、三菱重工がフランスのアレバ社と組んで黒海沿岸のシノップに原発を作ろうとしています。
これにはたくさんの問題がありますが、重要なのはトルコが日本と同じく地震大国であることです。しかも黒海沿岸に沿うように大きな断層帯が東西に走っており、これまでも大きな地震が起こっています。
そんなところに原発を輸出することなどあってはならない。日本人としての責任にかけて止めたいです。 (さらに…)

2016.08.26

明日に向けて(1293)原発・放射線防護問題、戦争と平和について各地でお話します-1

守田です(20160826 23:00)

8月末から9月末にかけて各地でお話します。関西近辺の他、四国全県を周ります。
ぜひお近くの会場にお越しください。情報がたくさんあるので2回に分けて掲載します。

明日27日は篠山市でお話します。篠山市青少年健全育成推進連絡協議会の研修会です。
午後1時半から篠山市民センター2階多目的ホールにて。

28日はくらしとせいじカフェ@ひこねに参加します。伊方原発についてお話します。
午前10時から。彦根市の新海浜自治会館にてです。

9月3日午前中に再度、篠山市に赴き、篠山市消防団研修会でお話します。

4日は長野県大鹿村で行われているお祭り、「おやまの上でどんじゃらホイ」でお話します。
「戦争、原発、憲法・・・平和の可能性はどこに?」のタイトルです。

8日は京都市の福祉保育労働組合平和係のお招きでお話します。
午後7時より白い鳩保育園にて。「真の平和って何だろう・・~今の日本から見えてくるもの~」のタイトルです。

10日は京都市で僕も参加する「ウチら困ってんねん@京都」の企画に参加します。
「ぶっちゃけ選挙話パート2」のタイトルで、参院選などについて思ったこと、感じたことを語りあうフリートークの場です。午後1時半から京都市出町柳のかぜのねにて

9月11日は長岡京市で映画『放射線を浴びたX年後2』上映会があり、その後に第55回乙訓母親大会が行われます。
この場で、映画の主演の川口美砂さんとのトークライブに参加します。僕が映画のこと、今も続けてられている漁師さんたちからの聴き取りのことなどを川口さんにお尋ねしながらみなさんと共有化を図ります。
トークライブは午後2時から。長岡京市中央公民館にてです。

それぞれ詳しくは以下をご覧下さい。 (さらに…)

2016.08.10

明日に向けて(1286)原爆で亡くなった方たちの霊と共に戦争と被曝を止めたい(広島を訪れて2)

守田です。(20160810 11:30)

前回、広島市の済美学校の慰霊碑に刻まれた峠三吉の「墓標」という詩を紹介し、僕なりの解釈を披瀝しました。
その中でこの詩には子どもたちを守り切れなかった大人としての悔恨の思いも込められているように感じたことを述べました。

この記事を始めて読まれる方のため、ここでもう一度、この詩を記したサイトをご紹介しておきます。

峠三吉『原爆詩集』「墓標」 (広島文学館web)
http://home.hiroshima-u.ac.jp/bngkkn/database/TOGE/TogePoems.html#12

僕はこの詩を読んで、子どもの痛みに寄り添おうとし、子どもたちを救うことのできなかった自分を含んだ大人たちを厳しく問おうとする作者の思いを感じ、強く共感しました。
前回、そのことを書いたのですが、僕がそう思ったのにはわけがありました。広島に向かう直前の4日夜に、琵琶湖のほとりで行われていた子どもたちの保養キャンプに参加していたからです。

キャンプの参加者の子どもたちの多くは宮城県南部から来ていたのですが、その子どもたちに僕は、原発と放射能の恐ろしさと、命の守り方を教えました。
小学生たちが多くいましたが、~いつものことなのですが~僕はあえて大人にするのと対して変わらないレベルの話をしました。
注意するのは低学年の子どもたちが知らない単語を使わないようにすること、それは子どもたちへの礼儀だと僕は思っています。

そうしたら子どもたち、毎年のことではあるのだけれど、すごい集中力で食いついてきてくれました。一日中、琵琶湖で泳いだあとで疲れていたに違いないにも関わらずでした。
しかも講演後も小学校2年生と4年生の女の子たちから質問を浴びせかけられました。
スタッフとして参加している専門学校生と大学生のお姉ちゃんたちがフォローで参加してくれたこともあって、いつまでもやりとりが続きました。 (さらに…)

2016.08.09

明日に向けて(1285)殺された子どもたちの痛みを胸に宿らせて(広島を訪れて1)

守田です。(20160809 23:30)

今日は8月9日、長崎に原爆が投下されてから71年目の日です。
あらためてここで6日広島、9日長崎への原爆投下への怒りを表明します。

これまで繰り返し述べてきたことですが、原爆投下はまったくの戦争犯罪です。
アメリカはこの大犯罪を謝罪すべきです。今からでも被爆者への賠償を行うべきです。そして非人道で人類に対する犯罪そのものの核兵器を廃棄すべきです。
このことが実現されるまで、僕はこの声を上げ続けます。

今年の8月6日を僕は広島市で過ごしてきました。正確には前日、5日からの訪問でした。
朝早く宿泊地を発ち、広島電鉄の路面電車で平和記念公園へ。「原爆ドーム前」電停に着きました。
あたりではすでに集会が始まっていました。入り口付近に陣取っている人々を重装の機動隊がぐるりと包囲して異様な雰囲気。

僕は今日はできるだけ公園のあちこちを取材したいと思い、まずは式典会場に近づきました。そこには会場に入れないけれど、式典に近づこうとする沢山の方がおられました。
各地にテレビが設営されているのですがその前で式典に参加されている方も。テレビの式典の映像ではこういう姿が映らない。ああ、公園の中でいろいろな形で8時15分を迎えているのだなと思いました。
僕自身は原爆投下の時間=黙とうの時を原爆ドーム前で過ごそうと急いでバック。ドームの南側で投下時間を迎え、黙とうしました。ドーム周辺ではこの時間にあわせて多くの方がダイインを行っていました。

その後、公園の北側入り口付近で行われている広島の様々な市民運動の方たちの集会の場に合流しましたが、京都の見知った顔の方がたくさん参加していました。
そのまま一緒にデモに出発。広島の町を反戦反核反原発を訴えて、中部電力前まで歩きました。
その場ですでに行われていた中電前座り込みに合流。上関原発の建設中止や、伊方原発再稼働反対なども訴えながら一緒に1時間あまりの集会に参加しました。

さてその後にこの場で広島在住、ピースウォーク京都の活動を共にしたこともある友人と合流しました。。
彼に誘われながら、主に慰霊碑への訪問を中心とした市内周りを行いました。訪れたのは以下の地点です。 (さらに…)

2016.02.10

明日に向けて(1210)北朝鮮のロケット発射をいかに捉えるのか(報道による事態の捻じ曲げにもの申す)

守田です。(20160210 23:30)

みなさま。
このところ7日に投開票された京都市長選に関わり、候補の本田久美子さんの応援で駆け回っていました。
本田さんが戦争法と原発再稼働反対を掲げるとともに、「子ども未来局」の設置など、現門川市長のもとで進んでいる教育の差別化、子どもの貧困化などを食い止める提言をされていたからです。
また世界遺産である下鴨神社の糺の森の一部がマンション建設のために売り払われたり、二条城周辺の森林が巨大バスターミナルのために伐採されつつあるなど、京都が金儲けのために売り払われようとしていることを本田さんと食い止めようと思いました。

しかし選挙結果は門川現市長の勝利に終わりました。とても残念です。
この過程については、僕のFacebookのタイムラインをご覧になられている方は、連日たくさんの写真や報告がアップされていたのでご存知と思いますが、学んだこと、新しく作りだせたつながりなども多数ありました。
これらも含めた選挙についての捉え返しを僕が参加している「本田久美子さんを勝手に応援する会」の以下のFacebookページに載せていますので、興味があればご覧下さい。
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=449268435263826&id=419389324918404&fref=nf&pnref=story

ともあれ現場での連日の現場活動に飛び回っていた期間は「明日に向けて」の更新がまったくできませんでした。
選挙では今も14日投開票の京都府八幡市の市長選で、同じく戦争法反対、原発ゼロを掲げている井筒かおるさん、市議補選にたっているさわむらさんの応援でまだ頑張りますが、ともあれ今日から「明日に向けて」の執筆を再開させていただきます。
どうかよろしくお願いします。

さて今宵は表題にあるように「北朝鮮のロケット発射をいかに捉えるのか」について論じたいと思います。僕が強く指摘したいのは、多くのマスコミがことの本質を見誤っており、安倍政権の都合のよい論調になってしまっていることです。
いやこのことは安倍政権の戦争政策に反対している人々の中でも一部見受けられるように思います。

この点、まず表題でお気づきになった方も多いと思いますが、僕は「ロケット発射」という言葉を使い「ミサイル発射」という言葉を使いません。
事実問題として、今回発射されたのは人工衛星であったことはほぼ間違いがないからです。他ならぬアメリカがそう断定しています。
以下、共同通信配信のニュースを東京新聞の紙面から示し、一部を抜粋しておきます。

北朝鮮ミサイル発射 「衛星」周回軌道を米戦略軍が確認
東京新聞2016年2月8日夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201602/CK2016020802000199.html

 【ワシントン=共同】米戦略軍は七日、北朝鮮が実施した事実上の長距離弾道ミサイル発射により、二つの物体が周回軌道に乗ったことを確認、追跡を続けていることを明らかにした。
北朝鮮が地球観測衛星と主張する「光明星4号」と、ミサイルの三段目の残骸とみられる。
二〇一二年十二月の発射に続き、二回連続で「衛星」を軌道に乗せることに成功したことになり、ミサイルの制御技術が向上していることを示す。

もっともそもそも弾道ミサイルと人工衛星は同じ技術の上に成り立っています。先端に核弾頭を積めば弾道ミサイルであり、人工衛星を積めばロケットなのです。
だからロシアなどでは言語的にも分かれておらずにともに「ロケーター」と呼称されています。
重要な点は今のような政府発表や報道のあり方が認められるのであれば、日本が打ち上げているロケットだって、弾道ミサイルと言えることです。

ただしその場合でも実際の使い方には違いもあります。
何より弾道ミサイルではいったん大気圏外に出てから再度、大気圏に突入し、目的地を目指すことになります。
これに対して、人工衛星の打ち上げでは、大気圏外の軌道に人工衛星を届ければいいので、再突入は目指されません。そして今回も再突入は行われていないのです。ところがこの点は「再突入の技術は未確立」と書かれています。

これらからすれば、確かに人工衛星の打ち上げ自身が、弾道ミサイル技術と一体のものとしているのは事実であるけれども、「人工衛星は嘘で、本当は弾道ミサイルだ」というような書き方が誤りであることが分かると思います。
いや日本が打ち上げている人工衛星とても弾道ミサイル技術なのであり、これと自民党の石破元防衛庁長官が「原発を持つのは潜在的核兵器だからだ」と発言していることを合わせるなら、これまた核ミサイル準備ととられられることにもなりうるわけです。
にもかかわらず、北朝鮮を得たいの知れない悪辣な国家であるかのように描き、恐怖をあおって日本の武装の強化に利用しようとしているのが安倍政権であり、事実を伝える側は、この策略に巻き込まれない慎重な言葉の選び方が必要なのです。 (さらに…)

Next »